信長の野望創造withPK 進行説明 序盤

信長の野望創造紹介01

信長誕生シナリオ

信長の野望PK特集0010


南部
領国が2つ存在し、領主・南部晴政とその父で部下の安信は、東北有力武将。また領内には幾つかの国人衆が存在し、他家の影響力が無いことから協力が得やすく。また周囲には同程度か格下の相手しかいないため、初心者にはうってつけの勢力。

信長の野望PK特集0020

大名・南部晴政
南部家24代目当主・南部安信の子「三日月が丸くなるまで南部領」と言われるほど広大な版図を手に入れた。東北でも一流の火力を持つ。
統率87・武勇71・知略46・政治43
南部安信
先代当主。一族を中心とした強力な家臣団を形成し、息子が飛躍する基板を作り上げた。ぶっちゃけ当主(息子)より有能で頼りがいがある。
統率82・武勇70・知力68・政治75


大名・南部晴政
「南部家24代目当主・南部晴政です。
本稿を任されました。よろしくお願いします」

南部安信
「その父・安信だ。
現在絶賛楽隠居中の身である。
よろしくたのむぞ!ハハハ!!」

信長の野望PK特集0030

大名・南部晴政
「さて、本稿では前回詳しくご紹介できなかった
信長の野望創世withPKの內容を、もう少し詳しく解説
してみたいと思います」

南部安信
「ほう、それは重畳・・・
しかし、ここぱのブログといえばリプレイAARでは無いのか?
今回はせぬのか?」

大名・南部晴政
「誠に残念ながらAARを書く時間がブログ主にありません
そのため、今回は簡単なご紹介だけとさせて頂きます」

南部安信
「そうか、それは残念だな」


ゲーム序盤

信長の野望PK特集0060

大名・南部晴政
「まずゲーム序盤においては国内の開発。それと国人衆の懐柔が急務となりましょう」

南部安信
「・・・うむ。最初になにをやるかは大事だな
初めての人では何をするかわからん場合も多い」

信長の野望PK特集0070

大名・南部晴政
「そういう方のために、
戦国伝というのが本作品には搭載されております」

南部安信
「・・・ほう、戦国伝とな?イベントのようなものか?
どれどれ…石高を上げよ、か」

信長の野望PK特集0080

大名・南部晴政
「戦国伝は基本的にイベント発生の条件を記したものですが
このように『何をしてよいかわからない』場合
プレイの方向性を決める目安・指針として使うこともできます」

南部安信
「戦国伝は、やらずとも良いのか・・・
しかし、成功させれば特典もあるのだな」

大名・南部晴政
「失敗すればしたでペナルティを負うこともありますが
積極的に戦国伝完遂を狙うことで、プレイの仕方もわかってきます
最初のうちは、戦国伝に従いプレイすると良いでしょう」

信長の野望PK特集0090

大名・南部晴政
「それではまず開発を行いましょう」

南部安信
「開発とはいわゆる内政だな」

大名・南部晴政
「開発したい城・・・
これは城下町や影響力のある農地と考えて下さい
・・・を指定して開発したい場所を
3つの中から一つだけ選びます」

南部安信
「農地を開発すれば国高が上がり
街を開発すれば、人口が増えやすくなり毎月の税金が増える
兵舎は、兵が増えるが・・・この赤い部分は何だ?」


大名・南部晴政
「農地が足りなくて、兵を雇えない状態を指しています。
石高を増やせば、赤い部分は解消され、兵を増やすことができます

信長の野望PK特集0120

南部安信
「なるほど・・
だが、この作業は毎月行うということか?

大名・南部晴政
「左様ですが、
何か問題でも?」


南部安信
「問題というか・・・
逆に考えると、毎月、クリックせぬばならぬのだろう?
それでは従来の信長の野望と変わぬクリックゲームでは無いか
・・・面倒だな」

大名・南部晴政
「父上、そこは安心下さい
本作品では、無駄に委任機能が充実しております

信長の野望PK特集0100

大名・南部晴政
「軍団の委任から、城を指定すれば
好きな項目を委任することができます」

信長の野望PK特集0110

大名・南部晴政
「つまり、毎月開発をクリックするのが面倒な場合は
特定の城の「開発だけ」委任する。
ということも可能なのでございます」


南部安信
ほほう、それは素晴らしい!
クリック好きの従来の信長の野望ファン
クリック嫌いの洋ゲーファンも納得であるな!」


大名・南部晴政
「ですが、序盤は「開発」のみ委任する程度が宜しいかとおもいます。」

南部安信
「ん?それは何故だ?」


大名・南部晴政
開発以外は金銭が非常にかかります
開発は一律金銭200ですみますが、
他の作業はかなりの資金が必要なります

無駄な投資で資金ぐりが上手く行かず
ショートする可能性もあるのです


信長の野望PK特集0130

南部安信
「・・・収入300に対して、支出1500?
アホの所業じゃな・・・というか、これは委任では無く
お主がやったのだろう?」

大名・南部晴政
なんのことやらさっぱりです父上

まぁ、拡張や施設建設なども
一回作ってしまうと、壊したり改修するのに
時間と資金が必要になります。COMに任せず
最初はご自身の手でやられた方がよろしいでしょう」

国人衆

信長の野望PK特集0140

大名・南部晴政
「序盤で、最も心を砕かなければならないのが領内の国人衆です」


南部安信
「国人衆というのは、領内に存在する
忍者の里
海賊集団
宗教団体
地方集落 の総称であるな」

信長の野望PK特集0150

大名・南部晴政
「はい、本作ではそれらをまとめて国人衆というカテゴリーに収めております。
そして、彼らには信頼度・・・各大名支持率と、自主性が存在しており、当家に対する支持率を80以上に上げれば、特に要請しなくても援軍として来てくれます


南部安信
「国人衆は1000人規模の兵力をもっておる
序盤においては、大事な決戦兵力だ!」


大名・南部晴政
「はい、しかも支持率が100%となると
国人衆が持っている技能を当家が利用できるようになります

例えば、忍者の里系の国人衆ならば
勧誘などの成功率があがりますし

宗教系の国人衆ならば、9月に金銭の献上などを
行ってくれるようになります」

信長の野望PK特集0160

南部安信
「それは素晴らしいことだが、
当然、他家も国人衆の支持を得ようと
活動をしてくる…勧誘合戦となろうな」

大名・南部晴政
「左様です。しかも、他家の支持率が80%となれば、
今度は、国人衆が当家に牙に向いてきます

国人衆の信任を得るための資金は、
かなり大きいですが、対応しないと手痛い傷を
負うこととなるでしょう」

南部安信
「一般の外交は、任命した者に任せれば良いが・・・

国人衆の籠絡は、昔の外交のように、一回ずつ資金を
提供して信頼度をあげる仕様のようだな?」

信長の野望PK特集0170

大名・南部晴政
「国人衆への信任工作も委任で行うことは可能ですが・・・

かなりの資金提供が必要となります

序盤の資金が少ない状態では、
計画的に資金繰りを行うためにも
プレイヤー自身の手で
行うことがよろしいでしょう」



南部安信
「国人衆は支持率が100%あれば、「取込」で
自国の城の住民として移住させることも可能なのだな

国人衆が持っていた技能は喪失するが
城の人口は増大する・・・人口が増大すれば税収入や兵力も増える
不必要な国人衆を取り込むのも戦略であろう」

信長の野望PK特集0190

大名・南部晴政
「取り込みを行えば、
国人衆のもっていた特典は失われます。
ですが、城の人口、最大兵力の増加などが見込め

場合によっては国人衆にいる武将も
部下にすることができます。

信長の野望PK特集0180


なお、かれら国人衆の引越し費用は
全て我々の負担ですので、ご注意を」


>忠誠度


信長の野望PK特集0240

南部安信
「そういえば、本作の武将の忠誠度はどうなっておるのだ?」

大名・南部晴政
「本作では洋ゲーのように
武将の現在の状況によって
忠誠が変わるシステムになっております

基本忠誠度が10で、
ここから様々な要因で上下します


信長の野望PK特集0250

主君と主義主張が同じか否か?
主君と同じ一族かどうか?
その大名家に長年支えてきた誇りがあるか?
現在の処遇に満足しているかどうか?

といった、具合になります」

信長の野望PK特集0230

南部安信
「ふむ、処遇に満足しておらん奴は
軍団長や城主を任せれば良いが・・・

それ以外の武将にはどう対応するのだ?」

信長の野望PK特集0270

大名・南部晴政
「そこで、官位や家宝、婚姻の出番です

朝廷から高い官位を頂きますと、
前にもらった官位はストックされ、
部下に渡せるようになります

婚姻は、娘や、
従属した大名家が親愛の印に
送ってきた「義理の娘」と結婚させる事で
絶大な威力をもっております。

家宝は、商人から購入できますが、
常に売っていないのが短所ですな」

信長の野望PK特集0260

南部安信
「・・・ちょっと待て、
従属した大名家から送られたきた義理の娘
というのは、一体何だ?」


大名・南部晴政
そこは大人の事情というものでして・・・
これは製作者インタビューにもございましたが

本来ならば
臣下となった大名家から一族の娘を
側室として主家に送る
』というのを

臣下となった大名家から一族の娘を
養女として主家に送る
』という風に
ゲーム的に解釈したのかと」

信長の野望PK特集0280

南部安信
「・・・まぁ、政略結婚を行うために
臣下の娘を養女にして、一族の者にする。
という話は戦国の世にはよくあることだが」


大名・南部晴政
「そのような解釈でもよろしいかと

本作品において結婚というのは、
絶大な威力を発揮致します

信長の野望PK特集0210

部下に娘を嫁がせれば、まず裏切ることはありませんし
同盟締結のための戦略結婚を行えば、
離縁するまで同盟は維持され続けます」

信長の野望PK特集0200

南部安信
「そういえばPK版においては
生まれてきた娘は、姫武将か普通の姫か
選べるのじゃったな?」

信長の野望PK特集0290

大名・南部晴政
「ええ、ですが・・・
個人的に女性を戦地に行かせるのは好みません

それ以上に、姫武将は有能すぎて
若干引いてしまうのも否めませんね」

南部安信
「おいおい、それは単に
お主が嫉妬しているだけでは無いのか?


兵の動員


信長の野望PK特集0310

大名・南部晴政
「・・・と、今までの説明を見て頂いた通り
基本は、各城を開発し、地元の国人衆を手なづけ
国内をまとめ上げた後に、隙を見て他国へ攻め入る・・
のが基本となりましょう」

南部安信
「そういえば、兵力の話はしていなかったな?
補充や拡大はどうなっている?」



大名・南部晴政
「さきほどもお話しましたが
内政の開発で兵舎を増築することで、
兵力の最大値を上げることができます。」

信長の野望PK特集0320

南部安信
「で、兵力の回復は?
徴兵などの項目は無さそうだが・・・」

信長の野望PK特集0300

大名・南部晴政
兵力は毎月自動的に回復します・・・

逆に言えば、一旦部隊が壊滅すると、
兵力が元に戻るまで相当な時間がかかることになります」

南部安信
「なるほど、無駄な戦闘は避けて
なるべく、兵を損失しないように戦わぬようにせぬといかんな」

信長の野望PK特集0160

大名・南部晴政
「国人衆の中には、兵力の回復速度が上がる特技をもつものもいますがあまりアテにしないほうがよろしいでしょう。

部隊の三分の一を失ったら壊滅

そう肝に叩き込んで頂いて
無理な進撃をせず、撤退することをおすすめします

さもないと、調子にのって進撃したら
あっとう間に反撃をくらい滅亡した。
なんてことも往々にしてあるのですから」

スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊を率いる
Zabara(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (19)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (19)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (6)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (21)
雑記:その他 (22)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (14)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (5)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (2)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (17)
日記 (38)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク