天下戦国の上AAR~崩落の鉄鎖~10「刻時終焉」

天下戦国の上タイトル

製作:枕売り or Pillowseller 機種:Windows
種別:戦略SLG 価格:1,479円(税・手数料込)試用品アリ
Ver1.20b シナリオ1:天下布武の兆 難易度:武将(普通)
Ver1.20となり、表現にも磨きがかかった本作・天下戦国の上をAAR方式で、ご紹介していきます。本AARで少しでも天下戦国の上の魅力が伝われば幸いです。

-浅井長政浅井長政 浅井家の当主。戦に強かった祖父・浅井亮政によく似ていると武闘派の家臣に人気が高い。得能-人望を持つ。

-お市お市 織田信長の妹。自己中心的で自尊心が高く、周囲の言動は歯牙にかけない反面、狂気的に夫の長政を愛しおり(本人の意向を余所に)献身的に尽くそうとする。

-浅井久政浅井久政 浅井家の大殿。六角に破れ領土を失い、お家存続のためやむ得ず六角家と融和路線を貫いてきた。六角(奥田)家の独立を気に家督を息子に譲る。

-遠藤直経遠藤直経 浅井家諜報隊の責任者。それと同時に、浅井長政の傅役的存在でもある。情報の収集や分析に長けており、的確なアドバイスを行う。


1570年5月周辺情報

天下戦国の上09-01


家族の絆は鉄鎖の如く…戦国の世では、そんな言葉もむなしいばかりであった。徳川家の宣戦布告と共に、織田家が侵攻を開始。浅井家は窮地に陥る。一進一退の攻防の末に、からくも危機を脱した浅井家だが、方針転換を余儀なくされるのであった
-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「義兄上が敵に周り、僕達は岐路に立たされている…忌憚の無い意見を聞かせて欲しい」
-浅井久政浅井久政(浅井家大殿)
「だからあのような者など信用できんと言ったのだ!」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「・・・・・・
(それを言ったのは私なのですが)」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「・・・・・・・」

-浅井久政浅井久政(浅井家大殿)
「織田が裏切った以上、この小娘とも…」

-お市お市 
「…兄上、よくぞ裏切りましたね
その首切り落として、肴にしてくれましょう」

-浅井久政浅井久政(浅井家大殿)
「…コホン、まぁ、この娘も当家の一員
離縁する必要も無いか。は、ははは」

天下戦国の上09-11

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「現状を整理しましょう
当家は147万石の所帯となりましたが、実際の生産力は191万石並みにあります。現状では資金に余裕があり、朝廷へ献金を蜜に行い、国司の入手、朝敵の指名。朝廷による停戦仲介など、さまざまな行動が可能になっております」

天下戦国の上09-12

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「浅井外交のたまものだね。朝廷に献金を続けたおかげで、世情的な評判も良くなり、悪名も下がるといった効果もあった。皇党派としては嬉しい限りだよ」

天下戦国の上08-10

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「朝廷の権威を後ろに、何の負債も無く宣戦布告や、即時停戦が行える。というのは強みではありますが、これは当家の方針とは別に、労働人口が劇的に少ないため、兵を集めることができず、軍備増強や軍の維持費に費用がかかっていないという側面があるのは否めません」

-お市お市 
「…兵力が少ないのは、わざと
やっているのだとばかり思いましたが」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「残念ですが、そうではありません。我々が奥田(六角)からの独立戦争を始めてから今日まで、戦争の日々を送ってまいりました。その結果、常に労働人口が枯渇しており、当家は現在たった6000しか兵がいないという状況に陥っております」

-お市お市 
「…カツカツな中で
むしろ、よくやったと言うべきですか」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「諜報活動の「人民流入」を使って労働者人口を片っ端から三好から、引き抜いて体制を保っているような状況だったからね。今は、三好じゃなく、毛利を目標にしているけど」

-浅井久政浅井久政(浅井家大殿)
「…元々、琵琶湖周辺の地域は労働人口が少ないが、幾らなんでも兵力が少なすぎるな。150万石の所帯ならば、15000~20000ぐらいの兵力があってしかるべきであろう」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「はい、これほどの領土を保持するには兵が少ないのは確かです。同盟国も存在しない今、当家は兵力拡張にいそしまなければなりません」

-浅井久政浅井久政(浅井家大殿)
「…それは今までもやってきたであろう。
これ以上、なにかできることがあるのか?」

天下戦国の上09-13

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「まず、兵力が無い以上、力に頼った戦略はできません。我国は今まで以上に外交…特に朝廷に対してみつに行うため、官僚が得られるように、交易は全面的に取り止め、当家の体制も、より謀略よりにしようと考えております」

天下戦国の上09-08

-浅井久政浅井久政(浅井家大殿)
「…ふむ。今の所、当家では朝廷の権威を後ろ盾にする他無いからな。まぁ兵が少ないおかげで、資金は潤沢にあるから貿易は必要無いし、当面やれることと言ったら、そんな所だな」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「また、今まで以上に「人材流入」に力を入れ、他国から労働力を奪うのと同時に、技術開発を行い労働者の増加をうながします」

-お市お市 
「技術?
そういえば、当家の技術開発はどうなっているのですか?」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「殿のご命令により、銃の生産技術に全てを注いでまいりました」


天下戦国の上09-10

-浅井久政浅井久政(浅井家大殿)
「・・・・・・・・」

-お市お市 
「・・・・・・・・」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「どうだい。この高い技術力!
当家の銃の生産技術は日本で一番だと自負しているよ!」

-浅井久政浅井久政(浅井家大殿)
「…新九郎。銃の生産技術には、政治技術点と、軍事技術点を両方消費するのだよな?つまり、あれか…銃の生産技術以外は、軍事技術も内政技術もほとんど進歩しとらんということか?」

天下戦国の上09-09

-お市お市 
「…というか、生産技術は素晴らしくとも、とうの銃そのものの性能が低いのなら、あまり意味が無いのでは?斉藤家での戦いでは、まるでゴミのような部隊でしたよ?」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「わかってないなぁ!いいかい!銃とは次世代の武器なんだよ!そのために、当家の総力をあげてだね…」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
これも方針転換致します
まず労働人口を増やす戸籍管理技術を重点に内政の強化を目指します」

天下戦国の上09-22

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
うぉぉぉい!せっかくここまでしたのに
鉄砲を無視するというの!?」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「生産技術を上げない分、あまった軍事技術点を、鉄砲そのものの技術にふりわけます。これにより、ただの鉄の棒でしかない鉄砲を、ちゃんとした兵器として運用できるようにしたいと考えます

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「そ、そうか…うん、まぁ…
それなら分かるけど、ね」

-お市お市 
「…とにかく兵力不足の現状をどうにかしないと、いつ兄上に攻められるかか、兵力を増強し、対抗処置を講じなければ」


1570年8月15日

兵力を回復し、部隊を2000ほど増やした浅井であったが

相変わらず労働者不足は中々解消されず

150万石を持ちつつも、未だに兵力が8000程度という状況であった。

そん戦力増強に勤しむ浅井家の前に

木造家との間で国境紛争が勃発

天下戦国の上09-07

先の戦争で、泥沼に引きずり込まれたお礼もかね

浅井家は宣戦布告する

天下戦国の上09-06

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「前回は兵力がなかったが、こんどは兵力に問題は無い
一気にふみつせるね」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「強いて言えば、織田と徳川の動向が気がかりですが…」

無論、織田と徳川が、

このような好機を逃すはずが無かった。

停戦期間が終了した時期を見計らい

徳川が、浅井家に宣戦布告。

天下戦国の上08-24

-徳川家康徳川家康(徳川家当主)
「好機ですな!
浅井が木造を攻めている間に、三河を奪還しましょう!」

-朝廷使者朝廷使者
お待ちなされ!
主上の命でござりまするぞ!」

-織田信長織田信長(織田家当主)
「・・・・・・・」

天下戦国の上08-12

浅井の朝廷仲介使者により

織田家、

開戦直後に停戦


-徳川家康徳川家康(徳川家当主)
「…え?」

徳川家の軍勢は

素早く長野工藤家を滅ぼし

三河に戻った浅井本隊の前に、

脆くも壊滅。

天下戦国の上09-18

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「そうくることは予想できていましたよ義兄上。そのために、たっぷりと朝廷に献金しておりました故…何も出来ない苦痛を味わって頂きましょう」

-仁木義政仁木義政 
「と、殿…拙者の軍勢は?」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「あ、ごめん。しばらく木造家を牽制してて」

-仁木義政仁木義政 
ぎゃふん!

予め朝廷に多額の資金を献金していた浅井家は

朝廷の権威を利用して停戦仲介を巧みに使った。

織田、徳川両軍に触発されてか

宣戦布告を行った毛利家も

朝廷の仲介により即日停戦。

毛利、織田、両国が沈黙すれば

中部、近畿地方で浅井家にかなうものなどは無い。

-徳川家康徳川家康(徳川家当主)
「…これではまるで
道化では無いか」

天下戦国の上09-19

続いて、大返しに伊勢に戻り

木造家を討伐、その領地の大半を奪い

停戦に合意した。

天下戦国の上09-04

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「今度は義兄上の絆の鎖を切らせて頂きました
どうです?盟友を失った気分は…」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「…殿!ご命令どおり、
徳川殿を家臣へ向かい入れましたぞ」

天下戦国の上09-05

-徳川家康徳川家康(徳川家当主)
「…敗者への寛大なご処置
痛み入ります」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「いや、いや、徳川の殿のような有能な方ならば、こちらこそ頭を下げて向かいる価値があるというもの!これからはよろしく頼みます!」

徳川と木造の領土を得た浅井家は、

朝廷にかけあい、正二位右大臣の号を取得。

天下戦国の上08-18

その後、悪名低下のため、

美濃三人衆の一人安藤守就を

報臣として向かい入れ

木造領と、長島工藤領を与えた。

天下戦国の上09-15


1574年12月20日


天下戦国の上09-20

領土を失った徳川家康を

家臣に迎えた浅井家は、

さらに力を蓄え戦力を増強。

途中、武田家が侵攻してくるも

これも朝廷外交で黙らせた。

悪名が低下し、戦力が整った矢先。

先手をとる形で織田家が

浅井家に対して宣戦布告

天下戦国の上09-17

浅井家、足軽8000鉄砲3000

織田家、足軽10000騎兵1000

の軍勢が衝突したのである。

二年前であったのならば、

あるいは織田の圧勝だったかもしれないが

銃の技術を生産では無く、

性能にふりわけた浅井家の鉄砲隊は

苦も無く、織田の騎兵を粉砕し

足軽達を壊滅せしめた。

天下戦国の上09-16

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「義兄上!これで最後です」

-織田信長織田信長(織田家当主)
「・・・・・・・」

長島の戦いで、織田軍は

致命的打撃を受けてしまい

以後、ミリタリーバランスは、

回復することが無かった。

2年間に上る激しい攻防戦の末

1576年1月、ついに織田家は滅亡した。

天下戦国の上08-20

-徳川家康徳川家康
「…織田殿、こちらでしたか
浅井殿が、三十万石で召抱えたいとの由に」

-織田信長織田信長
「…で、あるか」

-徳川家康徳川家康
「…お市様が、惚れた理由
少しは理解できましたか?」

-織田信長織田信長
「・・・・・・・・・・」

織田家滅亡後、浅井長政は

織田信長の裏切りを許し

三河及び、志摩、合わせて

三十万石の領主として向かい入れる。

天下戦国の上09-23

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「信長殿を許されたのですか」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「ああ、義兄上の力は、僕が一番良くわかっているつもりさ。あれほどの能力があるならば、きっと心強い味方になってくれると思うよ」

-お市お市 
「…てっきり、処刑命令をするために
家臣に向かいいれたと思いましたのに」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「い、いや、
それはちょっと…ははは…」

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「・・・・・・・・
殿は、立派になられた。
もう、お守りなどいりますまいな…」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「何をいっているんだ。遠藤には、もっと活躍してもらわないと!

-遠藤直経遠藤直経 (傅役)
「…いや、十分です。十分、本懐を成し遂げました…悔やむことなく人生を生き抜く…ああ、なんと清々しきものか」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「…何を言っているだ遠藤?
遠藤!」

天下戦国の上09-03

浅井長政の傅役・遠藤直経は、

織田の滅亡を見届けるように

1576年2月19日、人生の幕を閉じた。

また、半年後の8月15日・仁木政義も

後を追うように死去。

家督は家臣の京極高吉が継ぎ仁木家は滅びた。

古き家臣達が時の彼方に消え

新たなる仲間が集う

一つの時代が、ここに幕を閉じたのである。

天下戦国の上09-21





天下戦国の上AAR
崩落の鉄鎖~ - チュートリアル01
崩落の鉄鎖~ - チュートリアル02
崩落の鉄鎖~ - チュートリアル03
崩落の鉄鎖~ - 04「諜報謀略」
崩落の鉄鎖~ - 05「独立戦争」
崩落の鉄鎖~ - 06「官職国司」
崩落の鉄鎖~ - 07「同盟締結」
崩落の鉄鎖~ - 08「巨人倒壊」
崩落の鉄鎖~ - 09「鉄鎖崩落」
崩落の鉄鎖~ - 10「刻時終焉」

ワンポイント・レッスン
その① 勝てない敵に勝つ方法
その② 朝廷外交の妙
その③ 報臣・属国の有効活用

天下戦国の上 公式ウェブサイト
http://pillowseller.web.fc2.com/


天下戦国の上 Vectorダウンロードページ
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/game/se492255.html

天下戦国の上 プレイマニュアル (v1.00版)
http://pillowseller.web.fc2.com/playmanual/index.html
スポンサーサイト

この記事へのコメント

こんにちは - 雅王 - 2011年12月07日 00:15:13

『From 8801,and Now.』の雅王でございます。
ご訪問ありがとうございました。
拙ブログで返信で書かせていただきましたが、zabaraさんのブログはいつも拝見させていただいております。
勝手ながら、リンクを貼らせていただきました。
出来るならば、相互リンクを頼みたいです。
今後ともよろしくお願いします。

Re: こんにちは - zabara - 2011年12月07日 17:37:55

こんにちは!
いつも私の稚拙なブログを見て頂き恐縮です
私の方もリンクをはらさせて頂きました。
これからも、よろしくお願いします。

トラックバック

URL :

プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊5657小隊を率いる
Zabarann(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (21)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (20)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (7)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (22)
雑記:その他 (24)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (14)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (5)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (3)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (20)
日記 (39)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク