スポァ・アドベンチャー


スポァ・アドベンチャーinパパアドベンチャー

さて、シムズ3も購入して、どちらを書こうと迷いましたが
アドベンチャー製作に休日を二日も潰して泣いたので
スポァ・アドベンチャーについて書こうともいます。

■全世界待望のアドベンチャー…が、その中身は?
スポァ・アドベンチャーを購入して驚くのは、なんと
想像とはまったく違う追加データということです。

どういうことかと言いますと、スポァの宇宙ステージを遊んでいると常々思うのが「せっかく他の惑星があるんだから降りてみたいという誘惑というか、想いが沸き起こってくるのです。

そして今回のアドベンチャーは、その想いを叶えてくれるはずでした。
惑星に下りて、珍妙な生き物達を狩りまくるぜ!
あるいは、街中の人たちとコミュニケーションを取るぞ!
まぁ大抵のスポァユーザーはそう思って購入したに違いありません。
ところが…全然、そういう内容ではありません!

■スポァアドベンチャーとは?
基本的には、予め決められたアドベンチャーゲームが中に入っており、
それがランダムでゲーム中に出てくるのが、スポァ・アドベンチャー
なのです。

しかも登場するキャラクターは常に一緒なため、惑星に降下するたびに
違うキャラクターになる。ということもありません。

ガッカリです。
ガッカリ・イリュージョンです。
こういうゲームを求めていたのではありません!
もうライトのまかー!!!!!…と、までなりませでした。
なぜなら、このアドベンチャーのもう一つの機能
アドベンチャー製作機能がついていたからです。

スポア・アドベンチャー01
新たに艦長という階級が追加された。艦長はアドベンチャーをクリアすると経験を手にいれ、特性に見合う様々な装備品手に入れることができる。

■簡易3Dアドベンチャーツクール!?
スポァは実に色々なものを好きなように作ることができます。
まるで某スーパーなマリオさんや、イチゴの車なんてのも
できます。それらアイテムを自由に駆使して、アドベンチャー
ゲームを作ることが出来るのです!

しかも、直感的で分かりやすいインターフェイスは実に
ユーザーフレンドリー!貴方の想像力を刺激します!

それが例えば選択肢が無くて、一本道だとしても。
乗物を乗れず、眺めたり、連れて行くだけだとしても。
様々なアドベンチャーを作る喜びは計り知れません!

スポア・アドベンチャー02
分かりやすい製作画面。コマのようにキャラクターを置いていくのが、なんだかジオラマチック。噂によると建物は40個前後までしかおけないようだが、結構な数のオブジェクトを置く事はできる。

■というわけでじゃばら印のアドベンチャー
さて、今回パパが製作したのが「反乱軍救出作戦」
反乱軍を助けるのが目的では無く
反乱軍に捕まった、政府要人を助けるアドベンチャーです。
(ややっこしい

元々が、大軍同士の戦闘を近くで見て
戦場気分を味わいたいと思って製作したわけですが、
どうにも今一でしたので、救出作戦としてみました。

スポア・アドベンチャー03

プライベートライアンか203高地か
激しい銃撃戦がこだまする!


ぶっちゃけ難易度は第四章の国会議事堂突入以外はわりかし楽です。友軍の方が強いので難なく外の敵は駆逐できるでしょう。
ですが、中に入るとみるみる死ねるので、友軍を仲間にして突入しましょう。彼らが肉壁に・・・あわわ、身代わりになってくれます。


さいこ画像「発売日に買えず泣いて、あげくに中身まで期待はずれじゃ死ぬしかないよね!」


パパ画像1「…うむ。しかし、忙しくて中々しねない。幸運なことじゃのぉ」


さいこ画像「…死ねば楽になれるよ(ボソ」


パパ画像1「なんか言ったか、小娘?」


さいこ画像「んにゃ別に」


パパ画像1「まぁ確かに期待外だったが、逆にアドベンチャーを作れるようになったのは嬉しいのぉ。」


さいこ画像「ユーザー丸投げだねぇ、これじゃあゲームを遊んでいるのか、ゲームで遊んでいるのかか分からなくなるよ。」


パパ画像1「まぁスポア自体が自由につくって遊ぶ。というのがコンセプトじゃからのぉ。ここは自由度が高い。と言っておこうか。」


さいこ画像「そうして、時間をまた製作に吸い取られていくんだね。」


パパ画像1「ほほ、熱中するのはよいことじゃ。」


さいこ画像このゲーム脳め!


パパ画像1「最後の台詞がそれか!?」





スポンサーサイト

スポァれびゅー平和への道標(クリーチャー編)②

…というわけで、前回、意気揚々と一種族と同盟を結んだ我がクリーチャーだったが、いきなり挫折することになる。
こちらとは構造が全く違う…いうなれば複雑な造形をもった高度なクリーチャーに遭遇した。
これはいけない。どうみてもかなう相手ではない。
戦闘的にもそうだが、相手が自分よりもコミュニケーション能力が高いと同盟が成立しないのだ。

案の定、歌だけじゃなく、ポーズを決めたり、踊ったりしてきた。
というわけで、あえなく我がクリーチャーは交渉を断念。
歌しかできない種族が他の種族と交渉できるわけがない。
しかも不運なことに、やたらと敵対する植物のようなクリーチャーが猛然と襲ってきた。これにはちょっとびっくり、交渉すらできず、奴らはただ襲ってくるだけのクリーチャーである。

平和路線の我がクリーチャーはひたすら逃走を続ける。
残念だが、動物相手に無抵抗主義なガンジーというわけにはいかない。
無抵抗な動物なぞ、ただ食われるだけの食料にすぎない。
そもそも、戦闘能力なぞはなから無いのだ。

命からがら自分の巣へと帰り体力を回復。
こんどは別な巣へと移動し、コミュニケーションをはかる。
これは問題なく同盟を結ぶことに成功した。幸先が良い。
例の植物クリーチャーに警戒しつつ、さらに大陸奥へと進み、さらに幾つかの種族と続けざまに同盟を成功させた。

するとクリーチャーが進化をしはじめたメッセージが出てきた。
一定数の種族を滅ぼしたり、同盟したりすると種族は進化する…といっても、別に何かがそんなに変わるものではないが、仲間を引き連れて行動できるようになる。これは嬉しい。
一匹より、二匹の方が、コミュニケーション能力が上がる。
つまり、より同盟を結びやすくなるのだ。

仲間を連れて行くには、自分の仲間にコミュニケーションをとれば良い。
要領は同じ、歌う、踊る、魅力に、ポーズをすれば良いだけ。
別種族と違い、簡単に友好になるので、すぐにつれていけるだろう。
ちなみに、一旦同盟を結んだ別種族のクリーチャーも同じように連れてことができる。
ただ、交渉の時に、仲間の種族と違って、支援してくれて交渉が有利になるかはちょっと分からない。
強い他種族をつれていき、ガードマン代わりにするのも手だろう。

進化もしたし、パーツもあつまったので子供(クリーチャー改造)を行うことにした。もちろん、平和しやすいように踊り、チャーム、歌、ポーズなどの高いパーツを組み合わせた。

ちなみにクリーチャー改造のとき、ポイントが消費されるのだが、これは他のクリーチャーを倒したり、友好を結んだときに手に入れることができる。
ポイントが足りない場合は、積極的に他のクリーチャーと接触をもつのが良いだろう。

こうして同盟を結び、進化しているうちに巣の移動が開始された。
どうやら、他の場所に巣を移転するらしい。今回は海岸沿いに北に向かって民族大移動だ。
移動の道筋は線になっているので迷うことは無い。
途中でであう種族と友好をむすんだり、遠めでみたりしながらぶらぶら移動をしていると、突然大音響と共にクリーチャー達が逃げ始めた!

何事かと思い上を見上げると…隕石がふってくるではないか!
そういえば、移動の途中で隕石をみかけたが、まさかこの場で、ふってくるとは!
他のクリーチャーともども急いで身をかくすと、隕石落下の大音響と共に火花が周囲に散乱した。
さらに近くにいたクリーチャーはダメージをおったらしい、隕石にあたるとは、すさまじい低確率である。ナムナム…




スポァれびゅー平和への道標(クリーチャー編)

平和主義でやると、たぶん一番難しいのがクリーチャー編だろう。
なにしろ相手が肉食の場合は、容赦なく襲ってくるし
また巣の規模が大きくなると、説得も困難になってくるからだ。

ちなみに、このクリーチャー編では菜食か雑食にするのが
難易度を下げる一番の近道だろう。なにしろ肉食になると
どうしても相手を倒して肉を得なければ成らず、。
また、腹もへりやすいので速攻で相手を襲うことが基本になる。
逆に草食や雑食の場合、相手のクリーチャーを滅ぼさなくて良い
だけではなく、お手軽に食料を得ることができる。
このステージに関して不作という概念が無いので
いつでもどこでも果物が手に入り、まったりと時間をかけて
遊ぶことができるのだ。

また草食や雑食で細胞ステージを終わると
得られたときの特性が平和をえやすい特性を得ることができる。
草食の場合は、そのまま相手の友好があがりやすくなり
雑食の場合は、仲間を増やしたときの効果が大きい
これは難易度をさげるためもぜひとも活用したいところだ。


●クリーチャー編
というわけで、菜食主義の我がクリーチャー
まず水からあがり巣をつくり終えたところから始まる。
周囲を見渡すと、果物がなり食料が豊富なのがわかる。
特に空腹でもないので、レーダーを確認すると
近くに3つほどの巣が表示されている。
マーカーが「?」で表示されているのは、まだ確認していない
巣だ。

手始めに正面の巣をいくと、随分とのっぺらとして
クリーチャーがいた。近くによると物凄い速さで逃走する。
人(擬人化)をみるなり逃げ出すとは失礼なやつだ。
こちらも無理して追いかけ、話し合いコマンドで交渉を試みる
が、またも逃げる。そうなると、こっちも意地である。
にげる相手を追いかけて、何度かやっているうちに、こちらと
コンタクトをはじめた。何せ素朴なクリーチャーだ
軽く歌ってあげると、簡単に友好的になってくれた。

左上の方には、黒い表示が緑色になった。
これは人数を表すものだろう。難易度にもよるだろうが
簡単なステージでは三体のクリーチャーを説得すれば
その巣…というより、そのクリーチャー種族と同盟を結べる。
一回、一匹と友好を結んでしまえば、その種族全体の友好も
あがる。立て続けに二対と友好を結ぶと、同盟を結んだという
表示と共にパーツを入手した。同盟を結ぶと相手が持っていて
自分が持っていないパーツを貰えるらしい。

意気揚々と他の巣へ移動を開始した。

歩いていると、光る骨のようなものを発見した。
というか、骨、そのものである。どうやら、この骨にふれると
DNAを採取して、自分に無いパーツをゲットできるらしい。
つまり、このクリーチャーステージでは、相手の巣を
滅ぼしたり、骨を拾ってパーツを集めるのが基本となるようだ。

すぽぁ骨を発見!
骨を発見!かなり巨大なクリーチャーだったのだろう。
プレイヤーの二倍の大きさはある。


パーツは強力なものから単に見栄えだけで何もかわらないものもある。
平和にいくなら、歌う、踊る、ポーズをとる、魅了する。の四つの
能力の高いパーツを手に入れて装着するのが良い。
ちなみに、この能力値は累積することが無いので一つあれば十分である。
例えば、レベル2のパーツを二つ装備するよりも、レベル4のパーツ一つで
十分なのだ。



◎スポァれびゅー平和への道編(細胞編)

平和生活が難しい!とい人がいるみたいなので平和主義でゲームを進めてみます。
とりあえず宇宙編まで書く予定

●細胞編
食事-草食 難易度-低い 

隕石が惑星に衝突し、その破片から細胞が生まれてゲーム開始
行きたい方向へクリックして、移動を開始。行けども行けども水ばかり。
しばらくして周囲に似たような細胞クリーチャーがいるのに気がつく。
近づくと攻撃してしまうし、攻撃されてしまうので、急いで離れる。
同じ仲間もいるみたいだが、徒党もくめないようなので
気にせず移動を続けることにする。

お腹もへってきたが草食動物、どうやって草を食べるのだろうと
おもいきや、水中に緑色の謎の物体を発見。
近づくと案の定パクパク食べ始めた。
この調子でどんどん緑の物体を食べていくと進化し、体が大きく
変貌する。

体が大きくなると、今まで巨大だった他のクリーチャーが小さく
自分が大きくなっていくのを実感。
中には、自分より数十倍も多きい細胞クリーチャーが出てきて
肝を冷やす場面も往々にあるが、大きくなると同時に自分と
同じサイズに表示されていくので、進化した気分を満喫できるのだ。

すぽぁ巨大生物!?
突然立ちふさがる巨大クリーチャー!
このクリーチャーも進化をするとちっちゃくなる


進化をしていると、緑の物体も輪郭を現し始める。
どうやら氷の結晶のような藻(?)だと分かったが
小さい藻は今までとおり食べられるが、それが数十倍の大きさ…
つまり自分の細胞クリーチャーより巨大だと食べられない。
勿体無いとおもってクリックして藻(?)の周りをグルグル移動していると、
その巨大な藻(?)の先端部分の丸いぽっちが食べれることに気がついた。
これは嬉しい発見。
体が大きくなると、藻(?)が見つかりにくくなり
食べるものが少なくなってしまう。

こうして徐々に大きくなっていったが、しばらくすると
宝石のような石が出てきた。不思議に思い近づくと、宝石は割れて
中からクリーチャー改造につかう、アイテムが出てきた
「隕石を破壊するとパーツが手に入ります」と最初に表示されるが
これのことだったのか。

クリーチャーは近くにいる同族を呼び寄せ、子供(クリーチャー改造)を
することができる。行くつかパーツを集めると子供製作を開始。
クリーチャー改造にはポイントが必要だが、集め方はよくわからない。
たぶん、食事の摂取なのだろう。
パーツの中には、毒霧のようなものから、電撃発生パーツ
まで様々ある。中々面白そうなのだがポイントは限られている。
色々考えた末、とりあえず、速度をあげるパーツを追加して
速度をあげることにする
敵から逃げる。同じ草食動物より先に藻(?)を奪うためにも
速度は必要なのだ。
これは肉食獣でも同じである。

ちなみに、この改造時に草食や肉食の口を選べることができる。
草食の時に肉食の口を選ぶと(逆の場合もそうだが)雑食性となり
肉食と草食の中間の特性を得ることができる。
だが、今回は平和路線でいくために草食一本でいくことにする
草食だと平和になりやすい特定があるからだ。

こうして速度をあげ、肉食獣から逃げまわり進化を続けていると
細胞ステージの終了を告げる「泳ぐのが一番!」という表示が出る。
さらに続けて、パーツを全て集めても良いが、時間がかかるので今回は
そのまま進化させて、次へと進むことにしよう。

SPORE(スポァ)の惑星改造は、後半の楽しみ

スポァの楽しみの一つは、何といっても惑星改造
宇宙ステージに入ると、他の惑星を改造することができるようになる
不毛な惑星を改造し、緑溢れる惑星に改造すると達成感も一塩!
また、改造をすると新たな都市や施設も作れるので
力をつけるにはもってこいなのである。

が、実はこの惑星改造。とても重大な欠陥がある。それは…
初期の惑星改造ツールは、使い捨てな上、物凄く高価なのだ!
とてもてとも初期の収入では購入して、使い捨てることなんて出来ない
また、最初の頃は、惑星改造も良く分からないので
一度や二度は、惑星を破滅させることもある。

…実際、私も収入源となっていた惑星の改造に失敗して
大損害を出してしまった

つまり、最初の段階ではほとんど惑星改造は厳しい。
他の宇宙人を見つけて交易してお金を儲けるか、
ゲームを進めていくうちに「称号」を受け、それにより
道具の封印を解除していくほかは無い。
素晴らしい称号を手に入れると(ゲームを普通に遊んでいると
大抵後半に手に入る)使い捨ての惑星改造ツール以外にも
宇宙船のエネルギーを消費するだけですむ惑星改造ツールを
購入することもできる。これを手に入れれば、
いっきに惑星改造の敷居も下がり、好きなだけ惑星を
改造できるようになるのだ!
(ただ、一つの惑星改造ツールでは意味が無いが

だから、惑星改造は中盤から後半の楽しみ、と
思ってゲームを進めると良いだろう。

ちなみに私の場合、宇宙ステージに行く前に
サーチ&デストロイを繰り返しておかげで
すっかり戦闘民族となり、そのせいかは分からないが
宇宙ステージに出た瞬間なんと五カ国もの宇宙人に宣戦布告され
るという悲惨な状況へと突入してしまった。
(しかも初期ミッションで手に入れた二惑星二星系のみで!
そのため、とても、惑星改造どころではなく…

しかし、そのおかげで、色々な称号を手に入れ
エネルギーを消耗するだけですむ良質な惑星改造ツールが
手に入れることができたので、これはこれで幸いとも言えたが。





NEXT≫
プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊5657小隊を率いる
Zabarann(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (21)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (20)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (7)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (22)
雑記:その他 (24)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (14)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (5)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (3)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (20)
日記 (39)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク