新ギレンの野望AAR(プレイ日記)- ドズル編02 

新ギレンの野望-タイトル

販売バンダイ・ナムコ 機種:PSP(DL版有) 種別:戦略SLG 
定価:6,280円(DL版も同額) CEROA(全年齢対象)
一年戦争・ドズル編 司令官/総帥
新ギレンの野望-ドズル編05
難易度:ベリーハード 
登録サポートチーム:バナージ(UCガンダム)
ハマーン・カーン(機体無し)/エルピー・プル(機体無し)

ソロモン戦10
MSの本格的な生産に成功した連邦軍は、初の量産型モビルスーツ・ジムと、再編された主力艦隊の総力をもって、反撃作戦を開始する。目標は、宇宙要塞ソロモン…ジオン軍も連邦の動きを察知して迎撃準備を整える。だが、ジオン軍は知らなかった。連邦軍には対ソロモン用の新型兵器があることに…12月24日反抗作戦第一弾「星一号」は、開始されたのである。


ギレンの野望ドズル編02-00

-ドズルドズル
「よし。ミノフスキー粒子を撒き散らしたことで、敵艦の攻撃があたらず、ほとんど被害はなかったようだな。幸先が良い」

-ラコックラコック
「…ん?これは…」

-ドズルドズル
「どうした?」

-ラコックラコック
「…敵艦隊の動きに乱れがあります…どうも連携がとれていないような…」

-ドズルドズル
「む?確かに…歴戦のティアンムならば、こうも足並みを乱すことはないはずだが…」

-ラコックラコック
「!?か、閣下!情報分析室から報告です!」

ギレンの野望ドズル編2-01

-ドズルドズル
「なに!?ティアンムが戦死しただと!やったのはどの部隊だ!」

-ラコックラコック
「わかりません!どの部隊からも、戦端を開いたとの報告は届いておりません…ただ…」

-ドズルドズル
「ただ、なんだ?」

-ラコックラコック
「敵の通信を傍受したところ、見たことの無い、角のようなもののある、白いモビルスーツにより撃沈されたとのことです」

-ドズルドズル
「…見たことの無い?ふむ、新型のモビルスーツということか?新型の…白いゲルググ?」

ギレンの野望ドズル編2-05

-ドズルドズル
マツナガか!

-ラコックラコック
「い、いえ、私も一瞬、そうは思いましたが、受領から帰還するまでの時間が早すぎるかと…」

-ドズルドズル
「マツナガで、あろうと、なかろうとどちらでも構わん!ティアンムを倒したという事実に変わりはあるまい!連邦軍は浮き足だっている。この好機、逃す手は無いぞ!全軍に突撃命令を下せ!!」

ギレンの野望ドズル編2-02

-ケリィケリィ
「おい、聞いたかガトー!別行動中だったマツナガ大尉が、敵指揮官のティアンムを討ち取ったらしいぞ!」

-ガトーガトー
「なんだって!?それは本当かケリィ!」

-ケリィケリィ
「ああ、ソロモン司令部から、敵に聞こえるように、一般回線で派手通信しているぞ!マツナガ大尉の白いモビルスーツが、隠れていたティアンムの乗艦を一撃で撃沈したそうだ!」

-ガトーガトー
「おお、さすがは白狼と呼ばれたマツナガ殿だ!まさに狼の如き戦いぶりよ!」

-カリウスカリウス
「しかし隊長…マツナガ大尉は、つい先日新型機を受領しに、向かわれたばかりでは?戻ってくるのが、いささか早すぎるような気が…」

-ガトーガトー
「…ふ、カリウス。そこが、マツナガ殿が白狼と言われる由縁だ…だれも想像しない場所から、一撃で、最上級の獲物をしとめる…まさに、白狼と呼ぶに相応しい行動であろう!」

-カリウスカリウス
「…はぁ」

-ケリィケリィ
「マツナガ大尉は、たった一機で、左翼の敵を抑えるいるらしい…俺たちもうかうかしてられないぞガトー!」

-ガトーガトー
「ああ、もちろんだ!ドズル中将から頂いた、この新型MSゲルググと、ビームライフルで、連邦の雑魚どもを一掃する!!」

-カリウスカリウス
「…(マツナガ殿とは思えないが、盛り上がっている所に水を差す必要もない、か)」

ギレンの野望ドズル編2-03

-ワッケインワッケイン
「馬鹿な!ティアンム中将が戦死されただと!?そんな…作戦開始から、まだ三十分もたっていないんだぞ!?何が起きたんだ!」

-士官士官
「は、はい!情報が錯綜しておりますが、生き残った兵によれば、旗艦タイタンを撃沈したのは、ビームライフルを装備した、角の生えた白い新型MSとの事です!」

-ワッケインワッケイン
「ビールライフルを装備した白い新型MS!?間違いない…白い狼…シン・マツナガだ!」

-士官士官
「あ、あのジオンの撃墜王!?」

-ワッケインワッケイン
「ジャブローで、ジオンが、ビームライフルを装備した新型MSをエースパイロットに配備しているという話を聞いた…白狼ならば、たった一機で左翼の部隊を抑えているのも合点がいくというものだ!」

-士官士官
「い、いかがいたしましょう!ワッケイン司令!」

-ワッケインワッケイン
「ワッケイン司令?くっ、そうか、ティアンム中将亡き今、私が艦隊の最高責任者か…むろん、作戦は継続する!ティアンム中将が残して下さった、アルキメデスの鏡を光らせるのだ!」

ギレンの野望ドズル編13

-バナージバナージ
「く、なんだ!?ビームが…空間で分散される!?」

-パブリク一般兵パブリク一般兵
「ブリーフィングで聞いた通りだ!ジオンの新型が持つビーム・ライフルは、パブリクのビーム撹乱膜で、無効化できる!」

-ボール隊長ボール隊長
「いいぞ!あいつは戦艦並みのビームライフルを持っているが、それが使用不能となれば、数で圧殺できる!各自散開して、攻めかかれ!」

-バナージバナージ
「く、来る!?うわぁあああ!!」

ギレンの野望ドズル編2-07

-ボール一般兵ボール一般兵
「へへ…なんだこいつ、動きが、まるで素人だぜ!なぶり殺しにしてやるよ!」

-バナージバナージ
「く、くそぉ!…あ、これは…」

ギレンの野望ドズル編2-06

-バナージバナージ
「まだ二回しか戦っていないのに、も、もうエネルギーが…これじゃ、ソロモンまでたどり着けない!どうしたら…そ、そうだ…補給線だ。補給線上にいれば、少しはエネルギーが回復できる…これで…」

ギレンの野望ドズル編02-13

-ボール隊長ボール隊長
「む!?逃げる気か!逃すな!」

-バナージバナージ
「僕はお前達に構っている暇は無いんだ!どいてくれ!」

ギレンの野望ドズル編2-11

-ラコックラコック
「右翼中央の敵は壊滅した模様!ガトー大尉の率いる第302哨戒中隊の活躍は、目覚しいものです!」

-ドズルドズル
「ふふん。そうだろうさ!あやつは、キシリアの使うシャアなんぞよりも、結果を形にできる男だ」

-ラコックラコック
「…!?閣下、情報分析室より、報告が来ています!」

ギレンの野望ドズル編2-09

-ドズルドズル
「見慣れない物体?なんだそれは!」

-ラコックラコック
「わ、わかりません。方向は敵主力艦隊の真後ろです」

-ドズルドズル
「第302哨戒中隊を向かせろ!新兵器なり、何なりを見つけたら、徹底的に破壊するよう指令を下せ!」

ギレンの野望ドズル編2-12

-ワッケインワッケイン
「…くっ!こちらの行動に気がついたか…リード中尉、ミラーの並行作業が済むまで、敵を近づけさせるな!」

-リードリード
「は、はい!…MS隊、ヤザン少尉!聞いたか、敵を近づけさせるな!死んでも守るんだ!」

-ヤザンヤザン
「ぎゃんぎゃん吼えんなよ!やってやるから、テメェは、そこでイスを尻に敷いて待ってな!」

-リードリード
「き、貴様!上官に向かって、なんて口の聞き方…ひぃっ!!」

ギレンの野望ドズル編2-14

-ガトーガトー
「たった一隻で、突出するとは、見上げた根性だ!だが、知恵があるとは言えないな!第三小隊、あのサラミスを一気に撃ち落せ!!」

-リードリード
「た、退避ぃ!たい…」

ギレンの野望ドズル編02-16

-ヤザンヤザン
「バカが!先行しすぎなんだよ!…っと、俺様も、うかうかしてられないな!いくぞ!」

ギレンの野望ドズル編02-15

-カリウスカリウス
「あのMS、一機で戦況を変える気か!そんなこと、させるものか!」

ギレンの野望ドズル編02-17
ギレンの野望ドズル編02-18

-ヤザンヤザン
「ちぃい!専用機も持っていない雑魚兵のくせに腕がいいじゃないか!…死んだらつまらん、脱出だな!」

ギレンの野望ドズル編02-019


-ラコックラコック
「右翼上部、中部ブロックの敵MS隊の殲滅を確認!右翼で残るは、少数の艦艇と、見慣れない物体、それに下部ブロックの部隊のみです」

-ドズルドズル
「よし!見慣れない物体の調査は、ガトーとケリィにやらせろ。あの二人がいれば、十分であろう。残る全ての部隊は右翼下部の敵部隊に当らせろ!」

-ラコックラコック
「はっ、了解しました!」

-ドズルドズル
「しかし、マツナガめ。一人で左翼上部ブロックの敵を封じ込めるとは、大した奴よ。戻ってきたら、特進と、祝杯で迎えてやるとするか…」

-ラコックラコック
「しかし、妙ですね…こちらからの軍事回線が一向に繋がりません。また、味方識別信号も登録表示もありませんが…どうしたんでしょう?」

-ドズルドズル
「…ふむ、新型機だから味方識別登録されておらんのはわからないでもないが…軍事回線がつながらんのは、確かに妙だな…まぁ簡易識別番号は割り当ててあるのであろう?」

-ラコックラコック
「はい、予備の空番号を既にふりわけて、各隊に通達しております。間違って攻撃をすることは無いとは思いますが…」

-ドズルドズル
「ならばよいわ。それよりも敵の動向よ。この第一陣を撃破すれば、後の戦いは楽になる。油断せず、一機に攻勢にでるぞ!」

ギレンの野望ドズル編02-020

-ワッケインワッケイン
「本隊の戦闘力は既に失われている。第二陣が来るまで行動がままならない。第十三独立部隊は、下部攻略隊と共に、敵の注意を引き付けてほしい…そして、できるのならば、ソロモンを攻略してもらいたい。以上!」

-ブライトブライト
「わかりました!聞いた通りだ。本隊はすでに継戦能力を喪失している…我々だけで、ソロモンを攻略するぞ!」

-カイ・シデンカイ・シデン
「お、おい、おい、おい!どういう冗談だよ。本隊が先に全滅しちまってるなんて話が違うじゃねぇか!」

-アムロ・レイアムロ・レイ
「敵はこちらに喰いつかず、本隊を真っ先に攻め込んだようですね。大丈夫ですよ。第二陣も、第三陣もあります。負けることはありませんって」

-ハヤトハヤト
「愚痴るわけじゃないですけど、なんか、いっつも苦労するのって、僕達ですよね…」

-スレッガースレッガー
「やれる人間が、僕ちゃん達しかいないんだから、仕方無いさ。ま、無理せず頑張ろうじゃないの」


-ワッケインワッケイン
「…すまないブライト君。後は頼んだぞ」

-士官士官
「敵機来襲!モビルスーツ一機!モビルアーマータイプが一機!」

ギレンの野望ドズル編02-21

-ケリィケリィ
「ふん!モビルスーツの護衛も無く、突っ込んでくるとは、舐められたものだな!沈めっ!!」

-ワッケインワッケイン
「沈んではならんぞ!全弾撃ちつくすまでは、沈んではならんぞ!うぉおお!!」

ギレンの野望ドズル編02-23

-ワッケインワッケイン
「ふ、ふふ…ミラーは守った。我々の勝利だ!」

ギレンの野望ドズル編02-22

-ガトーガトー
「逃げるのを潔しとせず、特攻死か。連邦にも、もののふがいるようだな!来世で、また、あいまみえようぞ!」

-ケリィケリィ
「ガトー!さっさと正体不明の見慣れない物体とやらを調べて、戦列に戻るぞ!」

-ガトーガトー
「ああ。カリウス、俺達がいない間、部隊を任せる。」

-カリウスカリウス
「はい、お任せ下さい」


-ブライトブライト
「ワッケイン司令!?ワッケイン司令!!!」

-オスカーオスカー
「通信途絶!識別信号ロスト!撃沈したと思われます!」

-ブライトブライト
「くっ、各隊総攻撃をかけろ!ワッケイン司令の弔い合戦だ!」

ギレンの野望ドズル編02-26

-ラコックラコック
「右翼下部の敵軍と会敵しました!ムサイ一隻、撃沈!」

-ドズルドズル
「うむ。しかし…ガトーは、まだ調査を終えておらんのか?」

-ラコックラコック
「はい、敵の艦艇による妨害を受けて、中々先へ進めないようです」

-ドズルドズル
「…そうか、早く調査を終え戦列に戻るように通達せよ」

-ラコックラコック
「はっ」

-ドズルドズル
「…戦況は我が方に大きく傾いておる。だのに、なぜだ…妙な胸騒ぎがする…」

ギレンの野望ドズル編02-27

-ケリィケリィ
「やれやれ、ドズル中将がお怒りのようだな」

-ガトーガトー
「ああ。調査を早く終らせて…と、言いたいが、また邪魔か…」

-ケリィケリィ
「どうする?調査だけなら、俺のピグロを向かわせれば良いだけだが…」

-ガトーガトー
「ううむ。それはあまりうまくないな。君も私も、連戦でエネルギー残量が多くない。しかも今回で、拠点戦闘は終了する。次に拠点戦闘が開始されれば、敵の第二陣が到着するだろう」

-ケリィケリィ
「戦力を分散した上に、エネルギーが切れたところを狙われたら、やっかいな事態になる。か…仕方が無い。補給線上で行動するか…」

ギレンの野望ドズル編02-28

-ヘンケンヘンケン
「ワッケインが死んだか…輸送艦から戦闘艦への配属は喜んだものの、これほど厳しい戦いに投入されとはな…」

-ジャックジャック
「申し訳ありません…僕達がもう少し頑張っていれば…」

-ヘンケンヘンケン
「お前達のせいじゃないさ…なんにせよ、ワッケインが稼いだ時間。我々も有意義につかわせてもらわないとな?」

-アダムアダム
「艦長!敵が来ます!」

-ヘンケンヘンケン
「よし!総員退艦!時間は十分稼いだ。我々の勝利だ!」

ギレンの野望ドズル編02-16

-ガトーガトー
「…?なんだ、やけにあっけない…」

-ケリィケリィ
「…ガトー、どうも嫌な予感がする。俺達はハメられたかもしれんぞ…見ろ、あれを!」

-ガトーガトー
「な、なんだこれは!?鏡が一面に!?」

ギレンの野望ドズル編2-29

ガトーとケリィの眼前に広がる巨大な鏡の群…

それは、連邦の秘策ソーラ・システムの姿であった。


-ボール隊長ボール隊長
「ば、馬鹿な!20機だぞ!20機近くいた部隊が、たった一機のモビルスーツに!?」

-バナージバナージ
「これで、終りだあああ!」

ギレンの野望ドズル編3-02

-バナージバナージ
「はぁはぁ…やった…オードリーやったよ…これで、はぁ、はぁ…ソロモンに向かうことが…」

宇宙21

-バナージバナージ
「なっ!?こ、れは…敵の、援軍!?」

そして、現れる

連邦軍の第二陣


ユニコーンガンダム07

-バナージバナージ
「…だからって、何だっていうんだ
全部、倒してやる!僕は…オードリーを助けるんだ!」

ジオン有利に進んでいた戦況は

再び泥沼の様相をていするのであった




ギレンの野望AAR
ドズル編プロローグ-ユニコーンの日
ソロモン攻防編
ドズル編01-チェンバロ作戦
ドズル編02-見慣れぬ物体
ドズル編03-アルキメデスの鏡
ドズル編04-恐怖!起動ビグザム


※補足※
本ゲームではイベント戦闘以外では基本的に戦死しない。そのため、表現上ワッケインとリードは、戦死したことにしているが、今回、本当に戦死するのはティアンム中将のみである。

パブリク突撃艇に備わっているビーム撹乱膜は地味ながらも、かなり強力である。敵味方に関わらず、撹乱膜を張られた地域一帯では、ビーム兵器が一切使えなくなるため、最新型の機体ほど、その戦闘力は激減する。だが、連邦と違い、実弾兵器が主力のジオンのモビルスーツ達には、それほど脅威でも、なかったりもする。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊を率いる
Zabara(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (17)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (19)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (6)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (19)
雑記:その他 (22)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (13)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (4)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (2)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (17)
日記 (38)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク