雑記 - 政党・政治 :幸福実現党

さて、恒例となった「趣旨変え文章」今回もシミュレーションブログとは思えない内容で書きたいと思います。
今回書くのは、政党・幸福実現党です。

この幸福実現党。私の近所では選挙カーが昼間に永遠と周り、政策方針についてスピーカーから、これでもかというぐらい流しているのですが、最初にグーグルで検索したときも、特に有力な情報も出ず、基本的にどういう性質の政党かはまったく分かりませんでした。

まぁ名前に「幸福実現」などと書かれているのですから、普通では無いかと思いましたが、今日、たまたま柏で、立候補予定(正確には野田で立候補するらしい)の、まきの正彦氏と話す機会があり、いったい、幸福実現党なるものはいかなる存在かを聞いてみることにしました。

結論から言うと、幸福実現党とは宗教法人「幸福の科学」をバックボーンにもつ政党でした

幸福実現党の理念


とりあえず、幸福の科学の政党という下りでブログを閉じるのは止めてもらうとして、どういう理念を持っていたのかを、書いてみたいと思います。

…ええ、もちろん。本来なら「宗教法人を背景にもつ政治活動」という所で、色々とかけるとは思いますが、まきの正彦氏の真摯な人柄と、まじめに政治製作を答えてくださった姿勢に感慨をもちましたので、今回はある程度、真面目に書いてみようと思います(いつも不真面目にかいているわけではありませんが

政党幸福実現党まきの正彦氏.jpg
まきの正彦氏、柏駅で熱く政策を語っていたナイスガイだ!

とりあえず幸福実現党に、幸福の科学が関わっていることに関しては、特に隠しているようすも無く、普通に受け答えされていたので、そういうものだと思って見て下さい。
(マニュフェストや名刺にも普通に書かれていますし)

さて、幸福実現党について聞いて一番印象に残ったのは「無駄な税金(消費税)を無くすかわりに、バラマキも無くす」ということです。本来ならもっと市民に福祉のお金を!というのが宗教団体系の政治団体ですが、この幸福実現党は消費税を無くすことにより、経済を活発化させれば、より大きな恩恵を国民にもたらす。と考えています。
特に消費税を導入してから、バブル崩壊もあり、税金収入はそれほどあがっておらず、それならばいっそのこと消費税を廃止すれば、全国民の購買力はあがり、税収入はあがるはず!と計算しており、これはこれでかなり面白い着眼点といえるでしょう。なるほど経済が発展すればそれだけ収入はあがります。

ちなみにバラマキを無くす、といっても福祉そのものを無くすのではなく、「お金持ちと、生活保護を受けている人が一律なのはおかしい」とおっしゃっているところを見ると、一定収入以上の収入を持つ人は、福祉金を下げるという意味なのでしょう。

次に、力を入れて語っておられたのは、日本の軍事力、すなわち「アメリカに見限られても自国を守る力を持つこと」です。
これまた、宗教系政治団体とは一線をかく、面白い主張です。
鳩山氏は友愛を語るが、友愛を語らせた私達の方が専門です。その気になれば一時間も話せますよ」という凄い前置きの上で、まきの正彦氏は、日本の国防とのあり方を語りました。今の国際社会は友愛だけでは、乗り切れない。中国は強大な武力をもち、近年には軍事費はアメリカを凌駕するだろう。そのとき、アメリカは日本を守ってくれるのか?日米共闘同盟はもちろん大事だが、日本は日本で北朝鮮や中国に対する備えをしなければならない。
…おおむね、このようなお話をされました。

頂いたマニュフェストには、
北朝鮮のミサイルから日本を守ります!」という力強いメッセージが書かれています。

とても宗教法人がバックボーンとは思えぬアグレッシブりです。
「私達はタカ派というわけではありません、ただ国際社会的に見て当然持ちうるべき国防権を行使し、中国や北朝鮮に対等に渡り合える国家に日本をしたいだけなのです」と、私に語っているように、何も日本を軍事国家にしようとしているわけでは無く、戦後の平和行動や教育のありかたに異議を持ち、国際的に当然と言われるレベルにまで日本の国防意識を高め、武力を持ちたいと考えられているようです。

マニュフェストには、さらに過激に「国防軍創設を!」と書かれているように、諸外国(特に極東の国々と)軍事力で押され、やや腰がひけ拉致問題などを解決できない日本に活をいれたいのでしょう。


幸福実現党の防衛政策をドラマ化した「北朝鮮が韓国・日本を侵攻する日」北朝鮮軍が難民にまじり襲撃してくるなど、内容はかなり過激なものとなっている上に、完成度が高いのにも驚かされる。。幸福実現党の防衛戦略に対する熱い想いが伝わってくるだろう。

もちろん公務員改革を忘れていません。自民党、あるいは民主党のように深く(元官僚出身の議員など)官僚と関わってしまっている政党では本当の公務員改革は出来ないと断じ、真の公務員改革を行うのは自分達の政党だという主張にぬかりはありません。
…まぁ公務員の中にも、幸福の科学の信者はいると思いますが、やはり信者だけあって上の方のご命令には逆らえないのでしょう。
これはある意味において、凄い説得力を持ちます。
ただ、話の中では具体的にどういう公務員改革を行うのかまでは聞けませんでしたが。そこは、まぁ大きな枠組みの方針として考えた方が良いのでしょう。

正味、お話したのは一時間ですし。


マニュフェスト


まきの正彦氏とお話とは別に、頂いたマニュフェストを見て見ましょう。
マニュフェストは政党の公約です。そこには、とても壮大なお話が書かれています。

まず大減税、消費税・相続税・贈与税などの廃止。
消費税は、無くすことにより国民の購買意識を高め、相続税や贈与税を無くすことにより、国民の資産を保護し、やはり購買意識を高めるようと考えておられます。
さらには証券税を廃止し、所得税や法人税まで減税する方針です。
正直、ここまで大減税を打ち出されると逆に不安になりますうが、そもそも現在の国家予算ではすでに支出は大幅マイナスという点から考えると、なかなか刺激的な劇薬とも考えられます。

人口増加とGDPを世界一にします。
これはまきの正彦氏も熱く語っておられましたが、とにかく少子高齢化に対して国は何もしない、だから我々の手でなんとかするしかない!
その方法として、住宅の供給、移民、帰化の推進など、日本国民の自力(すなわち出生率の向上)は時間がかかるので、他国からの人口流入を中心に考えているようです。基本的には日本人の人口を三億人(つまり一億人以上の移民を日本に向かいいれる)にすることを党の方針として決めているようです。

国防力を高める。
北朝鮮の核ミサイルから国民の安全をまもります!という力強い文言が、中々そそられます。そのためにも憲法九条(最終的には憲法そのものも)改正し、国民の生命・安全・財産を守ると書かれています。
なお、憲法改正に関しては国家の元首たる大統領制度の導入や、防衛軍の創設などが盛り込まれています。

政党幸福実現党憲法草案
聖徳太子の十七条をモチーフに、大川隆法氏が作り上げた、憲法試案。個人的には皇室支持者だけあり、天皇をおいて国家元首の大統領を置くのはどうかなぁ、と思ってしまうが、天皇制そのものを廃止することは無いようだ。

その他、色々ありますが、時間がかかるので省略します。

幸福実現党の評価

個人的には面白いと思います。なかなか現状にあった政策をされている部分も多く、主張もとても宗教団体が母体とは思えないほどの力強いものです。まきの正彦氏は、あまり喜ばれないかもしれませんが、あえて言うなら「富国強兵」政策とでも言うべきでしょうか。

これは、幸福実現党の総裁で、幸福の科学の主催者でもある大川隆法氏の思想が入っているからに間違いありません。
そもそも、大川隆法氏は著作の中でもたびたび、日本は東西の文化が融合した国家であり、アジアを主導する強大なる大国である。と主張しています。
それならば、日本の経済を世界一に!他国に侮られない国防軍の創設を!移民政策による人口増加を!という幸福実現党の考え方も納得いくものです。

政党-幸福実現党大川隆法氏.jpg
大川隆法氏は東京に出馬していたらしいが、マスコミがそろってスルーしてしまったらしい。大川隆法氏クラスの大物となれば、もっと大事になってもよさそうなものだが、まきの正彦氏曰く「今回の選挙は二大政党制、民主党の政権移譲という形にマスコミがもっていっているため、その他が影が薄くなってしまっている。(マスコミが翻弄しているという)そういう意味では自民党や民主党も被害者なのかもしれない」とのこと。

ただ、全てにおいて、面白いと支持できるわけではありません。特に移民に関しては個人的には問題が山のようにあるのでは無いかと考えています。まきの正彦氏は、私との話の中で「私は仕事柄、日本各地を飛び回りました。日本には未使用農地が多くあり、そこに移民を受け入れられます。移民を農業に受け入れることにより、食料自給率もあがり、日本の生産力は高まるでしょう」と言われていましたが、そこにいくまでの言葉の壁や、それによる交流阻害、文化・風習、などによる弊害など下手をしたら民族対立を引き起こす可能性もあります。

まきの正彦氏は、「もちろん、いきなり一億人の移民を受け入れるわけではありません。時間をかけて、最終的には全人口を三億人に引き上げる予定なのです。高齢者が多く、若者が少ない日本において、逆ピラミットになった人口分布を直すには、移民こそが解決する方法なのです」と語られましたが、それは劇薬なのではないか。と、個人的には思います。

ともあれ、まきの正彦氏の真摯の人柄を見るに、この人なら一票を入れても良いかな?と思ったのも事実です。例えば自民党に入れるからといって自民党の政策すべてを了承する人もいないでしょう。政党の政策は気に入らなくても、政治家個人を支持する人もいるでしょうし、逆に政治家は嫌いだけど政党は好き。ということもあるでしょう。
この幸福実現党は面白いし、まきの正彦氏は中々魅力的な人物である。
と、個人的な結論とします。

夢、冒険を!

さて…これで終わったらパパのブログではありません!
どんなものでも特筆的な部分を見つける、それがパパくおるてぃ!
幸福実現党の目玉を紹介せぬばならないでしょう!それはずばり

幸福実現党のメインテーマが、未来への夢。なのですが、
これを系列的に並べたものがあります。
これが、その未来ビジョン

政党-幸福実現党未来予想図


最初は、税の廃止や、憲法改正など国内政治に始まりますが…
なんと2060年には月や火星での基地建設が始まるのです!
日本一国では到底なしえない、というか、この時点で日本はアジアのリーダーとなっているのでしょうか?言っておきますが、これはマガジンなどに付録についている未来予想図などではありません。
れっきとした政党マニュフェストに乗っている「わが党が政権を取った後に実現するだろう想定した未来」なのです。

夢がいっぱいです!この時系列表を見て、わくわくしたのは私だけじゃないはずです。
失われた70年代の夢を見させてくれるような気持ちにさせられますね!
さすがは、かつてノストラダムスの大予言関連の本で活躍されていた大川隆法(&幸福の科学)です。
我々の期待を裏切らない素晴らしい完成度だと思います。

※なお本ブログの掲載にかんして、まきの正彦氏から許可を頂いております。一時間も路上で長話をしてしまい申し訳ありませんでした。


幸福実現党 まきの正彦(牧野正彦) 公式サイト
まきの正彦氏の公式サイト。気になったら行ってみよう。



スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊を率いる
Zabara(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (20)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (19)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (7)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (21)
雑記:その他 (24)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (14)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (5)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (3)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (19)
日記 (38)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク