映画- シン・ゴジラ

シン・ゴジラを見てきました
今回はIMAXと4D版の両方を見る予定で、スケジュール的には来週行く予定でしたが、シン・ゴジラのIMAX版は一週間しか公開しないということで、急きょ繰り上げて朝の始発電車で乗って新宿まで見に行きました

見た感想はと言いますと
控めに言えば「最高」
普通に言えば「庵野作品の集大成」
過大に言えば「初代ゴジラ以来の衝撃」


傑作です

庵野監督が撮るんじゃ、マニア受けしかしない映画なんだろうなぁ
と見る前はおもっていました

とんでもない間違いでした
これはキてます

まぎれもなく日本特撮映画史上に残る作品です

※できれば話の道筋を見ずに、映画を見て頂きたいのでネタバレは避けて書きたいと思います※

今回は特撮が素晴らしいのですが、それ以上に、個人的に興奮したのはやはり
現代社会に突如として巨大生命体が現れた日本(日本政府)はいかに対処するのか?
という、シミュレーションマニアなら、一度は誰もが考え付くことをリアルに描き切った点です

本作品は「日本VSゴジラ」とあおりになっているように、
特定の個人というよりも、日本政府、並びに巨大生物対策班がクローズアップされています

そのため、この作品では、極力、人の心情は省かれ
、よくある無駄な恋愛話なんて皆無に等しい状態です


ましてや
独断専行する自衛隊員やヤングエリートなども存在しません

この映画に出てくる主要人物は、大半が公的職員であるのと同時に、その能力を十全に使い、ただゴジラという謎の巨大生命体と一心に戦い、克服しようとする幸福な人物しか存在しません

そのため、「上が対面や面子ばかり気にして、現状に合わない指示を出す」なんてことは一切ありません。
それゆえに、現場の人間は独断専行する必要も無いのです

おそらく、日本政府が現実に巨大生命体に直面したらとりうるであろう、最高の状態を映画では表現しています

なのにも、かかわらず、巨大生命体=ゴジラに日本と言う国家は翻弄されます

なぜなら、未曽有の事態に対処方法などなく、何が最善であり、何が悪手なのかわからないからです

本作に登場する人物達は決して無能ではありません
その能力をおそらくは完璧に出し尽くし、知恵を出し、あらん限りの努力をします

ですが、平時の感覚で戦時=ゴジラ対策をしてしまい後手に回るなどして対処できなくなります

そして、日本がその混乱の最中で、世界各国の思惑が出てきます
それに対しても、日本は対応を迫られ四面楚歌の状況に追い込まれます

その過程がものすごくリアルで引き込まれます

そして、ないより、そのような過酷な中でも

日本は、日本人は諦めない!我々はどのような苦境でも頑張れるんだ!
という力強いメッセージが、随所に散らばっており

どのような災害にあったとしても
俺達日本人は立ち上がることができるんだ!

という、勇気と感動を得ることができます


その他の感想

あまり書きすぎるとネタバレになりますので、箇条書きで書いていきたいと思います
1.巨大生物に対する歴代屈指のリアルな日本の反応
1.出てくる対ゴジラ兵器は全て現実に存在するものの域から出てはいない
1.歩くだけで無敵感ただようゴジラが半端ない
1.あふれんばかりの自衛隊の最後の砦感
1.なんだかんだ言ってもアメリカ人の良い所は友情に熱い所だよね
1.ゴジラのアクションがほとんどない
(ので、ゴジラの立ち回りアクションを求めてはいけない)

あと、最後にもう一つ
この映画は、日本(組織)VSゴジラということで、これでもかと、会議シーンがあったりしますが、これまたスピーディで、テンポが良く、全く苦痛にならずに、むしろ楽しくみていられます

…というか、スピーディすぎて、何が何だかわかんらない。って感じもしないくは無いですが、ここに尺をとっても、だるくなって眠くなるだけなので仕方が無い所でしょう

とにかくリアルで大人向けの特撮ゴジラ
あまり、人が入っていないという情報もありますが(それでも初日の売り上げは進撃の巨人の30億を抜いて50億いったようですが)是非とも、一度は劇場で見ることをお勧めします

とにかく歴代屈指の巨大さを誇るゴジラです
4Dか3Dの大迫力の画面で見ることをお勧めします!

スポンサーサイト

特集:AOW3 AAR

AOW5.jpg

名作ファンタジーSLG
Age of Wonders Ⅲ AAR
「天国の外側」
http://togetter.com/li/1004573
Togetter にゲーム・リプレイをまとめました

試しにツィッターでやってみましたが、
ツィッター→ブログに埋め込みだと、あまり出来が良くならなかったようですので、Togetterにまとめてみました。
これなら時系列順にツィートが読みやすくなったと思います


ROW3 AAR

AOW5.jpg

AGE of Wonders 3 のAARをツィッターで試験的に連載中
毎日、とまではいかず、結構不定期に行う予定

AoWⅢ AAR 「天国の外側」
https://twitter.com/zabarann/status/751681188238995456?lang=ja
※「すべてのツイート」表示にしないと全て見れないので注意※

AOW3AAR0020.jpg

日本語版CK2 ついに24万とっぱ!

笑った

誰が買うんだ、こんなもの?

CK2260000.jpg

Age of Wonders Ⅲ



http://store.steampowered.com/app/226840/

対応機種:
Win Xp / Vista / 7 / 8 / 8.1
価格
Age of Wonders III 本体 2980円
(本体)
Age of Wonders III Deluxe Edition 3480円
( 本体 + Deluxe Edition セット価格)
Age of Wonders III Collection   4980円
( 本体 + 全ダウンロードコンテンツ価格 )

Aow伝道師・雅様のサイト「剣と魔法の古典」
http://aow3.blog.fc2.com/blog-entry-34.html
有志により、ほぼ完全日本語化可能
http://aow3.blog.fc2.com/blog-entry-19.html


AOW3戦闘シー3

ツィッターでAOWⅢの伝道師・雅(Miyabi)殿に

軽く洗脳され

夏のサマーセールで800円で購入した本作

いわゆる4Xシミュレーションゲームなのですが
一般的な宇宙モノではなく、
ファンタジーものの4Xゲームです。

AOW5.jpg

時代的には中世後期ぐらいの
魔法と短銃と剣が混在し、鉄道もあるが投石器もある
という、

中世というには近世的で、
スチームパンクほどの現代的でも無い
そんな過渡期的な世界で

エルフやゴブリンや、人間達が
平和や覇をかけて戦う。といった内容です

AOW3戦闘シー7

基本は普通の4Xゲームとかわりはありませんから
シヴァライゼーションシリーズを
遊んだことがある人ならすんなり遊べるでしょう。


本ゲームの特徴とは?

1.個性的なヒーローユニットが存在する
1.戦いに魔法を用いることができる
1.ファンタジー世界である
1.ガッツリ戦術シーンがある

AOW3戦闘シー13

普通の部隊よりもはるかに強い
ヒーローユニットが存在します。
いわゆる、勇者や魔王系の人材です。

もちろん、プレイヤーの国家元首も
ヒーローユニットとして前線に出すことも可能です

ユニットと同じく、レベルの概念がありますので
通常の部隊ユニットよりも遥かに強いので重宝します。

国家元首は負けて、戦死扱いになりませんが
(それは敵国の元首も同じです)
一般的なヒーローユニットは戦死しますので
気をつけなければいけません
(オプションで変更は可能です)

戦いに魔法がある
AOW3戦闘シー11

魔法は戦術モードでも、戦略モードでも同じですが
魔力の源は様々なものに使うため、
あまり使いすぎると、戦略的にもちいられないという
ジレンマに陥ります。

局地戦で魔法を使いすぎて、
戦略モードで使えなくなる。なんて事態に陥ることもあり
使いどころが中々難しい

また、国家元首が倒された場合、
一時的に魔法が使えなくなります。
(本作では魔法は国家元首を触媒にして使われます)

この辺りのバランスは素晴らしいものがあります

ファンタジー世界である

AOW3戦闘シー6

俺は近代国家や、宇宙時代で遊びたいんじゃない!
ファンタジー世界の国家を運営し、外交や戦いをしたいんだ!
という方にうってつけです。

…ん?だからなんだって?
とっても重要ですよ。こういう事は



ガッツリ戦術シーンがある
AOW3戦闘シー9

このゲームが、他の4Xゲームと違う最大の点の一つは
がっつり、戦術シーンがあるという事でしょうか

ユニットごとに特性やレベルがあり、
また側面攻撃や奇襲攻撃、
得手不得手など、様々な要素があるため
かなり、本格的な戦いが遊べます。

特に戦闘力が防御力を上回っているのが
この戦術シーンの特徴で、

一手間違うと、鍛え抜かれたベテラン部隊が
あっさりと全滅してしまいます


ちなみに、本作では戦術シーンが不得手の人
用に自動戦闘にすることも可能ですが
この戦いを遊ばないのは、もったいないので、
是非とも遊んでもらいたいものです

AOW3戦闘シー8

というか、この戦術モードのために
戦略モードがあるといっても過言では無く

4Gemaで「シミュレーションRPG」と評されたり
むしろ「遊ぶ時間の比率を考えれば戦略ゲームでは無く
むしろ戦術ゲームに近い
」(アール氏)
と言われたりもしちゃったりします

本作は4Xゲームの特徴である
探索・拡張(領土)・開発(国力)・殲滅(敵の撃破)
に、さらに戦闘を加えた、贅沢なゲームです

戦略ゲームに、戦術ゲームを加えるというのは

本来バランスを大幅に崩し、
どちらも中途半端になったりもしますが、

本作品は、そのどちらも上手くバランスを取り
がっつり遊べる良作ゲームです

AOW3戦闘シーン

でも、短所は無いのでしょうか?
いいえ、もちろん、このゲームにもあります

それは1プレイにガッツリ時間がかかる

という点です。

そりゃ、そうでしょう。
戦略ゲームに、戦術ゲーム要素をぶっこんだら、
いくら時間があったって、終わりはしません

もちろん、オプションで変更することも可能ですが
(特にランダムゲームモードでは)

ある程度の時間を覚悟は必要です

AOW3戦闘シー14

本作には、チュートリアルを兼ねた
キャンペーンモード

ランダムで生成された世界で遊ぶ
ランダムモード
の二つが存在します

キャンペーンモードは、4Xゲームの肝である
外交交渉などが制限され、やれる事が少ないので

ゲームのストーリーを知りたい
ゲームの操作方法を知りたい
という時にのみ選ぶと良いでしょう

AOW3戦闘シー12


本作はランダムモードでこそ
真の実力を発揮します。

もし、キャンペーンモードだけ遊んで
うーん、今一の作品だったなぁ
なんて言ってしまうのは勿体無い!

キャンペーンモードがつまらなかったら
即座にランダムモードを選びましょう!

私はそうしました

さて、本ブログでの紹介はこれで終わりますが
より深くゲームを知りたい方は
雅殿のブログを閲覧されると良いでしょう

剣と魔法の古典
http://aow3.blog.fc2.com/blog-entry-34.html


最後にAOW3伝道師・雅殿のブログの一部分を抜粋し
本作の締めくくりとします

ゲーム内容が本当に面白い!ちょっと油断すると日常生活に支障が出るほどのめり込んでしまう魅力を持った作品なんです。私など面白すぎて危険を感じ一時は老後にとって置こうとプレイするのを取り止めたほどなんですよ


プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊を率いる
Zabara(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (18)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (19)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (6)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (21)
雑記:その他 (22)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (13)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (4)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (2)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (17)
日記 (38)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク