ガンダムオンライン-ゲルググキャノンと理想現実

ガンダムオンラインタイトル
『機動戦士ガンダムオンライン』公式Webサイト
販売機種:WindowsXp32bit/Vista/7/8(※要DirectX9.0)
動作環境:Core2 Duo E6600以降(Corei7シリーズ以降推奨)
メモリ: 2GB以上(4GB以上推奨) HDD: 8GB以上の空き容量
ビデオRAM 512MB(ビデオRAM 1GB以上推奨
種別:アクションゲーム兼RTS 
定価:基本無料(プレミアム・パッケージ版5964円)


久しぶりにガンオンの話題でも一つ。

最近、がチャガチャをまわした所、
ついに、待望であった
ゲルググキャノンをゲットに成功!

銀色の機体ですが、
これで夢にまで見た
キャノン系を編成が可能に!

ガンオンでゲルググキャノン03

ひゃっはー!
見よ、このロマン編成!!!(壊


が、ここで、重大な欠点に気がつく・・・

ゲルググキャノン、
めちゃつかえねぇ・・


ガンオンでゲルググキャノン02

そうなのだ。
肝心な点である「使い安さ」が
このゲルググキャノンには無いのである。

なぜ、ゲルググキャノンが使えないのか?

それはやはり、主力武器の
ビームキャノンの存在だろう。

このゲルググキャノンは、
キャノン系といっても、

ザクタンクや、ザクキャノン
ドムキャノンと違い

砲撃が出来ないのである


では、このゲルググキャノンの
キャノンは何かといえば、

大口径ビーム砲に他ならず、

通常のビームライフに比べれば
威力は高いとはいえ、単発でしか
発射できず、さらに弾数も少ない。

ガンオンでゲルググキャノン01

そして、狙撃モードできるものの
それほど遠距離を狙えるわけではなく

狙撃できるような距離にいるなら、
積極的にビームライフルや
ビームナギナタで突撃したほうが
てっとりばやい。

という状況である。

すなわち、威力と射程距離では
狙撃型モビルスーツにおとり、

中距離、近距離では、通常の
MSにも劣るという

実に、帯に流し、襷に短し、
という中途半端な機体である。

なるほど、この機体は
一部のエリート兵にしか与えられない
という理由がよくわかる。

普通の人間では全く使いこなせない。

事実、私以外は使ったのを見たことがない。

というか
この機体を使いこなせるような猛者なら
そもそも、普通にゲルググなり
ザク・スナイパー2に乗っていたほうが
遥かに戦果を残せるだろう。

ガンオンでゲルググキャノン04


最近では、ガンオンをほっぽりだしていた
いつのまにか、部隊員に隊長の座を奪われる始末。

ガンオンでゲルググキャノン05

さらには、大佐降格一歩手前。

ロマンと実戦の間には
厳しい現実があるのだなぁ・・・

と思わずにはいられない今日この頃のである・・・





スポンサーサイト

日記-小野田死死去

ルパング島で三十年間ゲリラ戦をしてきた
小野田 寛郎氏が死去された。

中国でも「恐るべき最後の日本兵」として
特集されたこともある、この英雄は

帰国後、マスコミや周囲の自分の扱いに
腹をたて?ブラジルに渡たったという。

ネットのまとめ掲示板などを見ると
間違った情報を多々目にすることがあるが

よく、書かれているのが
「日本の終戦を知らずに戦った」
という一文

小野田さんの自書「わがルバン島の30年戦争」
等を読んだことがあるが、実情はやや違う。

当時の上官から
「戦争が終わった後こそ任務が開始だ。
日本は本土が陥落しても満州等で戦い続けるだろう」
と言われた。

私のあいまいな記憶によれば、自書伝には
フィリピン陥落後、味方の残存部隊を率いて
アメリカ軍とゲリラ戦を続け

日本の降伏後、
撤収の輸送船が来た後、共に戦った
残存部隊員達の
「戦争は終わりました、共に帰りましょう」
との帰国を促されるも
「いや、君らはかえれ、私は戦い続ける」
と、残ったのが真相らしい。

これも、彼が命令からすれば当然で

上にあるように、日本が降伏してから
後方で諜報破壊活動をせよと
命令されていたからだ。

もっとも、これは情報員の小野田さんが
秘密裏に受け取った命令であるため
他の兵士達に告げることができず

結果的(口上的)に
俺は信念のために戦い続けるぜ!
という風になってしまった。

そのため、彼の行動に感銘を受け
同行を申し出た日本兵と共に
ゲリラ戦を続けることになる。

・・・まぁ、帰国できなかったのが
彼の上司が、戦闘中止の命令を
下さなかったのが一番悪いわけだが


日本に帰国しなかった小野田さんは
いつの間にか、戦死扱いにされたらしく
上司も知りようが無かったのだろう。


そんな彼が、戦闘をやめたのは
冒険家の鈴木紀夫氏と出会い
直接の上司が、戦闘中止命令を受けた
からであった。

ちなみに、このとき、小野田さんは
「谷口少佐から、後で話がある・・・
(と情報工作についての話)
みたいなことを言われるかとワクテカしていたが
そんなことは無かったぜ!」
(意訳)

「日本は実は戦い続けていると思ったら
そんなことは無かったぜ!
だらしねぇよ大日本!」
(意訳)

と、思ったとか。

この後、当時のフィリピン軍司令部に降伏
マクルス大統領は
「軍人として任務に忠実にであっただけで
いわゆる、刑法刑罰にはあたらない」
として、恩赦を下した。

ちなみに、恩赦理由の一つに
「軍人として暴行、破壊工作、戦闘行為は
したものの婦女子に対する強姦は行っていない」
というものがある。

この点、帰国後に記者に
「なんで、レイプしなかったんですか?
日本軍の兵士って、現地の女犯しまくりじゃないんですか?」
(意訳)
と、不躾に聞かれ

「性欲を満たすために強姦なんて、公私の私、
自分は軍人として、戦闘をしていた、いわば、公の身
公の身で強姦なんか、するわけない」
(意訳)
と、答えている。

・・・当時は
日本兵が鬼畜扱いされていたが
しても、しょうのない質問をする記者もいるものである。

帰国後はブラジルに移民したといっても

日本のことも忘れたわけでなく
積極的に、政治にも関わったという。

最後の最後まで日本のために戦った英霊に
黙祷を捧げたい。

ゲーム:信玄上洛


というわけで、新年最初のゲーム紹介は
信玄上洛です。

このゲームは、元々アプリゲームを念頭に
作られていますので、操作はいたってシンプル

ユニットを
移動させる。


それだけです。

信玄上洛05

・・・と、聞くと
「ああ、ちょっとお手軽に遊べる
シンプルなSLGなのね」


壮絶に勘違いしてしまいますが

とんでもねぇ。

ユニットを移動させる

ただ、それだけの行動の裏には
とんでもなく、複雑かつ、深遠なる思考が
必要となります


パズル的な戦略ルーチン的な意味と
その行動操作に対してです。

具体的にどういうことかと言いますと

ルールがめちゃ複雑で
初見さっぱりわかりません


マニュアルを五回読んで
なんとか、少しだけ理解できました。

こう聞くと
「え?ユニットを移動させるゲーム
なのに、なんでそんなにルールを
覚える必要があるの?」
と思われるでしょう。

もっといえば
「ユニットを動かすゲームなのだから
適当に動かせば、それなりに遊べるんじゃね?」
って考えになると思います。

それは本作品にとっても
とんでもなく甘い考え方です


なにしろ、兵科ごとに有利不利は
あるのはもちろん、
防衛か、攻撃かでも、戦いは変わってきます。

信玄上洛03

鉄砲隊は防衛戦のみ、
二回攻撃できる


このルールを知らないだけでも
戦略的兵員の損害と、勝因の低下は避けられません。

それどころか、なぜ自分が勝利できないのか?
ルールを覚えていなければ
それすらも理解できないでしょう。

では、実際に、どれだけ複雑か
本作品のルールをご説明します。


・・・ああ、面倒な場合、
途中でふっとばしても構いません。

ルール説明

戦闘はユニットを動かします。

ユニットは大きくわけて二種類あり、

武将ユニットと、
兵種ユニットです



兵種ユニットには、また歩兵や鉄砲などの種類があります。

武将ユニット単独では意味が無く
兵種ユニットだけでは戦闘になりません。

二種類のユニットを
同時に進行させる必要があります。

武将ユニットの戦闘力+兵ユニットの戦闘力
が、実際の戦闘力になるわけですが

信玄上洛01

武将が指揮できる
兵ユニットの数は決まっています


例えば、ある武将の場合は
二種類の兵ユニットを指揮できますが、
同じエリアに、兵ユニットを三つも置いても
指揮はできず、1つの兵ユニットは無駄になるわけです。

そして、戦闘のさいは
総戦闘力より、ダイスの目が小さければ
相手に損害を与えることができます。

ただし、戦闘には、兵種ごとに
順番があります。

信玄上洛04

その順番は、攻撃、および防衛によっても変化し
また、鉄砲ユニットなどは、防衛戦に限り
二回攻撃も可能となります。

鉄砲ユニットは攻撃順番も遅いため
侵攻作戦には不向きですが
防衛のみ早い段階で攻撃できるメリットがあります。

したがって、防衛戦のときは、鉄砲ユニットを
置くことが適切となります。

信玄上洛02

なお、一エリアには、かならず兵ユニットを
一種類おかねばならず、その兼ね合いも考えて
侵攻作戦時には、行動しなければいけません。


簡単ですが
以上になります。

え?
何を書いているかわからないって?

安心してください、
私も良くわかっていません

シンプルで奥が深いゲーム。
とは、よく言われますが、
本作品の場合、

シンプルで底が無いゲーム
あるいは
単純に奈落に落ちるゲーム
とでも言えば良いでしょうが

とにかく
分かりにくいです


もともとソリアティアゲームとして販売され
よくルールがわからない」と
阿鼻叫喚の声が上がったという話がありますが

納得できるというもの

正直、ルールが分かりづらく
PCゲームでなければ、
私もサジを投げたでしょう。

ユニットを一手動かす
ただ、それだけのことに
脳細胞を振る活用させなければいけないゲーム。

単純だけど、
奥が深いゲームを遊びたいね。

なんて方には是非
お手をとって、見てください。

奥が深すぎて、
抜け出せなくなる可能性もありますが



ちなみに、今回使った画像は
付属の説明書から抜粋してあります。

実は、本作品はどうも
ゲーム画面を取り込めないらしく

作品解説や、AARなどが一切行えない
漢仕様となっています。

残念
いつものようにAARを作りたかったのに・・・



あけおめー

あけまして、
おめでとうございます

今年もよろしゅうにー
プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊5657小隊を率いる
Zabarann(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (21)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (20)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (7)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (22)
雑記:その他 (24)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (14)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (5)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (3)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (20)
日記 (39)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク