FC2ブログ

紹介SLG:Evil Bank Manager 

Evil Bank Manager 紹介35

PCゲーム:世界経済マネジメントSLG



今日ご紹介する、
このEvil Bank Manager 
は、いつもと違い、実況プレイ風に書いてみたいと思います。

というのも、このゲーム

「悪魔の銀行経営って、国家戦略に影響を与える経済ゲーム?
ほほぉ、そいつは、面白そうなマネジメントゲームやな」
と思って購入したものの

遊び方がわからない

どうやら調べて見ると
日本語wikiどころか紹介しているサイトは一切なく

steamのレビューを見ても
「日本語があるのに、説明を見てもさっぱわりわからねぇ」
「チュートリアルとヒントがあって無いようなもの」


という素敵な文言で彩られております。

要するに
手探りでゲームしなくてはならず
何がどうなっているか、自分で確認しなければならないのです・・・

やったぜ!
場末のシミュレーション系ブログにうってつけの
SLGネタでは無いか!



というわけで
自分の気持ちを奮い起してゲームを開始してみましょう。


Evil Bank Manager 紹介01

まずは国家の選択から

東の国で選べるのは
東洋でもっとも文明が進んでいると
西洋で評価されている日本、朝鮮、中国、モンゴル・・・

モンゴル…?
ちなみに、このゲームの時代は1500年
まぁ、気にしてはならない

ちなみに日本は菊の御紋ではありませんか!
天皇陛下万歳!!!


もちろん、ためらわずに日本を選ぶ…

Evil Bank Manager 紹介05

と、あれ?
いきなり東南アジアに飛ばされたぞ???


マップを動かしても
日本の商人を選んだはずなのに、
日本は絶賛鎖国中じゃないか…

Evil Bank Manager 紹介04

というか1500年の時点で、もう徳川幕府なのかよ!
というか会社は中華風かよ!!!

Evil Bank Manager 紹介02



この時点で放置されるので、もう何が何だかわからない。
とりあえず、何かチュートリアルっぽいものが出ているのだが、

だから、どうすればいいんだ?
と思うぐらい、どう行動すればいいのかわからない。

Evil Bank Manager 紹介09a

そもそも、グーグル翻訳をぶっこんだダケなのだろう
日本語の翻訳が不自然すぎて、
日本語文章なのでほんど何を言っているのか理解できない。



本当、このゲーム遊び方はもちろん、
一体何をしたらよいのか、それが、わからない



おそらく、日本語版があるから購入してみたよ!
の人の九割九分九厘はこの時点で脱落したんではないだろうか?

Evil Bank Manager 紹介07

指針を一応美人の秘書さんが教えてくれるが
そもそも、新しい国を発見して下さい。
ってどういう意味だ?
世界地図はすでに全ての国が表示されている?

…おそらく、「新しい国を発見」とは文字通りの意味では無いのだろう。
だとしたら一体?


「Evil Bank Manager」もしかして、この日本に遊んでいるのは俺だけじゃないか?
という、恐怖心があるが、無理しても進もう…


SUN値が上昇してクトゥルーになるのもいいじゃないか
(所詮は最下層の召使レベルだろうが)


とりあえず、日本語の意味として理解できる
「スパイを雇え」の文章を信じて、スパイを雇ってみる。

Evil Bank Manager 紹介10

「見つける」をクリックすると
四つの能力と賃金がランダムで形成されたキャラクターが登場する。

ここでようやく日本人らしさを発見!
おお、名前が日本人っぽい!
(服装が洋服なので西欧使節団みたいだが)

Evil Bank Manager 紹介13

四つの能力はそれぞれ
「投資、クレジット、スパイ、ガード」

おそらく5が基本値で、最大10の能力を持つキャラクターが登場する。
しかし、実際にやてみると、6~7がたまに出るぐらいで、8以上だとめったにみれない。

Evil Bank Manager 紹介11

雇用できる人物を調べるのも無料というわけではなく、お金がかかる。
ガチャガチャ感覚でやっていると、結構な金額が飛ぶので注意が必要だ。

説明は特に無いが、直感的に雇ったキャラクターは部署に配属すればいいとわかった。
ので、各部署に配置する。

Evil Bank Manager 紹介12


上限は(1/1)なので、初期は一人おいておけばいいのだろう。
効果はよくわからないが、数値が高いほど良いにきまっている。

あと、「アマチュアを雇う」と「プロを雇う」というのがあるが、
効果が今一つわからない。

おそらく「プロを雇う」だと、現在選んだ部署
(例えば投資エリアを選んでいれば投資能力の高い)
にちなんだ人材を見つけてくれるとは思うが、あてにならない。
(普通にスパイ能力が高い人物がきますし)

ちなみに
人材を探すだけでもお金がかかりるが
キャラクターを雇う時にも金がかかる。

さらにいえば、雇った後に彼らに毎月の給料を支払う必要がある。


商売では「人材に金を惜しむな!」
とは言うが、結構出費は大きい…

ここまでやって気が付いたが、
スパイ活動という名の、ただのリクルートだ…

従業員募集をなんでスパイが行っているのだろうか?
西洋では熟練者を工作員が引き抜いたのか…?
いや、当時は徒弟制度なので確かにありうることだが…

Evil Bank Manager 紹介14

まぁ、それはそれとして、おねーちゃんのアナウスが減った。
次は、さっきスルーした国を見つけろという言葉
…さて、どうすればいいんだ?

一番左上の地図アイコンをクリックすればいいのか?

Evil Bank Manager 紹介15

広がる東南アジアの地図。

しかし、地図を開いて国を見てもどうしていいか…あれ?

クリックして国の情報を見ていたら、
下に「開く」の文字が、まさか…!?

Evil Bank Manager 紹介16

バンザーイ!
鎖国(ロック)が解除されたぞ!


Evil Bank Manager 紹介18

実績も解除され
秘書さんのアナウンスが消滅した!



つまり、
「新しい国を発見して下さい」とは
鎖国(ロック)されている国を、資金を投入して開国し、
そこで商売ができるように政府から権利書を貰う事だったのだ!

わかるか、そんなこと!

いくら日本語が行間を読む文化だからといって、
こんなこと文章から読みとれるわけねぇ

わかったら超能力じゃ!!!!!

そうと分かれば、いったんゲームをロードしてやりなおし、日本の土地を解放しよう…

と、思ったがダメ!

Evil Bank Manager 紹介17

日本を開国させる値段が高すぎる…金貨244500枚だと?
そう、このゲームの1500年の日本は経済活動が物凄いのだ

なんと明国の半分で、朝鮮の倍という経済力…
明の半分って凄いな日本…
朝鮮も大概凄いけど…




仕方が無いので、東南アジアの小国のロックを解除してプレイを行う。

Evil Bank Manager 紹介19

国を解放したら
「国と関係が悪化すると財産を差し押さえられるから、常に政府との関係を密にしよう」
と書かれていたので会合をひらく。

Evil Bank Manager 紹介20

そして1ターン進める
一気に1月から4月に、つまり
1ターンは「四半期」なのね。

Evil Bank Manager 紹介22

こんどは「投資してみよう」と秘書が言って来たので投資コマンドを使ってみる。

Evil Bank Manager 紹介21

投資できる物件が1つ登場し、
これに投資することで、その物件を獲得できる…

Evil Bank Manager 紹介22

いや、これ、投資というか物件購入じゃね?
と思ったが、物件購入も投資には違いない。

Evil Bank Manager 紹介23

ちなみに、この購入した物件は、
下のバーの一番右端にある「不動産」で確認することができる。

この建物なんだが、買っているうちにわかったが

物件は持っているだけでは
「利益を生み出さない」


最初、鉄鉱山を買ったが
全く所持金が増えずに不思議だった。

どうやら物件には、それぞれ生産するものがあり
それがプレイヤーの企業の倉庫の中にたまっていく仕組みになっていらしい。

もちろん、物件にはダイレクトに金を生み出すものもある。

より正確に言うと
物件から生産される物を、株式交換で販売することで
利益を得られるようだ。

Evil Bank Manager 紹介25

最初は「株式交換ってなんだ?」
と思ってクリックしてみたら、いわゆる
ワールドマーケット(世界市場)らしく
様々なものが取引されていた。

Evil Bank Manager 紹介26

ここでは自分の商品の販売もできるが購入も可能で
自分の建物をグレードアップしたいさいに資材が足りなかったら
ここで調達することもできる。l

さらにいうと、兵器部門では、武器を作ることができ、
加工前、例えば「鉄」より「剣」を作った方が
少しだけ高く売ることができる。

Evil Bank Manager 紹介24

株式取引では常に相場が動いている。
例えば戦争が始まれば武器の需要は高まり高くなるだろう。
逆に物流が多すぎれば、値段は下がってくる。

これはプレイヤーの保有する物件にも言えることで
もっていた建物が高く売れる可能性も、安く値下がりする場合もあるのだ。

Evil Bank Manager 紹介35

それと、金を稼ぐ方法がもう一つ
クレジット部門では、金融商品(ローン貸付)を国家に行うことができる。

これはリスクが高いほど(相手が反故にしやすいほど)
利回りが良く、トンズラしようとする可能性も少なく無い。
というのがポイントだ。

そのためにもガード(銀行の防衛隊というよりも、ヤクザの回収屋的な意味で)の出番となる。
彼らに脅してすかして、渋る相手から金を返してもらうのだ!

国家相手に貸しはがし!
気分は、帝愛グループ!





ここまできて、ようやく
Evil Bank Manager の概要が見えてきた。

つまり所定の国家に税金を払い、その国の物件を購入し、
そこから生み出される原材料を販売、もしくは加工して財を得るのが基本なのだ。
もちろん、こまめに政府とのやり取りをしないと財産を没収されたりするので注意が必要だ。

もちろん、慣れてくれば、投資を行い物件も買わなくても
株式市場で相場を見計らい、物資の売買をするだけで金持ちになることもできるだろう
(それが楽しいかはさておき)

Evil Bank Manager 紹介31

さらに遊んでいてわかったことは
スパイ(外交官)を使って国家(政府)との友好度を高めると内政に干渉できるようになる。

Evil Bank Manager 紹介32

単純に、商人らしく、その国の産業基盤を高めるものから、
他国への宣戦布告させることや、
政権内部で内部でクーデター(!
)を起こさせることも可能になる。

Evil Bank Manager 紹介30

そして地図上で戦争中を示す剣アイコンをクリックすると、
戦争に干渉することができる。


Evil Bank Manager 紹介27

どちらか一方(同盟国を含む)に肩入れするか選んで、
資金援助を行ったり、

Evil Bank Manager 紹介28

作った武器を優先的に販売したり

Evil Bank Manager 紹介29

自分が好きな国家を勝利させ、その国の勢力を伸ばすことができる。

国家の勢力を拡大させると
プレイヤーにとって、一体何が都合がいいのか?


ここが重要なポイントなのだが、
プレイヤーの企業が、1領土で得られる物件には限りがある。


どんな物件(工場、鉱山、観光地)を売買できるかは毎ターンランダムで決まっており、値段もまちまちである。

欲しくない物件をスルーするのも手ではあるが、悠長に待っているにも限界がある

Evil Bank Manager 紹介34

だからこそ、特定の国に肩入れをして領土を得てもらおうという魂胆である。

新しい国家から鎖国を解いてもらうために多額の金を支払うより、
現在、商売を認めてくれている国家の勢力を拡大させ領土を増やしてもらった方が安上がりじゃないか?
理論である。


モンゴル帝国を支援していた商人達のように、
十字軍を裏で操っていた商業国家のように。


金のためなら国家をも動かして、多くの人を死なせてしまう。
このあたりが、Evil Bank Maneger たるゆえんであろう。


Evil Bank Manager 紹介33

あと、最後になったが、このゲームは資金がゼロ(あるいはマイナス)になるとショートして即座にゲームオーバーになる。

そのためにも、無理な投資や資金投入は御法度なのだ。
どうしても来期には資金がマイナスになってしまう場合には、自分の持っている物件を販売してやりすごすという手もある。

どのみち、遊んでいるるうちに、幾つかあまり必要の無い死に物件を保有しているはずなので、それを売りさばくのも手である。




さて、丸一日かけて、ようやく、このゲームの前方が断片的にも見えてきた。
これだけ情報があれば、遊べるのではないだろうか?

基本的には日本語になっているので、だいたいある程度理解していれば、雰囲気で遊ぶことができる(おいおい)

もし「死の商人となって国家を動かすキングメーカーになりたい!」と思っている方がいたら是非、触ってもらいたい。
歴史では即座に滅びた小国も、衰退してしまった帝国も、貴方の支援でよみがえらせることができるかもしれない。

アジアを侵略する徳川幕府や、
古朝鮮を再現しようとする大韓帝国を見たくはないか?


君の中にある、フェザーンの血を
きっとこのゲームは刺激してくれるだろう!

何より安いしね!

スポンサーサイト



紹介SLG - アトラス1469

アトラス1469タイトル

このゲームは『世界地図作製ゲーム・アトラス』の正統後継作品です。
商会のトップになり、交易を行い船団を世界各地に派遣して世界の全貌を明らかにするのが目的とします。

ネオアトラス1496-20

このゲームの面白さは、何といっても『未知の世界を広げていき、新たな世界を作り上げる』楽しさにあります!

基本的にプレイヤーは自分自身で船を動かすことができません。

なぜなら、プレイヤーたる貴方は商会のトップであり、雇い入れた船長の意見を『信じる』か『信じない』を判断するのが仕事だからです。

ネオアトラス1496-18

この部分が思い通りになり、思い通りにならない部分で、やきもきして楽しい場面であります。

船長たちは自分達の測量技術で報告を行います。そのため有能ならば現実と同じように陸地を発見しますが、未熟な場合、本来、島や陸がある部分に何もなかったり、逆に何も無い場所に島や陸地が見つかることもあります。

ネオアトラス1496-07

逆に有能な船長であっても、その報告をプレイヤーたる商会長がずっと『信じ無い』を連発すると、スポンサーの意を理解して、わざと自分の結果とは逆の報告をしてくれたりもします。

そして事実はどうであれ、プレイヤーたる自分が『信じる』と判断したことが『この世界の真実』として地図に書き加えられるのです。

ネオアトラス1496-02


その気になれば、あるはずのない大西洋上に巨大な『アトランティス大陸』を作ることも可能ですし、逆にオーストラリア大陸を『存在しなかった』事にすることも可能です。

もちろん世界は球体では無く平たい!という結論に達しても良いのです!

ネオアトラス1496-19

地図を作る楽しみ、世界を広げる楽しみ、自分の夢を形つくる楽しみ…

まさに、アトラス1469は自分の中にある想像の翼を表現してくれる素晴らしいゲームです。

ネオアトラス1496-17

さて、かように面白い本シリーズですが、唯一の欠点としまして『地図が汚くなる事』があります。


これは探索の方法と、プレイヤーの決断にもよりますが、本来土地が存在しない海洋部分で陸地を見つける場合、発見確率の兼ね合いで、海洋と陸地のバランスがとれず、ぶっちゃけ穴だらけ(大陸に湖や池が散乱)の島があったり、非常に見た目が悪くなる場合があります。

ネオアトラス1496-23


これは、ある意味シリーズ伝統ともいえるのですが、今作は特に解像度も上がってしまっているので、その部分が目立ってしまってのがある意味残念。これが無ければ良かったのですが…

ちなみに今作は歴史ヒストリーで、年代ごとに何があったか時系列でみることができます。
何年にどの土地を見つけたか、どのようなイベントがあったか一目で分かる!
あんな思い出、こんな思いで、すぐに蘇りますよ!

アトラス1469歴史



紹介SLG - KOEI旧シリーズ第二弾



水滸伝天命の誓い販売01

http://store.steampowered.com/app/521680/

KOEIが、さらにsteamで旧作品の販売を開始しました

あの伝説の名作
水滸伝~天命の誓い~
天下統一では無く、悪逆非道を正し、世に平穏をもたらすという、当時でも一風変わった作品でした

今見ると、グラフィックがかなりキツメです

ちなみにグラフィックが向上したリメイク品の
作品も販売開始しています

http://store.steampowered.com/app/521700/?snr=1_5_9__412


http://store.steampowered.com/app/521710/?snr=1_5_9__412

この作品はウィンドウズ用に調整されたリメイク版ではありますが
たぶんウィンドウズmeとかXP時代につくられた古いリメイク品で
画像が固定されているようです

まぁ、若干不便ではありますが旧作が楽しめるのは良いですね!

この調子で、ウィンドウズ版にリメイクされたという
提督の決断2や3の発売もお願いします!

Age of Wonders Ⅲ



http://store.steampowered.com/app/226840/

対応機種:
Win Xp / Vista / 7 / 8 / 8.1
価格
Age of Wonders III 本体 2980円
(本体)
Age of Wonders III Deluxe Edition 3480円
( 本体 + Deluxe Edition セット価格)
Age of Wonders III Collection   4980円
( 本体 + 全ダウンロードコンテンツ価格 )

Aow伝道師・雅様のサイト「剣と魔法の古典」
http://aow3.blog.fc2.com/blog-entry-34.html
有志により、ほぼ完全日本語化可能
http://aow3.blog.fc2.com/blog-entry-19.html


AOW3戦闘シー3

ツィッターでAOWⅢの伝道師・雅(Miyabi)殿に

軽く洗脳され

夏のサマーセールで800円で購入した本作

いわゆる4Xシミュレーションゲームなのですが
一般的な宇宙モノではなく、
ファンタジーものの4Xゲームです。

AOW5.jpg

時代的には中世後期ぐらいの
魔法と短銃と剣が混在し、鉄道もあるが投石器もある
という、

中世というには近世的で、
スチームパンクほどの現代的でも無い
そんな過渡期的な世界で

エルフやゴブリンや、人間達が
平和や覇をかけて戦う。といった内容です

AOW3戦闘シー7

基本は普通の4Xゲームとかわりはありませんから
シヴァライゼーションシリーズを
遊んだことがある人ならすんなり遊べるでしょう。


本ゲームの特徴とは?

1.個性的なヒーローユニットが存在する
1.戦いに魔法を用いることができる
1.ファンタジー世界である
1.ガッツリ戦術シーンがある

AOW3戦闘シー13

普通の部隊よりもはるかに強い
ヒーローユニットが存在します。
いわゆる、勇者や魔王系の人材です。

もちろん、プレイヤーの国家元首も
ヒーローユニットとして前線に出すことも可能です

ユニットと同じく、レベルの概念がありますので
通常の部隊ユニットよりも遥かに強いので重宝します。

国家元首は負けて、戦死扱いになりませんが
(それは敵国の元首も同じです)
一般的なヒーローユニットは戦死しますので
気をつけなければいけません
(オプションで変更は可能です)

戦いに魔法がある
AOW3戦闘シー11

魔法は戦術モードでも、戦略モードでも同じですが
魔力の源は様々なものに使うため、
あまり使いすぎると、戦略的にもちいられないという
ジレンマに陥ります。

局地戦で魔法を使いすぎて、
戦略モードで使えなくなる。なんて事態に陥ることもあり
使いどころが中々難しい

また、国家元首が倒された場合、
一時的に魔法が使えなくなります。
(本作では魔法は国家元首を触媒にして使われます)

この辺りのバランスは素晴らしいものがあります

ファンタジー世界である

AOW3戦闘シー6

俺は近代国家や、宇宙時代で遊びたいんじゃない!
ファンタジー世界の国家を運営し、外交や戦いをしたいんだ!
という方にうってつけです。

…ん?だからなんだって?
とっても重要ですよ。こういう事は



ガッツリ戦術シーンがある
AOW3戦闘シー9

このゲームが、他の4Xゲームと違う最大の点の一つは
がっつり、戦術シーンがあるという事でしょうか

ユニットごとに特性やレベルがあり、
また側面攻撃や奇襲攻撃、
得手不得手など、様々な要素があるため
かなり、本格的な戦いが遊べます。

特に戦闘力が防御力を上回っているのが
この戦術シーンの特徴で、

一手間違うと、鍛え抜かれたベテラン部隊が
あっさりと全滅してしまいます


ちなみに、本作では戦術シーンが不得手の人
用に自動戦闘にすることも可能ですが
この戦いを遊ばないのは、もったいないので、
是非とも遊んでもらいたいものです

AOW3戦闘シー8

というか、この戦術モードのために
戦略モードがあるといっても過言では無く

4Gemaで「シミュレーションRPG」と評されたり
むしろ「遊ぶ時間の比率を考えれば戦略ゲームでは無く
むしろ戦術ゲームに近い
」(アール氏)
と言われたりもしちゃったりします

本作は4Xゲームの特徴である
探索・拡張(領土)・開発(国力)・殲滅(敵の撃破)
に、さらに戦闘を加えた、贅沢なゲームです

戦略ゲームに、戦術ゲームを加えるというのは

本来バランスを大幅に崩し、
どちらも中途半端になったりもしますが、

本作品は、そのどちらも上手くバランスを取り
がっつり遊べる良作ゲームです

AOW3戦闘シーン

でも、短所は無いのでしょうか?
いいえ、もちろん、このゲームにもあります

それは1プレイにガッツリ時間がかかる

という点です。

そりゃ、そうでしょう。
戦略ゲームに、戦術ゲーム要素をぶっこんだら、
いくら時間があったって、終わりはしません

もちろん、オプションで変更することも可能ですが
(特にランダムゲームモードでは)

ある程度の時間を覚悟は必要です

AOW3戦闘シー14

本作には、チュートリアルを兼ねた
キャンペーンモード

ランダムで生成された世界で遊ぶ
ランダムモード
の二つが存在します

キャンペーンモードは、4Xゲームの肝である
外交交渉などが制限され、やれる事が少ないので

ゲームのストーリーを知りたい
ゲームの操作方法を知りたい
という時にのみ選ぶと良いでしょう

AOW3戦闘シー12


本作はランダムモードでこそ
真の実力を発揮します。

もし、キャンペーンモードだけ遊んで
うーん、今一の作品だったなぁ
なんて言ってしまうのは勿体無い!

キャンペーンモードがつまらなかったら
即座にランダムモードを選びましょう!

私はそうしました

さて、本ブログでの紹介はこれで終わりますが
より深くゲームを知りたい方は
雅殿のブログを閲覧されると良いでしょう

剣と魔法の古典
http://aow3.blog.fc2.com/blog-entry-34.html


最後にAOW3伝道師・雅殿のブログの一部分を抜粋し
本作の締めくくりとします

ゲーム内容が本当に面白い!ちょっと油断すると日常生活に支障が出るほどのめり込んでしまう魅力を持った作品なんです。私など面白すぎて危険を感じ一時は老後にとって置こうとプレイするのを取り止めたほどなんですよ


朗報-Master of Orion 日本国解除

SFシミュ同志しのぐ殿のツィッター情報より
マスターオブオリオン日本語版発売しのぐ氏
https://twitter.com/_shinogu_/status/713543989643780097
あの伝説の4XSFシミュレーション
「Master of Orion」の最新作が
ついに日本国で解禁!

しかも日本語版だ!

これは嬉しい!
伝説のゲームが日本語で
遊べる日がこようとは!

…と、いう風に書かれて
「ん?これは完全新作じゃなくリメイク?」
気が付いた方は、かなり鋭い

どちらかというと本作は
今までのMaster of Orionを
世襲した形で作られており

Master of Orion2を超えるような
作りにはなっていないとの事

そのため、MOO2を超える作品を期待していた人から
「今まで同じゲームならやる価値は無い!」
と不評だそうだが

逆に言えば、MOO2を遊んでいない人…

特に日本人にとっては
どうでもいいことなので


海外の不評評価は
まったく気にしなくて良いでしょう

なお、この辺りは日本における
Master of Orion研究の第一人者である
しのぐ殿のブログで詳しく乗っているので

興味がある方は
ぜひ一度覗いてみられた方が良いでしょう。

しのぐのブログ
http://ameblo.jp/shinogu1/


NEXT≫
プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊5657小隊を率いる
Zabarann(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (24)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (22)
紹介:SLG (21)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (8)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (3)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (1)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (23)
雑記:その他 (24)
ゲーム:ギレンの野望 (21)
ゲーム:信長の野望 (15)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (5)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:考察 (2)
ガンダム:雑談 (4)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (28)
特集:ガンダムMODイベント集 (2)
特集:コイカツ (14)
日記 (45)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (12)
作業:AAR (6)
作業:MOD (17)
作業:翻訳 (32)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
AAR:KOEI (2)
特集:信長の野望MOD (1)
特集:Deity Empires (1)
特集:Evil Bank Manager (1)
特集:Kenshi (31)
特集:KINGDOMS (3)
特集:The Guild 3 (2)
特集:The Guild 3 日本語情報 (7)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク