源平争乱AAR - 義仲爆ぜる!下ノ巻

源平争乱応援バナー

販売Si-phon 機種:winXP(sp2以上) 、Vista / 7 (64bit版対応)
種別:戦略SLG 定価:7,600円(本体価格)

何人かの方から、リプレイの要望がありましたので書いてみます。本作品は、展開も速いため、ゲーム中のダイナミックな表現が出来れば幸いです。


源平争乱05-01

-木曽義仲源(木曽)義仲 ご存知、朝日将軍(旭将軍)。戦闘力は源氏の中でも最上位に位置し、同数ならば確実に勝てるほどの能力を持つ。源頼朝と共に平家打倒の旗頭である。

-巴御前巴御前 源平時代の最強の女武将。盛衰記の記述によれば、木曽義仲の妻。戦闘に勤しむ木曽義仲に変わり、色々と世話を行う。下着の選択から、大戦略まで彼女にお任せ!



二回目の討伐で、木曽義仲の支配域は大きく拡大した。

武士団がこぞって支持に回ったからである。

また西の源氏が破れることにより、

その期待値も増加した傾向もあるのかもしれない。

無事、目的を果たした木曽義仲には賞賛の声があがり

源平争乱05-18

相対的に、源頼朝は不遇を囲った。

領内の武士団が次から次へと

木曽義仲支持に回り

源頼朝の勢力は戦いもしないうちに

壊滅状態となってしまったのである。

-木曽義仲木曽義仲
「…なんだこれは?
中部日本は我のものとなっているでは無いか!」

-巴御前巴御前
「…ほほほ、左様で
本当、勝ち戦の勢いとは恐ろしいもの」


-木曽義仲木曽義仲
「…しかし、よくよく考えてみたら
我は、まだ二回しか戦っていないぞ?

-巴御前巴御前
「ほほほ、一勝負の重み、
分かってくださいましか
もし、貴方様が一敗でもしようものなら…」

-木曽義仲木曽義仲
「…一斉に裏切る、か」

-巴御前巴御前
「新田は滅びました。どの勢力とも戦ってもおらぬのに
ただ、『木曽軍が強いからなびこう』と思うた武士団の
旗手変更により…」

-木曽義仲木曽義仲
「…人心の変わり、げに恐ろしきものよ
うむ、負けぬ戦いをするのは重要ぞ」

-巴御前巴御前
「この武士団の心変わりの様を、
古来の人は、こう呼んでおりまする…

武士団縁心(エンジン)と

-木曽義仲木曽義仲
武士団縁心!?


縁心(エンジン)とは

かつて中国は戦国時代、大星国の戦略家サ・イフォン(661~?)により定義されたといわれる人心の流れを指す言葉(人心と縁が由来)である。戦国時代の将軍達の裏切りや、支持、それらを体系することにより戦の動向を見際めることが可能とした著書「人を巻き込む、味方につける」は根強い支持を受けている。
なお、日本では熱機関をエンジンというのは、日本最初の車メーカー本田某が「これは多くの人々の縁と、暖かい心から作られた」という意味で熱機関を縁心(エンジン)と呼んだのが始まりとされている
(『珍説・信じられないが本当だ』より抜粋)


-木曽義仲木曽義仲
「…ふむ、これだけ差があれば、頼朝めも
我に従うかもしれぬな?」

-巴御前巴御前
「交渉は失敗しても、何の不具合もございませぬが
行動力は消費してございますよ?」

-木曽義仲木曽義仲
一回ぐらいなら、よかろう?
それに、これは武士の情けというもの」

-巴御前巴御前
「好敵手に膝を屈しさせるのが情け…とは
良人も、人がわるぅございますな?」

-木曽義仲木曽義仲
「好敵手だからこそ、死なすには惜しいのだ
我が配下として存分に役に立とう…
弟の義経と共に、な」

-巴御前巴御前
「ほほほ、ですが差し出した
手を弾くならば、いかがなさいますか?」

-木曽義仲木曽義仲
「ふふ、言うな
わかっておるくせに

源平争乱05-20

頼朝に対する臣従交渉は

都合三回行われた

源平争乱05-21

頼朝は、木曽義仲に対して

のらり、くらりとかわしていたが

それは時間稼ぎでしかなく、

時期きたると、挙兵

源平争乱05-22

軍団をあげて、下総奪還に

乗り出してきたのである。

-巴御前巴御前
「おやおや良人が軍を動員したかと思わば
目標は越後の城氏ですかえ?」

-木曽義仲木曽義仲
「途中で佐竹や、奥州藤原も潰す予定だ
なにしろ、武士団の数が多い
貴重な戦力になるだろうな」

-巴御前巴御前
「ほほほ、てっきり頼朝殿を
潰す算段かとおもうておりました」

-木曽義仲木曽義仲
我はそれほど鬼かね?
源氏の棟梁として、下の者には
寛大な心で接しようと思うておるぞ」

-巴御前巴御前
「さすがは我が君。
そのお心の広さに感服いたしまする」

-木曽義仲木曽義仲
「もっとも、悪い子にはお仕置きが
必要だがな…悪い頼朝くんに、
めっ、してあげようか」

下総に集結した、源頼朝軍は

臣従させた源氏勢力をあわせ

総勢6000騎・・・

対して、中部から関東を

掌握した木曽義仲軍は

総勢13000を結集・・・

戦いは始まる前に終っていた。

源平争乱05-25

致命的大敗を喫し

2ヶ国程度にまで落ちた源頼朝は

ついに臣従要請を受諾


木曽義仲の配下となる


三月中旬・・・

志野を併呑し、15000までに膨れ上がった

木曽義仲の軍勢は

源平争乱05-24

黄金の国と言われた藤原領に

侵攻を開始、これを併呑。

そして越後の城氏も下し

ついに東日本を

手中に収めたのであった


源平争乱05-26


だが…

源平争乱06-01

-木曽義仲木曽義仲
「平家が進撃を開始してきたか!」

-巴御前巴御前
「はい。兵数は約5600
すでに加賀、越中が陥落したよしにて…」

源平争乱06-02

-木曽義仲木曽義仲
「…ふむ、大した数では無いな
この程度ならば、東北武士団を終結
させれば簡単に撃破できよう」

-巴御前巴御前
いけませぬ!
兵の分散は愚の骨頂!
もし、万が一にも負けたらどういたしまする!」

-木曽義仲木曽義仲
「また、それか…
勝つための鉄則はわかるが…」

-巴御前巴御前
分かっておられませぬ!
一旦負け、武士団の支持をうしのうたら
その再起にどれだけかかるか…
他の勢力がいかに滅びたかお忘れか!」

-木曽義仲木曽義仲
「はぁ、ならば言うが妻よ
全軍で出撃させれば、それは勝てるであろう
だが、忘れておらぬか?
武士団の笑顔印…動員後の不満を?」

-巴御前巴御前
「あい、わかっておりまする
それを踏まえた上での主張でございます」

-木曽義仲木曽義仲
「分かったって…再び大軍団が動けるまで
どれくらい時間がかかると思うておるのだ
!?
平家の軍勢は、今回だけでは無いぞ!
次から次へと軍団が送り込まれたどうするつもりだ!」

-巴御前巴御前
「ほほほ、ほんに我が良人は
戦上手なのに、ウブなお方…」

-木曽義仲木曽義仲
「…なにがおかしい?
妙なことを我が言うたか?」

-巴御前巴御前
「いえいえ、貴方様が正直に戦おうとしておる姿がおかしゅうて、おかしゅうて…ほほほ…」

-木曽義仲木曽義仲
謎めいた言い方は好かぬ!
説明いたせ!


-巴御前巴御前
「ならば、本質を答えるまえに、問いましょう
貴方様の言われる、武士団の不満…
それはいつから始まるものでしょうや
?」

-木曽義仲木曽義仲
「…なに?いや、それは…
動員された直後からであろう?」

-巴御前巴御前
「あい、正解でございまする
決して、軍を解散させた後ではありませぬ

-木曽義仲木曽義仲
「…なに?」

-巴御前巴御前
「ほほほほ、つまりこういうことでございますよ。軍を動員した直後に武士団の不満度は頂点となり、徐々に下がっていきまする…逆に考えれば、三ヶ月、四ヶ月と、長期に軍を運用した場合、軍を解散しても「不満度は解散した時点で下がっているので」すぐに再結集させることができるのでございます」

-木曽義仲木曽義仲
「な、なんだと?つまり長期遠征すればするほど、不満度に苦しめられずに、済むという事か!?」

-巴御前巴御前
「この世の条理(システム)の裏側をついた行動…不満度が上がる時期を知っているのと知らぬのでは、戦略はまるで違うものとなりましょう」

-木曽義仲木曽義仲
「…い、いや、しかし長期の軍の運用は士気の低下を招くであろう?」

-巴御前巴御前
「中部と東北の全兵力を動員いたさば、一万は軽く超えましょう…そのような兵力、どうやって押しとどめられると?士気が10程度にまで落ち込んだとしたとしても、如何なる小細工を弄したところで、簡単に蹴散らし容易に勝利できますでしょう」

-木曽義仲木曽義仲
「…我妻ながら恐ろしい

-巴御前巴御前
「ほほほ、良人から
褒められてしもうた」

-木曽義仲木曽義仲
「…すると、軍の編成は越後でやるとして、
攻撃目標をどうするかだな?」

-巴御前巴御前
「幾ら長期遠征と言うても、あまりにも非現実的な目的地では達成かなわず、人心が離れてしまいまする」

-木曽義仲木曽義仲
「…よし、ならば目的地は播磨にしよう。日本海側をぐるりと回り、平家の領土を削り取ってくれる」

木曽義仲の呼びかけにあつまった軍兵は

実に2万3千余

この兵力は日ノ本、最大規模であると

言っても過言では無い

源平争乱06-03

-木曽義仲木曽義仲
「…ふふ、妻よ
どうやら、つまらぬ戦になりそうだな?」

-巴御前巴御前
「ほほほほ…面白い戦いなど将棋で十分
戦えば必ずかつ、その段取りを行うのが
戦略なれば」

-木曽義仲木曽義仲
「ふふ…そうだな
行くぞ!源氏の力を悪徒平家に
見せ付けてやれ!」

木曽義仲の軍勢23000騎が

越中に陣取っていた平家軍を襲撃。

これを容易く撃破すると、

平家軍は、さらなる軍勢を投入しはじめた。

源平争乱06-04

だが、23000の兵力を持つ戦の天才

木曽義仲にかなうものなどいるはずも無い。

木曽義仲の軍勢は、侵攻を開始する。

だが、平家も黙っているわけではなかった

本拠地、京に近い但馬にまで進軍してきた

木曽義仲軍にむけて、総力をかけ

波状攻撃をおこなう。

源平争乱06-05

だが、この時点で、すでに木曽義仲の軍勢は

合流してきた武士団により、28000にも達し、

圧倒的な軍事力となっていた。

戦死者が続出する、度重なる敗戦を喫した平家を

西国の武士団は見限り、平家は急激に弱体化

-木曽義仲木曽義仲
「ははは、圧倒的では無いか!
よし、このまま先までいくぞ」

木曽義仲は、平家の抵抗力低下を見極め

当初の予定をかえ、中国地方と九州制圧、

四国征伐を行い、平家の勢力を一掃した。

源平争乱06-07

かくして、1182年9月

平家の唯一の同盟国であった多田、

その他、現時勢力は木曽義仲の軍門に下り

ついに、平家は本拠地・京を残すのみとなった。

源平争乱06-10

-木曽義仲木曽義仲
「…あっという間であったな」

-巴御前巴御前
「すでに、京にいた12000の平家の軍も消えたよしなに…」

-木曽義仲木曽義仲
「…最後は、派手に全国から兵を招集するか?」

-巴御前巴御前
「ほほほ、貴方様のお好きなように」


木曽義仲

支持武士団数、実に299

総兵力約37000騎 


上洛

源平争乱06-08

上洛した木曽義仲に後白河法皇は

左近衛大将に任命す

源平争乱06-09

-木曽義仲木曽義仲
「…これで天下は我のものか
二年前は、わずか900騎程度の存在が
いまや、3万を統率する将帥とは、な」

-巴御前巴御前
「ほほほ、違いまする」

-木曽義仲木曽義仲
「…?」

-巴御前巴御前
私達の天下
でございますれば」

-木曽義仲木曽義仲
「…ふ、そうだな
妻の言、あればこその天下だ」

-巴御前巴御前
「堅実こそ何よりも重要
妻の言うことは常に正しい
と心得えて下さいませ」

-木曽義仲木曽義仲
「…ああ、無論だ。
我が愛しき者よ」

-巴御前巴御前
では、本日より女尊男卑の
社会をつくりませう!」


-木曽義仲木曽義仲
「…ちょっと待て

-巴御前巴御前
元始、女性は太陽なので
ござりますればぁ!」


-木曽義仲木曽義仲
お前は天照大神か!

源平争乱02-07

かくして、一一八七年

木曾義仲は朝議を経て
左馬頭に任命された。
上野の国・大胡(おおご)に置かれた
彼の政庁はのちに
大胡幕府と呼ばれることになる。
王朝国家は終焉に向かい、
武者の世が本格的に幕を開けたのである。

めでたし、

    めでたし


どんとはらい




スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊を率いる
Zabara(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (18)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (19)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (6)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (21)
雑記:その他 (22)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (13)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (4)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (2)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (17)
日記 (38)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク