AAR 戦ノ国 仁木動乱~降雪の決断

戦ノ国タイトル
戦ノ国 ~もののふ絵巻ver1.11
シナリオ1550年
選択武将仁木義政

三木家を除けば、あるいは富樫以下の
最弱かもしれぬ仁木家!
天下を望んで遊んでみたもののその結末は…


仁木家


仁木義政仁木義政(当主)
ご六角家の類親の仁木家当主。全能力3.石高わずか1万石。周囲を他国に囲まれており家臣もいない。そのため、ご本家の六角に臣従しているが、まるであてにならないため表裏比興の生き方をするハメに。

それでも長生きな分、富樫より楽。
という前向きに遊んでいられる逸材である。


1582年4月


仁木001

仁木義政仁木義政(当主)
「六角のご本家から伊賀を任され、ここにいるが
家臣もおらず、兵も無し、石高も少ない…とりあず統治作業を行うか
せっかく仁木家を奪ったのだから、六角本家も
もっと流動的に動いてくれれば良いものを」

周囲の国々と繋がっている、交通の要所・伊賀任されてる
仁木家であるが、それは同時に周囲からも攻め込まれ
やすいことを意味している。
力があれば、その要所を巧みに生かした戦略も可能であろうが
いかんせん、伊賀と言う国は石高が低く、開拓できる土地が少ない。
さらに悪いことには国人衆を掌握できておらず、たった三割程度の
影響力が無いのだ。

仁木義政仁木義政(当主)
「統治作業…とはいうものの、収入と自分の俸禄による出費を考えると年に2.3回程度しか治安率を上げることができない…1回で掌握できるのはせいぜい、3から5分程度。伊賀の地を収めるのはいつになることやら」

だからといって、自分の俸禄を下げて
出資を抑えることなど出来ない。
兵力を失えば攻めてきてくれと周囲に言いふらすようなものである。

いっそ、多少の無理をして俸禄を25千から30千にして
兵力を確保しようとも考えたが、途中で財が切れてしまい
兵力が回復しきれず、結局兵力はあまりかわらないという
結論に達して、俸禄の増額を取りやめた。


仁木義政仁木義政(当主)
「…即効性ののたてなおしは無理、か。わずか兵力1000では、他に侵攻して土地を得ることもできぬ。地道に統治に専念せざるおえまいて」

財政立て直しの試行錯誤の中にある伊賀の周囲では
戦乱が巻き起こっていた。
小笠原、若狭武田、が開始1ヶ月で滅亡。
隣国紀伊の北畠も織田に攻められ、あっけなくその歴史を終焉させた。
弱小国は戦国時代にあっては、ただの肥やしでしか無い。

仁木義政仁木義政(当主)
「…兵力は1000。守りに徹しれば数年はもとう。」

それは甘く切ない願望であった。
1550年4月10月。三好と同盟を結んだ筒井家は
当主筒井順慶率いる1400を伊賀に向けて進撃させた。

仁木義政の兵力は1000だが
統治を掌握しきれていない仁木家では脱走兵が出るありさまである。

仁木003


これでは勝ち目が無いと判断した仁木義政は
本家六角家に救援を依頼したが

仁木005

仁木義政仁木義政(当主)
馬鹿な!相手は1400だぞ!一部隊を回してくれれば余裕で撃退できるというのに…ご本家がその気ならば、こちらにも考えがある!」

仁木家、筒井家に全面降伏。

筒井家の臣従大名となった仁木家だが
離別した六角家は、奪還行動を起こす気配を見せることは無かった。

仁木義政仁木義政(当主)
「…つまり、ご本家にとって我ごの存在などその程度…ふふ、さもあらん。別に奪還したい土地でもなければ…」

我に、そこまでの魅力も無し
…と、まで言わなかったのは士としての矜持か。

戦国騒乱の嵐が荒れ狂う中、
仁木家はただ、静かに領内の掌握を進めていった。

その作業は亀のように遅い。だが着実に進んでいった。
もう少し兵力があれば、もう少し家臣があればと、
考えぬ日々は無かったが、兵があっても家臣がいても
それを養うだけの財源が無い以上、夢想以上の滑稽な話であった。

仁木004


そして、今だ掌握もままならぬ状態の中で
1552年3月、畠山を撃破し、勢いに乗る織田家が
交通の要所伊賀に対して軍を向けた。

戦ノ国武将・柴田勝家
柴田勝家率いる軍勢・約3200

仁木義政は大和の方を一瞥するが、
筒井家には当主・筒井順慶しかいない。
家臣のいない大名家は援軍を送ることができない
やるべきことは決まっていた。

仁木義政仁木義政(当主)
「小国には、小国の生き方がある」

仁木家、織田家に降伏が認められる

気がつくと当初40もあった仁木家の威信が20まで低下していた
さもあらん、お家存続のためとは言え、
己の主君を幾つもかえて自分の命を守ろうと
する士を、誰が賞賛するだろうか。

あの無能と言われた富樫家ですら威信が30あることを
考えれば、いかに嘲笑と侮蔑が仁木家に注がれているのかが分かるであろう。

そして1552年12月、
かつての主・筒井家が織田家の猛攻を受けて滅亡した。
かの家は、最後まで織田に屈しなかった武士として誉れと賞賛を浴びるであろう。

仁木義政仁木義政(当主)
「だが、まだ仁木家は生きている」

生きていれば、幾らでも機会は訪れる。
動乱の気を乗じれば、領土を掠め取ることも夢ではない。
そう信じて、領内の掌握に力を注ぎ…5年が過ぎた。

だが、それは辛い現実の前に打ち砕かれた。

仁木002

1557年…すでに天下では各国による調整や調停が行われいた。
織田家は、筒井や紀伊畠山を滅ぼし、中央に影響力を持つに至ると
今川家や三好家と同盟を結んでいた。

三好家は大大名であり、それを崩せるのは容易では無い。
今川家は、関東や東北を支配する武田家や北条家と同盟を結び
強固な安全基盤としていた。

戦乱は収束に向かいつつあった。

仁木義政仁木義政(当主)
「最早天下安定はきまったも同然か」


7年もの歳月をかけ完全に領内を掌握し、
内政に全ての力を注ぎ込み
仁木義政が、手にしたものは
わずか4万石の領土と1700の兵隊であった。


仁木義政仁木義政(当主)
「…ふふふ、これで天下を狙おうとは我も、気が迷ったものよ」

だが、外様の臣従大名とは言え
織田家にわずか4しかいない国持ち大名である。
末席を預かることになろうとも、一概に負けた側
とも言えない。
ある程度の存在感を織田家中に現すことも
できるであろう。

仁木義政仁木義政(当主)
「このまま楽隠居をきめ、趣味の…おや?」

そのとき、仁木義政の目に織田軍の配布図が
目に留まった。

仁木義政仁木義政(当主)
「河内と紀伊に、ほぼ全軍を移動させて、尾張方面がガラ空きでは無いか…まぁ京を手中に収めている三好との決戦を諦めていない印であろうが…」

そもそも弱小の我が裏切るとは
想定してはおるまい


ドクン

仁木義政仁木義政(当主)
「…(我の兵力は1700、今攻めれば手薄な伊勢、尾張、三河まで蹂躙することが可能だ)」

ドクン

仁木義政仁木義政(当主)
「…(相手の兵力が多いのを利用し、領土を奪って逃る。奪って逃げるの撹乱戦を持ち込めば…大兵力の出費で動けなくなった織田軍を弱いところから切り崩すのも出来なくは無い…はず)」

ドクン

仁木義政仁木義政(当主)
「…(三好家か今川家、どちらかと同盟を結び支援を得られれば…)」

織田信長率いる河内兵力約4800
羽柴秀吉率いる紀伊兵力約4500
柴田勝家率いる大和兵力約2100
その他、尾張、三河兵力約2500…
総兵力約14000

それに対し、仁木家わずか1700…

戦力比 実に1:8

仁木義政仁木義政(当主)
「奇襲しか無い」

弱小国の命運を賭けた決断が

今、下されようとしていた。


仁木動乱その1
仁木動乱その2
仁木動乱その3
仁木動乱その4
仁木動乱その5



スポンサーサイト

この記事へのコメント

No title - mino - 2010年11月01日 16:18:16

どーなるのかなぁ・・・

わくわく♪

- 9Joe - 2010年11月02日 07:29:49

こ、これはロマン過ぎる!(笑)

No title - じゃばら - 2010年11月04日 23:46:18

>>minoさん
実はものすごく
ガッカリする続きの可能性も!(おいおい

>>9Joeさん
弱小国から天下統一
考えてみれば、徳川家なんかも
ロマンなんですよね!
ロマン家康!

トラックバック

URL :

プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊を率いる
Zabara(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (20)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (19)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (7)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (21)
雑記:その他 (24)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (14)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (5)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (3)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (19)
日記 (38)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク