レビュー - 北斗無双 その2



前回はテンションが上がりすぎて
支離滅裂な文章になっておりましたので
今回は冷静に内容を説明し
バカゲーとしてレビューしたいと思います。

え?北斗無双が何でバカゲー扱いだって?
そりゃ、普通のレビューは他で佃煮にするほど
やっているからに決まっているからじゃないか!


まず、最初に遊べるモードは伝説編
原作に基づいたストーリを軸に遊べるモードで、
ここではケンシロウのみ選べます。
シナリオを進めると、レイや、マミヤ、トキ
などで遊べることができます。

というわけで、さっそくケンシロウを選び進めると
簡単な説明文と最新鋭のグラフィックで表示された
水を求めて野垂れ死にそうなケンシロウ
の姿を見ることができます

自然>>>(超えられない壁)>>>>最強の暗殺拳
などは、最早常識であり、
最強の拳も自然の前には無力なのは当然の事
世界を滅ぼした人類に対するアンチテーゼと言えるでしょう!
人間の力など、所詮、そんなものなのです!

ハっ、また無駄にテンションがあがってしまいました。

自然の営みはともかく、ゲームを開始すると早々に
「北斗神拳は無敵だ」
と、決めポーズをしつつ
誰もいない虚空に向かってケンシロウがつぶやきます
暑さで頭がやられたのでしょうか?
やはり自然の前には(以下略
(なお、この決めポーズはゲーム開始直後に
毎回行われます)


といっても、ちょっと足を伸ばせば
Z(ジード)率いる暴徒集団が、
村人達を馬乗りにして、遊んでいます。
まさか、きめ台詞を遠くで言ったのは
彼らが怖かったからだとは思いませんが
近くで言えよ、そういうことは!
と思わずにいられません。

しかし、このまま村人を放り投げて
いるわけにもいきません。なにせケンシロウは
世紀末救世主なのです。
彼らを助けるべく、暴徒集団に攻撃を加えます。
総勢は十二人。小手調べに通常攻撃を加えていきます。

連続パンチに、蹴りをくらわし、その場で倒れる雑魚。
所詮ケンシロウの敵ではありません。
気を良くして、次に連続攻撃に強蹴りを加えます。

敵が爆散しました。

ホワッツ!?
なぜ、連続パンチで爆発しないのに、
蹴りで爆発する!?
秘孔(ひこう)を突くならパンチでは…
と思いましたが、考えてみればケンシロウは一巻の
最初でZ軍団を蹴りで爆散させていました


足でどうやって正確無比にツボを突くのかはしりませんが
原作通りなのら、無問題!

むしろ、この攻撃はありがたいぐらいです。
というのも、ケンシロウは基本的に素手です。
ようするに、射程距離が短く、多くの敵を倒せません。
所が、ここに蹴り技が加わると状況がいっぺんします。

回転蹴りで、一気に5.6人に攻撃ができます!
しかも、謎の衝撃波までついており
その衝撃波にまで、秘孔(ひこう)効果が付属しているのです!

衝撃波で次から次へと散華していく暴徒達。
このゲームは無双系とは言え、一度にそんなに多くは出てきません。
せいぜい10~20程度です。
ですが一度に現れる人数が50人を超える場合もあり
そのさいには、画面がズームアウトし、広く見渡せるようになります。

その広々とした画面で、次々と敵が爆散するさまは
かつてファミ通のレビューで「不愉快」と断罪された
ブラッドファクトリー(日本語版アリ)を彷彿とします。


ですが、これは北斗の拳なのでOK!

そういえばコミックバンチだかで掲載された
「北斗無双を作った男達」とかいう漫画では
これは残虐表現や無い!ギャグなんや!」(意訳
という主張で、見事にZ指定からD指定を勝取った
熱いドラマが描かれておりましたが

人体を爆発させておいて、ギャグですますのは
北斗の拳だからに他なりません。
日本の漫画は(ソニーチェックも)何と大らかなことか!

そうして次々と雑魚を赤く花開かせていくと
出て来るのは強敵(ボス)Z(ジード)です。
漫画で一瞬で倒された雑魚中の雑魚とは言え
さすがにゲームでは一筋なわではいきません。
防御力は高く、巨大な体格を生かした攻撃を繰り出してきます。
また、自分が不利になるや、味方の暴徒を呼び寄せるあたりは
小物臭が出てグット


さて、前回も書きましたが、北斗の奥義は相手に
大ダメージを与えるだけの必殺技でしかありません。
強敵(ボス…原作読みでは、とも)にいくら奥義を
与えてもそれだけでは倒せません。
しかし、原作を取り入れるために
ここでは面白い試みがされています。

一つは、弱点奥義
原作などで死因となった奥義が弱点とされており
(状況によってはそれ以外の理由で選ばれている)
その奥義で攻撃すると、強敵(ボス)に大きな
ダメージを与えることができます。
さらに、業(カルマ)ポイントといわれる
大切なものもゲットできます。

もう一つは、無双闘舞
これは何かと言いますと、音ゲーでよくある
時間内のうちに、特定のボタンを押す
というもの。
強敵(ボス)は、基本的に体力がゼロにならず
膝を落とすだけです。そのさいに、この無双闘舞
を行います。
成功すれば、原作で倒した技を最後に披露して
戦いを終結させます。

通常モードや、優しいモードだと押すボタンが
三つだけだったり、簡単なのですが
難しいモードや、本気になった強敵(ボス)
なると、押すボタンが十個もある上に
何度も繰り返すという苦行状態に陥ります

しかも、
失敗すると倒せないばかりか、
体力が半分まで回復して、反撃してくるという鬼仕様。


成功させない限り、ボスを倒すことが出来ないので
ハマってしまったら永遠に戦い続けるしか無いのです。

ちなみに私は、通常モードで本気になったZ(ジード)は倒せましたが、ハート様は倒せませんでした。

最早、別のゲームです。

自分は北斗の拳を遊びたいんだ。
音げーじゃないんだよぉ!!!

(なら本気を出させなきゃいいだろう)

今回はとりあえず、ここまでで、
次回は、主人公の強化と架空ストーリーである幻闘編を
紹介したいと思います。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title - にゅう - 2010年03月29日 01:29:05

今回のレビューも面白い^^
あまり発狂しすぎて、ゲーム機の秘孔をついて破壊しないでくださいね。

No title - zabara - 2010年03月30日 00:10:26

あまりにも、怒り心頭で
フリスピーにしようとしたことはありました!
とは、口が裂けてもいえません!

トラックバック

URL :

プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊を率いる
Zabara(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (17)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (19)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (6)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (20)
雑記:その他 (22)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (13)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (4)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (2)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (17)
日記 (38)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク