レビュー - 北斗無双その4



北斗無双、バカゲー風紹介第三弾。
さてさて、最後の紹介は
幻闘編とジャギ様をお送りします。

幻闘編では、架空ストーリーが楽しめます。
私はてっきり、レイがケンシロウに会うまで過程や
ジャギが街を支配し、暴徒を集めるまでの話でも
見れるのかと思いましたが違いました。
本当の意味での架空ストーリーでした。

口では説明しずらいので、
ジャギ様の幻闘編ストーリーを紹介しましょう。

ケンシロウが来たる!
その一報に、遂に復讐の機会がきたと
心を躍らせたジャギであったが
どこからともなくやってきた占い師に
「貴方はケンシロウに殺されるであろう」
と宣言されてしまう。

激昂するジャギ。
だが、シンがケンシロウに敗れたと知るや
荷物をまとめだし、一旦街を離れる事を決意する。

しばらくして、街へ戻ってきたジャギであったが
部下は四散し、出迎えるものもほとんどいなかった。
「ケンシロウめ、組織も街も奪いやがって!」
怒りに震えるジャギは、一人の男と出会った。

その男の名は、アミバ。
トキに成りすまし、奇跡の街を支配していたが
トキほどの実力が無かったため
街の人々からそっぽをむかれ、
遂には部下からも見放されてしまったのである。

境遇の似ているジャギとアミバ。
二人が合体するのは自然なことであった。
自分達から権力と名声を奪った二人に復讐せん!
ジャギ「俺の名は北斗伝承者ケンシロウ!」
アミバ「私は北斗次兄トキ!」
北斗二兄弟の名を地に落す!
黒い憎悪に身を焦がした凶悪コンビがここに、誕生した!


素晴らしき偽名コンビの誕生!
確かに二人は他者の名をもって
悪事を働いていましたが、コンビを組んで
活躍せるとは、考えもしませんでした。

出オチ、という言葉が頭をよぎりますが

ジャギ&アミバファンは感涙必死です。

しかし、ケンシロウに北斗の技を見破られなかった
ほどの腕前をもつ天才アミバ様が、
トキほどの腕前が無いから街から追放されたという
やたら不遇な扱いを受けている点を除けば

素晴らしい仮想ストーリーと言えるでしょう。

是非、こういったストーリーはガンダム無双にも
取り入れて頂きたかったところです。
例えばハマーン&シャアVSカミーユ&アムロとか
ハマーン様が勝利して地球圏を支配するIFエンディングとか。
色々ありようがあったはずです。

何ゆえ武者ガンダムなぞと
戦わなければならんのか。
中の人は誰ですか?プラモ狂四郎ですか?


いくらターンAガンダムの黒歴史に
SDガンダムをも取り入れようとした経緯があるとはいえ、

あんまりと言えば、あんまりです。

おっと、
話がそれました。


この幻闘編は、架空ストーリーというだけではありません。
アクションがメインとなっていた伝説編と違い。
この架空ストーリーでは、
いつもの無双系システムとなっています。


どういうことかと言いますと、軍団を率いて
拠点を制圧、徐々に自分の拠点を増やし
敵のボスを倒すというものです。

前述のジャギストーリーの流れで説明しましょう。
最初にいるのはジャギ様とアミバ様の二人です。


アミバ「トキは俺を未熟者と言いやがった!俺はヒコウを突いて老人を助けたのだ。老人はカクカクしながら喜んでいたのにも関わらずだ」
ジャギ「…そりゃ、お前、押すヒコウ間違ってたんじゃねぇか?」
アミバ「いや、違う!トキが悪いんのだ!ヤツは俺の全てを奪ったのだ!絶対に許さん」
ジャギ「うむ、奴らを名を汚してやろうぜ!」

といった、小粋な北斗兄弟の悪口(ラオウを除く)の言った後
ゲームは開始されます。

まず目の前にいる街の自警団と
街の長?ババァを倒すと、市民が味方の軍勢となります。
そこに現れるのが、暴徒集団のZ(ジード)と牙大王の軍

なにやら時系列が狂っているように思いますが
架空ストーリーなので気にしないほうが良いでしょう。
あまり深く考えると「伝説編で出てこなかったババァが
なにゆえ幻闘編ででてくるんだよ
」と思ってしまいますので
何も考えずに遊ぶのが、お互いのためってものです。

マップ上にある拠点は、狼煙が置いてあり
味方が制圧すると狼煙の色がかわり、その拠点から
味方の軍勢が出てくるという仕掛けになっています。
要するに拠点の取り合いであり、多く支配した方が
全体の戦闘を有利に進めることができます。

個人的な感覚ですと、他の無双系と違い、
味方の雑魚は結構良く動きます

立っているだけのカカシではありません。
それは逆にいうと、敵も動きますので
油断するとあっという間に死んでしまいます。
ジャギ様が

ここで、ジャギ様の能力について書いてみましょう。
幻闘編のジャギ・ストーリーは、もちろんジャギ様が
主人公となっています。
つまり、プレイヤーはジャギなので、
操作せぬばなりませんが、そこはジャギ様です。
一筋縄ではいきません。

通常攻撃・・・散弾銃(ショットガン)
連続攻撃・・・対戦車砲(RPG)をブン回し
強力攻撃・・・対戦車砲発射
遠距離攻撃・・・強力散弾攻撃

北斗神拳伝承者候補者なのに、一切拳を使わないう
あんまりなもの。


北斗千手拳は!?
似非南斗拳をなぜ使わない!
確かに原作では、卑怯なふるまいで輝いていたジャギ様ですが、
原作では発射不能だった散弾銃をバンバン撃ち
あまつさえ対戦車砲を撃ちまくります


どうやって弾薬を補給しているのでしょう?
思ったよりもゲーム中の北斗世界は復興しているのかもしれません。

いやいや、これはおかしい。
いくなんでも奥義で北斗神拳を使ってくれるでしょう。
敵を倒して闘気を貯めると、奥義伝承という必殺技が使えます。
ケンシロウの場合は、百裂拳を使うのです。

さぁ見せてくれジャギ様!
貴方の偉大なる北斗神拳を!
体が赤いオーラに包まれ構えをとるジャギ。
目が光り、今こそ奥義を万人にみせん!
いけ!レッツ・奥義!


周囲にRPGを撃ちまくりやがいました

嘘だと言ってよバーニィ!

当然技の名前も表記されず、
ご満悦なジャギ様の姿のみが表示されています。
OK、分かりました。ジャギ様は拳法家じゃないんですね
彼は、ランボーのような兵士なのです。ソルジャーなのです。
それなのに、拳法家などという色メガネで見ていた自分に
猛省を足したいところです。
「卑怯、ずるいは敗者のタワゴトなのだ!」
(by両津勘吉)


ちなみに、奥義のさらに強力版真・伝承奥義でようやく
北斗の技を見せてくれます。でも、もう良いのです。
私の中ではジャギ様=兵士となっているのですから(お


さて、今まで書いたようにジャギ様は主に重火器で攻撃しています。
そのため、めっぽう長距離戦には強いのですが、反面
接近戦にはえらく弱く、全キャラクター中屈指の弱さを誇ります。

なら、敵を接近させるまえに狙撃すればよくね?
っていう話になりますが、それが一筋縄ではいきません。
なにせ北斗の拳のキャラクタはー並ではありません。
散弾銃の狙撃やRPGの直撃を受けても、1発では死なない
人類の範疇を遥かに超えた戦術鬼であり
とうぜん、銃撃に耐えた敵の接近を許すと一方的に
ボコボコにされるという悲惨の状況になります。

しかも、散弾銃やRPGは、構え→撃つという余分な動作が
必要となり、攻撃が遅れることもしばしばです。
となると、戦い方は一つしか無く

敵から逃げて逃げて、逃げまくり
味方の部隊に足止めをさせて、遠方から攻撃する


という、あまりにもジャギ様ライクな闘い方を行う
ほか無いのです。
これなら、アミバ様の方が楽(強い)んじゃね?
と、思わず言ってしまった私はジャギファン失格でしょうか。

こうして、ジャギ様を縦横無尽に暴れさせて勝利させると
またデモシーンが入ります。街を支配したジャギ&アミバ
様による暴力シーンのオンパレードが始まる!
…などどと思う人は、
まだ北斗の入り口に立っただけのペーペーさんでしょう

シリアスだけど、どこか抜けている
残虐だけど、何故かお笑い

というのが北斗の拳であり、当然ストーリーもそれにならっています。

アミバ「おいジャギ!街の者達が自主的に食料を持ってきたぞ」
ジャギ「ははぁ~ん。俺達の怖さが分かったらしいな。これでケンシロウとトキの名が落ちただろう、全て頂いたら次の街へいくぞ!」



街の人「おお、二人は暴徒を倒し、街を救っていかれた!彼らこそ、まさに救世主!」

という、トンチンカンな(そして実にレトロな)
話を見せてくれるのです!

希望溢れるジャギ様ですね!

本編の伝説編では、ムービーシーンもほとんどなく
会話シーンすら省かれてしまったジャギ様ですが

(せめてシンを悪の道に引きずり込んだ話ぐらいはして欲しかったですが)
ここでは生き生きとしているのです。

北斗無双を購入されたら、是非ともジャギ様を選んで闘って下さい!
声が千葉繁かと思ったら、高木渉という別な人で
びっくりすこと請け合いですよ!


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊を率いる
Zabara(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (17)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (19)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (6)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (19)
雑記:その他 (22)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (13)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (4)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (2)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (17)
日記 (38)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク