スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天下戦国の上AAR~崩落の鉄鎖~ - チュートリアル01

天下戦国の上タイトル

製作:枕売り or Pillowseller 機種:Windows
種別:戦略SLG 価格:1,479円(税・手数料込)試用品アリ
Ver1.20b シナリオ1:天下布武の兆 難易度:武将(普通)
Ver1.20となり、表現にも磨きがかかった本作・天下戦国の上をAAR方式で、ご紹介していきます。本AARで少しでも天下戦国の上の魅力が伝われば幸いです。

-浅井久政浅井久政 浅井家の当主。六角に破れ領土を失い、お家存続のためやむ得ず六角家と融和外交に走る。だがその姿勢を「唾棄すべき恭順」として若い家臣達から毛嫌いされている

-浅井長政浅井長政 浅井家の次期当主。戦に強かった祖父・浅井亮政によく似ていると独立派、武闘派の家臣に人気が高く、将来を嘱望されている。

-お市お市 織田信長の妹。自己中心的で自尊心が高く、周囲の言動は歯牙にかけない反面、狂気的に夫の長政を愛しおり(本人の意向を余所に)献身的に尽くそうとする。

-遠藤直経遠藤直経 浅井家諜報隊の責任者。それと同時に、浅井長政の傅役的存在でもある。情報の収集や分析に長けており、的確なアドバイスを行う。


1551年 周辺情報

天下戦国の上-01


時は戦国時代、近江の一大名浅井家は、六角家との戦いに敗れ領土を失い、属国として苦渋の日々を過ごしていた。「六角家から独立し、再び自主独立の道を歩むべし!」その合言葉を胸に忍従してきた家臣達の目には、六角家にとりいることで、浅井家を存続させようとする当主浅井久政の姿は、滑稽を通り越し唾棄すべきものとしか写っていなかった…
-浅井久政浅井久政(浅井家当主)
「長政、お前ももう六歳だ。そろそろ、次期当主として自覚をもたぬばならん」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「はい、父上」

-浅井久政浅井久政(浅井家当主)
「家臣達の中には、お前が戦に強かった祖父に似ているということで、戦への熱気が高まっているが、正気では無い。六角家への忠誠が我が浅井家の生き残る道なのだ!」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「六角家への忠誠ですか…」

-お市お市 
「こうした脆弱な態度が、緩やかに浅井家を崩滅させていくのですね…」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「カミ…いや、お市さん!?」

-浅井久政浅井久政(浅井家当主)
「…なんだ、この娘は?」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「尾張織田家、信秀殿がご息女お市様でございます…殿がお招きしたのでは?」

-浅井久政浅井久政(浅井家当主)
「馬鹿な。尾張などという地の果てのような場所との婚儀など進めているわけあるまい!」

-お市お市 
「古き輪廻の縁により、長政様の妻となりに、参りました。以後、よろしくお願い致します」

-浅井久政浅井久政(浅井家当主)
その方が何を言っているのか、当方まるで理解できぬ…おい、遠藤…この娘、ただのアレでは無いのか?アレ?」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「先ごろ亡くなられた信秀殿の書状には…「娘の自由にさせたかった申し訳無い」と書いておりますな」

-お市お市 
細かいことはよろし
以後、よろしくお願いします」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「え?…ああ、こちらこそ、お願いします…お市、さん」

-浅井久政浅井久政(浅井家当主)
「…まぁ、よい。返還要求が来るまで置いてやろう。まさか、尾張の一奉行風情が、当家を攻めるための口実でもあるまいしな
それは置いておいて…長政

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「はい、父上」

-浅井久政浅井久政(浅井家当主)
「…次期当主として、この国の統治をするため一通りの講座を学べ。遠藤から、しっかり教えを受けるが良い」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「ははっ!」


ゲーム開始後にやるべき操作
天下戦国の上-02
-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「さて、長政様。ご当主として行える命令は次のようになっております。順次説明していきますが、分からぬことがありましたら、遠慮なくお聞きくださいませ」

天下戦国の上

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「まず最初の命令『地図』は…」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「これは、現在表示さている地図のことでござります。ここでは、領土や軍事情報を見ることができますが、また後日説明致しましょう」

天下戦国の上-05

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「『地図』の隣にある『家臣』命令が、一番重要でございます。これは当家の人事活動を行う命令であり、まず、一番最初にやなければならないのが、この『家臣』命令でございましょう

天下戦国の上-06

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「ここで行う人事は、どれも当家の運命を左右するものでございます。一番右上をご覧下さいませ」

天下戦国の上-13

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「これは当家の…数字?」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「ご当家、浅井家の総合能力数値でございます。勉学のため、参謀や奉行を設置しておりません。そのため、今表示されているのは、ご当主様お一人で当家を運営された場合の数値が表示されております」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「施政と交渉が7とは、さすが父上。
内政能力はずばぬけていますね」

-浅井久政浅井久政(浅井家当主)
「ふふん、当然だ」

-お市お市 
「…軍事能力は、たった2…ですか」

-浅井久政浅井久政(浅井家当主)
「…なにか言ったか、小娘?

-お市お市 
いえ、別に

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「え~コホン。つまり、この数字が高ければ、高いほど、当家は強い。能力がある家ということになるのだろうか?」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「左様にございます。この数値は、参謀や奉行を置くことで向上致します。では、今度は一番左上をご覧下さい」

天下戦国の上-07

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「ここでは参謀…一般的に言う、相談役、軍師、家老職をまとめて参謀と呼んでおりますが…を決めて頂く場所でございます」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「今いる、家臣…直臣達の中から、選べばいいのかい?」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「はい、まず参謀にしたい直臣を選んだ後に、任命したい役職を指定下さい。さすれば、すぐに任命できましょう」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「ふむふむ…参謀を辞めさせたい場合は、参謀解任を押せばいいのか…」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「それぞれ指定された能力が反映されます。例えば、軍事参謀は、軍事力が高い家臣ほど、高くあがりますし、施政参謀は、施政能力が高いほど、向上します

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「別に説明を受けなくても人事は、わかるよ。つまり、能力が高い家臣を任命すればいいだけだろう?簡単じゃないか」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「はてさて、それはどうでしょうか…今、長政様は軍事参謀に、磯野殿を任命されましたな?」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「そりゃ、磯野は一番軍事レベルが高いからね」

天下戦国の上-09

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「ほほう、で、謀略には当然拙者が任命されるとして、次に交渉役と、施政役をどなたにお任せになられるつもりですかな?」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「そりゃ、もちろん…あれ???」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「雨森殿は軍事以外が、全て3。
赤尾殿は軍事以外が、全て5…」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「え…と…施政か交渉、どちらかを3にするしかないか」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「この場合は、軍事8の磯野殿の代わりに、軍事7の雨森殿に軍事参謀を任せ、磯野殿を施政に回せば、総合能力値の低下はおさえられましょう」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「なるほど!」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「かように能力が直接反応するからといって、そのまま入れると、能力に不均衡が産まれる場合があります。その辺りを見極めて人材を配置する必要があるのです」

天下戦国の上-10

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「なるほど!任命したら総合能力が向上したぞ!」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「なお、家臣が病死、戦死あるいは何らかの理由で、参謀職に空き出た場合、地図上に小さい印が表示されます」

天下戦国の上-15

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「へぇ、これは便利だね」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「参謀職は直接国力に通じておりますので、前任者がいなくなりましたら、こまめに任命するのを忘れないようにしましょう」

天下戦国の上-08

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「参謀の他にも、奉行という役職がございます。ここに配置することによっても、ご当家の総合能力が上がります」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
参謀と違って、一人では無く、
何人も置くことができるみたいだね


-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「ただ、直接ご当主に進言する参謀と違い、奉行はあくまでも下働きを行いますので、能力の向上は、だいたい奉行に任命された家臣の半分程度しか追加されません

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「能力値の半分しか追加されないのか…」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「しかしながら、参謀にしても、奉行にしても任命された家臣は、その分野において経験をつみ、能力を徐々にですが伸ばしていきます

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「国力の向上だけでなく人材育成にもやくにたつ。積極的に配置して、能力を伸ばそう!というわけだね」

-お市お市 
「要するに役に立たない雑魚武将を
放り投げる場所
ですか」


-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「…そういう物言いは、
あまり好きではありませんな」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「つ、つまり何も任命されていない家臣は教育のためも、全員配置した方が良いというわけだね!次を教えてくれないか、次を!」

天下戦国の上-12

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「左下では、市井にいる見込みのある浪人を家臣として取り立てるます」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「結構いるな」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「国人衆の阿閉貞征殿
僧ながらも兵法に通じている宮部継潤殿
いずれも見どこのある方ばかりですな」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「家臣の数だけ、当家の能力が上昇するのならば、全員家臣に抜擢しましょう!父上!」

-浅井久政浅井久政(浅井家当主)
「…うむ。それなのだが、なぁ…遠藤?」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「はい、部下には俸給を与えなければなりませぬ」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「え?それは当然のことなのでは?」

-浅井久政浅井久政(浅井家当主)
「いや、当然とか
そういう話では無くてだ…」

-お市お市 
「…簡単に言えば、大量の家臣の俸給を払うほど
浅井家は、お金を持っていない
ということですよ」

-浅井久政浅井久政(浅井家当主)
「…ぐっ、まぁ、
ありていに言えばそういうことだ!」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「…なるほど俸給を払えるほどの税が
入ってこないのですか」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「織田の姫君は、
割り切った言い方がお好きなようですな」

-お市お市 
言い方を見繕ってどうするのです?
言葉をごまかしてお茶を濁す暇があったのならば
問題点を明確にし、改善する努力をすれば良いでしょう」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「言い分も御尤も
最後のお言葉だけは同意致しましょう

-浅井久政浅井久政(浅井家当主)
「…この、小娘が
一々、頭にくる

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「おなごの戯言にいちいち目くじらを立てても、仕方ありませぬ。
言いようなど、ほおっておかれるがよろし」

-浅井久政浅井久政(浅井家当主)
わかっておる!

天下戦国の上-11

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「さて、家臣人事の基本は以上の通りでございます。残りは簡単にご説明しましょう。まずは、後継者指名…」

-お市お市 
「…お義父上
夫の長政が指定されていないのはどういう了見ですか!

-浅井久政浅井久政(浅井家当主)
「ふん。できるものなら、さっさとしておるわ。まだ、元服(ゲームに出てこない)してないからやりたくてもできんのだ」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
登場していない人物は後継者に指名できません。後継者には誰でもなれますが、当主との血縁関係が無いと団結力が大幅に低下いたします。ご注意下さい」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「…団結値低下-5って、そういうことか」

天下戦国の上-14

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「右下にあるのは、追放と処刑です。「財政が困難なので、家臣を放出したい」というときは、この追放を行うことが、人員削減ができます」

-お市お市 
「そして、気分を害する家臣には
処刑を宣告する
、と」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
無意味ですが
やられたいのならば、ご勝手に」

-お市お市 
「…長政様、一度試しにやってみませんか?
遠藤直経を指定して

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「はは、お市は冗談が好きだな

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「なお、この二つの命令は
即座に行動されますのでお気をつけください」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「ああ、ついうっかり、お市の体にっ!」

するり

-お市お市 
「…私の体に触るのは
元服後になさいませ」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「うう、無常…」

転封と政体


天下戦国の上16

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「さて、左下にあります。転封と政体は、人事の中でも極めて特殊な命令となっております」

天下戦国の上17

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「転封とは、家臣に領土を与えて、大名にする命令でございます。最も、当家は領土が一つしかございませんので、領土を与えることができませんが」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「領土は増えたら、家臣に与えなくてはならないのか」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
いえ、そんなことはありません
与えたくなければ無いで結構でございます」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「…え?それじゃあ、
何のために家臣を大名に?」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「戦略的には他国との間に、属国を作ることにより緩衝地帯とする。あるいは、その方面を配下にまかせ、自分は他の方面に目を向ける。など、ございます」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「なるほど、一方面に目をむけると、気が回らない場合があるからね。そう考えれば属国を作り、任せるというのは良い考えだ」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「まぁ、あとは『自分の気にいった武将を大名にしてやりたい』『何となく、そんな気分だった』『太陽があまりにも眩しかったから』等の理由で行っても良いかと」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「い、いや、さすがに、
そんな適当だとまずいんじゃ…」

天下戦国の上-18

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「政体は、当家の体質をあらわしたものです。数ヶ月に一度、項目を選び一つだけ棒を動かすことができます」

-浅井長政浅井長政(次期後継者候補)
「へぇ…どれも、長所と短所があるんだね」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「お好きな項目を選んで動かされるのもよし。必ずしも良い面ばかりではありませんので、そのまま放って置かれるのも良いでしょう」

-お市お市 
…というか、この二つ
別に弄らなくても良いものですよね


-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
姫、それは言ってはならぬ

お約束事ですぞ









天下戦国の上AAR
崩落の鉄鎖~ - チュートリアル01
崩落の鉄鎖~ - チュートリアル02
崩落の鉄鎖~ - チュートリアル03
崩落の鉄鎖~ 謀略04

天下戦国の上 公式ウェブサイト
http://pillowseller.web.fc2.com/


天下戦国の上 Vectorダウンロードページ
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/game/se492255.html

天下戦国の上 プレイマニュアル (v1.00版)
http://pillowseller.web.fc2.com/playmanual/index.html
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊5657小隊を率いる
Zabarann(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (21)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (20)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (7)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (22)
雑記:その他 (24)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (14)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (5)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (3)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (20)
日記 (39)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。