信長の野望創造withパワーアップキット触れてみた

信長の野望創造紹介01
さて、インストールも終了し早速ゲームをプレイ

オープニングがいつもにもまして超カッコイイ!
信長の野望30週年記念だから
気合が入っているからでしょうか?

さてはて、信長の野望名物、つっこみ&ボケの
面白チュートリアルをプレイしてみましょう。

今回は秀吉が信長に
とりあえずお前に国に任せた
という無茶ぶりのため、
すぐに切腹しようとする平手の爺さんに
国の運営方法を聞くという

わりと得心の行く流れの中で
チュートリアルは始まります。

信長の野望創造紹介02

前半は信長の野望創造の通常版のチュートリアル。

後半はパワーアップキットで追加された要素の
チュートリアルとなっており、

通常版を遊んだ方向けにチュートリアルは
飛ばせるようになっています。


さて、ひと通り、チュートリアルを遊んでみた
感想は・・・

とても信長の野望とは思えないほど高い
プレイアビリティに少し驚きました


信長の野望創造紹介03

烈風伝以降、まともに
信長の野望は遊んだことはありませんので

信長の野望=クリックゲー
のイメージがありましたが…

本作品では、まるで
洋ゲーのSLGを遊んでいるかのように
ショートキーを併用することで
クリックが少なくて済みます。

信長の野望創造紹介04

まず、外交や、他国の人間の懐柔には
武将を任命して、そのまま結果が出るまで待ちます
(その間、毎月工作費用はかかります)

そして開発なども、終了するまで
武将を任命するので、特に理由が無ければ
完成するまでそのままでOKです
(工事費用はもちろん毎月かかります)

信長の野望創造紹介19


これらは毎月、何かしら結果がでたら
武将から報告が届きます。


例えば
「人材を懐柔しましたが、このまま継続しますか?」
「斉藤家との親密度が高まり同盟を結べるようになりました」
などといった報告を聞き、

同盟を結ぶのなら使者を送ったり
そのまま継続して親密度をあげるのならば
引き続き、外交を任命すれば良いわけです。

信長の野望創造紹介17


また面白いことに、従来の信長の野望とは違い
なお武将の外交能力(政治力)は
交渉締結時」に必要というより
大名家や、他家の武将を
継続して懐柔するため」必要になっています。、

そのため
信用度が90あれば同盟を結べる場合

どうやって信用度が90なければ同盟は結べません
逆に90あれば、確実に同盟が結べます

つまり同盟を結ぶために無意味に使者を何度も送ったり
ゲームをリセットする必要がなくなったのです。

信長の野望創造紹介05

三国志で同盟を結ぶため諸葛亮孔明を
何度も使者として送ってはリセットをする・・・
などという無駄な作業に辟易している人には
朗報といえるでしょうか?

これを味気ないという人もいるかもしれませんが
戦略を考えるという意味では、こちらの方がより
計算して行動できると思います。

運悪く同盟が結べなくて滅亡した。は存在せず、
日頃から同盟を結ぶべく努力を怠った結果滅亡した。
という結果が本作品にはあるのみです。

まさに信長の野望創世は
戦略ゲームです。


信長の野望創造紹介08


また、重要な情報も見えやすくしており。
通常マップ上、どの国がどれだけ親密度が高いか。
国の国境や、街道、各種状態をすぐに見ることができます。

信長の野望創造紹介07


もちろん、景観重視で
見えなくすることも可能です。

信長の野望創造紹介06


なるほど、amazonなどにある
海外SLGの登竜門のようなゲーム
という評価は間違いでは無いでしょう。

これを遊べば
EUやVICなども違和感なく遊べるようになるはずです。

それほど海外のSLGに近い感覚で
プレイヤーは無駄なくスムーズに遊べる
ゲームに仕上がっています。

ただ海外の違い
そこは日本のゲームです。


田園を開発したり
色々な施設を建てることができます。

信長の野望創造紹介20

もっとも、KOEI側も今回は
無駄な行為排除
をゲームシステムに組み込んでいるようで

委任を使って別に内政をそれほど行わなくてもOK
という仕様になっています。

信長の野望創造紹介21


本作、ターン制?RTS?

ちなみに本作品は擬似ターン制です。
一見すると、一ヶ月単位で行動するターン制ですが

実際には、月はじめの行動(評定)を終了すると
1日~30日の間、自動で時間が進むことになります。

一ヶ月経過すると、最初の1日に評定が始まり
収入と支出の報告が上がってきます。
そこで再び内政コマンドを操作することになります

信長の野望創造紹介18


通常は、命令を出したら次の月(評定)まで
時間経過をするまで、画面を眺めているだけですが

このとき、経過時間の速度を変更できますので
即座に、次の月まで移動したり
わざと速度を遅らせ、城下の発展を眺めることも可能です。

この1日から30日の間の時間経過と
時間停止には、どんな意味があるかというと

信長の野望創造紹介16

時間が経過している途中で
敵が進撃してきた場合、時間を止めて
直ちに迎撃体制を取ることができます


敵が進撃したのに、最高速度にしていると
迎撃が間に合わず、城下を包囲されていた。
なんて事態も起こります。

前述したとおり、時間はいつでも止められますので
慌てること無く、いつでも好きな時に
(資金と行動力があれば)どのような
命令を下すことができるのです。

信長の野望創造紹介12


追加された戦闘シーン


信長の野望創造紹介22


さて、パワーアップキットで追加された
戦闘シーンですが、これは
光栄の「決戦」シリーズ
(PCゲームユーザーなら、ローマトータルウォー
の敷居を下げたような感じに調整されています。

基本はリアルタイム戦闘なのですが
時間調整可能で、
遅くしたり、早くしたり、止めることもできます。

信長の野望創造紹介15

操作自体はクリックで簡単に行えます。
部隊を指定して、敵をクリックすれば自動的に
攻撃目標にしてくれますし、そのさい
弓攻撃か、接近攻撃かもきめられます。

また、武将は戦法(必殺技)をもっており
チュートリアルでは
柴田勝家は「突撃」というコマンドで特攻をしかけ
秀吉は「斉射」コマンドでこれを迎撃していました。

信長の野望創造紹介14

ぶっちゃけ、戦闘が始まる前に
大体戦力差で戦いの趨勢は決まります

この戦闘シーンは別に無理して見る必要も無く
ユーザーが操作する必要もありませんので
(戦闘を見ない、にすれば自動的に終わる)

戦略ゲームとして遊びたい場合は
特に無視しても構わないでしょう。

信長の野望創造紹介10

逆に、
「おれはRTSが何よりも好きだ!」
「寡兵で大軍を迎撃するのが何よりも楽しい!」
なんて方は遊んでみるも良いでしょう。

多少物足りないかもしれませんが。

ちなみに、戦闘シーンは
縮小すれば戦闘全体図
拡大すれば兵士単位で見れる戦場図になりますが

信長の野望創造紹介09

「決戦」や「ローマトータルウォー」のように
兵士の顔まで見えるほど近づけないので少し残念です。


チュートリアルを遊んでみた感想

本作品は
「海外と日本のSLGを融合させた
初心者にわかりやすい戦略重視ゲーム」
という印象を受けました

日本的でありながら海外のSLGの特徴も融合させており

このゲームデザインした人
洋物SLGと日本産SLGを合わせるのに苦労しすぎて
過労でぶったおれたんじゃないか?


と、思わずにはいられません。

ぶっちゃけ、そんなに難しいSLGではありませんが
本作品から余計なものを削ぎとったら
海外に通用する立派なSLGになるのでは無いでしょうか?

でも、それは信長の野望ではありませんし
別に海外のSLGを真似する必要も無いと思います

そもそも、最初の創世が、
その余計なものを削ぎ落とした結果
「物足りなーーーーい」という声が出てましたしね


興味がおありの方は是非
Staemの激安セールの時に購入して下さい

え?
すぐに新品を買えって言わないのかって?

提灯ブログっていっても
限度ってものがあるんですよ!


スポンサーサイト

この記事へのコメント

- S - 2014年12月15日 23:36:17

とても分かりやすい内容で為になりました。
これまでの経緯はどうであれ、手軽に扱えるSteamで
信長の最新作が販売されるようになったのは有り難いことだと思います。

私も烈風伝以降の信長をまともにプレイしたことがないので
創造withPKをやってみたいのですが、今の時代遊べるゲームに溢れていて
そこまで手が回らないのが辛いところです。

そういえば創造の義元公は、子供の頃にテレビで見た成田三樹夫の義元みたいな顔でカッコイイですな。

Re: タイトルなし - zabara - 2014年12月18日 00:31:35

>Sさん
本当に、なにはともあれ
Steamで購入できることは素晴らしいですよね。

本当に、遊びたいゲームが多すぎて困ります。
良いことなのですが、遊ぶ時間がない!
結構、面白いゲームなどで是非一度手にとってもらいたいこところです。

細かく委任設定もできますしね!

>カコイイ
最近流行の今川義元=知的カッコイイ風アレンジですね
センゴクとコラボするそうですので、そこからもきたのかも?
今回は、けっこうカッコイイ武将が多いです

トラックバック

URL :

プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊を率いる
Zabara(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (17)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (19)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (6)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (19)
雑記:その他 (22)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (13)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (4)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (2)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (17)
日記 (38)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク