FC2ブログ

紹介:まぼろし博覧会

まぼろし博覧会05

つい先日、8月21日に
「ニューカルチャーの聖地」「五分で精神が崩壊する」
と噂される、まぼろし博覧会へ行ってまいりました。

まぼろし博覧会08まぼろし博覧会07


一人で行くのはアレなので、絵の師匠でもあり
鬼畜同人界の第一人者でもあるJAGIさんと共に行くことに

こんな狂気空間に一人で行く勇気は無い

鬼畜王といわれた氏賀Y太先生とも、かつては交流があったJAGI師匠と一緒なら
多少の事では脳みそはおかしくはならんだろう


そもそも、鬼畜界の末端にいる、
じゃばらんがおかしい。


という理屈はなりたつわけではあるが、このさいキニシナイ

とまれ、そういう謎の脳内設定で行くことを決めたわけでありますが…

凄いです

まず入り口からしてコレです

まぼろし博覧会06


入る前から元を取ったような気分で最高ですが、さらに進むと
謎の鳥居や、象や、恐竜が、ところせましとお出迎えしてくれます。

おそらく、入って五分で精神が崩壊するのは、この通路を通ったからでしょう。

まぼろし博覧会02

あらかじめ、どういう場所かわかっていれば笑えますが、
何も知らずに来たのならただの狂気の産物にしか見えません

まぼろし博覧会04まぼろし博覧会03

ちなみに博覧会の展示物は全て撮影OK
ネットに流すのも大丈夫!

まぼろし博覧会11

らしいですが、はっきり言いましょう
写真だけでは、この博覧会の凄さを伝えられません

まぼろし博覧会09
まぼろし博覧会010まぼろし博覧会12


この衝撃は生でみないと中々味わえるものじゃありません
もっと言えば「写真で耐性をつけ、心に余裕をもった状態」で入園するのがよろしいでしょう

それぐらい
精神的な衝撃が凄いです

キップ売り場へ行くと陽気で高貴で素敵な受付嬢(マネキン)がおりましたが、疲れているのか貞子のようになっていました。

まぼろし博覧会18
まぼろし博覧会16まぼろし博覧会17


第一ルート


キップを購入して、最初に行くルートがなんと「キップ売り場の中

まぼろし博覧会19

ドアを開けると本屋さんになっており、東大合格の受験本、戦場へ行く兵士に贈る言葉の本、マルクス革命的な本…と、愉快なものが置かれています

まぼろし博覧会20まぼろし博覧会21

さらには「革命的なロゴが入った安全帽」やら「卍の入った白い布」「五寸釘用の藁人形」など、ちょっと小粋なアイテムが、手ごろな価格で販売しています。

もちろん買う気は全くありませんでしたが

この本だけは記念に購入しました。



ちなみに値段は1200円でやや高いかなぁ…と思ったら
前頁フルカラーという衝撃

安すぎるだろッ!コレ!
絶対にペイできない破格の値段!


どうやら、館長のセーラちゃんは出版社の社長なので、
こんな出血大サービスの値段で製本できたのでしょう

いやはや、
サービス精神が旺盛ですね!

ちなみに中身は2014年12月の博覧会の中身を写した写真集になります
そのため、現在は無いものや、逆に現在あるものがうつっていません

しかし、この写真集だけでもインパクトは絶大です

アマゾンでも販売しているので、気になる方は購入するのもよろしいでしょう

まぼろし博覧会27
まぼろし博覧会35まぼろし博覧会29

そして、本屋を抜けるとそこはジャングル生い茂る熱帯の世界…

巨大な聖徳太子様や仁王像
未来から転送された宇宙人のミイラが展示されているぞい


まぼろし博覧会28


…え?何を言っているかわからないって?
大丈夫、書いている本人もよくわかっていない(おいおい

まぼろし博覧会37
まぼろし博覧会39まぼろし博覧会38


さらに進むと、そこにはイースター島のモアイや、エジプトの神々の像
世界中の美人や、よくわからない(おそらくセーラちゃんの趣味?)のアイテムが一杯!

さらにいえば、まぼろし博覧会のマスコットキャラクター「セーラちゃん」
の等身大パネルや、セーラちゃんの似顔絵もいっぱいあるぞ!

まぼろし博覧会40

ちくしょう!セーラちゃんに合いたかったぜ!

第Ⅱルート


まぼろし博覧会41

さて第二ルートは「古き良き昭和スタイルのためにエアコンなどつけていません。夏は灼熱地獄、冬は極寒地獄、嵐の日は汚泥と雨水を堪能してください

という実に漢らしい仕様

まぼろし博覧会42

なにしろ内部には自動販売機すらないのだから徹底している。
(夏祭り中はかき氷屋さんなどはあったみたいだが)

まぼろし博覧会43


昭和30年…とはいうものの、中を見ると昭和20年から平成1年まで結構幅がひろい

もちろん、メインは昭和30年代なのだが、よりにもよって学級崩壊だの、便する女だの、安保闘争だの、ゲイのハーバーだの、そんな洒落たものばかり再現されているのが心憎い

まぼろし博覧会44
まぼろし博覧会45まぼろし博覧会47

しかし、当時のチラシだの本だの、道具だの、大量にあり資料的な価値も結構バカにできないのではないか?
って思う部分もあるのですよ

まぼろし博覧会48まぼろし博覧会52
まぼろし博覧会50まぼろし博覧会51

最後の方では近代的な玩具や電子ゲーム、改造バイクなどがお目見え

まぼろし博覧会54まぼろし博覧会53
まぼろし博覧会55

古き良きゲームセンターでは、なんとインベーダーゲームが稼働していてちょっとビビった
(さすがに100円突っ込む気分にはなりませんでしたが)

まぼろし博覧会56

あと、昭和50年代の引きこもり?もなかなかインパクトがあってグー


さて、続く、ペンギンコースと、アジトコースは…
説明できません…

まぼろし博覧会57

この光景に対して適切な語録を私は持ち合わせてはおりません
あえて言うなら「世界が滅びる最後に見る光景」とでも言えばいいのでしょうか?

この台詞には、師匠も同意して下さったので
おそらく、世界の終焉を見たい方は一度は生でご覧になった方がよろしいでしょう

まぼろし博覧会58
まぼろし博覧会59まぼろし博覧会60


人造人間開発コーナ?V2ミサイル?ハッカー道場?
ははは、わろす


そこを抜けると、有名な故・村崎百郎氏の「未確認生物博覧会」に到着

ここが、妙にセンスが良いですよ

説明を見てみると、どうやら作品を販売している様子
なつほど、販売展示場なわけですな

まぼろし博覧会61

まぼろし博覧会62まぼろし博覧会63

まぼろし博覧会64

ちなみにこれらの展示物の値段は十万~二十万と結構なお値段となっています。
なかなかの珍品もあるようですので、じっくりと観賞されるとよろしいかと思います。


第Ⅲルート


まぼろし博覧会65
まぼろし博覧会67まぼろし博覧会33

第三コーナーは怪しい見せ小屋世界
お化け屋敷や、サーカスや遊女、やぶ医者の性転換手術までみれるぞ!

これ以上、何を言えというのだね?

まぼろし博覧会34


ま、あえて言うのなら
この場所は旧・元祖国際秘宝館の展示物が多く飾られているのが特徴

江戸時代の遊女コーナーはほぼそのまま(JAGI師匠談)
クジラの生殖器の模型や、よくわかねー神様(本当はわかっているけれど)
謎のお寺などがありんすよ

まぼろし博覧会31

さてはて、お腹は一杯になりましたでしょうか?
いっておきますが、今、紹介したのはほんの一部の一部、一万分のⅠぐらいの一部です。

中は想像を絶するヘンテコリンなもので満ち溢れています。

数の暴力です。

まぼろし博覧会25

なにしろ、施設の隙間、木陰の裏、石造の真後ろ・・・
一体誰がそんなところを見るんだ!?
という場所にまで、数多く作品が点在しています。

1個2個なら、確かに笑ってすませることができますが、これが一万個あればどうでしょう?
猫が一匹なら可愛いですが、百万匹いたら恐怖でしょう。

まぼろし博覧会26

また、この、施設…
あえて、こういいますが「ズルイな所」は、音楽がとてもマッチしていて、
まるで乱雑や埃をかぶっている作品群が何かしら意味があるように見える所です。

というか、音楽でなんか騙されています。絶対です。

まぼろし博覧会23

この、まぼろし博覧会には、結構若い人が多く来られているようです。
私が見た感じだと、女性同士のカップル二組。男女カップル五組いました。

その方々は、私のようにカメラでとらずに、ささっとみて速足で見ていたようですが、

大正解です。

これら作品群は、とてもではありませんが深く見るものではありません。
今回は、私は絵の師匠でもあり、猟奇同人誌の一人者JAGIさんと共にきましたが、
その弟子である私ですら、いっぱいっぱいになりました

我々ですらそうなのですから、一般人は間違いなく正気を保てなくなるでしょう

まぼろし博覧会15

これら大量にある、よくわからないごった煮のような、この博覧会に身を任せて「あぁ。この混沌が気持ちええんじゃ~」と
セーラちゃんに、具材と共にかき回されるのが最高に楽しく、愉快な楽しみ方!

まぼろし博覧会は、気楽にいって、作品にささっと見てワイワイ過ごす!
そしてセーラちゃんを抱っこする!
これこそ、明日への活力となる、素晴らしい黄金体験となるでしょう!


総評

この世には、
漫画「ザ・ワールド・イズ・マイン」(作者:新井英樹)
小説「殺人鬼」(作者:綾辻行人)
映画「レイプゾンビ」(監督:友松直之)

のように、
表の世界では絶対に評価されない、裏の名作と呼ばれるものが存在します

このまぼろし博覧会もそんな範疇の一つです。

日本には絶対に一つぐらい必要でしょうが、一つ以上必要ない
オンリーワンな施設と断じても過言では無いでしょう

このような施設は存在自体が奇跡とも言えます。
人生は短く、時間は限られています。

それを割いてでも一度は見に行くべき場所では無いでしょうか?

二度以上見に行くかどうかは個人の感性の問題になりますので言及しはしませんが




まぼろし博覧会099
まぼろし博覧会 公式サイト
http://maboroshi.pandora.nu/

まぼろし博覧会098
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊5657小隊を率いる
Zabarann(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (22)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (20)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (8)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (3)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (1)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (23)
雑記:その他 (24)
ゲーム:ギレンの野望 (21)
ゲーム:信長の野望 (15)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (5)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:考察 (2)
ガンダム:雑談 (4)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (28)
特集:ガンダムMODイベント集 (2)
特集:コイカツ (12)
日記 (41)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (12)
作業:AAR (6)
作業:MOD (15)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
AAR:KOEI (2)
特集:信長の野望MOD (1)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク