スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天下戦国の上AAR~崩落の鉄鎖~11「武北双滅」

天下戦国の上タイトル

製作:枕売り or Pillowseller 機種:Windows
種別:戦略SLG 価格:1,479円(税・手数料込)試用品アリ
Ver1.20b シナリオ1:天下布武の兆 難易度:武将(普通)
Ver1.20となり、表現にも磨きがかかった本作・天下戦国の上をAAR方式で、ご紹介していきます。本AARで少しでも天下戦国の上の魅力が伝われば幸いです。

-浅井長政浅井長政 浅井家の当主。戦に強かった祖父・浅井亮政によく似ていると武闘派の家臣に人気が高い。得能-人望を持つ。

-お市お市 織田信長の妹。自己中心的で自尊心が高く、周囲の言動は歯牙にかけない反面、狂気的に夫の長政を愛しおり(本人の意向を余所に)献身的に尽くそうとする。

-浅井久政浅井久政 浅井家の大殿。六角に破れ領土を失い、お家存続のためやむ得ず六角家と融和路線を貫いてきた。六角(奥田)家の独立を気に家督を息子に譲る。

-徳川家康徳川家康 お家が滅亡し、浅井家宰となる。施政と謀略能力は全武将でトップ・クラスの最強キャラクター。遠藤直経に代わり、浅井家を切り盛りする。


1580年8月周辺情報

天下戦国の上10-01


中部・近畿最強であった織田家と徳川を吸収した浅井家は、無駄な戦争をさけ、内需拡大に勤しんだ。その結果、石高は200万石を超え、ついに従一位、太政大臣の位を得るにまでいたったのである
-朝廷使者朝廷使者
「太政大臣として、朝廷を守護し、奉らんことを…」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「ははっ!!!」

天下戦国の上10-02

-お市お市 
「おめでとうございます」

-浅井輝政浅井輝政(梵天丸)
「やったね父上!」


遠藤直経と入れ替わりに、

息子・輝政(梵天丸)元服。

天下戦国の上10-05

従一位・太政大臣の就任と

浅井家の次期後継者の元服

浅井家の勢いは荒狂う嵐の如く

高まっていった。

-浅井久政浅井久政(浅井家大殿)
「…遂に太政大臣か。
あと一つ、あと一歩だな」

-徳川家康徳川家康 (家宰)
「そのためにも、関東を制圧して、当家の威を見せ付けなければならないでしょう」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「…ここ数年。力を蓄えてきたからね。
そろそろ動き出しても良い頃だ」

-浅井久政浅井久政(浅井家大殿)
「…目標は武田か…
いっそ、紀伊半島を平らげた方が良くは無いか?」

-徳川家康徳川家康 (家宰)
「細かい相手を一々相手にしては時間がかかりますゆえ。紀伊半島の者達は、あとで外交使者を送って属国にすればことたります」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「一気に領土をえるには、大きい敵を狙うのが一番。もちろん、僕達が倒せる相手で無いと意味がないから、巨大すぎる毛利は論外として、敵対心をもっている武田は理にかなうと思うよ」

-浅井輝政浅井輝政(梵天丸)
「腕がなるなぁ!初陣で、
ばったばった敵を倒してやんよ!」

-お市お市 
「…調子に乗らない」

-浅井輝政浅井輝政(梵天丸)
「むぎゅ。。ごめんなさい」

-徳川家康徳川家康 (家宰)
「若様の熱意は素晴らしいですが、ただ、問題が幾つかあります」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「なんだろう?」

-徳川家康徳川家康 (家宰)
「はい。当家には現在、二個軍
磯野殿と長政様のおられる本隊14000
雨森殿が率いられ別働隊10000
計24000が存在しております」

天下戦国の上10-03

これは、武田家にある三つの進撃路のうち
二つの進撃路を進める一方
武田家が反撃してきた場合
かならず一つは突破されることを意味しています」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「うん。それは織田家と徳川家、両家と戦っている時からうすうすわかっていたよ。だからこそ、三河の地を義兄上に任せたのさ」

-お市お市 
「…なるほど兄上をお許しになられたのは、それが目的でしたか」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「温情だけでは三十万石の領土をあげるなんて出来ないさ」

-徳川家康徳川家康 (家宰)
「織田殿は、有能方ですがあまり頼られるのも危険です。また、進撃路を封鎖したとしても、軍の数もまた問題です」

-浅井久政浅井久政(浅井家大殿)
「敵の軍勢の数が多いというのか?」

-徳川家康徳川家康 (家宰)
「ご覧下さい。

武田は
姉小路、江馬、木曽の三カ国を属国にしております。
この三家だけで、三個軍が存在しており
武田家の保有が三軍、ないし二軍と考えれば
5~6個軍の動員が可能だと推測されます

天下戦国の上10-06

対して当家は
京極、安藤、織田の三家を属国にしており
浅井本隊二個軍を合わせて5個軍となっております」

天下戦国の上10-07

-浅井久政浅井久政(浅井家大殿)
「…軍の数の上では、ほぼ互角か」

-お市お市  
「ただ、武田の方が最前線に近いため、こちらの軍が集結するまえに前線が突破される可能性もありますね」

-徳川家康徳川家康 (家宰)
「はい、想定される状況としては
宣戦布告と同時に、武田6軍が次から次へと侵攻を開始し、当家の撃退が間に合わず、徐々に領土を失っていくことが考えられます」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「では、どうしたら良い?
従属させる大名家を増やし、対抗するか?」

-徳川家康徳川家康 (家宰)
「それもよろしいですが、対抗するには時間がかかります。もっと即戦力になり、武田との戦いに有利なるよう外交努力を行うべきでしょう」

-お市お市 
「具体的には?」

-徳川家康徳川家康 (家宰)
「上杉と同盟を結び、背後から武田を牽制してもらいます」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「なるほどね。正面の軍勢を増やすよりも、背後に敵をつくれば、戦力は分散され、侵攻しやすくなる。でも、上杉との友好度はどうなっているんだろうか?」

天下戦国の上10-08

-徳川家康徳川家康 (家宰)
「友好度は0…好かれても嫌われてもおりませんね。なら、「進物贈呈」でゴリ押しすれば問題ないでしょう。当家は資金も官僚も豊富。なにより、私自身の外交能力の高さは自負しております」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「うん、じゃあ外交は頼んだよ」

-お市お市 
「…あ、そうだ。
梵天丸の後継者指名はまだされないのですか?」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「う~ん。後継者指名か
あれやると団結力が1下がるんだよね。
団結力の回復には時間がかかるからやりたくないんだけど…」

天下戦国の上10-10

-徳川家康徳川家康 (家宰)
「それならば、良い方法がございます
武田家を「朝敵」に指名するのです」

天下戦国の上10-11

-お市お市 
「…なるほど、朝敵に宣戦布告すると団結力が1上昇します。これで、後継者指名で下がった団結力を相殺できるというわけですね」

-浅井輝政浅井輝政(梵天丸)
「つまり、僕の初陣祝いってことだね!」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「…それは
ちょっと違うと思うけど」

天下戦国の上10-12

浅井家は、対武田包囲網をしくべく

上杉へ接近を行う。

悪名度が高いほど、友好度は低下していくが

国境を接していない国はさほど下がってはおらず

進物贈呈」による多額の資金提供により

上杉家の懐柔に成功。

天下戦国の上10-14

その後、朝廷に掛け合い

上野の国司号を得ると

1580年8月22日

浅井軍は、武田領へと侵攻した。

天下戦国の上10-04

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「今回の侵攻目標は武田の属国を潰し敵の侵攻路を潰すことにある。各隊、すみやかに…」

-浅井輝政浅井輝政(梵天丸)
「うぃじんだ!初陣だ!ひゃっほーい!」

-お市お市
「こらこら、梵天丸
はしゃがない!大将は、こうどっしりと…」

-浅井輝政浅井輝政(梵天丸)
「いけ!いけー!!武田を倒せ!」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「やれやれ…」

天下戦国の上10-15

上杉も、予定通り、武田に宣戦布告。

後背の上杉の対応もあり、

浅井に対する武田の反撃は

予想を下回るものであった。

天下戦国の上10-09

各属国の軍を撃破し、

信濃、遠江に侵攻していく浅井軍。

戦局は、ほぼ予想通り、

進行していくかと思われた

しかし…

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「なんだって?上杉の軍勢が飛騨に?」

-徳川家康徳川家康 (家宰)
「はい、上杉軍は主力を越中から大きく迂回させ、飛騨へ送り込んだ模様です」

天下戦国の上10-16

上杉軍は防御の固い

北信濃ではなく、

飛騨へ攻め込んだのである。

これによって、当初の予定であった

飛騨の領有化を断念。

計画を大きく変更せざるおえなくなる。

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「…目算が狂ったな。飛騨を制圧して、
そこに報臣を置こうと思ったんだけど」

-浅井久政浅井久政(浅井家大殿)
「飛騨におる、姉小路と江馬の軍勢を倒したのは、我々だというのに、美味しい所だけかっさらうとは、上杉め!いじきたないことをしよる!」

-徳川家康徳川家康 (家宰)
「飛騨を上杉家に奪われたことにより、飛騨に報臣を置き、周囲に威圧すると言う当初の予定は狂いました。またこれにより、上杉家の石高が増加し、当家によって、属国可能とする範疇を超えたよしにて」

-お市お市
「要するに…
上杉は邪魔者となってしまったわけですね」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「お、お市、そういう言い方は…」

-徳川家康徳川家康 (家宰)
「お市さまの言われる通りです。上杉とは即刻同盟を解消すべきでしょう。属国を全て失い、もはや武田には戦力は残っておりません。当家だけで十分対応できます」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「いや、だが、同盟の友誼として…」

-お市お市
長政様!

-徳川家康徳川家康 (家宰)
殿!

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
う、うん…

天下戦国の上10-17

武田と一時的な停戦を結ぶと

浅井家の思惑通りに動かなかったとして

あっさり上杉との同盟を

破棄したが

さすがに、それはひどすぎるとの声が

家臣団に広がり、団結力の低下を招いてしまう。

天下戦国の上10-18

だが、私情にながされては

お家を守ることなど出来ない

停戦期間が終了した時期を見計らい

1583年4月5日、再度、武田へと侵攻

第二次武田攻略戦は

前回と違い上杉家は存在

しなかったが

属国を全て失った武田は

報臣を要する浅井家の軍勢に

なすすべも無く後退し

その領土の半分を喪失する。

悪名が高まったこともあり

浅井は武田との停戦を決定。

もともと、武田そのものの殲滅を

考えた戦では無く、

ある程度領土を減らした段階で

外交により屈服させる予定であった。

だが…

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「北条と、上杉が武田に宣戦布告?」

天下戦国の上10-19

関東三国志といわれているとおり

武田、北条、上杉は、関東の覇権をかけて

戦い続けてきた。

ライバルの凋落を逃すわけが無く

北条と上杉は、浅井家に敗れた武田に

襲い掛かってきたのである。

-浅井久政浅井久政(浅井家大殿)
「ふん、どいつもこいつも、醜いものよ
好機だからというて、己が団結力低下も考えず、宣戦布告するなど」

-お市お市 
「逆に考えれば、北条も上杉も、
武田相手に疲弊するということですね」

武田は上杉と、北条により蹂躙

残った領土を全て、両国に奪われて滅亡した。

が、今度はそのタイミングを浅井家が逃すわけが無かった。

意気揚々と、武田に勝利宣言した北条を攻めたのである。

天下戦国の上10-20

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「上野には、北条の領土がかかっている、上野守の国司号を持っているから、いつでも宣戦布告できね。ちょうど良かったよ」

-浅井久政浅井久政(浅井家大殿)
ふはは、たぬきだのぉ
上野には元より北条の領土がかかっておった
最初から北条の地を狙っておったのだろう?」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「ふふ、猪武者といわれてますが、
私も、父上の息子ですよ?」

武田相手の戦争に疲弊していた北条に対して

武田との戦の疲れが取れ、

さらに朝倉氏を外交で従属させ

戦力が拡大されていた浅井。

戦いは、始まる前から決まっていた。

北条は戦闘らしい戦争もできず、

伊豆、相模を失い後退…

武蔵の一部を制圧した所で停戦を結ぶ。

天下戦国の上10-21

戦後、恩賞として報臣・織田家には

獲得した甲斐と信濃が与えられ、

従属国・朝倉家は東海道へと転封となった。

なお、安藤家は、戦後すぐに

安藤守就が死去。後継者がいなかったため

お家は取り潰しになり浅井家に吸収された。

かくして北条から領土を奪った

浅井家は、関白承認の条件を満たし

1584年10月24日、

浅井長政は、日ノ本最高の地位

関白に就任したのである。

天下戦国の上10-22

-朝廷使者朝廷使者
「主上は、関白殿の朝廷に対する忠節と誠意に、多大なる期待をしておりますぞ」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「はははっ!!!!」

-お市お市
「おめでとう、あなた」

-浅井輝政浅井輝政(梵天丸)
「いやっほー!父上は日本一になったー!」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「…ありがとう、市、梵天丸
父上…」

-浅井久政浅井久政(浅井家大殿)
「うむ!お前は
朝廷の最高執権者として、この日の本を統一する責務がある!
がんばるのだぞ!」

-徳川家康徳川家康 (家宰)
「いつでも、どこでも、誰にでも、なんの不具合も無く、自在に宣戦布告できる…これほど当家に有利になりましょう」

-浅井長政浅井長政(浅井家当主)
「そうだね。天下統一のため、
関白の権限を最大限に利用させてもらうよ」

関白就任し、人臣位を極めた浅井長政

いまや、朝廷を牛耳り、

その権威を日本隅々にまで

影響を及ぼせるまでに至った。

天下戦国の上10-23

日本統一までの足がかりができた浅井家。

戦いは、最終局面へと向かうのであった。




天下戦国の上AAR
崩落の鉄鎖~ - チュートリアル01
崩落の鉄鎖~ - チュートリアル02
崩落の鉄鎖~ - チュートリアル03
崩落の鉄鎖~ - 04「諜報謀略」
崩落の鉄鎖~ - 05「独立戦争」
崩落の鉄鎖~ - 06「官職国司」
崩落の鉄鎖~ - 07「同盟締結」
崩落の鉄鎖~ - 08「巨人倒壊」
崩落の鉄鎖~ - 09「鉄鎖崩落」
崩落の鉄鎖~ - 10「刻時終焉」
崩落の鉄鎖~ - 11「武北双滅」

ワンポイント・レッスン
その① 勝てない敵に勝つ方法
その② 朝廷外交の妙
その③ 報臣・属国の有効活用

天下戦国の上 公式ウェブサイト
http://pillowseller.web.fc2.com/


天下戦国の上 Vectorダウンロードページ
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/game/se492255.html

天下戦国の上 プレイマニュアル (v1.00版)
http://pillowseller.web.fc2.com/playmanual/index.html
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊5657小隊を率いる
Zabarann(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (21)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (20)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (7)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (22)
雑記:その他 (24)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (14)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (5)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (3)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (20)
日記 (39)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。