雑記-ムーミン喫茶へ行って来ました

ムーミン喫茶04
後楽園はビックエッグ圏にある
ムーミン喫茶へ言ってきました。

ムーミンカフェ
http://www.benelic.com/moomin_cafe/

中は等身大ムーミン(人形)が
お出迎えしてくれます!

ちなみに、ムーミン喫茶は
(一人)ぽっち対応

というニュースがありましたが
正確に言えば、

店員さんが、空いている
ムーミン(人形)を席に置いてくれる

っていうのが、本当の所

一人だろうか四人だろうが
空いているムーミン(人形)
があれば、置いてくれます

私の横にも店員さんが
「どうぞ」
と、置いてくれました。

・・・しかし、
等身大で見ると結構大きい

ムーミン喫茶02


ちなみに基本的に
「食べるところがあるパン屋」

ですので、料金は
やや高め。

パンを3~4個頼んで
ドリンクセットをお願いすれば
あっという間に1000円行きます。

キャラクター店のよくある
馬鹿高い料金!ってのはありませんが

ひとつだけ、
ドリンクにムーミンの絵が
描いてあるスペシャルセットが
450円と、高かったですね。

ムーミン喫茶05

店内にムーミンの
等身キャラクターがおりますが
一番驚いたのは

ミーは、スナフキンの姉

という事実。

スナフキンとミーは兄弟姉妹?
というう俗説の真偽を
店員さんにお聞きしたところ、

その答えを聞いてビックリ

店員さんも
「私も、お店に勤めてから
初めて知りました」
とおっしゃっていました。

専門店らしく
ムーミンの知識はかなり
おありのようですね。

ムーミンのちょっとした謎を
知りたい方は、行かれるも
良いかもしれません。

ムーミン喫茶01



スポンサーサイト

紹介:書籍-魔天忍法帳



世の中には極一部の好事家に絶賛される
異形系作家と言うのが存在する。

異形系作家は、エログロ猟奇、その他
さまざまな要因が作風や作品に表されているため
一般的には認知されないものの、

稀に、一般的にもある程度幅広く認知されている
方もおられる。

その代表が、
山田風太郎先生だろう。

この人の作品は陰陽と忍者と猟奇と性交と
非日常的な力からなる物語が多く、
まさに異形作家の代表家と言える。

時系列的には逆だが
漫画「孔雀王」が小説になったような話。
といえば、80年代後半の漫画ファンには
すんなり解かってもらえると思う。
山田風太郎先生の方が早いのですが

さて、そんな山田風太郎先生の作品ですが
一般的に人気があるのは、やはり
代表作ともいえる柳生三部作。

とりわえ、何度も映画化された
魔界転生」だろう。

過去の様々な天才、鬼才、奇才の
剣豪や呪術師が一度にあつまり、
戦いを繰り広げる本作品は、

映画化のさい、山田風太郎作品の独特の
エログロ魔術部分を極力廃し、
あくまでも「時代劇・剣豪映画」に特化
したことにより、多くのファンをつけ

一般的に、山田風太郎先生の名を
広める功績をしたとも言われている。

そんな山田風太郎作品の代名詞
柳生三部作

だけど待って欲しい。
有名作品で、人気のある
柳生三部作品だが、

では、一番面白い作品なのか?
と、問われれば
個人的にはNOと言いたい


たしかに、代表作である三部作は面白い。
パンチがあり、読むと衝撃も受けるだろう。

だが、個人的には、これ以上の衝撃が
受けた作品があるのだ。

それが今回紹介する作品。

魔天忍法帖

である。


これはパラレルワールドの話か?
それとも、タイムトラベルの話か?


物語は江戸時代。
服部家につかえる忍者であった主人公が、
命をかけて薩摩より、情報を持ち帰ると

そこで見たのは、自分の婚約者が輿入れしている
姿であった。
自分が薩摩に送られたのは、婚約者と別れさせ
御大名家へとつがせるための罠であったのだ。

婚約者を助けに行こうとするも、
既に心の整理をつけていた婚約者は
「無礼者」と、主人公を一括。
咄嗟に主人公は婚約者を殺してしまい逃亡を余儀なくされる。

なぜ、このような事態になったのか。
鬼の薩摩より情報を持ち帰ったほどの
腕前を持つ自分ならば、戦国時代へいけば
思うままに立身できただろうに。

その願いを聞き届けたのか、
初代服部半蔵が霊体として現れる。
「ならば、共に戦国時代へ来るが良い」
喜び勇んで、霊体である服部半蔵についていく主人公。

だが、過去へ遡る階段を下りる途中、ついうっかり
脚を踏み外して、奈落の底に落ちてしまう。

・・・そして、過去に戻った主人公が見た光景は
豊臣家の軍勢により、燃え上がる江戸城の姿であった。


パラレルワールド並行世界、
タイムスリップ過去への移動。

これらの話は、別のものである。

もちろん、これを一緒にする場合もある。
例えば漫画「ジパング」などは
平行世界でありながらも、
主人公達の世界と時空列が同じのため
パラレルワールドでありながらも、
タイムスリップものであると言える。

だが、本作品は、そうではない。
まず、江戸城が燃えているのである

これでは、パラレルワールドならともかく
タイムスリップものとは思えないだろう。

この話も一見すると
タイムスリップに失敗して、
別の平行世界へ移動したように見える。

だが、そうではない

この物語はパラレルワールドでありながらも
ちゃんとしたタイムスリップものでもあるのだ。

読んでいると、
誰もが知っている有名武将がおり、
誰もが知っている戦闘が起きる。

だが、本当の歴史を知っていればいるほど
混乱するばかりである。

なぜ、ここで、この武将が出る?
なぜ、ここで、この戦いが起きる?
そもそも、戦う理由はこれで良いのか?

だが、最後の最後まで読み、
頭からこの本の内容を思い出すと、
貴方は、愕然とするだろう。

間違いなく、タイムスリップものであったと

この山田風太郎先生独自のタイムスリップ解釈は
実に面白く、個人的に様々な、アニメ、漫画、小説を
見たり、読んだことがあるが、これほどの巨大な
時空改変のタイムスリップは見たことが無い。

そこには
古来から作られてきた。

過去に戻って、歴史を改変しょうとする
タイムスリップものでもない。

何度もやり直して、正しい時間軸に戻す
タイムループものでもない。

まったく、独自の
山田風太郎風タイムスリップ作品なのである。

だが、あまりにも独特すぎるその内容は
他に引き継がれることが無かったとも言える。

というか、誰にも作れない
作った所で二番煎じで終わり。
オンリーワンの作品となってしまった。

これもまた、奇才ゆえの異形作家だから
作ることが出来た鬼子の作品なのかもしれない。


異形者達が全く活躍できない
一兵目線から作られた作品
本作品をタイムスリップものとして紹介してきたが、
実を言うと、本作品の根底にあるもの、軸となっているのは
タイムスリップそのものでは無く、

当時の下級兵・・・
足軽や忍者、あるいは
主君に仕える武将達の姿である


主君に使え、忠実に仕事をする
プロフェッショナルの姿は、

徳川太平の世から来た
主人公には、悲哀に満ちてうつる。

彼らは、江戸時代には存在しない
強力な呪術や、奇術、忍術を持つ。
筋肉隆々の体を持ち、独自の性交による
魔法とも言える力を持っている。

だが、彼らは全く活躍できない

主君を助けるために、
政治的な理由で
本来の力を全く発揮することなく

時代の流れの中で
無造作にゴミのように死んでいく

己の主を守るために死に。
約束を果たすために自決し。
何の理由も言われなく殺される。


そこには、主人公が考えていた。
「実力を持って立身する戦国時代」
などという世界ではなかった。

自分達小兵は、大きな戦乱の流れの中では
いくら個人的な力量を持とうとも
ただの、小さな存在でしかなかったのである。


タイムスリップの解釈はもちろん、
戦国時代に飲まれ、
無造作に死んでいく英雄、仲間達を
描いた本作品は
本作品は、山田風太郎先生の最高傑作であると
個人的には思っています。

山田風太郎先生の作品は
エロスとバイロレンスで
異形の忍者や剣士が
ヒャッハーするのが醍醐味だろう


という方には、お勧めできませんが、
戦国時代に生きた忍者たちの悲哀、
そして、驚きのタイムスリップ解釈など
見所は多くありますので、興味がおありなら
是非ともお手にとって下さい。

エロスやバイオレンス度は低めですが

無数の裸体の女忍者を椅子にして据わり
精子を全身から出してパワーアップするという
わけのわからない忍術描写は健在ですから


大安心です!

書籍紹介-ブラック企業経営者の本音


著作:秋山謙一郎氏     出版:扶桑社新書
定価. 777円(本体740円+税)発売日. 2014/03/04

カルト資本主義という本がある。



著者の斉藤貴男氏は、大手企業を調査し
オカルト的手口を用いて
従業員を洗脳し、企業のロボットに
しているのでは無いか?
という疑問を呈していた本であった。

この本は、いわゆる
トンデモ論破系の本として
一部で人気が出ていたが

真っ向から反論を行ったのが
ドンデモ本論破(というかウォッチャー)
と学会員であり
『トンデモ本の世界R』著者の一人
藤倉珊氏であった。



『トンデモ本の世界R』
氏、曰く

「企業の管理者は、従業員を支配しようと
はするだろう。しかし、その道具として
オカルトは、あまりにも貧弱で不便な道具である

(中略)

>カルト資本主義は、社会を管理する人々の
>こんな無視のいい要求をも現実にしていく。

あれ、あれ、そんなことが支配者のお望みならば、
とっくにそうなっていますよ」

「この本はオカルト否定のあまりオカルト(※陰謀論)
になってしまった」



と、オカルトによる会社経営を真っ向から否定している。
(オカルトにすがろうとする経営者は
少数ながら、いることは否定はしていない)

この論は全く正しく、
一見して非が無いように見える。

カルトやらオカルトなどという手口が
通常、会社経営に取り入れられるわけがない。

だが、この世には、
常人では、はかり知れないことがある


そう、真実は小説よりも奇、ナリなのだ。

実際に、カルト的方法をもって
事業を拡大させた企業は存在する。

一般的に、その会社を
ブラック企業と言う

今回ご紹介する本



『ブラック企業経営者の本音』
は、フリージャーナリストの秋山謙一郎氏が
ブラック企業の経営者から話を聞き

・ブラック企業の経営システム
・ブラック企業と新興宗教の共通点
をまとめたものである。

本書の帯にある「ブラック企業とは、宗教である
は、まさに、カルト資本主義が言いたかったことを
如実に言い表していると言える。

一応、お断りしておくが、
カルト資本主義を否定した、藤倉珊氏を
「世間知らずだなぁ」と「物書きは世の中を知らない」
などと、非難しているわけでは無い。


この本では、100人以上の経営者に
インタビューしたという。

かりにブラック企業がその
十倍の1000や2000社あったとしても、

数十万もある企業の中では、やはり
藤倉珊氏の言うとおりカルト=ブラック
企業など一割もいかない、
少数の経営者と言えるだろう。

そして、常識的に言えば
カルト的手法を用いて上手くいくわけがない。
能力主義で、手腕のある従業員を
どんどん伸ばして言った方が効率的だとも
考えられる。

藤倉珊氏の結論は
一般的な思考能力を持てば、
全く当然のことである


だが、このような一般論が通じない
組織や相手もいる。

このカルト的手法で事業を拡大し
日本に影響を与えるまでになり、
さらには政治家にまでなった経営者もいることも
まさに事実なのだ。

この三つの本を同時に読み比べると
大変面白いので、
見比べて見ては如何だろうか?

ちなみに、ブラック企業経営者の本を
読むと、カルト宗教を作るさいに
大変、便利
という話もあるので

俺、新しい宗教を作って
皆からあがめられる教祖になりたいんだ


という人にも、お勧めだ!


ジョジョ!ジョジョ!

本日は皇居が解放されているという話でしたので
向かおうとしましたら、東京駅で
ご連絡申し上げます。現在、入場者数が多く
皇居に入ることができません

というアナウンスを聞いてガッカリ。

10時に開いて
11時半でストップって


どんだけ、日本人は
皇居とか天皇陛下好きなん?

日本は右翼化している!
軍靴の音が聞こえる!!


それはともかく、ジョジョ第三部のアニメが始まりました。

第一部の第一話を見たら、
これは良質の(悪い意味で)
ギャグアニメだ!

と思っていたら、

最後は、文字通り素晴らしいアニメとなり
アニメ製作会社に御免なさい。
そしてありがとう!
と言う状態になったものです。

そして、今回は見た第三部の第一話。

いやぁ、素晴らしいですね。

少し、ひっぱりというか、
伸ばした気がしましたが、
どうも、それは、細かい
原作ネタをやったからでしょう。

例えば、
おじいちゃん→じいさん→じじい。
という遍歴を忠実に再現したり

ホリィさんの回想の中で
超絶美形にされた耽美な空条承太郎様が
「お母さんの手作り料理がいいな」

といったものから、

カメラを壊した音に驚いた店員が
「どうされましたか?」と聞いてくるシーンなど

嬉しいけど、削っても問題なくね?
って、場面が見られました。

いや、嬉しいんですけどね

しかし、本来削除してよいシーンが
盛り込まれているということは、
アニメの展開には相応の
時間が必要だという事になります。

要するに、3クール、もしくは4クールの
アニメであることは、まず疑いようが無く。

どれだけ、再現されるのか
期待で胸が一杯です


ザ・サンの
イカレポンチな笑いや、

第三部・完!
が、今から楽しみです!




リンクの整理

年色々な方とお知り合いになり
様々なブログやサイトにリンクしたのですが
活動中止の場所もかなり、
見受けられるようになりましたので
リンク上から外したいと思います。

スッパツPトリビュート
http://blog.livedoor.jp/datemanto/
MMDの黎明期に活躍されたいた
スパッツPさんのブログ
音信不通になれて四年・・・


なんとなく戦国妄想
http://sukiari.blog65.fc2.com/戻ってこられたというお話ですが
二年以上更新はなく・・・
どうされたのか心配です。


影踏み。
http://imahaseiryou.blog99.fc2.com/
結婚してから、二年以上
ブログは更新してないご様子。
リア充は爆発しろ!!

みすのし
先日久しぶりに行きましたところ
ブログが閉鎖されておりました
開発等はされないのでしょうか?
残念です。

ガンダムオンラインのヘッポコ整備兵の奮闘記♪
http://gunonunchain.blog.fc2.com/
リアル知り合いのブログ
作っては放置の繰り返し・・・
こやつは、どうしてくれよう・・・


更新はされておりませんが
連絡が取れたりしているので継続中

ターン制ストラテジーが好き
http://8801sr.blog.fc2.com/
本業がお忙しいらしく更新はありませんが
当ブログにコメントを頂いております。


復活したブログ!

CRPGまにあ
http://crpgmania.blog83.fc2.com/
Sさん復活!Sさん復活!
(バキ復活のノリで)

現在はマイト&マジックの記事が
中心になっているようです。
面白いので、興味のある方は
是非とも一読してみてください。

日記-ガリガリ君ナポリタン味を食べたナウ

ガリガリくん、ナポリタンを買ってきた。
袋はこんな感じ

ガリガリ君ナポリタン味01

で、袋をあけると、
濃厚なトマト匂が・・・


ああ、ナポリタンってトマト味なのね・・・
正直、トマトはあまり好きではないが
まぁ、トマトは、あるいみ果物のようなもの(?)

意を決して、食べてみたら・・・

ふぉおおおおお!!!

すげえ!!!!!


ナポリタンだよ、この味!!!!!


口の中に広がるナポリタン!
まさに、商品名に偽りなし!!

というか、
冷やして甘くした
ナポリタンとの絶妙な乖離が

一口目で己をノックアウト!

OH・・・
全部喰うんですか?
食べなきゃダメなんですね?

ナポリタン味で、なんでそんなに
落ち込むのかって?

はは、考えても下さい。

アイスクリームと
ナポリタンの見事な融合の味を!

想像できませんよね?

想像しなくていいです



アイスクリームで
ナポリタンを全力で再現しようと
考えた、ガリガリ君の会社の
人々のプロ意識には頭が下がる
思いでいっぱいですが

同時に、猛烈にバットで殴りたく
気持ちも芽生えるのはなんとか
して欲しいところ


そして、こんな書き込みを
担当者が見たら、
ガッツポーズをしているであろう
ことを、考えると

あふれ出す怒りが
抑え切れません


ガリガリ君ナポリタン味02


・・・が、
ちょっと落ち着こう。

このガリガリ君ナポリタン味が
間違っているのだろうか?

名前に偽りがあるわけではない。

正直にナポリタン味と書いてあり、
その名のとおりに、ナポリタン味である。

商品を偽っているわけではなく、
むしろ、商品として全く正しい。

じゃあ、何が間違っているのかと言えば
買った俺が間違っているのだ。

ふぁっく!!!!

このブログを読んだ皆さん。
この世には自分が想像もしたことが
無いような味があるんだろうな。

なんて、考えたこと、
誰もが一度くらいはあるかと思いますが
それを完璧に答えてくれるのが

このガリガリ君ナポリタン味です。

貴方に未知の世界を教えてくれるはずです。

同時に、世の中には知らなくても良い味
があることも、教えてくれます


貴方におくる新世界の味!
一口食べて見ませんか?

二口目から阿鼻叫喚になるかも
しれませんが!!



プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊を率いる
Zabara(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (20)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (19)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (7)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (21)
雑記:その他 (24)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (14)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (5)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (3)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (19)
日記 (38)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク