雷神7AAR-ツ族もゆる12

雷神7-タイトル

制作May 
販売機種:WindowsXp/Vista/7(※要DirectX9.0)
動作環境:CPU Pentium4 2GHz以上 HDD 280MBの空き領域
解像度800x600以上、32bit(TureColor)表示可能なグラフィックボード
種別:戦略SLG 定価:DL版1890円(18禁)

モード選択:エキスパート(全ての機能を網羅した状態で開始)
選択シナリオ:SC70_敵は一族の内にあり


さてMOD制作も一段落つきましたので雷神7のAARを描いてみようと思います。
本ゲームのアダルトな部分は極力抑え、戦略ゲームとしての側面を中心に描いてみたいと思います。これは、本作が本格的なSLGであり、あくまでアダルトな部分は、一つの表現にすぎないということと、アダルトの側面を出し過ぎると、エロブログとして規制されてしまうという大人の事情からです(格好ワルイね!

ツルマツルマ
高い戦術眼と、鋭い攻撃力を持つ冷酷な覇王。


-ボーンボーン
ツルマ派No2、交渉能力こそ70あるが、その他全てが50前後という凡庸な人物。

-アイリーンアイリーン
ア族王族の一人。領土と夫を失い、仇の妻となる屈辱を受けたが、見事復讐に成功した。

-オリビアオリビア
歌って踊れるお后様。その美声は最終兵器



現在までのあらすじ
地球政府の国家元首アスランの死により、宇宙は混乱のるつぼとなった。父ツウガイの後を継ぎ覇王となったツルマであったが、その領土はわずか惑星一つとなってしまう。セントラル恒星系のウイバン、ホスエンを支配したツルマ軍は、セントラル恒星系の覇権をめぐり、スクロック軍に強襲。反撃にあうも、押し返すことに成功し、戦いを有利に進めていた。一方、地球軍の度重なる攻撃に疲弊したアキ軍であったが、希代の天才ラーを部下にしたことにより、地球軍に混乱をまねき、侵攻を押さえることに成功した。

雷神AAR11-000

ツルマツルマ
「ん、どうしたボーン?
また、あらたまって・・・」


-ボーンボーン
「はい、ツルマ様もご結婚されて、五年をすぎました
そろそろ、跡継ぎのことも考えて頂きませんと」


ツルマツルマ
「またその話しか・・・
結婚しろ、その次は子供を作れ
余は、子供製造機では無いのだぞ?」


-ボーンボーン
「むろん、私とて、このようなことは
言いたくはありません、・・・がっ

雷神AAR11-020

結婚して五年もたつのに、お后様が
いまだに生娘というのはいかがなモノでしょう?」


ツルマツルマ
「・・・政略に忙しくてな
そんな暇は無いのだ」


-オリビアオリビア
「わ、私も歌のレッスンに
急がしてくて・・・テヘ☆」


-ボーンボーン
「テヘ☆ではありません!
こうなれば、側室をもって頂きます」


ツルマツルマ
「・・・側室?」


-オリビアオリビア
「えっ!?」


-ボーンボーン
「お后様に時間が無いのであれば、
ある人間にやってもらうだけです
幸い、人材もふえ・・・」


-オリビアオリビア
「そ、そんなのダメです!
約束が違います!」


-ボーンボーン
「約束?」


-オリビアオリビア
「ツルマ様は、私に優しくして下さると
約束して下さいました
側室なんて、私の心に優しくないんです!」


ツルマツルマ
「一理ある。そもそも、
数の大小の問題ではあるまい?」


-ボーンボーン
「・・・わかりました。
では、その代わりに、この薬を飲んで
がんばって頂きます!」

雷神AAR11-010

-オリビアオリビア
「そ、そんな!?イケナイ薬を飲ませて
私をヘロヘロのふにゃふにゃに
するつもりなんですか!?」


-ボーンボーン
「え?いえ、飲んで頂くのは
ツルマ様です」


ツルマツルマ
「余が?」


-ボーンボーン
「はい、これはお父上ツウガイ様の代から取り置いた一品
科学技術の粋を集めた精力剤・・・それは、もう
三日三晩、飲まず食わずで励むことが可能となっております」


-オリビアオリビア
「あ、ちょっと用事を
思い出しましたので実家に・・・」


-ボーンボーン
「・・・衛兵」

雷神7衛兵雷神7衛兵雷神7衛兵

ザザザッ

-オリビアオリビア
「い、いやぁ~離して下さい」


-ボーンボーン
「いいんですか?
ヘロヘロのふにゃふにゃになる
イケナイ薬を使ってもよいんですよ?」

雷神AAR11-025

-オリビアオリビア
「・・・うっ」


-ボーンボーン
「側室を持たない、という点には妥協致しますが
その代わりに、子供は確実につくって頂きます」


ツルマツルマ
「ふむ、これはボーンの方に一理あるな
妥協するからには、妻としての役割を
こなしてもらわなければならん」


-オリビアオリビア
「こ、こんなの優しくありません!!」


ツルマツルマ
「優しくするよ」


-オリビアオリビア
「・・・本当ですか?」


ツルマツルマ
「・・・ああ」


-オリビアオリビア
「・・・そ、そんな優しい声をだされたら私」


-ボーンボーン
「さて、さて、続きは
ベットの方でお願いします」

あ~れ~~~

こうして、三日三晩饗宴が続き・・・

-オリビアオリビア
「・・・うう、太陽が黄色い」

見事、オリビアは妊娠したのである。

雷神AAR11-030

-ボーンボーン
「めでたし、めでたし」


-オリビアオリビア
「ちっとも、めでたくなんかありません!!」


SC85年3月

雷神AAR11-210.jpg

ツルマツルマ
「・・・なんとか、ハーゲンとバルゴを
制圧することに成功したな」


-ボーンボーン
「これでセントラル恒星系は
我が方のものです」


ツルマツルマ
「スクロックはどこに逃亡した?」


-ボーンボーン
「ラバウルとガニメデの両惑星のどちらかに
逃げた模様ですね」


ツルマツルマ
「ラバウルはともかく、ガニメデだと?」

雷神AAR11-220.jpg

-ボーンボーン
「はい。ガニメデで支持率低下による
民衆隆起が発生し、住民の要望により、
スクロックが元首となったようですね」


ツルマツルマ
「スクロックを元首に選ぶとは、
物好きなヤツらもいたものだ・・・」


-ボーンボーン
「まぁ、遠距離で離れた
惑星を二つだけの小国です
ほっといても問題無いでしょう」


ツルマツルマ
「ふむ、そうだな
現状、問題は二つだけだな・・・」


-アイリーンアイリーン
「一つは、アキ殿ですね?」


ツルマツルマ
「そうだ。地球軍の激しい攻撃により
アキ殿の惑星は今や一つ

雷神AAR11-060

しかも艦隊は地球軍によりほぼ壊滅し、
抵抗らしい抵抗はできない状態にある。
ゼファーにある我が艦隊を、その都度、動かし
何とか滅亡を回避しているのが現状だ」


-アイリーンアイリーン
「側近のラー殿の策略で
地球側が分裂するように仕掛けたり
住民隆起で、惑星を独立させたり
色々されてはいるようですが・・・」

雷神AAR11-070

-ボーンボーン
「・・・そういえば、我々と同盟を結んだ
サルトンが早々に地球に滅ぼされましたが、
すぐに、バッカス派に反乱を起こさせましたな」

雷神AAR11-075

-アイリーンアイリーン
「バッカス殿は
我が同盟に引き込まないのですか?」


-ボーンボーン
「引き込もうとしたが、
既にスクロックと同盟を結んでいたのだ
ま、どうせサルトン軍と同じようにすぐに
滅亡するだろう」


ツルマツルマ
「・・・ラーか
危険な男だな」


-アイリーンアイリーン
「そういえば、アキ殿の元には
脳医学の権威ブラバー殿も仕官されたようですね」


-ボーンボーン
「人徳があるのでしょうな
むろん、ツルマ様には及びませんが」


ツルマツルマ
「・・・とにかくだ
アキ殿に、いくら人材があつまろうとも
このままでは滅びるだけだ。我が方でフォローする」


-ボーンボーン
「艦隊を送り込むのですか」


ツルマツルマ
「一旦人材を再編成しようとは考えている
技術開発や経済部門はもちろん、艦隊編成を含めてだ
度重なる戦いで、何人も出世している
うまくやれば、5000隻の艦隊はもう一つ作れよう」


-アイリーンアイリーン
「すると、攻撃艦隊が6
惑星占領の揚陸艦隊が3というところでしょうか?」


ツルマツルマ
「とりあえず、揚陸艦隊は一つにし
あとの2つは、工作艦隊にしようと考えている」

雷神AAR11-230

-ボーンボーン
「要塞を建造されるのですね」

雷神AAR11-140

ツルマツルマ
「そうだ。現状、ウィバンに残せるのは
せいぜい一艦隊ぐらいだ。いくら何でも
それだけでは守り切れないだろう

雷神AAR11-085

資金は問題無くある
これで、ウィバンに二カ所
マイスに一カ所建造して
セントラル防衛線とする」

-アイリーンアイリーン
「マイス後方ですか、
もう少し前線に近い方がよろしいのでは?」


-ボーンボーン
「アイリーン殿。これは援護するという意味と
裏切ったら、即座に要塞によって攻撃を行う
という二重の意味があるのでしょう」


ツルマツルマ
「そうだ。同盟国は助けるが、余もそこまでお人好しでは無い
裏切る、あるいは他国にマイスを奪われたときの
保険もかけておかせてもらう」


-アイリーンアイリーン
「・・・なるほど、で、あと一つの問題というのは?」


ツルマツルマ
「・・・子供の名前が決まらない」


-ボーンボーン
「・・・え?」


-アイリーンアイリーン
「先日産まれた
ご子息の名前ですか?」


ツルマツルマ
「・・・うむ
余の名前が、ツルマである以上
それを即した名前を言ってみたのだが」




雷神AAR11-040

ツルマツルマ
「余の名前が、ツルマだ
息子の名は、ツルマルにしようと思う」


-オリビアオリビア
そんなギャグ漫画の
主人公じゃないんですから!




ツルマツルマ
「・・・と、
一蹴されてしまった」


-ボーンボーン
「・・・はぁ、
他には候補は無かったのですか?」


ツルマツルマ
「うむ、
ツルテン、ツルツル、ツルピカ・・・
色々あげたが、全て却下されてしまった」


-ボーンボーン
「(これは絶望的に
ネーミングセンスが無いな)」


-アイリーンアイリーン
「そうですね・・・なら、最後に
カ行をいれてみてはどうでしょう?
力強く見えると思いますよ」


ツルマツルマ
「カ行か・・・
ツルカ、ツルキ、ツルク、ツルケ、ツルコ
ツルガ、ツルギ・・・」


-ボーンボーン
「おお、ツルマ様、
ツルギなどは良いのではないでしょうか?」


ツルマツルマ
「ん?ツルギ、か?」


-ボーンボーン
「ツルギとは、東方で剣を指す言葉です
きっと、ご子息様も、剣のような鋭い人物に
なられることでしょう」


ツルマツルマ
「そうか・・・ふむ
悪く無いな、それでいこう」


-アイリーンアイリーン
「よかった。これで
問題が一つ片付きしたね」


ツルマツルマ
「うむ。カ行というのはなかなか良い
次に子ができたら、ツルコとなずけよう」


-ボーンボーン
「あ、いや、それはちょっと・・・」

後日、オリビアが二人目を出産のさいに

ツルコの名前が却下されたのは

言うまでも無い

雷神AAR11-050


SC85年5月


雷神AAR11-150

ツルマツルマ
「・・・ついにアキ殿の
艦隊は残らず全滅したか」


-ボーンボーン
「今や本土決戦状態にあり
アキ殿からの支援要請もきております」


ツルマツルマ
「艦隊編成は、まだ出来ていないが仕方が無い。
全艦隊を動員し、地球艦隊に決戦をしかける」


-ボーンボーン
「ハッ!」


パグンパグン
「ご報告します・・・
地球艦隊が全面撤退を開始いたしました」


ツルマツルマ
「・・・なに?」


-ボーンボーン
「あれほど大規模な艦隊を動員して
一戦交えるどころか、惑星を制圧もせず撤退したと!?」


パグンパグン
「詳細は不明です」


ツルマツルマ
「・・・まぁ、良い
こちらも艦隊編成の時間が稼げたというものだ
とりあえず、今のうちに再編成を行うぞ」


SC86年2月

雷神AAR11-160

ツルマツルマ
「艦隊編成も終わり、
威力偵察のつもりでバースに来てみたが・・・」


-ボーンボーン
「周囲に宇宙機雷をばらまいて
籠城を決め込んでいるようですね
しかし、ここまで抵抗が微弱とは・・・
何があったのでしょう?」


パグンパグン
「・・・ご報告します。
地球軍の急激な弱体化の理由が判明しました」

雷神AAR11-170

-ボーンボーン
「ん?地球圏が分裂していますな
また、ラー殿の策略ですかな?」


パグンパグン
「・・・違います。地球派閥の対立では無く
スクロック軍により奪われたものです」

雷神AAR11-190

-ボーンボーン
「なんだと!?」

ツルマツルマ
「・・・」


パグンパグン
「・・・どうやら、スクロック軍は
セントラルより放逐された後、
主力艦隊をガニメデにあつめ

雷神AAR11-180

地球軍が、アキ殿や、我らツルマ軍に
目を向けている内に、アバター軍を滅ぼし
地球圏の諸惑星を制圧した模様です」

-ボーンボーン
「馬鹿な!?たった一年たらずで
三つの惑星を陥落させたというのか!!」


ツルマツルマ
「・・・だが、事実は事実だ
それは受け止めなくてはなるまい
地球艦隊が、アキ殿の首都星を制圧せず
撤退したのも、そのためか」


パグンパグン
「・・・はい。ですが、撤退した時期を考えますと
地球艦隊はスクロック軍との決戦に敗れた
と考えるのが、妥当なところでしょう」


-アイリーンアイリーン
「なんてこと・・・みすみす、スクロックの勢力を広げる
手伝いをしてしまったのね」


-ボーンボーン
「ツルマ様、申し訳ありません!
たかが2惑星しか保有せぬ弱小国と侮った
我が落ち度であります」


ツルマツルマ
「・・・構わん。さすがに、あの時点から
ここまで勢力を広げるとは、余でも考えつかなかった事
まるで、ゴキブリ並の生命力だな」


-アイリーンアイリーン
「だけど、考えようによっては
今、地球圏を攻める好機とも言えますね」


ツルマツルマ
「・・・そうだな。
バースは様子見のつもりだったが
占領してしまおう」

-ボーンボーン
「要塞建設の方は如何なさいますか?」

雷神AAR11-240

ツルマツルマ
「万が一にそなえ、続行する
状況は流動的だ。押し込まれたとき
我が方の切り札になるかもしれん」


パグンパグン
「・・・ツルマ様、本事案に関連して
もう一つご報告があります」


ツルマツルマ
「何だ?」


パグンパグン
「・・・そのスクロックですが
先ほど、暗殺されたとの報告がありました」


-ボーンボーン
な、なんだと!?


-アイリーンアイリーン
「・・・」


スクロック領都市

雷神AAR11-120

雷神AAR11-250

-スクロックスクロック
「・・・まぁ、良いわ
すぐに地球本国に進撃し、地球の女どもに
我が種をくれてやる」


-ダムイダムイ
「しかし、恐れ入りました。
本拠地のバルゴを失いどうなるかと思いましたが
よもや、撤退の余勢をかって、
そのまま地球圏を制圧するとは」


-スクロックスクロック
「ふふん、そこが、そこら辺りの雑魚とワシとの違いよ・・・
すぐに地球圏が空洞だとわかり、一挙に制圧した、その手腕
我ながらほれぼれするわ!ハハハハ!」


-ダムイダムイ
「やはり、帝となられる方は、こう違いますな!
私は、スクロック様に、一生ついてまいります!」


-スクロックスクロック
「こやつめ!ワハハハ!!」


-リヨンヒリヨンヒ
「じゃじゃじゃ~ん!
噂の美少女登場だよ!」


-スクロックスクロック
「なんだ貴様?」


-リヨンヒリヨンヒ
「なんだって・・・私を探しているって
聞いたからここにきたんじゃない!」


-スクロックスクロック
「ワシが探しておるのは、ナイスバディの美女だ
お前のようなツルペったんのロリ少女では無いわ!」


-リヨンヒリヨンヒ
「あれぇ?おかしいな・・・だって、私を殺そうと
戦闘用バイオノイドまで送りつけてきたのに」


-スクロックスクロック
「な!?まさか、貴様はアレの・・・
ベータの種か!」


-リヨンヒリヨンヒ
「大当たり!本当、死にそうだったんだから!
暗殺されるのも嫌になってきたから
元凶をたつことにしたの。

スクロックおじさん、
死んでくれる?



-スクロックスクロック
「ええい!可愛い顔して、恐ろしいことを!
者ども、出会え!出会え!!!」


-ACT1シズカACT1シズカ
「者どもって・・・
この雑魚い人達のこと?」


雷神7衛兵雷神7衛兵雷神7衛兵

きゅ~
雷神AAR11-200

-スクロックスクロック
「バカな!?一瞬で衛兵隊が全滅だと!
貴様、人間か!?」


-リヨンヒリヨンヒ
「もちろん、違うよ
おじさんが作らせたバイオノイドじゃない
もしかして、ボケたの?」


-ACT1シズカACT1シズカ
「貴方のせいで、私たち姉妹は殺し合うことになった・・・
その報いをうけさせてもらうわ!」


-スクロックスクロック
「お、おのれ!ダムド!
ダムドはどこだ!!」


-リヨンヒリヨンヒ
「あの三角形のおじさんなら
逃げちゃったよ?」


-スクロックスクロック
「く、目をかけてやったのに
土壇場で裏切るとは!!」


-ACT1シズカACT1シズカ
「所詮、貴方の器は、その程度ってことでしょ?
じゃあ、そろそろ死んで!!」

雷神AAR11-110

-スクロックスクロック
「バカな・・・我は、我は・・
新たな帝となり、日本民族を復興させる使命を・・・」


-リヨンヒリヨンヒ
「その辺の事情はよくわからないけど、
おじさんは、帝になるには・・・うーん

ちょっと下品かな?

-ACT1シズカACT1シズカ
成敗!

-スクロックスクロック
グハッ!!!

-ACT1シズカACT1シズカ
「リヨンヒ様、
終わりました」


-リヨンヒリヨンヒ
「よくやった!褒めてつかわす!
なーんてね」


-ACT1シズカACT1シズカ
「で、これからどうしましょう?
ドラマならこれで終わりですけど、
そういうわけにもいきませんし」


-リヨンヒリヨンヒ
「そうだねー・・・特にやることもないし
父上でも探そうか?」


-ACT1シズカACT1シズカ
「・・・やたら消極的な理由ですね」


-リヨンヒリヨンヒ
せっかくだから、
私は父上を探すことにするぜ!



-ACT1シズカACT1シズカ
「・・・それ、積極的なのかなぁ」


-リヨンヒリヨンヒ
「とは、言うモノの
父上を探す手がかりって無いんだよね」


-ACT1シズカACT1シズカ
「・・・そうですね。パグン様が生きていれば
その所在もわかるかもしれませんが」


-リヨンヒリヨンヒ
「パグン?」


-ACT1シズカACT1シズカ
「・・・ええっと、私のメモリーによれば
お父上のベータ様を体を管理している人達の代表だそうです」


-リヨンヒリヨンヒ
「居場所はわからないんだ?
それとも死んじゃってる?」


-ACT1シズカACT1シズカ
「確か、この間情報ベースを見たときには
ツルマ軍に降伏して、その配下に収まっている。という内容の
記事を読んだ覚えがありますので、生きてはいるかと」


-リヨンヒリヨンヒ
「なーんだ、そこまでわかっているなら楽勝じゃない?」


-ACT1シズカACT1シズカ
「まぁ、そういう考えもできますね」


-リヨンヒリヨンヒ
「ポジティブに行こう!
世の中、案外、何でも上手くいくって!」


-ACT1シズカACT1シズカ
「そうですね。とりあえず・・・」

雷神7衛兵雷神7衛兵雷神7衛兵

ザザザ・・・

-ACT1シズカACT1シズカ
「話している間に囲んできた衛兵達を倒しますか」


-リヨンヒリヨンヒ
「GOGO!シズカ、れっつごー!」




雷神7夜の街

パグンパグン
「ふふふ、同志諸君!
まずは祝杯とまいりましょうか」


-????????
「よもや、御子様が
御自ら誅殺されるとは・・・」


-????????
「白昼堂々と天誅!
まさにスクロックにふさわしい死に方ですな」


-????????
「いやいや、御子様の手にかかるなど
贅沢な死に様といって良いでしょう!!ハハハ!」


-????????
「その後、御子様はいずこに?」


パグンパグン
「すぐに姿を消してしまわれました。
今、我が手の者に探させております」


-????????
「うむ、いち早く見つけ出し
保護せぬば!」


-????????
「場合によっては、眠りからさめぬ
ベータ様のかわりに、皇職について頂くことも・・・」


-????????
「その心配は無用です・・・先ほど連絡がありました
やはり、例の仮説は正しかったようです」


-????????
「では!」


-????????
「主上は復活されます」


-????????
「おお、素晴らしい
良い事はかさなるものだ!」


パグンパグン
「ゲフッ・・それは・・・よかった」


-????????
「パグン殿!?」


パグンパグン
「残念ですが・・・どうやら主上ご来臨の時まで
我が身はもちそうにありません」


-????????
「・・・パグンよ。
貴様の功績は必ずや御上に伝えよう」


パグンパグン
「もったいないお言葉・・・残りの余生は全て
我が民族に捧げましょう」

雷神AAR6-210

偉大なる日本民族の復活のために!
補足

スクロックに対するリヨンヒの襲撃イベントは、同時に、リヨンヒを捕縛できる好機でもある。自分がスクロックを選んでいた場合、特命担当に、格闘技術が80以上のキャラクタ-を任命すると、ACT1シズカを上手く撃退し、リヨンヒをとらえることができる可能性が出てくるのだ。

もちろん、とらえたリヨンヒは・・・

-スクロックスクロック
「ロリには興味が無いといったが・・・
あれはウソだ」


-リヨンヒリヨンヒ
「いやあああ!!!」


May公式サイトhttp://may2blog.blog25.fc2.com/
雷神7wikihttp://www45.atwiki.jp/rai7/

ツ族もゆる-01話
ツ族もゆる-02話
ツ族もゆる-03話
ツ族もゆる-04話
ツ族もゆる-05話
ツ族もゆる-06話
ツ族もゆる-07話
ツ族もゆる-08話
ツ族もゆる-09話
ツ族もゆる-10話
ツ族もゆる-11話
ツ族もゆる-12話
ツ族もゆる-13話
ツ族もゆる-14話
ツ族もゆる-15話
ツ族もゆる-エピローグ

雷神7設定
雷神7世界設定01
雷神7世界設定02



雷神7カテゴリー雷神7PUKカテゴリー

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊を率いる
Zabara(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク