M&B:W -プレイ日記08 同胞総集

マウント&ブレード-ウォーバンド00
開発:Taleworlds Entertainment 販売:サイバーフロント
機種:Windows XP/Vista/7(DirectX 9.0以上)
種別:アクションRPG(兼SLG) 定価:6,615円(税込)(特別価格版
マウント&ブレード-ウォーバンド日本語版公式ページ
http://www.cyberfront.co.jp/title/mount_blade_warband/

チュートリアルが終了すると、いよいよ本番です。チュートリアルで得た部隊と資金で、果たしてプレイヤーは何者となるのでしょうか?

登場人物
主人公(プレイヤー)ダンディ
-ダンディ商売人であった父の後を継ぐため励んでいたが、父が急死したことにより債権者が押し寄せ、財産をすっかり失い冒険者となった。わりと外道。

ブンドゥックブンドゥック 元軍人。理不尽な理由で処罰しようとした貴族の上官を殴り軍を辞め、冒険者となった。実力はあるが口が悪い。


1257年4月1日 ウグザール地方 (スワディア)

マウント&ブレード-ウォーバンド-宿屋

-ダンディダンディ
「…さて、どうしたものか」

旅人旅人
「やぁ、君も一杯どうだい?」

-ダンディダンディ
「…その格好は旅人か」

マウント&ブレード-ウォーバンド08-01

-ダンディダンディ
「…色々な情報を知っているのか?」

旅人旅人
「そりゃ、まぁ、旅をしていれば、様々な情報を知りますからね」

-ダンディダンディ
「人を探しているんだが…」

旅人旅人
「力になれるかもしれませんよ。もっとも、少々お金を頂ければ…ですけどね」

旅人に30デナルを払い、ブンドゥックの居場所を聞いた
ダンディはウグザールへと向かった。

-ダンディダンディ
「…ウグザールなんて、目と鼻の先じゃないか…故郷に帰っているとは思ったがしかし」

マウント&ブレード-ウォーバンド08-02

スワディ王国から指名手配をくらっているダンディにとって

スワディ王国支配下のウグザールに入るのは

容易いことでは無い。

マウント&ブレード-ウォーバンド08-03

マウント&ブレード-ウォーバンド08-04

姿をかえたダンディは、ウグザールの酒場へと向かった。

そこには、懐かしきブンドゥックの姿が、そこにあった。

マウント&ブレード-ウォーバンド08-05

-変装ダンディダンディ(変装中)
「ブンドゥック!無事だったか!」

ブンドゥックブンドゥック
「アンタこそ!…しかし、なんでぇ。そんな巡礼者みてぇな格好して…」

-変装ダンディダンディ(変装中)
「…実は今、スワディ王国から指名手配を喰らっているんだ

ブンドゥックブンドゥック
何やったんだテメェは!?

盗賊団に襲撃された後の事を

かいつまんでブンドゥックに話すダンディ。

頭を抱え込むブンドゥックの肩を

爽やかな顔でダンディは叩いた。

-変装ダンディダンディ(変装中)
やはり、信頼できる仲間がいないとダメだな!」

ブンドゥックブンドゥック
それ以前の問題だろうがっ!
…ハァ~まぁ、とにかく盗賊家業からは脚をあらったんだなダンナ?」

-変装ダンディダンディ(変装中)
「お頭じゃなく、
隊長と呼んでくれていいぞ」

ブンドゥックブンドゥック
まぁ、何でもいいけどよ
で、これからどうするつもりなんだ?
指名手配されてちゃ、ここに長居はできねぇぞ?」

-変装ダンディダンディ(変装中)
「…そのことなんだが、
俺は、考えを改めることにした」

ブンドゥックブンドゥック
もっと、前に改めてもらいたかったぜ
…で、なんだ?」

-変装ダンディダンディ(変装中)
「しばらくは少数精鋭でいこうとおもう」

ブンドゥックブンドゥック
「少数精鋭?」

-変装ダンディダンディ(変装中)
「そうだ…数が多くても、士気が低下したら、勝手に抜け出す烏合の衆にはうんざりした。むしろ、きちんとした能力をもつ…そう、お前みたいに指揮官になれるような力をもつ人材を仲間にして、やっていこうと思うのさ」

ブンドゥックブンドゥック
士気が低下し、部隊が崩壊したのは
テメェのせいじゃねぇか?


-変装ダンディダンディ(変装中)
「ブンドゥック、もっと世界は斜めにみるべきではないかな?」

ブンドゥックブンドゥック
「…俺は今まで自分が普通じゃねぇとは思っていたが、
テメェも絶望的だな

-変装ダンディダンディ(変装中)
ありがとう
褒め言葉と受け取っておく」

ブンドゥックブンドゥック
「…やれ、やれ、で隊長殿は新メンバーを探しているってわけか。じゃあ、とりあえず、そこにいる、お嬢ちゃんにでも声をかけてみたらどうだ?」

-変装ダンディダンディ(変装中)
「お嬢ちゃん?」

マウント&ブレード-ウォーバンド08-06

-変装ダンディダンディ(変装中)
「…ふむ」

マウント&ブレード-ウォーバンド08-07

デシャヴィデシャヴィ
「はぁ!?
誰が悪魔に見込まれたような顔よ!」

-変装ダンディダンディ(変装中)
「…そうは言っていないが
否定はしない

デシャヴィデシャヴィ
「…アンタ、面白いわね。
まぁ、悪魔に見込まれるっていうのは…あながち間違っていないけれどね」

-変装ダンディダンディ(変装中)
「…そうなのか?」

デシャヴィデシャヴィ
「…ええ、甲斐性無しの父のせいで、ロクデナシの酔いどれ親父の嫁にされて、毎日殴れるし」

-変装ダンディダンディ(変装中)
「…ひどいな」

デシャヴィデシャヴィ
「…嫌になって、そいつの元から逃げだしたら、今度は盗賊団にさらわれるし」

-変装ダンディダンディ(変装中)
「…やるせないな」

デシャヴィデシャヴィ
「…盗賊団の一人に見込まれたら、今度はそいつが他の団員に、私を独り占めしていると思われて殺されちゃて、また逃げるハメになっちゃうし」

-変装ダンディダンディ(変装中)
「…せつないな」

デシャヴィデシャヴィ
「…アンタ、さっきから適当に人の話を聞いていない?」

-変装ダンディダンディ(変装中)
「ちゃんと聞いているさ。つまり、こういうことだろう…
仕事を探していると

デシャヴィデシャヴィ
頭、おかしいんじゃないのアンタ?

-変装ダンディダンディ(変装中)
「…俺も同じなのさ」

デシャヴィデシャヴィ
「…え?」

-変装ダンディダンディ(変装中)
「勢いで盗賊団を結成したら、あえなく解散しちまったよ…仲間を見殺しにして、逃げただけってのに…な」

デシャヴィデシャヴィ
「…はぁ、似てるって、私じゃなく
ロクデナシの男どもの方に、ってことね」

-変装ダンディダンディ(変装中)
「よし、分かった所でさっそく契約しよう」

デシャヴィデシャヴィ
「…ごめん、
意味がわからない

-変装ダンディダンディ(変装中)
俺の給料が払えば、お前は食事にありつける
…これで、通じたかな?」

デシャヴィデシャヴィ
「…まぁ、お金は必要よね」

-変装ダンディダンディ(変装中)
よし、決まった!

デシャヴィデシャヴィ
「…言っておくけど、私、バカは嫌いだから。あと何かしようとしたら…この弓矢でハリネズミにしてやるわよ」

-変装ダンディダンディ(変装中)
大丈夫、その顔じゃあ、
ダレも襲わないさ


二・三本ほど矢が刺さることになったが

無事に、デシャヴィを仲間にしたダンディは、

仲間を求めて、さすらいの旅を開始した。

-ダンディダンディ
「とは言うものの。どうするかな…」

ブンドゥックブンドゥック
「どうするって…前のように交易品をもって、街から街へと行くんじゃねぇのか?」

-ダンディダンディ
「それは前提としてあるんだがな。このまま旅を続けても実に心細い…何せ、俺たちは三人中二人…ブンドゥックとデシャヴィが弓専門だしな」

デシャヴィデシャヴィ
「…まぁ、いびつなパーティよね」

-ダンディダンディ
「パーティは人数が少ないほど早く動ける。が、盗賊に補足されるとやっかいだ。負けてしまって金品、交易品を奪われたら目も当てられない」

ブンドゥックブンドゥック
「じゃあ、どうする?近くの村で新兵を雇うか?」

-ダンディダンディ
「…いや、いっそ
工場を建てようと思う

デシャヴィデシャヴィ
「…工場って、つまり、その、染物工場とか?」

ブンドゥックブンドゥック
「んなもの、建ててどうすんだ?」

-ダンディダンディ
「工場を建てると、毎週収入が入る…ビビたるもだがな」

デシャヴィデシャヴィ
「工場で作った商品を、市場に売って…ってこと?」

-ダンディダンディ
「そういうことだ。もちろん、工場の製品を売らずにとっておき、我々自身の手で売ることもできる

ブンドゥックブンドゥック
「特定の収入があるってのはいいなぁ。何かあったら再起ができやすいってもんだ。作る場所はきまっているのかい?」

-ダンディダンディ
「工場は街との友好度が低いと建てられない…指名手配をくらっているスワディ王国領内は論外として…俺が盗賊の拠点としていた、ヴェルーカならいいだろう…友好度は0だが、工場を建てるには十分だ」

マウント&ブレード-ウォーバンド08-11


ヴェルーカ(スワディ王国)

マウント&ブレード-ウォーバンド:街並

-ダンディダンディ
「…うーん、どんな工場を建てるかな」

マウント&ブレード-ウォーバンド08-08

デシャヴィデシャヴィ
「…一杯あるわね」

ブンドゥックブンドゥック
「値段が高い工場ほど、収益も大きそうだが…意外に、そうでもない工場もあるよな?」

マウント&ブレード-ウォーバンド08-10

-ダンディダンディ
「…収入に関して言えば、完成品を地元に下ろすからな。当然、地元で多く手に入るものだと安くなる。まぁ、この辺りは市場の相場もあるが」

ブンドゥックブンドゥック
「そうなのかい?」

-ダンディダンディ
「ここでは、製鉄所の収入は、週に280デナルの収入だが、場所によっては500デナルを超える所もある。街ごとに違うのさ…ただ、生産品が別の場所で高く売れることを考えると、一概に地元のみの収入を考えるというのも…ううん、頭が痛くなってきた」

デシャヴィデシャヴィ
「目的は交易品の確保じゃなく、毎週の収益でしょ?だったら、難しく考えず『この街で収入が一番入る工場』を建てちゃえば?」

-ダンディダンディ
「…そうだな。そうしようか」

マウント&ブレード-ウォーバンド08-09

ダンディは、ヴェルーカで一番売り上げが高い

オリーブ工場を建設した。

値段は4500デナルだが、

8000デナルで建設できる製革所や

10000デナルで建設できる染物工場と

ほぼ、同額の収益である566デナルを

獲得できると推測されたからである。

計算上ではたった、三ヶ月で元が取れるという

破格の内容であった。

-ダンディダンディ
「…運がよかったな。こんな条件めったにあるものじゃない」

ブンドゥックブンドゥック
「手持ちの資金は、まだ一万以上あんだろう?もう一軒買おうぜ」

-ダンディダンディ
「…いや、工場は、街一つにつき、一つしか作れないという決まりがあるんだ。作るなら別の街だな」

デシャヴィデシャヴィ
「はぁ~面倒ね」

ダンディは、ヤーレンに到着すると

資金8000デナルを用いて製革工場を建設した

その途上。クレティと呼ばれるフリーのスパイと

マヘルドと呼ばれる貴族の未亡人を

仲間にすることに成功する。

-クレティクレティ
「よろしくね♪読み書きはできないけど、滑らかにナイフで心臓を刺す方法や、モノを盗む技術なら一流よ!」

-マヘルドマヘルド
「マヘルドです。よろしくお願いします…我が夫の領土を取りかえす力を持つまで、皆さんと一緒にいたいと思います」

ブンドゥックブンドゥック
「…また怖ぇ女達を仲間にしたな」

デシャヴィデシャヴィ
「…てか、歩兵一人に、弓二人に、暗殺者一人って、どんなパーティ構成よ」

-ダンディダンディ
「…普通じゃ、つまらない
…そうだろう?」

ブンドゥックブンドゥック
何も考えてねぇだろうテメェ

-ダンディダンディ
「…ちなみに、工場と新たな仲間の装備品も購入したので、たった840デナルしか手元にない」

ブンドゥックブンドゥック
「…相変わらず末期だな、オイ」

工場は建てても、すぐには稼働しない。

準備期間で一週間ほど必要になる。

その間に、すこしでも収入と人材を確保すべく

活動を開始、伯爵家の次男レザリットと、

自称男爵家の出身のロルフを仲間にした。


-レザリットレザリット
「私はレザリット、ジェロイア伯が次男…といっても、まぁわからないだろうな。軍の指揮官や訓練官をしていた。よろしく頼む」

-ロルフロルフ
「うぉっほん!我は名門ロルフ家のロルフだ。よろしく頼む」

ブンドゥックブンドゥック
「ロルフ家?聞いた事ねぇな…」

-ダンディダンディ
「彼の故郷は、辺境の山間にあるらしい」

-マヘルドマヘルド
「…ふぅん。田舎者ね

-ロルフロルフ
「……(ピク
まぁ、我が一族は慎みを尊ぶ
どこぞかの高慢な貴族達とは違うゆえに、な」

-マヘルドマヘルド
「…私に対するあてつけかしら?」

-レザリットレザリット
「いや、私へのだろう…」

-ロルフロルフ
「…一般論だ
気にしないでくれたまえ」

ブンドゥックブンドゥック
「その名門貴族様お二人が、なんで、俺達の部隊に?」

-レザリットレザリット
「私の場合は、兄が家を継ぎ、次男の私はあぶれたのさ…」

ブンドゥックブンドゥック
「…へぇ」

-レザリットレザリット
「家を出て軍に入り訓練教官にまで昇進したが、軍律を厳しく教える私を、上の連中は、お気にめさなかったらしい。で、クビにされて酒場で腐っていたのを隊長さんにスカウトされたというわけだ」

-クレティクレティ
「我さんは、どうして?」

-ロルフロルフ
「…我が一族は代々外部で武勲を立てたのちに、領土を守護する任を受けるのだ」

-ダンディダンディ
「ところが、彼の『戦士道』を、この地の有力者達は理解しなかったそうだ…」

-ロルフロルフ
「その通り!あまつさえ、私を夜盗だの、おいはぎだの、侮蔑したあげく、賞金までかけおったのだ!この紳士をつかまえて、ならず者呼ばわりとは…おかしいではないか!」

ブンドゥックブンドゥック
なんか、どっかで聞いたような話だな、オイ

-ダンディダンディ
わかる!わかるぞロルフ!
この地は俺たちのような、素晴らしい真情を理解できん輩で溢れている!
俺たち二人の力で、清く美しい世界をつくろうでは無いか!」

-ロルフロルフ
おお、同志よ!

-マヘルドマヘルド
「…一つ聞くけど、私たちのボスって…頭がアレなの?

ブンドゥックブンドゥック
否定するほど間違ってねぇな

-ロルフロルフ
「諸君!遠慮はいらん、私の事を男爵閣下と呼びたまえ!ハハハハ」

-レザリットレザリット
「…本当に貴族か、こやつ」

-クレティクレティ
「また楽しい仲間が増えたね♪」

ブンドゥックブンドゥック
「…まぁ、集団ってのは似たもの同士が集まる
っても言うけどな」


マウント&ブレード-ウォーバンド08-16

その後も、交易を行いつつ人材を集め

外科医ジェレムスと、

建築家のアルティメンナー、

兵站のスペシャリストのカトリンを仲間に加えて、

一行は、十人ばかりの所帯となった。

-アルティメンナーアルティメンナー
「よぉ、よろしくのぉ、ワシはアルティメンナー、建築家じゃ。建築するときと、城を壊すときには役にたつぞい」

-カトリンカトリン
「カトリンよ。今までは兵隊さんように物資の運搬手伝いをしてたけわ。食べ物、食料関係はまかせて!」

ジェレムスジェレムス
「僕は医師だ。最先端医療を実戦している。君達の力になれるはずさ!」

ブンドゥックブンドゥック
「…で、こいつらは何をやらかしたんだ?

-ダンディダンディ
「カトリンは、今の事業がうまくいってないので、職種を変えたくなったらしい」

-マヘルドマヘルド
「…残り二人は?」

-ダンディダンディ
「ジェレムスは手術に失敗し、訴えられ逃亡中
アルティメンナーは建造した建物が崩壊して、これまた訴えられ…

ジェレムスジェレムス
手術には失敗していない!
あれは家族が勝手に処方した薬のせいだ!そもそも、領主から逮捕状はだされていない!」

-アルティメンナーアルティメンナー
「わしとてそうじゃ!馬鹿な依頼主が軽費削減とかいって、材料費をケチるから崩壊したのじゃ!断じてわしの責任では無い」


-ダンディダンディ
「・・・・・・・」

ジェレムスジェレムス
「な、なんですか…」

-アルティメンナーアルティメンナー
「なんじゃ…」

-ダンディダンディ
なかーま(>w<)人(>w<)

ジェレムスジェレムス
「ち、違う!僕は、、、うわああああんっ!

-アルティメンナーアルティメンナー
やめろぉおおおお!!!

-ダンディダンディ
「はははは、気楽に行こう!
一回、二回の失敗なんて、戦場じゃあ幾らでも見れるさ!」

ブンドゥックブンドゥック
鬼かおめぇは…

と、順調に仲間をふやしていた

ダンディであったが。

人が増えれば、問題がおきるというのも、

また世の常であり…


デシャヴィデシャヴィ
「…ねぇ隊長、ちょっとイイかしら」

-ダンディダンディ
「なんだ?」

マウント&ブレード-ウォーバンド08-13

-ダンディダンディ
「ほう…」

マウント&ブレード-ウォーバンド08-14

-ダンディダンディ
「戦士としては一流なのだろう?なら、奴の人格では無く腕を信じればいい…」

デシャヴィデシャヴィ
「…でも」

-ダンディダンディ
「お前だって、山賊出だろう。人から見れば同じ穴のムジナだ。それに人にはダレだって言いたくない過去ぐらいあるものだ」

デシャヴィデシャヴィ
「…それは、そうだけど」

-ダンディダンディ
「これから一緒に戦うんだ。
仲良くしろ

ジェレムスジェレムス
「隊長さん!聞いてくださいよ!」

-ダンディダンディ
「…今度はナンだ」

ジェレムスジェレムス
「僕がマヘルドさんに、ヒル治療をしてあげようとしたら、怒鳴りあげるんですよ!信じられない!」

-ダンディダンディ
はぁ?
ヒルって、おま…」

ジェレムスジェレムス
「まったく!無知は罪っていいますが、最善の治療を見た目の悪さで拒否するなんて、信じられません!」

-ダンディダンディ
「…マヘルドの肩を持つ、つもりは無いが…お前も少しは考えろ

-ロルフロルフ
「隊長!」

-ダンディダンディ
「なんだ、ロルフ、デシャヴィとの件なら…」

-ロルフロルフ
「いや、ブンドゥックだ!」

-ダンディダンディ
「…はぁ?」

マウント&ブレード-ウォーバンド08-15

-ダンディダンディ
「…やれ、やれ」

-ロルフロルフ
「あのような下賎な者が、私と一族を侮蔑するなど嘆かわしい!」

-ダンディダンディ
「貴族なら、大きくかまえようじゃないか!
私からもいっておく…君も誇りたいのは分かるが、あまり言わないことだ。貴族と言うのが嫌いな連中もいるからな」

-ロルフロルフ
「う、うむ…心得た」

…などといった、人間関係の問題が

浮き彫りになっていくのであった。

-ダンディダンディ
「…やれやれ」

ブンドゥックブンドゥック
「人がふえりゃぁ、いさかいも増える…ま、そういうことだな隊長」

-ダンディダンディ
「…全く、どいつも自分だけはマトモだと思ってやがる
俺から見れば全員同じさ」

ブンドゥックブンドゥック
「男どもは、どいつも否定できねぇゲス野郎ってのは確かだな

かくして取り留めも無く

人材を増やしていったダンディ一行。

複雑な人間模様は

旅に彩を加えるものである。

友情が芽生えるもの

-レザリットレザリット
「…造型だけでなく戦術にも慧眼をお持ちとは」

-アルティメンナーアルティメンナー
「ふふふ、貴公こそ。なかなかの気骨じゃな。共に戦えて嬉しい限りだ」

速攻でパーティから抜け出す者

-ロルフロルフ
「ええい!この私の魅力がわからん屑どもと一緒にやっていけぬわぁ!」

-ダンディダンディ
ま、まてロルフ!

-ロルフロルフ
「止めてくれるなダンディ殿!さらばだ!」

-ダンディダンディ
俺がやった装備品を返せぇえええ!

彼らを待ち受けているのは

勝利か、あるいは破滅か?

その答えは、また次回への

持越しとなる。。。。

M&B:W -プレイ日記01 チュートリアル①
M&B:W -プレイ日記02 チュートリアル②
M&B:W -プレイ日記03 開かれた前途①
M&B:W -プレイ日記04 開かれた前途②
M&B:W -プレイ日記05 開かれた前途③
M&B:W -プレイ日記06 外道、暁に転ず①
M&B:W -プレイ日記07 外道、暁に転ず②
M&B:W -プレイ日記08 同胞総集
M&B:W -プレイ日記09 商業宝来
M&B:W -プレイ日記10 鮮血と善行と
M&B:W -プレイ日記11 高貴なる烏合
M&B:W -プレイ日記12 王女の帰還
M&B:W -プレイ日記13 戦場に咲く華
M&B:W -プレイ日記14 ロードックの槍
M&B:W -プレイ日記15 スーノの灯火
M&B:W -プレイ日記16 別離の夜で
M&B:W -プレイ日記17 解放の時



スポンサーサイト

この記事へのコメント

ダンディさんの叫びにひかれて - まじま - 2011年06月05日 19:22:47

 こんばんは、まじまです。

 ダンディさんのパーティも賑やかになってきましたね。
 しかし、こんなに増えると相性が… と思っていたら、案の定ですかーw

>ダンディ
>「俺がやった装備品を返せぇえええ!」

 笑いましたw 私もよくありますw

 マヘルド(有志訳版ではマテルドでした)さんは、戦闘で重宝いたします。 真っ先に切り込む鬨の声が微笑ましいです。
 デシャヴィさんは、追跡術などのスキルがあって、野外で軍や盗賊を追う時に重宝いたします。 弓の腕もいいので、私のパーティでは長弓を持たせて援護のエース格になってます。 あの不幸体質のキャラも良い感じです。

 ではでは。

No title - starjes2005 - 2011年06月06日 01:58:00

はじめまして、こんばんは。

本能のままに生きてるようなダンディさん。
楽しく読ませてもらっています。

前回の盗賊騒ぎからどうなるかと思ったら
仲間が増えましたね。
先々、相性で苦労しそうですが・・・

No title - zabara(じゃばら) - 2011年06月06日 21:01:26

>>まじまさん
こんばんわノノ
なんというか、相性って思ったより
面倒ですねー。何もなくても相性が悪くて
抜け出すのは、本当、簡便してもらいたいです><

各キャラも色々特性があっていいですよね
デシャヴィさんの不幸体質は、もうネタです(お

>>starjes2005さん
はじめましてー
欲望のまま生きるって、ステキですよね!(おいおい

各キャラのやり取りなんかも書きたいのですが
それをやると、全然話が進まないので自重しております
なにやら、思った以上に、AARが長くなってしまいました。。

トラックバック

URL :

プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊を率いる
Zabara(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (17)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (19)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (6)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (20)
雑記:その他 (22)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (13)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (4)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (2)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (17)
日記 (38)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク