ゲーム翻訳 - SR2020お年玉

SupremeRuler2020-01

少し早いですが、お年玉

超訳Z20091230.lzh
http://hayasoft.com/hiko/paradox/other/source/up3402.lzh

全体の翻訳精度の底上げ&TipofDay.csvを翻訳。
意味不明な翻訳を直して
ゲーム中央のヘルプ(日付チップ)も日本語化。
これでかなり遊びやすくなったハズ。

現在は、チュートリアルも翻訳中。
これが終われば、もう説明書なんていらない!?



SR2020 wiki
http://www31.atwiki.jp/supremeruler2020/



スポンサーサイト

SR2020 - 過去の過ち

SupremeRuler2020-01

こんにちは、みんな元気ですか!
私は死にそうです

冬風邪って、中々治らないですね。
今日も辛くて眠いです。
このまま永眠しちゃうのかしらん?

そんな状態ではゲームも何にもやる気が起きないので
翻訳作業をダラダラしています。
そんな状態で翻訳したって、どうせ後で直すことになるのですが
何もしないよりかは、マシってものです。

LocalText-NEWSITEMSの翻訳が終わり、手もちぶさになった
というもあるかもしれません。何せ今年一年毎日数行やっていた
作業から解き放たれたのです。
不思議なもので、やっているときは早く終われて思ったものですが、
いざ終わってみると、解放感よりも寂しさのほうが出てきました。
最早ライフワークになってしまっていたのですなぁ。

というわけで、今やっている翻訳は初期の翻訳ファイルを見直すことです。
まぁなんと言うか、ひどい翻訳もいろいろとあります

ファイルの名前があります。
なんて翻訳文があって、何のことかとおもったら
File Name(ファイル名)だったりとか

戦場の中に、突然「確立」なんて命令があったかと思えば
Entrenching(塹壕を掘る)だったりとか、

まぁ出るわ出るわ
過去の醜聞

その昔、この程度の翻訳能力しか無いのか
と嘆かれた文章を書かれたことがありますが
言わずもがな。ですなぁ。

一体なんでこのような翻訳をしたのが
当時の私に聞きたいぐらいです。



SR2020 wiki
http://www31.atwiki.jp/supremeruler2020/



SR2020-クリスマス翻訳

SupremeRuler2020-01
メリークリスマス!
今年は、ラブプラスがあるので、さびしくないクリスマスを過ごしている大きなお友達もいると思います。

お前もそうじゃないかって?
知らないな、そんな話は。

ともあれ、LocalText-NEWSITEMSの翻訳が終了しましたので、報告します。
http://hayasoft.com/hiko/paradox/other/source/up3388.lzh
じゃばらパパのクリスマスプレゼントさ!
今年中に終わるとは思ってみませんでしたが
勢いって、怖いですね><


SR2020 wiki
http://www31.atwiki.jp/supremeruler2020/



雑記 - 今日は天皇誕生日

天皇陛下∩( ・ω・)∩ばんじゃーい

去年はやらなかったって?
やだよお前さん…それはいいっこ無しさ

か、勘違いしないでよね!
書くことが無いから、無理やり書いたわけじゃないわよ!
(byツンデレ

歴史の影 - 天皇の存在意義

歴史の影は、歴史上誰もが知っているがあえて誰も書かないor書きたく無いことを書くコーナーです。

みんな大好き小沢っちの
天皇なんざ象徴(かざり)なんだから政権の言うことを聞けや!
と言う素薔薇しいコメントに、思わず感動したので書いてみます。

誰もが思っていても、

そいつわぁ口に出しちゃいけねぇだろ!

という事を、あえて口に出す小沢さんの気概にはホレボレします。
千年前からそうだったとはいえ、
公式には言ってはいけないことです。

日本は一応、帝の個人的所有物ですし。
(まぁ千年前から、日本人の大半は自覚してませんが
(ちなみに首相が天皇の臣下であることも、全く知られていない


天皇がいわゆる権威のみの存在と化したのは
武家社会に入ってからであり、明治維新までは
権力者の権威を確立するための存在として
存続していたのは、歴史好きには知られている事実です。

これを端的に言ってしまったのが
天皇機関説であり
(天皇/皇室は国家機関の一つにしか過ぎないという説)
現在まで、そうなんだけど、そうじゃないんだよ!
と言う、とても日本人らしい玉虫色の状態でおります。

それが良いことなのか悪いことなのかは判断つきません。
少なくとも、そういう状況であったために
西洋の王室のように、庶民にも嫌われること無く
市民革命も回避され、皇室は二五百年以上(皇室の主張によれば)
存続し続け、現在も、世界No2の超長期、皇朝として名を残しています。
(ちなみにNo1は聖書の時代から存続していたエチオピア帝国

そして、今では国家元首、あるいは、君主という次元では無くなり
存在そのものが日本の歴史となっているのです
そう日本という国家、歴史、文化、そういったもの
代表であり、集合体であり、その結晶が皇室なのです!

天皇陛下万歳!

ハッ!?
思わず祖母の洗脳教育の結果が出てしまった。


まぁ、傀儡も千年続けば立派な文化になる。
という身もふたも無い結論はおいて置き
時の政権と、距離をとりつつ、存在した皇室です。

実際、それほど間違ったことは言ってない
小沢さんなのですが、右派勢力や皇室存続派からは
良い顔をされるわけがありません。

そうでなくとも、政治活動に巻き込まれて
皇室が滅んだらどうするのか!
と、思うのはごく一般的な感覚として思うところでしょう。

お前が右翼だからだろ?
と言うのは止めたまえ。
祖母に洗脳されて皇党派になった俺に何を言っても無駄だ。

存在しているだけで貴重な皇室です。
そもそも、明治維新や、あるいは終戦の御聖断のように
何かあったら、最後に「神の声」として決断してくれる
天皇陛下をつまらぬところで失いたく無いのです。


誰もがそうしなければならないと理解しているが
身分や所属、そして利害に囚われて行動出来ないときに
最後の一押しをして下さるのが天皇陛下の一言なのです。

陸軍大臣「陸軍として百万の軍勢が残っている降伏などできん!」
外務大臣「しかし、これ以上の戦いは無意味ですぞ」
陸軍大臣「いや!今降伏しては死した何万の将兵に申し訳ない!」
財務大臣「資金も無い。兵器も無い!そのような状況でどう戦うのです」
陸軍大臣「自爆特攻!将兵悉く死して祖国を守りましょう!」

天皇陛下「陸軍大臣の言う事も分かるが、だが、降伏しよう」
陸軍大臣「陛下がそう言われるのなら…(ホッ」

日本で一番偉い天皇陛下に言われたら仕方が無い。
まさに、この一点において
天皇陛下は神であり
現在でも、続く本当の理由でしょう。

困ったときの神(天皇)だより!

最終責任は長たる天皇にあることを考えれば
日本の人身御供とも言えますよね。

天皇陛下万歳!

このためにも、天皇陛下をつまらぬ雑事に
巻き込んでもらいたくないですよね。

人様に頼るなとか言うな。

神様だから頼っていいんだよ!

ゾンビ - ゾンビでぐーぐる

やぁ皆さん。ゾンビ好きですか?

俺は好きだ。

あっと、待ちたまえ。

まだ正気だ。
ちょっと風邪を引いて頭が痛いだけだ。


さて、ゾンビが好きでゾンビゲームを買っている人も多いだろう。
でも、たまにはゾンビをシミュレートするゲームってないだろうか?
と、思うときもあると思う。

YESと言え。

だが、残念ながら
アンブレラ社に入ってゾンビを大量に生産するじゃぁ!
(by平野耕太)
なんてゲームは残念ながら無い。
普通に考えれば、そんなに面白そうでも無いし

でも、世の中には、それをやっちまった人もいる。
それが、今回紹介する
Zombie Outbreak Simulator

ゾンビでグーグル


このゲームは、グーグルマップを用いて
ゾンビ汚染の拡大をシミュレートしたもの。
無料で遊ぶことができ、サイトを開けばその時点からゾンビ汚染が始まる
基本的に、人類がゾンビにより滅亡するまでまったりと鑑賞するゲームである。

ワイングラスを片手に、人々の叫び声や銃声を聞いて、優雅な午後を過ごす紳士のための一品と言えるだろう。

YESと言え。

ちなみに滅亡させるだけじゃつまらん!
俺は積極的に助けたいんだ!
という物好きな人にはTHE LAST GUY というゲームがお勧めだ。

こちはPS3のゲームで、内容は
Zombie Outbreak Simulatorで、人を助けられるゲーム。
という一文で説明の九割がつく、お手軽ゲーである。

面白いゲームかは知らない
それはサイトを見て判断して欲しい。
いずれにせよ購入するには

強い信念と勇気

そして決断が必要だろう。

ああ、しかし頭が痛い…
かゆ…うま…



EUローマ ローマな休日13話「内患外憂」

Eローマタイトル

登場人物

ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス・アエミリウス・アシーナ
マルクスの息子。特質:寛大で信じやすい。また好戦的で皮肉屋。ついでに汚職の特性も持ち合わせている。能力は軍事3人徳7技量3。絵に描いたような二代目。

土方さん土方さん
ローマの元首を支えために来た極東の相談役。個人よりも組織に忠を誓う。弱音を吐くものは士道不覚悟で切り捨て御免!



ローマ:ローマ旗-前回までのあらすじ-ローマ:ローマ旗

ロムルス紀元546~556年
バルカン半島のダキア、マケドニアを滅ぼし、アイトーニアを屈服させ、帝国建国を宣言したローマであったが皇族のクィントゥス・アエミリウス・ディーウェスが、突如として反乱を起こし、国家を二分する大反乱が巻きおこった。
これを制圧したティトゥス・アエミリウス・アシーナは、内政とバルカン殖民を重点に、活動を再開するのであった。

EUローマ13話状況

国家状況
<プレイヤー国家>
ローマ:大規模な内乱で疲弊
<友邦国>
マッシリア:ローマの属国。戦争も無くまったり中
エジプト:ローマの同盟国。内乱パラダイス
<敵対国>
アイトーリア:かつての友好国。ぼろぼろ
マケドニア:滅亡
ダキア:マケドニアに連座して滅亡
<その他>
セレウコス朝:東の超大国シリア。内乱により瓦解状態。


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:独裁者)
「むほん!むほん!」


土方さん土方(相談役)
「変な声を出して…悪いものでも食べましたか?」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:独裁者)
「いや、大変なんだよ!ヒジカタさん」


土方さん土方(相談役)
「何が大変なんですか?」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:独裁者)
「前回継承方を変えたけど…エジプト式継承法、あれは罠だ!」


土方さん土方(相談役)
「罠?という言いますと…」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:独裁者)
「継承順位がコロコロ変わって、わけがわからん!」


土方さん土方(相談役)
「…はぁ?変わってしまうのですか」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:独裁者)
「別に名声や忠誠が変わったわけじゃないのに、突然、第二位のヤツが第一におどりでるとか、わけがわからない。しかも、結構頻繁に起きている…」


土方さん土方(相談役)
「…なるほど。しかし、それのどこが大変なんですか?」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:独裁者)
「何を悠長なことを言っているんだ!継承順位が変わると、前回の第一継承者を支持していたやつらの忠誠度が一気に下がるんだよ!」


土方さん土方(相談役)
「…ふむ」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:独裁者)
「どうりで、エジプトで内乱が良く発生するはずだ。これじゃあ、まともな国家運営なんか出来るわけがない。国費の九割を家臣の忠誠を上げるためにつかっているんだからね」


土方さん土方(相談役)
「ほう、それは大変ですね」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:独裁者)
「なんか、むちゃくちゃ他人事じゃない!?」


土方さん土方(相談役)
「実際、他人事ですから」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:独裁者)
「…そ、それは言っちゃいけない言葉じゃないか!?」


土方さん土方(相談役)
「距離を離れ、第三者的位置に自身を置き、冷静かつ、客観的な視点で陛下のお言葉を拝聴しているだけです。そうすると見えないものも見えるようになる…と言っているのですよ」



ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:独裁者)
「な、なるほど!」


土方さん土方(相談役)
「ふむ。困りましたが。ですが、対応のしようがありませんね。継承法をかえるにしても、同じ氏族以外のものが第一継承者にならなければ、変えることができません」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:独裁者)
「そうなんだ。エジプト式継承法は、内乱の可能性がひどく高まる法なんだけど、まず継承者に困らないのが売りなんだよね」


土方さん土方(相談役)
「数が少なければ、氏族を片っ端から投獄するという手もありますが、少しばかり数が多すぎますしね」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:独裁者)
「全員投獄したら、圧制度がとんでもなく高まってしまうしね…とても国家運営なんか出来ないよ」


土方さん土方(相談役)
「なら、諦めましょう」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:独裁者)
「言い切った!?」


土方さん土方(相談役)
「しょうがありません。こればかりは。継承順位を動かす何かしらの理由がわからない以上、手のうちようがありませんし、よしんば、それが個人的な支持、あるいは忠誠というのなら、同じく手のほどこしようがありません」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:独裁者)
「…うむ。はぁ…これからずっと、たまった予算を家臣たちに与えて忠誠度をあげる作業をしなければならないのかぁ」


土方さん土方(相談役)
「なに、ローマぐらいの大帝国なら、余った予算で十分国家施設が可能です。というか、何もしなければ、金が無駄にたまるぐらいですから、むしろやるべき仕事があると思ってよろこびましょう」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:独裁者)
「人の金だと思って、言うなぁ…」


内戦から経済を復興させたローマは、バルカン半島の殖民化を進めていく。
バルカン北部に軍勢を向かわせ、蛮族の地に乗り込んでいったローマ軍は
隆起した蛮族の軍勢を薙ぎ払い次々と殖民地化していった。

順調に見えた殖民地化政策であったが…
EUローマバルカン北方殖民



ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:皇帝)
「ええい!戦争だ!戦争!蛮族をなぎ倒せ!」


土方さん土方(相談役)
「どうされましたか?」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:皇帝)
「殖民だよ!殖民!あろうことか、我々が蛮族を殲滅したのを見計らって、ロクソラニのヤツら勝手に、殖民しやがった!」


土方さん土方(相談役)
「ロクソラニ…北東の蛮族国家ですね。蛮族を殲滅したら、すぐに殖民をしないと、隣接する国家に殖民されることもあります。なぜ、すぐに殖民されなかったのですか?」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:皇帝)
「できるわけないじゃないか!蛮族の軍勢は二万を超えていたんだ!その対応に精一杯で、とても殖民に気を回している余裕なんてなかったんだよ!」



土方さん土方(相談役)
「…なるほど」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:皇帝)
「人が必死になっている所を、ずうずうしくも乗っ取ったロクソラニは許すまじ!ただちに軍勢を差し向けて制圧しろ!」



土方さん土方(相談役)
「(やれやれ、怒り心頭だな。気持ちはわからぬでも無いが…)
わかりました。軍勢をロクソラニに向かわせます」

Eローマ城攻-総力戦
蛮族との正面激突に苦慮するローマのかたわらで
ちゃっかりと殖民をしていたロクソラニに対して皇帝の怒りが爆発した。
バルカン半島のローマ軍を総動員して行われた対ロクソラニ戦争は
ほぼ一方的な戦いで終結した。

もともと軍勢の数はもとより、技術力も劣っていた
蛮族国家がローマに勝てるわけが無かったのである。

ローマはロクソラニから、首都を除くすべての領土を奪い
意気揚々と軍勢を引き返した。

EUローマバルカン北方殖民2


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:皇帝)
「ははは!正義は必ず勝つ!卑怯にも外から掠めとろうなどとする輩は、こおうなって当然なのだ!」


土方さん土方(相談役)
「…はぁ、ですが。今回の戦闘で、またもや臣下の忠誠度が下がってしまいました」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:皇帝)
「…う」


土方さん土方(相談役)
「…その維持に多額の資金を投入せざるおえません。少し自重されるよう、お願いします」



こうして、バルカン半島北部をほぼ制圧したローマは
まれにおきる農民の反乱を潰していくなかで、ポントゥスで国を二分する内乱が勃発した。
ローマは、この内戦に介入し、領土を得ようとしたのだが思わぬ事態へと発展する。

EUローマポントゥス反乱1


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:皇帝)
「まいったよヒジカタさん。反乱軍に攻めたのは良いが、当のポントゥス正規軍が壊滅状態だ」


土方さん土方(相談役)
「反乱全軍をローマ軍で支えなければならなくなったのは痛いですね。イタリア本土のローマ軍も現在出動用意させています」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:皇帝)
「我々が支えなければ、反乱軍が、クーデターに成功して、正当政府になってしまう…この場合、ローマ軍が占領した領地はどうなるんだ?」


土方さん土方(相談役)
「さぁ、一度もそんな事態が発生したことは無いのでなんとも…少なくとも、そのような事態になったら、死んでいった数万の兵が全くの無駄になってしまう可能性がありますね」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:皇帝)
「はぁ…しかし、なんだなぁ。宣戦布告したら、評議会のみならず、各州の総督連中や、軍の指揮官まで、のきなみ忠誠度が下がるんだよなぁ…こいつらの忠誠度を確保するために支払った金も無駄になる!」



土方さん土方(相談役)
「…泥沼ですが、ここまできたら、やるだけやるしかありませんね。全軍を投入して、ポントゥスを制圧しましょう」


ポントゥスの戦闘は、五年にわたり続くことになった。
この戦闘で、バルカン方面に対してローマは総力戦を開始。
加えて、バルカン殖民で反抗した蛮族が次々と隆起し、
ローマ軍は、消耗戦を余儀なくされたのである。

ポントゥスとの戦いに主力を取られたローマは、
バルカン北部で起きた蛮族の襲来を支えきれず
領土を荒らされることになる。

EUローマポントウゥス反乱


からくも反乱軍に勝利したローマ軍は
領土を三つ得ることに成功し、何とか体面を保つことに成功した。


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:皇帝)
「領土を得るための労力が、どんどん大きくなっていくような!」


土方さん土方(相談役)
「費用対効果という意味では、全く利にそぐいませんね」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:皇帝)
「この戦いで消費した費用を考えると…というか考えたく無いなぁ…」


土方さん土方(相談役)
「…各個人の忠誠を維持するのに、ほとんどパワーを使いますからね。内患外憂とは言いますが、ローマぐらいになると、もはや敵は外には存在せず、内部の味方こそが敵となりえます」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:皇帝)
「気を緩めると内乱が勃発だからね!指揮官の一人が反乱を起こしたら、総督も同調して、幾つか反乱軍になったのは驚いた」


土方さん土方(相談役)
「…あれ?反乱があったんですか」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:皇帝)
「速攻で潰したから、報告はしなかったけどね。てか、もう反乱が起きるのが当たり前になってきたから、多少のことじゃ言わないよ」


土方さん土方(相談役)
「はぁ、そうですか
(帝国もいきなり末期状態だな)」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:皇帝)
「はぁ…もう疲れた。そろそろ寝るよ」


土方さん土方(相談役)
「お待ちください。まだ案件が…」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:皇帝)
「………」


土方さん土方(相談役)
「陛下!全く…」


ローマ:ティトゥス・アエミリウス・アシーナティトゥス(ローマ元首:皇帝)
「………」


土方さん土方(相談役)
「…陛下?」


ローマ帝国初代皇帝ティトゥス・アエミリウス・アシーナ。
老衰にて崩御。
安らかな死に顔であったという。

EUローマ初代皇帝死亡


第一部「ローマ興隆編」終


ローマな休日-第十三話「内患外憂」
ローマな休日-第十二話「逆劇のクィントゥス」
ローマな休日-第十一話「裏切りのセルウィウス」
ローマな休日-第十話「カルタゴ滅亡」
ローマな休日-第九話「目標マケドニア」
ローマな休日-第八話「イリュリア崩壊」
ローマな休日-第七話「サイは投げられた」
ローマな休日-第六話「欲望の挽歌」
ローマな休日-第五話「蛮族襲来」
ローマな休日-第四話「殲滅エピロス」
ローマな休日-第三話「攻撃マグナ・グラエキア」
ローマな休日-第二話「交易と外交」
ローマな休日-第一話「周辺状況」



雑記 - データ復旧中

データを入れていた外付けHDDがふっとんだので
データの復旧作業を行っています。

HOI3日本語版が発売!
でも、当分購入予定は無し…
EUローマを終わらせんと…

SR2020翻訳作業 - LocalText-NEWSITEMS

SupremeRuler2020-01
新しいPCが到着したので、データの移籍を作業を行っていましたら
外付けHDDがふっとんで、危うく全データが消えそうになりました…

怖くなったので、途中ですけどLocalText-NEWSITEMS日本語データをUPします
http://hayasoft.com/hiko/paradox/other/source/up3365.csv
(行数にすれば1972行分)
残りは550行、でも100行はNONEなので、実質あと450行…


SR2020 wiki
http://www31.atwiki.jp/supremeruler2020/





Galactic Civilizations -ダウンロード購入方法

GC2はダウンロード購入ができます。
しかし「外国語は分からない」「通信販売なんて利用してことが無い」という方も多いはず。
そこで、簡単な購入までの流れを書いて見ましょう。
今回はダークアバターを購入してみたいと思います。


 :公式サイトへ



まず最初に公式サイトへ行きましょう。
公式サイト

次に左側のメニュー一覧の一番下のボタンをクリックしましょう。


(このボタンをクリック)

すると画面中央から右側に商品一覧が表示されます。ゴールド・エディションや「ダーク・アバター」、「GC2通常版」が上から順にならんでいるのを確認してください。[ゴールド・エディション]は「GC2通常版+拡張版ダーク・アバター」なので、両方持っていない初心者の方はこれを選ぶと良いでしょう。
(なお、ダーク・アバターは拡張キットなので、これは単体で遊ぶことはできません。注意して下さい)



商品の横には購入ボタンが二つありますが、左がDL版で右がCD版となっています。
CD版は一回CDにデータを入れなおすので、別途料金が必要となります。注意して下さい。



 :購入画面1

購入ボタンを押すと、通販会社へと繋がります。

通販会社の画面が表示されて、現在の商品の名前と値段が表示されています。
指定した商品なのか、良く確認して下さい

左の画面上ではゴールド・エディションの商品名と値段が表示されています。
もし間違えて、他の商品を入れてしまった場合は、
商品右横にあるデリート(削除)ボタンを押して下さい。

(消したい商品があったらこのボタンをクリック)


次に計算ボタンを押します。商品が一つであっても必ず押して下さい、さもないと購入できません。

特に問題が無いようでしたら、チェック・アウトのボタンを押して下さい。



 :購入画面2


次に住所と名前を記入します。記載方法は日本とは逆なので注意しましょう。

記載が必要なのは赤い※印のある部分だけです。本項では赤い※印の場所のみ説明します。

例)日本国東京都千代田区丸の内1-1-1 502号室
電話番号:010-111-502
山田太郎さん


FistName:名前
LastName:苗字

StreetAddress:番地/建物(番号が前
City:市町村(区)
State/Province:都道府県(州)
Zip/PostalCode:郵便番号
Country:国名

Phone:電話番号
※国別番号をつける必要がある。この時、先頭の0を抜き日本国ナンバー81をつける。
電話番号が010-111-502の場合
+81-10-111-502と直す。

E-Mail:メールアドレス
ConfirmE-Mail:もう一度メールアドレスを記入。



特に問題が無いようでしたら、一番下のボタンを押して下さい。



 :購入画面3


住所入力が終わるとカードナンバーの記載に入ります。



まず始めに、前項で書いた情報が間違いないかを確認して下さい。
この時、ステップ1で計算ボタンをちゃんと押さないと
商品名はおろか、値段まで表示されず
Sub Total:$0
Grand Total:$0
と表示されます。この場合、ステップ1まで戻ってやり直して下さい。



間違いが無かったら、カード情報の記入を行います。
Name as it appears:名前
記入者では無く、カードに書かれている人物の名前(ローマ字)を記入して下さい。
Card Type:カードの種類
カードの種類を、一覧表示の中から選んで下さい。
Card Number:カードナンバー
カードに記載されているカードナンバーを記入してください。
Expiration Date:有効期限
カードの有効期限を記入します。
月/年なので気をつけて下さい。
Card Identification Number(CIN):CIN番号
カードの裏側に数字が並んで書いてあります。
その下3ケタの数字を入力して下さい。

特に問題が無ければ、一番下のチェック・アウトのボタンを押して下さい。



 :購入完了




おめでとうございます。

購入を完了しました。



ですが、この時点ではまだデータそのものは手に入れてはいません。
あくまでもデータを手に入れるための権利を得たに過ぎないのです。

まず、この購入完了画面にあるシリアル・ナンバーをメモ帳などに記載して保管しましょう。

そして、シリアルナンバー下のDownloadコーナーよりsdcentral_setup.exeをDLしましょう。



 :Stardock Centralのセットアップ



シリアルナンバー下のDownloadコーナーからsdcentral_setup.exeをDLしましたか?

DLした場合、次ぎのようなファイルが出てくるはずです。

ダブルクリックしてパソコンにインストールしましょう。


インストール後、次のような画面が出てきます。それぞれ記入して「Next」ボタンを押して下さい。

FistName:名前
LastName:苗字
E-Mail:メールアドレス
通販購入時に用いた名前とメールアドレスを入れると良いでしょう。


インストールが終了するとStardock Centralが使えるようになります。
Stardock Centralは、製品案内やデモ版のDL、掲示板の確認など様々なことにもちいることが出来る大変便利なツールです。


 :ダウンロード


ここで、ようやくデータのダウンロードを行います。
まず、Stardock Centralの右下の設定ボタンを押します。

ここをクリックして下さい。


次に、設定内の「GAME」から「Dark Avatar」を選びましょう。



Email:メールアドレスを記入。
購入時のメールアドレスを記入。
Serial Number:ステップ4「購入完了」の時に表示されるシリアル・ナンバーを入れる。
InstallationPath:データを実際にダウンロードする先です。

記入が終わったら「Register」ボタンと[Lookup Serial Number]ボタンを押しましょう。
最後に右下の「OK」ボタンを押し終わったら、Stardock Centralを再起動させます。


あとは、、Stardock CentralGamesコーナーをクリックしましょう。そこにはデモ以外にもゲームが表示されているはずです。
ダウンロードしたいゲームをクリックすると、右の方にダウンロードボタンが表示されるので、そこを押して下さい。

以上で、ダウンロードは終了となります。

雑記 - プロレスはなぜ相手の攻撃を受けるのか?

Q.名人は、なぜ出てきた敵をすぐに倒さないんですか?

「本当のプロっていうのはね
敵の魅力を最大限に引き出してから
自分の力を魅せるものなんだ。
だから僕は、出てきた敵を
すぐには倒さないのさ」

<ハドソン・高橋名人のコメント>

雑記 - プロレスは八百長

などと言うのは
映画の中の主人公に向かって
「こいつは演技しているんだよ!」
と言うようなものだ。

雑記 - 新しいパソコンを買ったよ

俺、パソコンが届いたらローマな休日の続きを書くんだ
(死亡フラグ

雑記 - 亀井無双

次の選挙で民主党が議席を伸ばせば亀井はいらなくなる
滅びしか残されていない亀井には怖いものは無い
時限的無双。今は、誰も彼を止めることはできない

雑記 - プロレス最強

チェ・ホンマンをミノワマンが倒したとき
俺はそう叫んでいた。

日記 - パソコン壊れた

かゆ…うま…

イラスト - ひぐらしのレナ

ひぐらしの鳴く頃に。のレナちゃん。
初めてフォトショップをつかって製作した記念すべき作品でもあります。
ちなみに画像はパソコン版(同人誌)をモデルにして描いたので
漫画版やアニメ版とはイメージがちょい違います。

HigRna05
プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊を率いる
Zabara(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (20)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (19)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (7)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (21)
雑記:その他 (24)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (14)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (5)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (3)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (19)
日記 (38)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク