端末ダンジョン!第九話

街の保安官事務所。
ここに保安官と、それを取り巻く地元の記者達がいた。
「…救助された二人、サシー君とライアー君は傷ついていた。サシー君の手にはナイフが握られており、ライアー君は、肩と口から血を出していたと」
「そうだ。間違いない」
「つまり、保安官。サシー君は妹の仇を討つために、ライアー君を襲ったと言うのですね」
「そのとおりだ。彼は近くの鉱山から爆薬を盗み、洞窟入り口に設置した。本来ならばライアー君を洞窟の中に誘い出し、自分は逃げるつもりだったのだろう。だが、おり悪く地震が発生し、洞窟の中に叩き入れ様とした瞬間、振り返ったライアー君と接触し、共に生き埋めになってしまったのだ」
「そして、彼はライアー君の舌をナイフで斬りとったと?」
「発見時の状況を見る限り、そうとしか見えない。本人は病院で何も語らないがね」
「今、二人はどこに?」
「ライアー君は、応急処置を受けて事務所で寝ている。もうそろそろ救急車が到着するはずだ。それでセンター病院に行く予定になっている。サシー君は…土砂を一身に受け止めてしまったため、大怪我をしている重傷だ。脊髄をやられていて下半身が動かないらしい。事件の容疑者でもあるためまっさきに緊急車両で高度警察病院に搬送されたよ」
「しかし、サシー君の妹を殺したのは本当にライアー君だったのでしょうか?」
「サシー君の妹が川で死体となって発見された当時、彼は犬を川に捨てたと証言した…雨の中で目撃者もいない。事実はわからないんだよ」
「逮捕しなかったのですか?」
「小さな村で、いざこざを起こしたくなかったのさ。誰もがね。犯人が分かっていれば、そんなことも無かったろうが、こんな曖昧な状態じゃあ逮捕なんてできない」
「ライアー君は、精神をわずらっていたと言う話もありますが」
「それについては、ノーコメントだ。ただ、これだけは言える。ライアー君を育てた祖父はのんだくれたロクデナシだった。だいたい自分を勇者だという奴がまともだと思えるか?ヤツは、酒を飲んでは暴れて、ライアー君を殴っていたという話だ」
「つまり、起訴してもライアー君の精神障害を理由に棄却されるのがオチ…だから裁判をしなかったと、そういうわけですね」
「よし、もう終りだ。皆、帰った。帰った」
保安官が手を叩くと、記者達は事務所の玄関から外へと出て行った。
保安官は軽く息を吐くと、イスに座り真っ黒なコーヒーの入ったカップに手を伸ばす。
「それで、サシーは今どこに?」
「言ったろう、警察病院だ。センターアイランドの警察病院だよ」
保安官がふりむくより先に僕は、帽子受けに置いてあった警棒を、頭に叩きつけた。
固い陶器が砕けような音がして、保安官は席から崩れ落ちる。
頭と耳から血が流れているようだが、保安官の安否なんて、どうでも良い。
僕が気になるのは親友のサシーのことだけだ。
彼は今、官憲の力によって病院に監禁されている。
これを救わないでどうするというんだ。
僕の中で使命感が沸き起こる。
そうだとも、これこそが僕の待ち望んでいた大冒険だ。
囚われれの親友を救い出す。
これ以上の状況があるだろうか。

「サシー、今、僕が助けにいってあげるよ」
保安官の服を奪い、警棒をベルトに挿す。
さあ、行こう。親友を救い出しに。
親友を助けに行くのは当然の事だ。

だって僕はライアー

選ばれし勇者の孫なのだから。








マリンちゃんサイコちゃん(マー坊)
「サイコ小説で終わったね☆」


じゃばらじゃばら(ブログ主)
「世界など滅びれば良いさ」


マリンちゃんサイコちゃん(マー坊)
「いくら自分の思い通りにならなかったからって、そんなこと言っちゃダメだなぁ」


じゃばらじゃばら(ブログ主)
「わしは高尚な冒険小説が書きたかったのじゃ!
こんなサイコ小説では無い!」


マリンちゃんサイコちゃん(マー坊)
「サイコだけに、サイコーですか!ってね!」


じゃばらじゃばら(ブログ主)
「………」


マリンちゃんサイコちゃん(マー坊)
「………」


じゃばらじゃばら(ブログ主)
「………」


マリンちゃんサイコちゃん(マー坊)
「世界など滅びれば良いさ!」


じゃばらじゃばら(ブログ主)
「…もういい、こうしよう。無かったことにしよう
次に書く小説はもっと暖かいものにするのじゃ」


マリンちゃんサイコちゃん(マー坊)
「ほほ、どんな感じに?」


じゃばらじゃばら(ブログ主)
「わしゃ、ツンデレが好きじゃから
つんつんなダークエルフと、無意味にデレデレする
恋愛ファンタジーじゃ!」


マリンちゃんサイコちゃん(マー坊)
「ツンデレなら、美少女サイコちゃんがいるじゃん!キラーン!」


じゃばらじゃばら(ブログ主)
「おぬしは、ただ性格が悪いだけじゃ」


マリンちゃんサイコちゃん(マー坊)
「…その言葉、宣戦布告と判断す!」


じゃばらじゃばら(ブログ主)
「そんなわしは無防備歳宣言じゃ」


マリンちゃんサイコちゃん(マー坊)
「一方的に爆撃されれ!」


じゃばらじゃばら(ブログ主)
「ほほほほ」


マリンちゃんサイコちゃん(マー坊)
「…ところで」


じゃばらじゃばら(ブログ主)
「なんじゃ」


マリンちゃんサイコちゃん(マー坊)
「これ、端末ダンジョンって名前だけど、洞窟の入り口から先へ進んでないよね?始末ダンジョンの間違いじゃない?」


じゃばらじゃばら(ブログ主)
「そこは、一番触れてはならん場所なのじゃ!」






スポンサーサイト

この記事へのコメント

大団円? - kapukul - 2010年01月17日 09:12:32

いや、しかし、見事にまとめましたね。
予想のつかなさ加減では、本当に素晴らしかったです。
読書量の少ない私には、とても書けない発想と文体です。

大団円!? - zabara - 2010年01月17日 23:03:49

意外性を狙った、こうなってしまいました。
どうしましょう!ってな感じです(笑

次はもっと、普通な感じにしたいです!
(私の性根では、無理ですがw

トラックバック

URL :

プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊を率いる
Zabara(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (18)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (19)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (6)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (21)
雑記:その他 (22)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (13)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (4)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (2)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (17)
日記 (38)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク