FC2ブログ

Kenshi特集:男一人に犬一匹 その31



https://store.steampowered.com/app/233860/


kenshi 前回、ワイは友人たち「飢えた盗賊団」の尊い犠牲により、
無事AIコアやら工学書類などをゲットすることに成功した。

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_20

で、彼らのおかげで、
ほぼ損害はゼロ

せいぜい一日分の食料が亡くなった程度でしかないため
引き続き、調査を続行することにする

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_23

目的地は、ナルコのさらに奥、丁度この世界の中心部だ
そこに幾つか遺跡があるようである。

世界の中心…
遺跡…


これほどこころが躍るパワーワードがあるだろうか?
いや、無い!(断言)

お供のボーンを連れて、
奥地に進む!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_01

一向に止まない酸性雨!

険しい大地に、
なにからよくわからない構造物が並んでいる…
これは…どこかで見たことがあるような…?

そう、かつて技術が生まれたという沼地
あるいは「墓地」と呼ばれたキラーマシーン研究所…

ちょっと待て…
雰囲気が似ているということはつまり…

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_02

やっぱり出たよ
キラーマシーン!


愛犬ボーンが襲われたが、
助けにいったら、100%ワイも死ぬ!

ワイは、ひたすら逃げに徹する!
戦術的撤退だ!!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_03

追ってきたキラーマシーンを振り切り、
愛犬ボーンの所に戻ってくる

重症だが、ワイの医療技術があれば
即座に治療は可能だ。

ボーンの治療には成功したが、
帰還することはできない

後方からキラーマシーンが執拗に追いかけてくる。
追ってくるマシン相手に、犬を背負って華麗に
よけるなんて芸当は危険すぎる

こういう場合はどうするのかって?

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_04

後ろがダメなら前に逃げる!
活路は前進することもで開けるのだ!!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_05

雷が鳴り響き、
止まらない酸性雨が降り注ぎ
体力は徐々に削られる

川は鋼鉄がとけて真っ赤になるほど
強烈な酸性水で満たされて渡るのも困難

あげく殺人マシンが必要に追いかけれ
油断すると即死という状況…

なんだここは、
地獄か何かか?


と、思ったら地名が出てきた

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_06

うむ。なるほど…
あまりにも納得すぎる地名に

ワイはただ
傾くしかなかったのである。


Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_07

なんだかんだキラーマシーンの追跡を振り切り
目的地の遺跡前に到着した…

宇宙船の残骸?
それとも何かの研究所?

…よくは分からないが
このまままっすぐ突っ込むのは危険すぎる

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_08

酸性雨によって体力を消耗したので
とりあえずテントを張り、そこで休息する…

休息中に
荷物の入れ替えを行う


Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_09

過去の経験上から、大規模バックパックと
盗賊用バックパックの二つを用意していた

前にも書いたが、このゲームは荷物を置いても
すぐに消えることは無い
(永遠に残るかはわからないが)

大規模の方に獲得した獲物を入れテントに置き
空の盗賊用背嚢を装備する

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_10

前に飢えた経験から
盗賊用バックパックに
二つだけ食料を入れておく…

これで二日は
身動きとれなくても大丈夫だ

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_11

テントと交易用バックパック(大)の
見張りとして愛犬ボーンを置いて、
さっそく忍者走りで遺跡に進む!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_12

近くで見ると、
なかなかにテクニカルな建物である

カメラの角度を動かして
中を覗いてみると…

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_13

内部にいたのは
古代遺跡」所属の「壊れたモデル30
前に、巨大宇宙船ぽい残骸のあった沼地で

俺を襲ってきたスケルトン(ロボット)と同タイプの奴だ

まぁ、いまだに戦争していると思い込んでいる
イカレた戦闘ロボットだ

どう考えても友好的では無いだろう

…しかし、どうすればいい?
スケルトン(ロボット)に暗殺技術が通用するのか?

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_14

通用した。
見事に倒れるスケルトン

…が、調子にのって次のスケルトンを攻撃したら
発見された!やばい!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_16

慌てて倒したスケルトンを背負って
水に飛び込む痛恨のミス!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_17

その赤い水は
酸性だって言ったろうに!

(自分自身に)

追いつかれるぅ!?
と思った矢先に、まさかの援軍!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_18

キラーマシーンが登場したのだ!
ワイを追いかけてきた奴かは不明だが

なんと、このキラーマシーンは所属が
「旧時代の遺跡」で、
壊れたモデル30の所属
「古代遺跡」とは違うのだ!

よもや、
古代の戦闘兵器による戦いが勃発した!

スケルトンたちはキラーマシーンと戦闘に意識が集中し
ワイを無視した

これは好機!

とって返したワイは
キラーマシーンに向いているスケルトンたちを
後ろからぶん殴り、次から次へと昏睡させていった

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_20

残ったスケルトンたちが
キラーマシーンと激しく応戦しているさなかに
ワイはお宝をゲット!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_19

即座に撤収する

頑張れ♡頑張れ♡
ワイは心の中でキラーマシーンを応援してあげた。

…が、テントにつくころには
キラーマシーンが破壊されていた。

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_21

やはり5対1では勝てんかったか…
まぁ、お前の勇士は忘れはせん!
(コンマ0.2秒ほど)

さっそく、お宝を入れかえて次の
目的地に向かう

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_23

ここは一番下の遺跡なのでUターンするように
戻るというわけだ

意気揚々と進むワイ

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_22

雨も降り雷も鳴る
そして、キラーマシーンも出る!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_24

いやあああああ!!!

いま、まさにワイが襲われる直前

さっそうとキラーマシーン前に一人の…
いや、一機のスケルトンが表れる!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_25

壊れたモデル30?違う!
あれはスケルトンのメイシーだ!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_26

「ふ、農民よ、私に任せてお前は行け!」
「メ、メイシーはん!おおきに!おおきに!」

(脳内会話)

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_27

ボーンにダッシュ命令をして急いでこの場を離れる

メイシーが、いくらイケメンなスケルトンであっても
たった1機でかなうほどキラーマシーンは弱い兵器では無い

君の勇士は忘れないよ!
(さすがに今度は覚えているよ!)

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_28

息も絶え絶え、
地図にあった遺跡の場所にとうちゃくする

見た目はテンプレートな研究所
地面に埋もれてはいるが中には入れそうだ

外にテントをしいて
少し休んでから、いつも通り
一人で探索を始める

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_29

しかしテントで体力を回復していて気が付いたが
どうやら、酸性雨で体力が削れるのは
人間のみで、犬は特に体力が減らないらしい…

環境に適しているのだろうか?
まぁ、体力が減らないのは良いことだ
無駄な手間が無くて良い

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_30

夜になって内部への侵入を試みる
カギがかかっていたので、ロックを解除

内部へ入ってみると…

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_31

誰もいない…
珍しいこともあるものだ

どうやら、ここは武器庫らしい
技術的なものは何も手に張らなかったが
幾つか有益な武器防具を手に入れた

荷物入れも満杯になったし
これで今回の冒険は終わりだー!

と、武器庫から出たとたん、

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_32

愛犬の後ろから迫る
キラーマシーンの姿が見える!


ボーン後ろ後ろ!

どうやら、メイシーを倒して、
ワイたちを追いかけてきたようだ

キラーマシーン、
本当にしつこいぞ!!!


がむしゃらに逃げるワイ!
あとは「ナルコの誘惑」まで逃げ切ればいい!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_33

そこまでついてきたらどうするかって?

きっとホーリーネーションの兵士達が
何とかしてくれるはずや!

(最後まで他人便り)

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_34

逃げて逃げて逃げまくり…

途中で何度か捕まりそうになったが
なんとかうまくかわして逃げ切ることに成功した…

Kenshi特集:男一人に犬一匹その31_35

おお、見えてきたぞ愛犬ボーン
あれがパリの…もといナルコの誘惑の火だ!

酸性雨にさらされ
体力もボロボロ状態…さすがにもう疲れた。
今日はこの辺りにテントを張って終わりにしよう


スポンサーサイト

Kenshi特集:男一人に犬一匹 その30



https://store.steampowered.com/app/233860/

カニバリスト達との交流を諦めたワイは、
気分転換をかねて古代の技術の本をもとめて旅にでることにした

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_25

男一人に犬一匹

題名通り、出発するのも久しぶりだ
二代目愛犬ボーンと共に、いざゆかん!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_01

晴れているのに雨が降る
いわゆる狐の嫁入り
そんな中をワイと愛犬は突き進む

今回の目標は「ナルコの誘惑」と呼ばれる地点だ

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_02

ここは失われた図書館の中にあった地図で
「AIコアや技術書が見つかるかもしれない」
と表記されていた場所である

一つ気になるのは、
この「ナルコの誘惑」と書かれた場所のアイコンが
遺跡」では無く「要塞」なのだ

つまり、現役で軍隊が駐留していることを意味している
これは、つまり、用心しなくてはならないということだ

その要塞にいるのが、友好関係にある
飢えた盗賊団なら良いが、甘い期待は捨てよう

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_03

旅は何事も無く過ぎ
ついに近くまでやってきた

ナルコの誘惑」の先には
物凄い砂ぼこりの塊が見える…

これはケムっぽい場所にあるもんだ

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_04

誇りまみれの土地に入ると
先に「ナルコの誘惑」と思しき建物が見えてきた

近づくと、土埃は消えたが
今度は酸性雨が降ってきた!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_05

なんつーめんどい土地だ
ここは

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_06

日が暮れてきたし、
テントを入って中で休む

酸性雨は体力を削るので
寝袋をしいて、少し眠る…

が、

酸性雨は一向に止む気配がない…
OH…なんてこったい

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_08

地図を見ると「ナコルの誘惑」とは、この場所に間違いはない
そして、左側の建物が旧研究所の遺跡だろう

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_07

夜のとばりが降りてくる…

酸性雨が止む気配がないが仕方がない
このまま、右側の施設に向かおう

闇夜は
我が隠密能力の長けた者の友達だ


施設にいるのが、どんな組織の者たちが確かめるべき
ステルスモードで近づく

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_10

…と、中にいたのは
ホーリーネーションの兵士達じゃないか
なんだ、なら安心だ!声をかけよう!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_11

襲われました


全速力で逃げ切るワイ

ステルスのために、愛犬と別れて行動して正解だった
まさか、ホーリーネーションの兵士に襲われるとは思わなかった…

ワイはホーリーネーションと敵対していないし
友好度も0のままだ

つまり、この施設の兵士達は所属が
同じ組織で無いと襲ってくるタイプの兵士達なのだろう

それだけ重要施設ってわけだ

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_09

しかし、困った…
幾ら隠密能力が100のスーパー忍者テルとは言え

兵士達の全ての目をかいくぐり
入り口が要塞の正面にある、錠のかかったゲートのある研究施設に
どうやって入れば良いって言うんだ…

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_13

と、悩んでいたら
すっごい素晴らしいタイミングで
友人」飢えた狼達が
通りかかった…

おお友よ!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_14

ホーリーネーションの要塞で喧騒が起きる!
飢えた盗賊団の襲撃が起きたのだ!

あわただしく走る兵士を横目に
ワイは研究施設の錠を外してゲートを開ける

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_15

さぁ、お宝まで一直線や!

一気に研究所内まで進むと
そこには一台のキラーマシーンが!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_16

しかし、そこはワイも手慣れたモノ

あっさりかわして最上階に行くと
お宝発掘に精を出す

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_17

この遺跡はどうやら医療系の研究所らしく
医療系のアイテムが山ほどあったが、それは無視

代わりに
AIコアと技術書、
工学書を入手!


やったぜ!
今夜はホームランだ!


Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_18

帰りは油断して
キラーマシーンの追跡を受けたが…

まぁ、いいや、
利用させてもらおう


わざと距離をたもち
キラーマシーンを誘導する

すると下からワイに気が付いた
ホーリーネーションの兵士達が向かってきた…

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_19

ホーリーネーションの兵士達の絶叫を背中に聞きながら
ゲートまで戻る

そこには、壊滅した「飢えた盗賊団」と
疲弊したホーリーネーションの兵士達の姿が見える

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_20

いつもならあっさり全滅するはずだが
どうやら善戦したらしい

がんばった。お前らの雄姿は
忘れんで!(0.05秒ぐらい)

ホーリーネーションの兵士達がワイに気が付いたようだが
無視して、テントまで戻る

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_21

後方から
戦う音が聞こえてくる

どうやらワイを追ってきた兵士を倒した
キラーマシーンが、ゲートまで来たようだ

ホーリーネーションの兵士達が迎撃しているようだが…

まぁ、
ワイにはもう関係の無い話だ



実に濃厚な一夜を過ごさせてもらった
しかし、AIコアや技術書を手に入れたとは言え
ワイには、まだまだ余裕がある

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_23

図書館で得た情報によると
古代の施設が二か所、この辺りにはあるようだ

Kenshi特集:男一人に犬一匹その30_22

ここまで来たのだ
これはいかない手はない
探索続行だ!


Kenshi特集:男一人に犬一匹 その29



https://store.steampowered.com/app/233860/

農園で行われた
五つの勢力による戦いは夜明けと共に終わった…

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_08

完全武装のホーリーネーションの3軍に、
トレーダーズギルドやカニバリストが勝てるわけも無く、
ほぼ一方的な殺戮で幕が下りたのである

農園は死体で満ち溢れワイは、それを呆然と眺めていた…

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_10

ホーリーネーションの部隊が隊伍を整え
撤退していく…

ふと、脇を見ると
最高司令官の上級審問官のセタが虚ろな目で立っていた

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_09

無理もない

死体の山を築いても
あいつらの探し求めていた
聖王フェニックスは見つからなかったのだ

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_08

ワイは背後から忍び寄り、一発食らわせると
穀物倉庫にセタを監禁した

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_11

セタが居なくなってから
ホーリーネーションの部隊が来るようになったのだ
こいつを監禁しておけば、来ることも無い…
という判断からだ

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_05

それから火葬場を作ると
ワイは一日かけて農場にある死体を死んだ目で処分してた…

気の滅入る作業だ


一つ良いことがあった
5つの組織の大乱闘中、港町で隠れていたら

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_15

酒造りの名人を自称する飲んだくれの老人を見つけた

種族的に全く合わない能力というのも面白い
こういう奴は好きなので仲間にする

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_06

さて、セタを監禁したことで
ホーリーネーションの襲撃がぴたりと止んだ
読み通りだ

しかし、問題はカニバリスト共だ
奴らの襲撃を阻止する方法が見当たらない…

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_17

とりあえず可能な限り友好度を上げて
ついにマイナスからプラスにしてみたものの
やはり襲撃してくる

ならば、セタと同じく
指揮官クラスのカニバリストを
監禁すればよいのではないか!?

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_12

ガンヘッドなる
いかにも、という感じの指揮官を

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_13

拉致する!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_01
Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_02

効果なし

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_22

ええい、
では、族長クラスの
カニバリストを監禁したらどうだ!!!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_01
Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_02

ダメでした

ええい、ママよ!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_18

ならばカニバリストの最高指導者「大呪術師」を
カニバリストの首都から奪ってやるッ!!!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_01
Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_02

ふぁっきゅー!!!!


教えてくれ五飛…
俺はあと何を試せばいい…
ゼロシステムは俺に何も教えてはくれない…

やったんですよ!
あらゆることを、やりつくしたんですよ!
でも、結果がこれなんです!

もう、どうしろっていうんですか!
奴らを全滅させろっていうんですか!!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_26

全滅させるも何も、カニバリストの主要都市は
とうの昔に壊滅…

ワイがやったわけではなく
おそらくティックハンターの度重なる攻撃のせいだろう…

それでも農園への襲撃は行われる

これ以上、どうやってカニバリストを殺し尽くせばいいのか…
やはり族長や、大呪術師を抹殺するしかないのか

防御の手も色々考えてみた…
例えば、そう、壁で囲んでそもそもカニバリストを無視すればいい!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_03

…と思ったら、
海から攻めてきやがりました
(そして拉致され、あやうく美味しい食事にされそうになりました)

ならば、いっそ防衛として
ブルを山ほど飼えばいいんじゃね!?

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_21

と、ブルを五頭勝ったところ、
まぁ、確かにすさまじい戦闘力を発揮して

カニバリストを殲滅したが、
おかげでせっかく上げた友好度は-26までダダ下がり…

ふぁっきゅー!
自分達から攻めてきて、友好度さげるなや!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_24

色々やっていうちに、どうやら
「襲撃時にお肉!と叫んでいる、カニバリストの隊長と話をつけることができる」
ということに気が付いた

これでカニバリストの襲撃を回避できる!?
と、思ったが、重要な問題が…

なぜか、ワイ(プレイヤーキャラのテル)以外のキャラクターでは
カニバル隊長と会話ができないのである

バグなのか、それともプレイヤーキャラのみ会話ができるのか
それはわからないが、これでは如何ともしがたい…

様々な対応を取ってきたが、
もはや、これ以上の太陽政策は無理だ

Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_04

農園を通りかかる
ティックハンター・カニバリスト・傭兵集団に声をかけて
農園を守ってもらう事にする

結局多大なる時間と様々な方法を試したが
良い方法は浮かばず

「傭兵に金をはらって農園を守ってもらう」
という極めてオーソドックスな結論に達してしまった

えてして事実など
そういうものなのかもしれない


Kenshi特集:男一人に犬一匹その29_25

気を取りなおそう
犬も成人したし、次は冒険の旅に出発するぞ!


Kenshi特集:男一人に犬一匹 その28



https://store.steampowered.com/app/233860/

研究所でキラーマシーンに
あやうく即死させられそうになり、

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_09

からくも体力回復に成功したワイは、
研究所の調査をあきらめて、沼地の周囲一帯を探索した

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_10

色々な遺跡があったものの
ワイにとっては価値のあるものは特になく
北にある建物に向かう

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_12

荒涼とした大地の残骸で暖を取る…
焚火の光が心地よい

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_11

正直、隠密能力100のワイにとっては
夜の闇こそ味方であり、
闇夜に建物の中にいるメリットは全くない

…が、こういう風に
すごすことこそロールプレイだと思わないかい?
(誰に言っている)

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_13

次の日の早朝、
さっそく目的地につくと

そこにはよく手の行き届いた塔と
スケルトンがいた
どうやら彼の家のようだ

話を聞いてみると、
冒険者であったが引退してここに住んでいるとか

めっさ暇らしい。

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_14

これは良い!

スケルトン(ロボ)の仲間は欲しかったところだ
スカウトしよう

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_15

なんでこんな所にいるのかと聞いたら、
どうやらこの場所が彼が生まれた所らしい

大昔の事を多少覚えているようで世界が滅亡前
この沼地で「多くの技術が開発された」そうだ

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_17

どうやらここは、宇宙港や工場というより
研究都市か、首都のようなものだったようだ

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_18

おしゃべり好きらしく
第二帝政期時代の興味深い話や
ウィットに富んだ話も聞けた

彼をともなって、
そのまま北上して農園に戻る

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_16

スパイダーのような殺戮兵器さえなければ

あとはカニバリストと慟哭盗賊団と
ティックハンターと忍者しかいない安全地帯だ

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_19

無事に農園まで帰還ー
長かった!

本当に、ここまで長かった!!!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_20

さっそく、研究開始だ!
新型バッテリーの開発!
風力発電の強化!
半自動採掘機の研究!


やるべきことは山ほどあるのだ!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_22

と、その前に…
バーン殿を「武器販売所」に配備する

そう、スケルトンをスカウトした理由は
「販売所の店員」が欲しかったからである!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_21

もちろん、
店員を置く意味は無い!!


なぜなら農園にくる客は、
勝手に銭を入れて商品を買っていくからだ

しかし、そう、しかし!
ロールプレイには(以下略)

とは言っても、立っているだけでは暇だろうから
後でクロスボウ用の矢でもつくってもらおう

…と、
ここで嫌な事に気が付く

なんと…
カニバリストの部隊の襲撃報告があるでは無いか!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_01

なにぃ!!
わかりあえたと思ったのに
やっぱり襲撃してくるのかッ!

カニバリスト!!!

いや、それだけでは無い…
もう一つ、報告が…

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_02

うぉおお!!?
ホーリーネーションの進撃だと!?
「神はどこ?」

って、お前らの主君は
カニバルの胃袋の中じゃボケ!!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_04

…って、部隊長は、やっぱりお前か
上級審問官セタ!

絶対お前だと思っていたよ!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_03

いや、まて…
どういうことだこれ?

もしかして、あいつら到着してもワイが農園に戻らないと
来た部隊は農園の中に入らずに、外で待っているってことか?

いや、つまり、
農園にワイが戻ってきたということは
待機が解除されるわけで…

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_05

五つの勢力が一斉に入ってきた

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_06

地 獄 開 始

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_07

5つの組織が農園で同時に殺しあう!
最高のショーだと思わないかね!!!!


ワイの心の中のムスカ大佐が
高笑いしているとき

Kenshi特集:男一人に犬一匹その28_08

「どうやって、
これから出る膨大な量の死体を処理しようか」

そればかりが、
ワイの頭の中に浮かんでいた…


Kenshi特集:男一人に犬一匹 その27



https://store.steampowered.com/app/233860/

リヴァイアサン海岸にて、キラーマシーンの軍勢に守れた古代の研究所を突破し、無事に逃げおおせることができた

朝日がまぶしいぜ!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_29

っていうか、ここはどこや…?
ラプターアイランドやと?

キラーマシーンの軍勢の追跡をふりきるために
海沿いをくねくね曲がって動いたら、

まるっきり明後日の方向にいってしまったらしい

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_26

ちなみに、このラプターアイランドという島は
その名の通り、ラプターという生き物がたくさんいる島だ

荷物をもっている状態で野生動物に関わりたくない
無視しよう…

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_13

近くの対岸につくと「定住した遊牧民の村」を発見

定住したら遊牧民じゃなくね?
と思うが、気にしても仕方がない

ただ一つだけいるのは、

こいつら
ヤギの値段をふっかけてきやがる!


Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_15

ヤギ如きに
14000キャップも払えるかッ!!


Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_16

近くには漁村もあり、なんとそこにいたのは
海洋組合・死の猫「デス・キャット」の構成員!

なんと、こんな漁村とは反対側の地域にもいるのか
ちょっと驚き。

最近盗賊の襲撃がよくあるんだ
と相談を受けたが「頑張れ!」と励ました
ワイはただの農民なんでそれ以上は言えん

スマンな


この辺りは比較的平和らしく
脅威となる生物は見えない

よかったよかった

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_27

ちなみにすぐ東にいけば
霧の世界とモングレルがある

稲は欲しいが、正直リスキーすぎる
捕まる=死の一人旅で、見通しのきかない場所で
フォッグマンの軍勢に取り囲まれたら終わりだ

なので北上してハイブの村へ行こう

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_17

ハイブの村へ行くというのは初めだったので驚いた
なんだこれは?アリの巣か?

建物?巣穴?の中から、ハイブ住人が出てきた

身構えていたら

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_18

「非ハイブ、こっちへこいよ!」
と言って歩き出した

なんや、こいつ?と思っていたら…

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_19

うひゃぁあああ!!!
ゾロゾロゾロゾロきたー!


軍隊の行進というのは見ていて気持ちの良いものだが
よくわからん生物が、うにょうにょ大量に行進してくるさまは
どちらかというと「気持ち悪い、略してキモイ」の範疇の方だ

見ていて、頭がくらくらしてきたので
近くの施設に入る

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_20

やたらフレンドリーな店主が
「盗品じゃないよ!ハイブで作ったものさ!」
「我々を盗賊だなんて言う奴こそ盗賊なんだ!」

と、言ってくるが…

…いや、あの、
なぜか購入しようとした商品に「盗品?」のマークがついているんですが…

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_30

それに「盗品販売OK」の文字が見えるような…

まぁ、ワイに関係なければ問題無い
ホーリーネーションの正義の審問官でもあるまいし
ぐだぐだいわないことにしておこう

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_22

それより「ランタン」という、ちょっと面白いアイテムを発見
イベントリに「ベルト」という何も装備できない謎の場所があったが
どうやら、こいつがつけらえるようだ。面白い!


あと購入したのはハイブで制作されている服の設計図
かなり高かったが買ってみた

どうやら、ロボット工学技師がいるらしく
「ハイブ最高のハイテクノロジーの資産!」
とうたう義手や義足を見ていたが…

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_23

まぁエンドワールドという最高峰技術都市の近辺にすむ
ワイの目には今一な品ばかりだ

お土産代わりに「熟練」レベルの義手を一つ買ったが
それで終わり

なにしろ重量が結構あるのだ
義手そのものは4kgしかないが、
問題はランタンの方だ

なんと、これ1個で4kgもする!
重い!重すぎる!

燃料が切れない光源というメリットを考えても
4kgを常備するにはいささか運用コストが高すぎる

ランタン2個と義手1つで12kgの重さである
これ以上は持てない。

そもそも背嚢の中には
貴重な古代の技術資料が山ほどあるのだ
重量過多で速度が低下しても困る

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_28

というわけで、ハイブと別れて北上を開始
よし、フラッドランドを抜けて帰るぞ!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_24

北上してフラッドランド→カニバル高原を抜けようとしたが、
その前に「叫びの森」という見るからに不吉な名前の土地へと侵入した

そして、その瞬間から、周囲から山ほど慟哭盗賊団が!
奴らは奇声を上げて四方八方から走り回ってやってくる!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_25

…が、前にも書いたが
すでにワイは、奴らとのコンタクトを何とか知り

ボディランゲージで、
戦わずに済む方法を身に着けた
さもなければ、こいつら相手に鬼ごっこをしなきゃならなかっただろう

つまり知性!
あふれる知性で戦うのが真のパワー!
キン肉マンスーパーフェニックスもそう言っている!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_02

叫びの森を超えれば、あと少しッ…
というところで、謎のタワー(アンノウン・タワー)を発見した

ここの沼地は、よくエンドワールドから聖都へ抜ける川の道ということで
通っていたが、がっつり内部までは確かめたことは無い…

本来ならスルーする所だが
通り道だけあるので確かめてみよう!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_01

一言「沼地」
と書いたが、想像する沼地とは全く違う

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_10

あっちこっちに構造体が乱立し
空ではドローンが今でも機動し
停止した古代兵器の機体が打ち捨てられている…
ロマンの塊のような場所なのだ!

…ちなみに、中にはまだ稼働中のキラーマシーンもあるので
全く油断はできない…!

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_03

古代のタワーに到着

このタワー自体は
特に何かあるわけではなかったが

そのかわりに、
近くで警備塔を発見した

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_04

中を調べてみると、
おぉ…!
古代の技術書を発見!


Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_05

こいう場所から見つかるのは珍しい
これは嬉しい誤算だ!

塔の屋上につくと、近くのイスに座った
ゆっくりと沼地の全容を見ようとしたところ…

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_06

なんと、構造体に隠れた
古代の技術研究所を発見した!

これはなんという行幸!
技術書を手に入れ、さらに研究所まで発見するとは…

ツイている…
ワイは今、最高にツイているッ!!!


Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_07

瀕死の重傷を負いました

隠密能力100のワイが何ゆえにこないなことに…
理由はただ一つ、
「研究所が水に沈んでいたから」

Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_09

つまり、研究所の内部に泳いで入らなければならず…
泳いでいる状態では隠密できず…
キラーマシーンに速攻で発見され…
スクリーンショットも取れぬ恐慌状態で…
外まで何とか逃げてきたという始末…

やっぱり、己の力を過信するのは良くないね!
久しぶりに死の恐怖を味わったよ!!


Kenshi特集:男一人に犬一匹その27_08


近くに敵はいないので応急治療を施し
テントを立てて簡易ベッドで寝ることにした

せっかく法外の技術書を手に入れたのだ
無理をするのはやめておこう

今日は、
これでお休みだ…




NEXT≫
プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊5657小隊を率いる
Zabarann(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (23)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (21)
紹介:SLG (21)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (8)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (3)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (1)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (23)
雑記:その他 (24)
ゲーム:ギレンの野望 (21)
ゲーム:信長の野望 (15)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (5)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:考察 (2)
ガンダム:雑談 (4)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (28)
特集:ガンダムMODイベント集 (2)
特集:コイカツ (14)
日記 (43)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (12)
作業:AAR (6)
作業:MOD (16)
作業:翻訳 (33)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
AAR:KOEI (2)
特集:信長の野望MOD (1)
特集:Deity Empires (1)
特集:Evil Bank Manager (1)
特集:Kenshi (31)
特集:KINGDOMS (3)
特集:The Guild 3 (3)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク