雷神7AAR-ツ族もゆる07

雷神7-タイトル

制作May 
販売機種:WindowsXp/Vista/7(※要DirectX9.0)
動作環境:CPU Pentium4 2GHz以上 HDD 280MBの空き領域
解像度800x600以上、32bit(TureColor)表示可能なグラフィックボード
種別:戦略SLG 定価:DL版1890円(18禁)

モード選択:エキスパート(全ての機能を網羅した状態で開始)
選択シナリオ:SC70_敵は一族の内にあり


さてMOD制作も一段落つきましたので雷神7のAARを描いてみようと思います。
本ゲームのアダルトな部分は極力抑え、戦略ゲームとしての側面を中心に描いてみたいと思います。これは、本作が本格的なSLGであり、あくまでアダルトな部分は、一つの表現にすぎないということと、アダルトの側面を出し過ぎると、エロブログとして規制されてしまうという大人の事情からです(格好ワルイね!

ツルマツルマ 高い戦術眼と、鋭い攻撃力を持つ冷酷な少年。父ツウガイの後覇王となる


-ボーンボーン
ツルマ派No2、交渉能力こそ70あるが、その他全てが50前後という凡庸な人物。まだ成人に達していないツルマの後見人をつとめる。


ツキリツキリ
ツウガイの長男でツルマの兄。派閥No2のルーキが父ツウガイを殺害ししたことにより、国を出ることになる。


-ルーキルーキ
先代ツウガイの右腕でツキリ派No2。ツウガイの忠臣と思われていたが、ツウガイの仕打ちに憤慨し殺害した。



現在までのあらすじ
地球政府の国家元首アスランの死により、宇宙は混乱のるつぼとなった。後継者アグリッパが元首就任を表明したものの、多くの王族が、これを不服として地方惑星にて挙兵、一部は新天地を目指して、未知の恒星系へと出発した。これを好機とみたツウガイであったが長兄ツキリを王座につけようとした側近であったルーキの手にかかり崩御する。王座に就こうとしたツキリであったが、ツルマ派の反発により断念。国外脱出を行う。そして、王座はツルマが座ることとなったが、問題は山積していた・・・
雷神AAR6-000


雷神7王宮02

ツルマツルマ
「これが玉座の座り心地か
悪く無いな・・・」


-ボーンボーン
「ツルマ様が成人に達するまで
不肖、私ボーンが後見人を務めさせて頂きます」

雷神AAR6-010

ツルマツルマ
「・・・頼む
それと現状を知りたい」


-ボーンボーン
「はい、現在、先代ツウガイ様を失い
またツキリ派が国を出たことにより
我が国は深刻な人材不足に陥っています」

雷神AAR6-020

ツルマツルマ
「残ったのは十名程度か・・・
カサマを失ったのは痛かったな」

雷神AAR6-030

ツルマツルマ
「ふむ・・・父と、兄上の艦隊を失ったが
とりあえずボーンとヘイデンの艦隊で
祖国防衛は可能そうだな」

雷神AAR6-040

-ボーンボーン
「その件ですが。ツルマ様も、御年12歳・・・
艦隊総指揮官として我が艦隊に着任して頂ければ幸いです」


ツルマツルマ
「わかった。それは余も望んでいたこと
前線指揮官として着任しよう」


-ボーンボーン
「ありがとうございます
あと人材に関して捕虜が12名もおります
これを登用すべきかと」

雷神AAR6-240

ツルマツルマ
「捕虜?そういえばヘイデン卿も
元々は捕虜から引き立てたのだったな」


-ヘイデンヘイデン
「・・・ご報告します」


ツルマツルマ
「噂をすれば、か?」


-ヘイデンヘイデン
「・・・は?」


-ボーンボーン
「何でもありません
それより、ヘイデン卿如何なさいましたか?」」


-ヘイデンヘイデン
「・・・惑星コスタルがツキリ派により占拠された模様です」


数日前・・・

雷神AAR6-050

ツキリツキリ
「どこかの惑星を占拠し
首都星にするのか?」


-ルーキルーキ
「いえ、そんな面倒なことをなさらずとも、
コスタルを首都星にすれば良いでしょう」


ツキリツキリ
「コスタルを?
今や、あそこはツルマ領だぞ!?」


-ルーキルーキ
「大丈夫です。我々を支持する者達と連絡を取り
既に、決起の準備を整えております」


ツキリツキリ
「さすがだなルーキ・・・
よし、ならば我らツ族の聖地コスタルで決起しよう!」

雷神AAR6-060



雷神AAR6-130

-ボーンボーン
「おのれツキリ派め!
コスタルと言えば、ツ族の代々首都があった星!
自分らの正当性をアピールするつもりか!」


ツルマツルマ
「・・・構わん」


-ボーンボーン
「しかし!」


ツルマツルマ
「コスタル放棄は父が決めたこと
今は、このゼファーが首都。
古い権威にしがみつく輩など放っておけばよい」


-ボーンボーン
「・・・はっ」


-ヘイデンヘイデン
「・・・そういえば、
先ほどの人材の話されていたようですが」


ツルマツルマ
「人材に心あたりが?」


-ヘイデンヘイデン
「はい、現在捕虜の中に我が妻がおります
説得して、味方に引き入れましょう」

雷神AAR6-140

-ボーンボーン
「おお、それは良い!
ツルマ 様、さっそく説得してもらいましょう!」


ツルマツルマ
「・・・そうだな」



雷神AAR6-070

-ヘイデンヘイデン
「アイリーン。
こんな所で会えるとはな」


-アイリーンアイリーン
「ご主人様!ご無事だったのですか!
捕虜になった後の安否が不明でしたので
心配しておりました!」


-ヘイデンヘイデン
「我はそう簡単には死なぬ・・・
それより、アイリーン。我に手を貸せ」


-アイリーンアイリーン
「何か、お考えがあるのですね?」


-ヘイデンヘイデン
「くくく、今やこの国は
子供と凡庸な副官が統治しておる
我ならば周囲を取り込み大派閥をつくるなど
ぞうさも無い事・・・」


-アイリーンアイリーン
「まぁ、この国を乗っ取られるのですね!」


-ヘイデンヘイデン
「うむ。そしてパグンと手を組み、来たるべき「主上」の
ご来臨の準備を整えるのだ・・・」


-アイリーンアイリーン
「分かりましたご主人様・・・
私めも、微力ながらお手伝いさせて頂きますわ」

雷神AAR6-080


雷神7王宮03

ツルマツルマ
「・・・お前が
アイリーンか」


-ボーンボーン
「うむ。説得に成功するとは、さすがはヘイデン卿!
いや、夫婦愛のなせる技ですかな?」


-ヘイデンヘイデン
「ははは、妻は我には逆らえぬゆえ
ほらアイリーン、ご挨拶するのだ」


-アイリーンアイリーン
「・・・はい、ツルマ 様に
我が忠誠を捧げます」


ツルマツルマ
「・・・うむ」


-アイリーンアイリーン
「・・・その証拠をお見せしたいと思います」


-ボーンボーン
「ん?」


-アイリーンアイリーン
「・・・この男、ヘイデンは
人心を掌握し、この国を乗っ取ろうと画策しております!」


-ヘイデンヘイデン
「な、なにを言う!」


ツルマツルマ
「・・・」


-ボーンボーン
「なんだと、本当か!」


-ヘイデンヘイデン
「アイリーン!
馬鹿な事を言うな!」


-アイリーンアイリーン
「・・・あら、先ほど私に言ったではありませんか
この国を乗っ取るから、力を貸せ、と・・・」


-ボーンボーン
「ヘイデン、貴様!!」


-ヘイデンヘイデン
「お待ち下さい、妻はどうも牢に長く居すぎて
正気を失っているようです、ここは・・・」


ツルマツルマ
「・・・静かにせよ」


-ヘイデンヘイデン
「いや・・・」


-ボーンボーン
「しかし、ツルマ様!!」


ツルマツルマ
静かにせよ
と言ったが?」


-ヘイデン-ボーン「・・・」



ツルマツルマ
「アイリーン、なぜだ?」


-アイリーンアイリーン
「・・・なぜ、とは?」


ツルマツルマ
「アイリーン、お前には嘘をつく理由が無い。
だが、夫を売る理由がわかない
なぜ、夫を売る?」


-アイリーンアイリーン
「・・・それは、

この男、ヘイデンが
私の本当の夫アベグルの仇だからです!



-ヘイデンヘイデン
!?


ツルマツルマ
「・・・アベグル?」


-ボーンボーン
「アスラン死後に分散したア族の王族の一人です
確か、惑星ウイバンの王となっていましたが
ヘイデン軍に攻め滅ぼされたと聞いております」

雷神AAR6-150

-アイリーンアイリーン
「・・・そう、そしてこの男は
夫に死をもたらし、私を手籠めにし
妻にしたのです!」

雷神AAR6-160

-ヘイデンヘイデン
「で、デタラメを!」


-アイリーンアイリーン
「本気で私が屈服したと思っていたの!
お笑いぐさね!私は、夫を目のまえで殺されてから・・・
この瞬間を・・・復讐する機会を待っていたのよ!」

雷神AAR6-100

ツルマツルマ
「・・・よろしい
アイリーンに復讐の機会を与えよう
今、ここで一騎打ちをせよ」


-ボーンボーン
「なっ!?」


-アイリーンアイリーン
「あ、ありがとうございます!
ツルマ様!!」


-ヘイデンヘイデン
「正気を失った女の虚言を
信じるとおっしゃられるか!」


ツルマツルマ
「・・・ヘイデン卿
妻が錯乱したのであるなら
自らの手で処理してもらおう、か」


-ヘイデンヘイデン
「ぐぅっ!?」


-アイリーンアイリーン
「ふ、ふふ・・・ヘイデン覚悟!!」


-ヘイデンヘイデン
「おのれっ!!」


雷神AAR6-170


-ボーンボーン
「ツ、ツルマ様!お止め下さい!
そうでなくとも人材難であるのに
これ以上、失うは得策ではありません!」


ツルマツルマ
「問題の先送りはすかぬ
全て綺麗にしておくべきであろう?」

-ボーンボーン
「確かに、遺恨を残したままでは軍内に
影響があるやもしれませんが、しかし!」


ツルマツルマ
「遺恨?
何を言っている?」

雷神AAR6-180

ツルマツルマ
「余が言う問題とは・・・
ヘイデンの処分よ」


-ボーンボーン
「なっ!?」

雷神AAR6-190

ツルマツルマ
「あれはヘビだ。父上が何のつもりで配下にしたかしらぬが
あのような者を、いつまでも幕内に入れるのは
よくあるまい」

-ボーンボーン
「ま、まさか最初から!?」

ツルマツルマ
「皆が納得できる形で処分できる機会を得たのだ
これを逃す手はあるまい?」

雷神AAR6-120

アハハハ!やった!やったわ!
  アグベル、私、仇を討ったわ!!

アハハハハハ!!!!


ツルマツルマ
「よくやったアイリーン・・・
お前こそ賢妻の鏡。その才をもって、余に尽くすのだ」


-ボーンボーン
「(・・・こ、これが
十二歳の少年の思考なのか!?)」



雷神AAR6-200

パグンパグン
「どうやらヘイデン卿が
亡くなられたようですな・・・」


-????????
「ふふん、我らが代表といっても所詮
御輿にしかすぎぬ小物・・・」


-????????
「調教完了の肉奴隷に裏切られて
殺されるなぞ、我が民族の恥さらしよ・・・」


-????????
「それより、
問題はスクロックの方ですな・・・」

雷神AAR6-220

-????????
「ホウネン殿を見殺しにし、膨大な遺産を手に入れ
あまつさえ妻子を陵辱しているというでは無いか!」


-????????
「ありあまる資金を元に各地に諜報員を送り込み
乱世のフェクサーを気取っているようですね」


-????????
「あやつめ、同胞だと思い
見逃してきたが我慢ならぬ・・・
誅殺すべし!」


パグンパグン
「まぁ、まぁ・・・落ちきなされ
ヤツには、いずれ、ふさわしき因果を与えましょう
それより、我らが優先すべきことはただ一つ・・・」


-????????
「うむ、このニライカナイに
我らがまほろばをつくり
主上をお向かいすること!」

雷神AAR6-210

全ては民族の悲願のために!


May公式サイトhttp://may2blog.blog25.fc2.com/
雷神7wikihttp://www45.atwiki.jp/rai7/

ツ族もゆる-01話
ツ族もゆる-02話
ツ族もゆる-03話
ツ族もゆる-04話
ツ族もゆる-05話
ツ族もゆる-06話
ツ族もゆる-07話
ツ族もゆる-08話
ツ族もゆる-09話
ツ族もゆる-10話
ツ族もゆる-11話
ツ族もゆる-12話
ツ族もゆる-13話
ツ族もゆる-14話
ツ族もゆる-15話
ツ族もゆる-エピローグ

雷神7設定
雷神7世界設定01
雷神7世界設定02



雷神7カテゴリー雷神7PUKカテゴリー

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊を率いる
Zabara(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (20)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (20)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (7)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (21)
雑記:その他 (24)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (14)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (5)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (3)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (19)
日記 (38)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク