ゲーム紹介:デットライジング3



ジャンル:アクション・パーティゲーム
製作・販売:カプコン 値段:6800円
XBOX-ONE PC:windo
http://store.steampowered.com/app/265550/

さいこ画像「やぁ、サイコちゃんだよ!今回はゾンビものっていうから久々の登場なのさ!」

今回紹介するのは・・・

とにかく大量のゾンビが出る!
が売りのデットライジングシーズの最新作

デットライジング3だ!

製作はカプコンで
バイオハザード6や
ロストプラネット3で
やっちまった感が強く、


少し心配したけど
あまりにもsteamの評価が高く、
我慢できずに購入したら・・・

デットライジング33

悩んでいたのが
バカらしいほどの大傑作!


オープンワールドで
地平線の彼方まで溢れ出した
ゾンビとダンスが踊れる素晴らしいゲーム
だったんだよ!

このゲームの凄いところは何と言っても
シリーズ屈指のゾンビの量!

街をひとつ丸ごとシミュレーションした中で
これでもかというぐらいの尋常ないほどの
ゾンビと遊べるの!

デットライジング35


説明を見るよりも一枚の画像を見たほうが
わかりやすいかな?

こんなにゾンビが出るのに、なんと
読み込みも遅滞も全く無し!
凄まじくスムーズに遊べるんだよ!!!

機械の進歩!
ソフトウェアの向上!
まさしくこのためにあったといっても
過言ではないね!

カプコン万歳!!!

バイオハザード6の怒りは
とりあえず収めて大賞賛してあげるよ!

あれは、同じゾンビものでも
許されないレベルのゴミ作品だったからね!

アクションゲームでは無く?
パーティゲーム!?

デットライジング34

この作品はとにかく大量のゾンビが出てくるのが特徴なんだけど、
デットライジング3に関して言わせてももらえば、

シリーズ屈指のゾンビの弱さ

が、上げられるね。
とにかく弱い。むちゃ弱い。

オノを振り回せば、
簡単に5.6体は蹴散らせる。

前作では・・・というか、普通のゲームだと
とにかく、硬くて強いゾンビとかも後半出てくる
なんだけど、そんなことは一切無いの

対処にめんどくさいゾンビ
っていうのは、もちろん出てくるけれど

基本、ゾンビは全部雑魚

どうも、この作品は皆でわいわい楽しく
ゾンビワールドを遊ぶことを考えられて
製作されたみたい。

レベルはそのままで好きなチャプター
(時間帯)に、いつでも戻ることができるし

デットライジング32


一度拾った武器や、車は、
セーフゾーン(隠れ家)や車庫で
補給物資ポイントを使えば
いつでも装備できるから、

強力な武器は好きなだけ持って
ゾンビ無双を堪能できるし

そもそも、日本語版は最初から
ダウンロードコンテンツ入りだから

物語の最初から
ミニガンを連射して
あっというまに近場のゾンビを掃討できるし。

難易度は、かなり低い・・・

というか、
難易度設定なんてあったっけ?

デットライジング36

とりあえず、メンドウな敵ってのはいるよ。

殺人衝動にかられたサイコな殺人鬼とか
主人公に敵対する組織の完全武装の兵士とか
混乱した街で暴れまわるヒャッハーなモヒカンバイカーとかね!

でも、生きている人間以外は
結構簡単に撃退できるから

アクションの苦手な子供から
女の人まで安心して楽しめるよ!

ちなみに、日本語版は規制が入っている
っていう話だけど、ゾンビは普通に

真っ二つになったり
首がふっとんだり
手がちぎれたり、
内臓が吹き飛んだり


ダメージごとに次第に
肉体が崩れたりするから

デットライジング39

ゾンビが全く壊せない
デットライジング1とは
全く違うから


全然安心してゲームを
堪能できるからよ!


・・・ああ、もちろんサイコちゃんは
今でも、デットライジング1の規制は
根に持ってるからね!

ちくしょう


PC版(steam版)の問題点

デットライジング38

って、サイコちゃん、大絶賛の一品なんだけど・・・
わりと、厳しいマイナス点も無くもないんだよね。

まず、バグが多い。
クリアできないイベントや
表示されている衣装と実際に装備している衣装が違うとか。
まぁ、そういったものも多々あるんだよ。

でも、まぁ、これはパッチで順次修正されているから
それほど気にならないんだけどさ・・・
問題は次・・・

デットライジング37

アホみたいに高スペックのPCが必要。

これね。
XONEなら、気にする必要はないんだけど
パソコン版は要注意!

サイコちゃんのパソコンは最新式・・・
とはいえないけど、かなり高性能なのに

ムービーがカクカクして顔面が蒼白したさ!

また、機動時の読み込みがメチャ遅い!
っていうか、少し型落ちすると
機動すらしやがらねぇ!!!

なにしろ、steamの悪い評価の一つが
そもそもゲームが始まらない

なんだから、
どんだけ高いスペックのパソコンが
必要なんだよ!

って話なのさ!

これには、さすがの
サイコちゃんも参ったよ。


デットライジング3

幾ら名作だからって、さすがにゲームが始まらない
ってのは擁護できないからねー

最近のパッチで
>機動後にクラッシュする問題を修正
>パフォーマンスの安定性を向上
って書かれているけど、
古いパソコンを使っているようなら

あんまりお勧めできないかなー
スポンサーサイト

ゾンビ - ゾンビ漫画を紹介しよう!

こんにちは、暑い日が続きますね。
こんな時にはゾンビです!
みなさんは、もうワールド・ウォー・Z
ご覧になりましたか?なりましたよね?

一杯お金をかけていることだけは
よくわかる素敵な映画ですよね!


さて、ゾンビといえば
バクマンの最後で
俺は、世界的に人気のあるゾンビもので
勝負をするぜ!

なんて、台詞がありましたが・・・

ちょっと待って下さい。
映画ならともかく、世界的に通用する
ゾンビ漫画なんて存在したでしょうか?


浅学な私には
世界的に人気になったゾンビ漫画
などというものは、知らないのですが・・・

さてはて、
ナニがありましたでしょう?


と、いうことで、我が身を振り返り
どのようなゾンビ漫画を読んでいたのかを
整理するのも悪く無いと思い

唐突にですが、
ゾンビ漫画を幾つかご紹介したいと思います。


注意:ちなみに、ここでご紹介する漫画は
通常のゾンビ映画を基本としています。

敵がゾンビで主人公は人間。

主人公は特殊能力をもっていたり
人間以外(吸血鬼やゾンビでは無い)は除外
ゾンビは基本的に、大量に出てきて
あまり特殊能力を持たない。線引きです。

というわけで
漫画バイオハザードや
漫画これはゾンビですか?
などは、面白いですが除外しています



アイ・アム・ヒーロー
作者:花沢 健吾

今、日本の漫画で最高峰のゾンビ漫画と言えば
ご存じ、アイアムヒーローでしょう・・・
知らないなんて言わないで

最初の一巻では、売れない漫画家である
主人公の悲哀をたっぷり描かれていたので
てっきり、バクマンと同じく、漫画家の話かと思いきや
突然、ゾンビ漫画へと変貌して驚いたものです。

ごく平凡な日常をおくっていた、ごく普通の人間に
ゾンビが来襲し、壊れていく様を丹念に描いており
ゾンビにより都市が壊滅していくさまを見るのが
大好きな人にとってはたまらない一品となっております。

そして、その後におこる、わずかな物資と希望を求め
殺し合う人間達の姿も、とても細かく描いており
ゾンビ作品として、一級品として断言しても良い内容で
あると思います。

まだ完結してないけどね!


Z(ゼット)
作者:相原こーじ

天才相原こーじ先生が描く、ゾンビ漫画
短編集となっており、一つのストーリーものでは無い
というのが、ポイント。

ゾンビ現象発生直後の混乱期、ゾンビ現象による混乱期、
ゾンビ現象が収まり、それが日常的になった世界。
その三つの時間軸を、物語によってかき分けています。

今、流行の日本刀を持った女学生が無双する話から、
いじめられっ子が、イジメタ相手にゾンビとなり復讐する話。
避難先で、次々と謎のゾンビ現象が発生し、また一人、
また一人、ゾンビとなり死んでいくサスペンス物
・・・など、ゾンビ物で、よく見かける
あるいは、その設定を生かした、様々なエピソードを、
読むことができます。

一つ、一つの話の完成度も高く、
さすが、相原こーじ先生!とうなる作品でありますが
いかんせん、好き嫌いが発生してしまう絵柄なので
受けつけない人には、どうしようも無い。という
最大の欠点が存在します

そんなことで見ないのは勿体ない!
天才相原こーじ先生はマジ天才なので是非とも
一読して見て下さい。

ハイスクール・オブ・ザ・デット
原作:佐藤 大輔
作画:佐藤 ショウジ

アニメにもなった名ゾンビ漫画。
知っている人はかなり多いと思いますが・・・

基本的に
ゾンビものだから知っているというよりも
女性キャラが、とにかくエロい
ということしか記憶していない人も多いはず。

まぁ、それは、
私のことですが


パンチラ、おっぱいパユ~ン、など
とにかく、色気ばかりが目立つ本作品ですが
ゾンビ作品としても、一級品であり
世界が壊れていき、ゾンビがうごめていく世界へ
変貌していくさまは、見ていて楽しく
ゾンビ蔓延る世の中で、生きぬいていく姿は
とても、面白いく読めます。

ただ、サービスシーンが過剰すぎて
それしか、頭に入りませんけれど


原作者とのおりあいが悪く、
掲載が中断しておりましたが、
再開するという話も、何度も出ている本作品

いったい、いつになったら
再開するのか
いい加減にせぇよ

と最終刊まで読んで、
真夏の夜に思うのも一興でしょう。



ゾンビ取りガール
作者:福満しげゆき

ゾンビ獲りガールは、今まで紹介した作品と違い
ゾンビ現象が一端収まり、ゾンビが現れるのが日常的に
なった日本が舞台となっています。

ゾンビを捕獲するのを業務としている会社で働く
日常のちょっとしたスリルを味わう
ちょっと感覚的に危険な爆乳女の子
が主人公の漫画です。

正確に言うなら、新人として入ってきた彼女を指導する
先輩の男が、主人公なのですが、個人的に女の子が
カワイイので、他はどうでも良いです

個人的に、この娘が、とてもツボなのですが
本作品は、相原こーじ先生の作風以上に
絵の好みが別れる絵柄ですので
、合わない人には
全く合わないという困った内容になっています。

カワイイのに・・・(´・ω・`)

現在、第一部・完!で、
第二部が掲載される開始される予定とか

ウォーキングデット
作者:ロバート・カークマン


最後のご紹介するのは
世界的にヒットしているゾンビ漫画といえば
これを指すのでは無いか?

・・・と、個人的に思っている
ウォーキングデットです。

原作は漫画で
実写ドラマ化もされている
大ヒットアメリカの漫画です。

保安官の主人公が、捕り物中に負傷
病室で目を開ける主人公であったが、
そこには、誰もおらず、ゾンビが蔓延する世界であった

というもの、

政府機関は沈黙し、軍隊も壊滅
一般の人達が力を合わせて
永遠とゾンビ・・・というか

主に人間同士が戦う様を
描いた作品となっています


この漫画の物語を簡単に説明すると
ゾンビが蔓延した世界で生き抜く
映画のエンディング後の世界を描いたもの。
と、でも言えばよいのでしょうか。

一言で表現するなら
日常系ゾンビ漫画

例えば、公的機関が動かず
周囲がゾンビで蔓延したら、人々は
どうやって生き抜いていくのか・・・

食糧は?ゾンビと戦うための武器弾薬は?
冬はどうやって過ごすのか?
そんな異常な状態で、精神はおかしくならないのか?

主人公は元・保安官とは言え
あらゆる手段を・・・ときには
無法とも、悪とも言える方法をとり
生き残った家族を助けるために
あらゆる行動をとります。

きれい事など、
地獄のような世界では通用しません


この地獄のような世界で生きるために
戦う、夫・父である主人公の生き様は
心苦しく、また共感をよぶものでしょう。

通常、映画や、漫画では尺の都合、
あるいは演出上、割合されている部分を
描いているのが特徴です。

大変面白いゾンビ漫画ではありますが
個人的には、初期のゾンビが現れて
都市が壊滅している様が無かったのが残念です。

この漫画はアメリカの大ヒットゾンビ漫画であり
なんと、日本では四巻まで翻訳されているという
快挙を成し遂げているのです!

大体、ヒーローものじゃないと
三巻も続かないよね・・・アメコミ(´・ω・`)

ゾンビ好きなら、是非とも
一度は手に取ってみて下さい。

ゾンビ - The Last of Us 日本語版

タイトル・サイコちゃんのゾンビコーナー


機種:PS3 ジャンル: サバイバルアクション
価格:5,980円(税込) CERO:Z18才以上のみ対象
謎の謎の寄生菌による汚染により、人類の大半を失い
20年後のアメリカ・・・
軍による戒厳令が敷かれ、なんとか秩序を保っているものの
各地の都市は、謎の寄生菌により意識を失い人ならず物・・・
インフェクテッド(ゾンビ)と化した者達と、暴徒により放棄され、
国家崩壊は時間の問題と思われていた。

そんな最中、二十年前に娘を失い、
密輸で生活をしていたジョエルの元に
ファイアフライと呼ばれる反政府組織より
一人の少女を運ぶ依頼が舞い込んできた・・・

さいこ画像
という感じで始まるのが、本作品・・・

あ、ちなみに、サイコちゃんが説明するのは
このゲームがクソゲーだから
という理由じゃなくて、ゾンビゲームという
理由だからね!

勘違いしちゃダメだぜ!

さて、このゲームは、
アンチャーテッドシリーズの
開発会社ノーティドッグがつくっただけあって
映像がすごっく良いのね!

特に興廃した都市なんか
廃墟マニアにはたまらない一品!


なにより凄いのが、
素晴らしい映像なのにもかかわらず
読み込みがほとんど無い。という点。

一応エリア制のゲームで、
区間をクリアするごとに、ムービーシーンが
入るんだけど、これも、読み込み無しで
スムーズに出てくるのに感動だよ!

最初、インストールしないので
ちょっと、ヤバイかな!?

と思ったサイコちゃんは
まだまだだね!技術の進歩万歳だ!


サバイバル・アクション

戦闘そのものは、基本的にステルスアクション。
敵から隠れて、相手に
見つからないようにするのが基本かな?

最近のゾンビゲーム、例えばデットアイランドとかも
銃弾の数が極端に少なくいんだよね。

ノーマルモードだと、敵の体力は少ないんだけどど
主人公も大して体力が無いから、
敵は、一撃で倒せるけど、自分も一撃で死ぬ
というリアリティある設定もあいまり

罠や、近接武器を使って
頭をつかって敵を倒していきなければならないの。

敵と正面から戦う。

何てことはあんまり無いゲームだね。
もちろん、ゲームの進行によっては
一杯敵が現れるので、そいつらを蹴散らさなきゃ
ならないって場面もちょくちょく出てくるけど

そこは機転を利かせて戦おう!


ストーリー
物語の主軸は、娘を亡くしたジョエルと
彼が運んで欲しいと頼まれた
超生意気な少女エリーとの心温まる触れあいが
物語の主軸

まぁごく平均的なゾンビ・ドラマ風の物語だね。
雰囲気は、最近流行している「ウォーキング・デット」
に近いかな?

興廃したゾンビ世界で生き抜く
日常系ゾンビ・ストーリー
っていうのが良く合うと思う。

特に奇を狙ったような内容では無いのだけど
王道的でなかなか面白いと思うよ。

最後にそこそこどんでん返しもあるしね!


マリンちゃんサイコちゃん評価


分類:ゾンビ・ゲーム
面白さ:★★★★★
 映像綺麗!ストーリーも良い!
 銃の改造などのギミックもあるよ!
流血度:★★★★☆
 PS3版は規制で脳みそバーンは削除
 それを抜かしても、やっぱりグロいよねぇ
総評価:★★★★★
各方面から評価の高い作品なんだけど
サイコちゃん的には
ゾンビゲームっていうほどゾンビでてねー!
って、感じかな?

人間ドラマを中心に描いているせいか
ゾンビによる秩序崩壊にともなう人間同士の戦いが
主軸で、7:3の割合で、ゾンビとの戦いが少ないんだよね
それが残念と言えば、残念

でも内容も映像も素晴らしいので
面白いゾンビゲームを遊びたいのなら買いだね!


ゾンビ映画 - 処刑山-デッドスノウ


ストーリー
残虐なナチス・ドイツの軍勢が終戦間じかに消え去ったという、いわくつきの地へ八人の医学生がバカンスへとやってきた。冬山での楽しい一時は、小屋で謎の財宝を見つけたことにより、一転して悲劇への道をたどる。
60年以上の時を越えて、ナチスの軍勢が彼らに襲い掛かってきたのだ!果たして彼らは、ナチのゾンビから逃げ切れることができるであろうか?



八人の若人が小屋で、殺人鬼に出会う

と言うのは、いわゆる13日の金曜日から始まる
殺人鬼映画のお約束のようなものだが、
本作品は不死身の殺人鬼に襲撃されたのでは無く
ゾンビ軍団に襲われたという形をとっている。

意外なようだが、この手のゾンビ映画は多い。

主人公が十人前後の少人数で、ゾンビに襲撃される
閉鎖空間型ゾンビ映画である。
ただ、この場合は大抵、大きな洋館だったり要塞だったり
あるいは病院だったりするものだが、
本映画の場合は小屋となっている。

小屋が舞台のゾンビ映画というのは、大抵の場合
ゾンビ映画のお約束である「次々ゾンビになる」という
場合を無視して「主人公達を殺害」することを主眼として
いる場合が多く、印象としては『呪い』に近い。
(次々と仲間、あるいは人間がゾンビに
なっていかないと、あまりゾンビ映画という印象は
受けない…個人的にですが)

私はこれを呪い型ゾンビ映画と呼んでいる。
同じような呪い方ゾンビ映画といえば
レイク・オブ・ザ・デッドなどあるが、これは
またの機会に後述しよう。

さて、この映画は先に書いたように
主人公達をナチスのゾンビ達が襲撃しするのがメインである。
ナチスがゾンビを作っている、という設定はわりと
ポピュラーであり
、これはドイツの超人計画とか
純粋アーリア人を作ろうとか、あるいはゲームの
ウルフシュタイン3Dの影響かもしれない。

あんまり設定がポピュラーすぎるのか
映画中ではなぜ、彼らがゾンビになったのか
一切、えがかれていない


ナチスだから

ゾンビ部隊ぐらいいるだろJK?


といわんばかりの豪快さである。

余計な説明が無い分、物語に没頭できる部分はあるが
この映画の基本は、ナチス・ゾンビによる虐殺と
主人公ターンによる、ナチス・ゾンビへの反撃…

そして、この映画がもっとも評価を受けている
ノルウェイ版「死霊のはらわた」と評される
残虐シーン


チェーンソーで体を切り刻む!
両手で頭を挟み込み粉砕!
引きずり出した腸をロープ代わりにする。
一斉に四肢を持ち上げて切断


など、グロ映像盛りだくさん

前半は、殺人鬼に追い詰められる描写を
後半は、反撃した主人公達の無双描写を
ワイングラスを片手に
つっこみを入れて笑いながら見るのが
正しい紳士の鑑賞法。

「ナチス兵は銃を使わず短剣と素手で攻撃してくる紳士!」
「ほら、機銃を奪われて攻撃されているよナチゾンビ!」
「見ろ、またスポーンとクビが飛んでるぜ!」
「ハハハ、あいつ、うっかり腸を忘れてらぁ」
などなど、紳士的発言が止まらない事うけあい!

人として何かが

欠けているとか言うな


ただ、上にも書いたとおり、
仲間がゾンビになるゾンビ映画では無いので
あくまでも、殺人鬼映画、あるいは呪いの映画
として見るのが良いと思います。



マリンちゃんサイコちゃん評価


分類:呪い型ゾンビ映画
面白さ:★★★★☆
 サイコちゃん的には大ヒット!
 もうグチャグチャで最高だよぉ!
流血度:★★★★★
 グロ度も流血度もMAX
 流血、脳みそ、ハラワタ万歳!
総評価:★★★☆☆
 面白いけどゾンビ映画としてみるとダメだと思うの
 だって、だーれもゾンビにならないんだもの
 これじゃあゾンビ映画の肝の葛藤や
 不信感の心理描写とか無いよね?
 ただホラー映画としては五十丸!見て損はしないと思うよ!

ゾンビ映画 - ゾンビ・ストリッパーズ



ブッシュ大統領が四選を果たしたアメリカ。邪魔だからと言う理由で議会を解散させ、独裁力を持ったブッシュ大統領は、世界各地に米軍を送り、泥沼の消耗戦を繰り広げていた。そのため、慢性的な兵力不足に陥り、その解決策として特殊なウィルスを用いた薬品が作られたが、それが漏れ出しゾンビが溢れかえる。一部のゾンビが、ストリップ劇場に逃げ出し、ストリッパーがゾンビと化した。だがゾンビと化したストリッパーの素晴らしい踊りを見たオーナーは、一儲けを企み。。。。。

なぜかピンク映画コーナーに置かれていた本作。声優に木の実ナナという、無駄に豪華な声優人と、ピンク映画コーナーというアンバランスに惹かれて、ついつい、つまらないB級映画だと思い借りたのだが…これが意外と面白い

ブッシュ大統領がありえない四選(たしか大統領は二選のみ)、どこかで聞いたような軍事研究施設の事故とウィルス流失。万全な状態で管理しています!というレポータが言った次の瞬間に壊滅する研究所。さらには「この間は、アルマゲドンだった。次はゾンビ?敵に不足は無い!」と、やたら気合の入った軍人達。ノリもテンポも良くて、見ていて楽しくなります。

このウィルスは死後も人を動かします、この薬は死んだ兵隊も戦い続けられられるのです。しかも、一旦死んだのだから死への恐怖もなくなるんですよ。だって、もう生き残る必要がないんですから!これぞスーパー兵士です!」という台詞には感動できます。

こういう映画もあるからB級ゾンビ映画というのは侮れない

かように、良い映画なのですが、舞台がストリップ劇場という一点において、ピンクコーナーに送られ、日の目を見なくなったのは残念でなりません

何せ物語りの舞台がストリップ劇場なので、裸の女が出るわでるわ。途中から、何の映画か忘れてしまうほどの、ストリッパーの嵐です

残念なんだか、嬉しいんだかわかりません

ムチムチストリッパーが、ノドを食い破られるシーンなどは
人によっては、ご飯三杯いけるでしょう。
ゾンビになったストリッパーが客を個室に連れ込みむしゃむしゃ食べるシーンなども圧巻です。

ゾンビになったストリッパーが素晴らしい踊りを披露し、客を魅了する姿に嫉妬した、他のストリッパー達が自ら望んで、次から次へとゾンビとなりはて、最終的には軍の掃討部隊に絶滅されるという姿は、なにやら女の業のような深いメッセージを感じさせます。

気のせいでしょうが

ゾンビ+ストリップという異形な組み合わせた本作、

ゾンビ映画好きなら見ても

損はありません。



マリンちゃんサイコちゃん評価


分類:劇場型ゾンビ映画
面白さ:★★★★★
 B級タイトルのくせに、面白い!
 つか、タイトルで大損こいている映画だね!
流血度:★★★★☆
 流血描写はかなりイイ!
 頭が吹っ飛んで脳みそどかーん!
 チン○も噛み砕かれるよ!
総評価:★★★★★
 ゾンビ映画の中々の良策
 流血描写とおっぱーいが苦手じゃないのなら
 見ても損は無いかも!



NEXT≫
プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊5657小隊を率いる
Zabarann(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (21)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (20)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (7)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (22)
雑記:その他 (24)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (14)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (5)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (3)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (20)
日記 (39)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク