ガンダム考察-ギレンの華麗なる逆転劇


ガンダム系のゲームを遊んでいたり
あるいは、ブログなどを巡っていると

ガンダムシーン_ソロモン攻略戦12

ア・バウア・クーでジオンは勝利できたか?
あるいは、勝利しても、ギレンはどうやって勝つ気でいたのか


という議論を目にします。

ギレンは父に対して
心配しなくてもジオンは勝ちますよ
と自信満々に言っていました。

つまり、一見すると
圧倒的なふりな状況にある
ジオン軍ですが、ギレンには
勝利の目算があったということです。

そこで、今回、ギレン・ザビは
どのようにしてア・バウア・クー後に
連邦に勝利する気であったのかを考えてみたいと思います。



考察1.連邦艦隊の壊滅

ギレンの野望ア・バオア・クー07

まず、最初に
ア・バウア・クーでギレンが勝利できたのか?
という問題ですが、ギレンが暗殺されていなかったら

勝利していた可能性は極めて大きい

と、断言できるでしょう。

古来において、攻める側は、
守る側の三倍の兵力が必要となります。

前回、ア・バウア・クーの戦力比を書きましたが…

ジオン軍ア・バウア・クー戦力
戦艦4隻、巡洋艦41隻、
空母(ドロス・ドロワ)2隻
補給艦・その他不明
MS 約3600機
戦闘機・突撃艇約900
士気:ギレン総帥が前線にいるため非常に高い
練度:古参兵もいるが即席新兵も非常に多い

連邦軍ア・バウア・クー戦力
戦艦18隻 巡洋艦98隻(補給艦84隻)
MS(ボールを含む)約4800機
戦闘機・突撃艇約1000機
士気:司令官が相次いで戦死、戦力の三割消滅で低い
練度:MS搭乗者は十分なシミュレーションを得ている

連邦軍は、本来ならば3倍近くいたのにも関わらず
ソーラ・レイによって四割近くの大損害を出し
せいぜい1.5倍程度の兵力しか持ち合わせおらず
極めて士気も低かった状況にあります。

ガンダムイベント宇宙11

ギレン閣下も
圧倒的では無いか、我軍は
もおっしゃられていた通り、

最高総司令官が戦死しなければ

指揮系統の混乱も無く

デラーズ以下の親衛隊も撤退せず


消耗戦の末にジオンは、
ほぼ確実に勝利していたでしょう。

そして、この戦いにおいては
連邦軍の宇宙艦隊総数の実に八割以上が投入されています。

つまり、この戦いの敗北は
連邦軍が制宙権を失うことを意味し、

漫画ジ・オリジンでは連邦議員が
ゴップ元帥に対して
負けたら宇宙を失い連邦は敗北されるんだぞ
と、言っていましたが、
まさにその通りの事態になります。


考察2.制宙権獲得後の地上攻撃

さて、ア・バウア・クーで勝利し
連邦の宇宙艦隊を壊滅させた後
ギレンは、どのような手を使うでしょうか?

再び、地上侵攻作戦を行うでしょうか?

いえ、それはナンセンスでしょう。
そもそも、半年以上も戦線を維持するだけで
精一杯だったジオンには
それを行うだけの余力はありません。

では、どうすれば良いか?

・・・
・・・・
・・・・・まぁ、実を言うと

制宙権獲得した時点で
ジオンの勝利はほぼ確定しているのです


ガンダムザビ家17
ギレンの野望では鬼畜デラーズが
再びコロニー落としをやりましょう
と、提案して、

さすがのギレンも即答を避けたと
言われますが、

実際、制宙権さえ獲得すれば、
宇宙から色んな物を落とすことができます。

コロニーだろうが
隕石だろうが
要塞だろうが


阻止ができなければ
好きな場所に好きなだけ
落とすことができます。

バカ正直に軍事力で
地球を支配しようとしたのは
あくまで、地球を我が物にしたいという
ギレンやキシリアの欲得のもので

ただ、戦争に勝つ
(有利な条件で和平を結ぶ)
と考えれば、そんな消耗戦に
つきあう必要などないのです。

南極条約?
そんなものは、
勝者には関係無いね



考察3.南極条約無効の戦略兵器


ガンダム:イベント04

南極条約を無視すれば
簡単にジオンが勝利できることは
前項でも書きました。

ですが、戦後のことを考えれば
条約を無視することはなるべく
避けたいというのも事実でしょう。

ギレンの野望では
おもいっきり、第二次ブリティッシュ作戦で
ジャブローは壊滅していましたが



実は、コロニーや隕石を使わなくても
ジャブローを攻撃する方法をギレンは
もっていました。

それが、そう・・・

ソーラ・レイ

なのです。

このソーラ・レイという兵器は
ガンダム世界の中でも
よくよく考えると、
特に違和感のある兵器です。

考えてみてください

この兵器はなんのために存在してたか。

連邦のソーラシステムは
対要塞用として開発運用されていました。
それは理由としてはわかりやすいものです。

ですが、ソーラ・レイは
一体何のために開発されていたのでしょう?


劇中では確かに連邦艦隊を壊滅させるのに
使用されました。

ですが、あれほどの巨大設備を
予め連邦艦隊が来ることが
わかっていて作っていたとは
考えにくいという点です


ギレンの野望イベント05


そもそも、構想から準備、
改造まで時間がかかりすぎるでしょう。

コロニーを丸ごと巨大レーザーにするなど
幾らジオンの脅威の科学力とは言え
少なくとも準備や構想に六ヶ月…少なくとも
数ヶ月の時間は必要と思われます。

もし、連邦の行動を素早く察知し
それからコロニーレーザーを構想したのでは
到底間に合うとは思えません。

なぜなら、ソロモン攻略から
ア・バウア・クーまで半月も無いからです。

劇中では、その半月あまりの間で
改造を行っているようにもみえますが

少なくとも、資材や設計などの準備を
予め行っていたから可能だったのでしょう。

そう考えると、
元々他の用途に使うはずだった
コロニーレーザーを
対連邦艦隊用に転用した


というのが正しいのでは無いでしょうか?

すると、コロニーレーザーの
本来の役割とは何か?

私は、
コロニーレーザーは
地球攻撃用兵器だった


と、考えています。

うろ覚えですが
柳田理科雄先生も著作の中で
コロニーレーザーは艦隊よりも
地上に用いた方が、はるかに効果がある

と書かれていた気がします。

また、
ガンダムXや
クロスボーンガンダムにおいても
コロニー・レーザーを地球に
使おうとした描写があります。

ソーラ・レイは
巨大なレーザーなので、
南極条約に該当せず
自由に攻撃することが可能になります


さらに、隕石やコロニー落として違い
ピンポイントで攻撃できるため

誤って味方部隊を巻き込んで
しまう可能性も少ないというメリットもあります。



元々、ギレン直轄の鬼畜アサクラが
ソーラ・レイ開発に関与しており、

また準備期間に数ヶ月必要だと
考えると、
これは、戦線が膠着したことを
ふまえ、ギレン・ザビ総帥が
必勝の策として用意していたに違いありません。

つまり、ギレン・ザビとしては
地上侵攻はソーラ・レイ開発までの
時間稼ぎだった。

とも考えられるのです。


考察4.役目を終えたソーラ・レイ


さて、そのソーラ・レイですが
地球攻撃用の戦略兵器であると仮定するなら、
仕方がないとは言え、進行中の連邦艦隊に
ソーラ・レイを用いて使えなくなってしまったことは、
ギレンにとって痛恨であった…

と、考えるのは早計です

その役割は十分に果たせたと言えるでしょう。
ガンダムシーン;宇宙19

連邦艦隊は第二照射を恐れて
ア・バウア・クーに戦力不足のまま
侵攻するという状況となり

ここで連邦軍が壊滅すれば、
これで戦いは終わります

この時点で、連邦軍に大威力を見せつけたた
ソーラ・レイは、その役割を終えたのです。

あとは、和平交渉を行い
有利な条件で終戦を迎えれば良いだけ…

・・・というのも、
制宙権を失えば、地球連邦軍は
なすすべもない事はわかりきってますし、

よしんば、それで抵抗しようとするなら
次はソーラ・レイを地球に向ける
と一言つぶやけば、相手はどうにもならなくなります。

ソーラ・レイで艦隊を壊滅させた以上
実際に、地球にソーラ・レイを撃たなくても
十分な警告になるのです。

想像力が欠如していなければ
ソーラ・レイが地球に用いられたら
阿鼻叫喚の地獄絵図になることは
安易に想像できるでしょう。

実は、現在ソーラ・レイが使えない。
というのもあまり意味がありません。

直せば良いだけですし、
そもそも、再起動すれば
ソーラ・レイを阻止する方法など
当時の地球連邦には無いのです・・・

ユニコーンガンダム07

少なくとのサイコフレームの塊である
ガンダムUCの登場まで
またなくてはいけないでしょう



以上の観点からギレン・ザビは、
圧倒的有利な条件の元で
勝利をもぎ取ることができると

当ブログでは判断したいと思います。

だのに、本当に、紫ババァは、
よけいなことをしてくれやがりました。



スポンサーサイト

考察:ジョジョ考察~DIOと天国


皆さん、ジョジョ・オールスターバトルは楽しんでいますでしょうか?

面白いゲームですよね
私は定価で買いましたよ!


あれを愚作という
ネット工作員が氾濫しているようですが
だまされてはいけません

そのような大手ゲームメーカーを叩き
悦に入っているような輩とは断固戦いましょう!

そりゃぁ、初期は最悪なできでしたが

パッチで、どんどんよくなっており、
いまや名作といっても過言ではないでしょう

ただ、ストーリーモードはアレなのはかわりませんが

ジョジョ考察影ディオ

キャラクターの挙動などは感動モノですので
ジョジョファンの方は一度は触って見るのをお勧めします。

影DIO様や、
影BOSSもかっこいいしね!


ジョジョ考察影ボス



さて、ASBはさておき、今日はジョジョ考察をなんとなくやってみたいと思います。

テーマは、
DIOと天国

第六部で、プッチ神父が「DIOは天国へいく方法を探し、つきとめていた!」と語り、読者を置いてけぼりにした有名な逸話ですが、このことに対して、あまり疑問をもったり、なぜ、DIOが天国を望んだのか、考察しているのを見たことをありません。

見たこと無いなら自分で考察すればいいじゃないか。

というわけで、今回、暇つぶしにDIO様がなぜ、天国へ行きたいのか考えてみませう。


DIOの思想


DIOの思想は、第三部で、本人自身が言っていますが「過程など、どうでもいい、勝利して支配する!それだけよ。それだけが幸福よ!」というぐらいにシンプルなもの。

ザ・ワールドは無敵のスタンドであり、ジョースター一行を撃破したあかつきには、配下のスタンド使いをつかって・・・あるいは、ゾンビ軍団をもちいて、裏側から、あるいは、表だって、エジプトを、あるいは世界を征服するのが、DIOの野望に違いありません。


ですが、第六部のプッチ神父の回想に出てくるDIOは「天国へ行く方法があるかもしれない」と語り、小説オーバーヘヴンでは「天国へ行くことこそ人生の目標」と、語っています。

勝利して支配する」とは俗世を支配することにほかならず
天国へ行く」という精神的、魂的幸福の行き着く場所とは相容れない気がします。

では、世界(あるいは人々)を征服することが、DIOにとっての天国なのでしょうか?
それでは、わざわざ「天国」へ行きたい。何て言うわけがありません。

それならば、プッチ神父に「私が支配する世界こそ天国」だと言うはずです。
そもそも、ディオは「天国を作る」のでは無く、「天国へ行く」と表現しています。

すなわち、天国とは目指すべき場所に他ならず、
自分自身が作り上げるものでは無いと思われます。

しかし、それですと、やはり
勝利して、支配する」というDIOの思想とも行動理念とも符号しません。

天国とは自分自身で作り上げてこそのDIOです。
いや、過程はどうでも良い。と主張しているのならば
少なくとも天国へ行くことで、最低限、なにかしらの
支配」が無くてはならないでしょう。

それがDIOにとっての幸福のはずです。
誰かの庇護、自分自身の力が及ばぬ自然的パワーなどで

圧倒的な支配欲と、向上心の塊であるDIOが
それで、幸福と思うわけが無いのです。


つまり、こう考えられます
天国へ行く」事と「支配して勝利する」事が
もし、同じであったら?

ジョジョ考察影001


天国とは何か?

支配して勝利する」は、分かりやすいですが、
そもそも、彼、DIOの言う「天国」とは何なのでしょう?

その答えの一つが、第六部のプッチ神父の最後の行動にあります。
プッチ神父はジョリーン達に言い放ちます。

この宇宙を一巡させれば、人々は前世の記憶を得る。そして…自分にこれからさき、何が起きるのかを全て知ることができる!人生の先を全てを知れば覚悟ができる!覚悟とは幸福!それが天国

さすがキティガイの理論
さっぱりわけがわかりません。


宇宙が一巡すれば、また同じ宇宙(歴史)が再現される。
という部分につっこみを入れるのは止めましょう。
よそ様(ジョジョ)の宇宙理論ではそうなっているのですから
つっこむのは野暮ってものです。

ここで重要なのは、
全ての人々が、これからたどる自分の運命を全て知っている
という事にあります。

そして、その世界こそが
天国だと言っているわけです。

これから先の困難なできごとも、先に何もかもわかっていても、
人々は乗り越えられる。なぜならば覚悟ができているから・・・


例えば、
VガンダムでリンホースJRで笑顔で特攻したおっさんのように、
ゲルゲレン出港のために死を覚悟したノリスのように
覚悟さえあれば、死が目の前にあっても笑顔ではすごせると。

全てガンダムでたとえて申し訳ない

明日「死ぬ」とわかっていても、「覚悟」があるから幸福なんだ!
プッチ神父の台詞は、端的にこのことを語っています。

ですが、果たして、これは本当なのでしょうか?


DIOとプッチ神父の考え方のズレ

プッチ神父は神職であるためか、あるいは元々
(思想が偏っているが)善人であるのか、
人間の気高さと魂の強靭さを信じている人間なのでしょう。

だから、全ての人々が
そういう気高き覚悟を身につけると考えているようですが

とてもそうは思えません。

逆に考えて見てください。
貴方が、これから先、死ぬまで何をするか
わかっていたら…

物心ついたときから…
全て知っているのなら、それは覚悟になるでしょうか?

まず、つまらないと思うでしょう。

当然です、これから先、全ての出来事を知っているのなら
面白いとも、ドキドキとも思いません。
仮に肉体がそう、反応したとしても精神や心の世界では
知っているのですから、本当の意味での感動などはありません。

全ての物事を諦めるでしょう。

それはそうでしょう、人生に挑戦する意味などありません。
すでに、人生の行動が全てがきまっているのですから。
運命はきまっていない!自分自身の力で切り開くもの
そういう考え方があってこその挑戦ですが、それすらも否定されます。
仮に、そういう行動をとったとしても、それらも全て
予定調和。運命として決まっているものなのです。

自分自身の手で、全く道を切り開けない。
これは、もう、人間の精神を殺すようなものです。

そう、天国と言い放ったプッチ神父の提唱する世界は
未来への希望を絶した世界

すなわち、絶望の世界でしかありません。

ジョジョ考察影002

しかし、人間の気高さや、魂の尊厳を信じきっり、
絶望なんじゃない!覚悟ができるから天国なんだ!
と言い切れる(偏執的に)人類の精神を称える
プッチ神父ならともかく
DIOが果たして、そのことに気がつかなかったでしょうか?

いいえ、そんなはずはありません。

貧民街に暮らし、人間を止め、闇の世界の住人となり
人間の脆弱さ、綻び、暗黒面を知り尽くしたDIOが
そのことに気がつかないわけが無いのです。


DIOの思惑


そこで考えら得るのは「天国」という現象が同じ
…つまり、人々は一巡して、自分の人生を知る…
という事は同じだけれでも、

プッチ神父の言う天国と
DIOの言う天国は、そもそも着眼点が違うのでは
無いでしょうか?

プッチ神父は、あくまでも「全ての人々が天国へ行く事
つまり、全人類総幸福化ですが、

DIOの場合は、あくまでも「自分(だけ)が天国へ行く事
だったように思われます。

なぜならば、DIOは漫画内でも、小説オーバーヘブンでも
天国へ行きたい」とは書いていますが
人類まで幸福にしたい」(他の人々を天国に送りたい)
とは書かかれていません。

DIOが、もし、そう考えたとするならば
この「天国」という現象と、そこへ行きたいという目的は、
どう捉えたほうが良いのでしょう?

それを紐解く鍵が、
プッチ神父のスタンド『メイド・イン・ヘブン』にあります。

このスタンドの能力は時間を加速させて、宇宙を一巡させ
人々に前世の記憶をもった状態で復活させるというものですが

スタンド能力者の特典として
自分や他人の運命に干渉して変えられる。

というものがあります。

実際、プッチ神父自身、自分自身の運命をかえるべく
大人になったら殺しにくるエンポリオを倒すため
行動しています。

プッチ神父は結局エンポリオに倒され
天国化計画は失敗におわりますが

運命を変えることができる
というのは、重要なファクターであるでしょう。

なぜならば、DIOは、最初、自分自身のスタンドを
『メイド・イン・ヘブン』に変えて
天国創設を行うつもりだったからです。



結局はDIOだった。というオチ

さて、ここまで読んでももらえれば、
既に理解して頂けたかと思いますが、

DIOが『メイド・イン・ヘブン』を発動させ
宇宙一巡『天国』が作り出されたら
DIOは、その時点で『神』になります。

それは、そうでしょう。

自分の運命を変えられず、希望を失い、
何もかも諦観した状態の人々の前に
この世界で唯一運命をかえらえる存在
が、あらわれるのです。

人々の『運命という絶対に外れない歯車を
唯一自由自在に変える』

まさに、神の所業、
神そのものです。


吸血鬼の能力も、
スタンドパワーも必要ありません。
人々は、自分の運命を変えてくれるであろう

唯一無二の存在であるDIOを求め
崇め奉ることでしょう。

そしてDIOは不老不死の体をもって
永遠に、絶頂であり続けるのです。

これこそが、
DIOにとっての天国』に他なりません。

プッチ神父は、神職ゆえに神になりたいとは
思ってはおらず、自分から神の座に立ちたいとは
思わないでしょう。

そもそも、そういう人間ではありません。
ですから、プッチ神父は神にはならなず、
人々の幸福を考えて行動していたはずです。

そのプッチ神父に天国への道しるべを教えたDIOは
最初から、プッチ神父を騙していたとも考えられます。

ですがASBで『神を愛するように君を愛する』とぬかす
プッチ神父にとっても、
ディオの支配する天国』は最上の世界とも言えます。

なぜなら、DIOが創設した天国におては
神=DIOになるのですから。

つまり、私がここで何を言いかといえば…

ホモは最強

という適当な考察をして
今宵は終わりにしようおもいやす…
(ひどいオチだ)
ジョジョ考察影003




プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊を率いる
Zabara(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (20)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (20)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (7)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (21)
雑記:その他 (24)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (14)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (5)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (3)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (19)
日記 (38)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク