スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム&ゾンビ紹介 - LEFT 4 DEAD 日本語版(X360/PC)



ストーリー紹介-

アメリカの一都市で、謎の疫病が発生して二週間後…感染者で溢れ返った都市に、四人の生存者達がいた。彼らは手に武器をとり、襲い掛かる感染者達を倒しながら、都市から脱出を試みる!果たして彼らは生きて戻れるのだろうか?



さいこ画像
うん、またマリンちゃんなんだ。すまない。
でも、マリンちゃんを見たときのトキメキは忘れないと思う。
さぁ、ゲームの紹介をしようではないか!

というわけで、今回のゾンビ紹介は映画じゃなくてゲーム!
しかも一人称視点でゲームを進めるから、もうドキドキだね!
ゲーム自体も何やら、映画を上映しているような雰囲気で始まるし、自分が、ゾンビ映画の一キャラクターとして登場している気分になって、もう嬉しさ満点だね!
絶望感で一杯とか言うな。

え?このゲームでは別にゾンビって言ってなく感染者といっている?
ばっきゃやろー細かいことは気にすんな!
マリンちゃんがゾンビだっていえば、そればゾンビなんだよ!

ゲームシステム

さて、さて、このゾンビゲームは、FPS(一人称視点シューティング)外国では良くある形式のシューティングだけど、基本的に他の良くあるシューティングと同じく、目的地までヒャッハー汚物は消毒だ!と叫びながら(注:叫ぶ必要ありません)敵を倒しまくればOKっていう、実に頭がカラッポで遊べるナイスなゲームなんだ!

ストーリー?そんなものはねぇ<hr>
いや、まぁ、一応はね。あるんだよ?脱出地点まで行くっていう…ただ日本的な、例えば他のキャラクターが登場して「実はこの病原体は。。。」なんて謎解きや会話シーンが一切無く、基本的に主人公四人とゾンビだけで構成されている世界ってことなの。

ひたすら主人公の四人から、ゾンビを倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して
目的地につくまでがストーリーなのさ!

ちょっとページを閉じるのを止めてぇ
これはクソゲーじゃないから。

ゲーム内容
このゲームはゾンビを倒して目的地まで行くのは分かった。でも、やたらシンプルじゃない?と思った貴方は鋭い!
実はこのゲームは、元々オンライン(もっと言えば二人協力プレイ)が中心で作られたゲームなのだ。
だから、一人でじっくりと遊ぶタイプのゲームじゃないの。
みんなでワイワイ、ゾンビを倒していく、いわばパーティゲームに近いものなんだよね。

だから、このゲームは、洋ゲームにありがちな、無慈悲な難易度では無く、基本かなり楽チンなんだよ。
なにせ、ゲームのゾンビは弱い!難易度ノーマルだと、なんと2.3発弾を命中させただけで昇天しちゃう。しかも戦闘力も大したことが無い(もちろんボス級の敵は除く)
ゲームの要所要所で、すごい数のゾンビ(感染者)が、そりゃもう鮭の産卵かと見間違うぐらい襲い掛かってくるんだけど、わりと簡単に撃退できる。
弱いというよりも、むしろ友達と一緒に、ゾンビを倒す爽快感を味わうために設定されているだと思うのよ。

だからシューティングゲームが苦手でも、気軽に遊べるから、皆で一緒に騒ぐにはと~ても良いゲーム!ただ、ゾンビが苦手じゃなければね
ヘッドショットで頭が飛散するし。。。ヒヒヒヒ

シングルモードはどうなんじゃい?

>…と、ここまで読んだ人は、オンラインがメインなら、シングルモードは大したこと無いんじゃないの?と思ってしまうかもしれないけど、じっつは、ここから本番!
シングルゲームは、基本的にオンラインと同じマップを使うんだけど、主人公四人のうち、味方の三人はCOMが担当することになるんだけど、、、このCOMが、またむちゃくちゃ頭が良いの!

元々このゲームを開発したValveという会社は、ハーフライフというゲームで名を上げたんだけど、このハーフライフの最大の特徴が、何といってもCOMの頭の良さだったんだよね。何せ、ハーフライフ発売以後五年たっても、同レベルのAIが出来なかった。なんて言われるぐらいだったし、その頭の良さと、力強さは折り紙つき!

要所、要所で適切な援護はしてくれるわ、プレイヤーが危機になればすぐに助けてくれるわ、体力がなくなれば医療キットを使ってくれるわ、と、とにかく頼りになって大助かり、しかも、こちらか指示しなくてもやってくれるサービスっぷり!
もう人間プレイヤーなんていらないほど十二分な活躍をしてみせてくれるのだ!つか、本気で人間いらねぇや。

そうなれば、あとはオンラインゲームとほとんど同じ、いや、プレイヤーがミスしても怒られない分、シングルゲームのほうが、遥かにやりやすいかな?
仲間のCOMと一緒に、ゾンビを倒して倒して倒して脱出してやろう!

ゲーム全体を掌握する謎のAI
このゲームは仲間と一緒にゾンビから逃げるだけのシンプルな脱出ゲーム。というのは理解してもらえたと思う。で、で、で、これに花を添えるのが、Valveが開発したシステム「AIディレクター」これは簡単に説明すると、「ゲーム全体を掌握し、敵の襲撃や、ゲーム中の音楽などを適時プレイヤーに提供していくシステム」というのが一番分かりやすいかな?

このゲームには基本的にゾンビ(感染者)と武器弾薬がランダムで配置されているんだよね。(注:場所によっては固定に配置される場合もあります)それも全てAIディレクターが行っているの。AIディレクターは、プレイヤーの動きや能力を把握し、どうすればゲームが盛り上がるか、調整してゾンビや武器を配備していくんだけど、それがただのランダムでは無い証拠に、ゾンビ達の行動には一定の波があるのが、遊んでいくうちにわかってくると思う。

例えば、しばらく静かだと思ったら、ゾンビが現れ、倒していくうちに大量のゾンビが、効果的な音楽と共に現れる。あるいは、ボス級のタンクと呼ばれるゾンビが、壁を破壊しながら襲ってきてプレイヤーをピンチに陥れる。。。。そして再び静かになり、しばらく進むと。。。という具合に、ゲーム中に静と動を巧みにつかいわけて、ゲームを盛り上げていくんだよね。だから、何度遊んでも、毎回違う配置、違う襲撃ポイントが発生するから、いつも新鮮な気持ちで遊べるのさ!
(ちなみに続編といわれる2では、天候すら(!)もランダムで行われるらしい)


値段はどのくらい?
このゲーム、マリンちゃんとしては前々から欲しかったんだけど、少女のお小遣いじゃちょっと買うのがためらう値段だったんだよね
だから傍観したんだけど、最近廉価版が出ていてびっくり!だって、発売して一年ぐらいしかたっていないんだよ!?

ああ、やっぱり×360だし、あまり名前も売れないし、こんなもんだろププ!

とか、思った人いるでしょ!実はマリンちゃんも思っていた
で、それが間違っていることに気がついたのだ!

なんとこのゲーム、一年しかたっていないのに、もう続編が出るんだって
だから、廉価版がでたみたい。2が出れば前作を遊びたくのる人情だしね!
ていうか、続編出るの、早すぎでしょ?開発期間は半年か!?!?!

もともと開発に三年もかけて、あやうく挫折しそうになり、いざ販売してみたら本国では大好評を博しBest of E3賞も貰ったもんだから、かなりイケイケになっているみたい!
なんと2の広告費に22億(4Gamer.net情報)をつぎ込んだとか!
開発費じゃなく、広告費に!開いた口がひろがらないよ!

でも、まぁ何だかんだいっても、こんな名作ゾンビゲームが3000円ぽっきりで買えるのは、ひじょ~にリーズナブル!2を遊ぶ前に是非とも購入することをマリンちゃんはおススメするよ!てか、もう買え!


マリンちゃんのお得情報♪
日本語版を購入しても、そのままだと実は日本語表示(日本語字幕が)出ないよ。まず最初に字幕表示を設定しないとね!


色々紹介


生存者
このゲームには、基本的に主人公四人とゾンビしか登場しないが、シングルモードだと、プレイヤー以外の主人公の一人が死んでしまった場合、生存者を発見することができる。生存者は、死んだ主人公一人と同じ容姿、同じ名前なので、間違うことは無いだろう。なお近づくと、助けたことになり、勝手に仲間となって戦ってくれる。

ノーマル・ゾンビ
普通のゾンビ。ただし、ジョージ・A・ロメロ監督のような半腐敗のトロトロ移動なゾンビでは無く、バタリアンや28日後…に代表される、高速移動可能な俊敏なゾンビである。(そういえば、病原体によるゾンビ化など、28日後…に、かなりオマージュされている部分は多い)あまりにも高速で襲い掛かってくるので最初は驚くだろうが、実際の攻撃力、防御力は見た目ほどは無く、あっさりと倒せる。なお、主人公の四人は抗体を持っているせいか、襲われて(そして死んでも)ゾンビ(感染者)になることは無い。

Tank
病原体が変異したせいか、やたら体が巨大なゾンビ。いわゆるボス。要所要所で現れては、破壊の限りをつくす。ボス扱いのためか、一度に一体しか出てこない。なおラストには必ず二回出てくる(ノーマルの場合


witch
泣き女ゾンビ。個人的にバンシーと呼んでいる。
いつもは泣いているだけだが、近づくと襲撃され、プレイヤーの場合、ほぼ100%即死する
発見したら距離をとり、そっとしておくのが一番。
どうしても通らなければならない道にいるときは、味方を犠牲にして倒すしか手は無い。(自分が犠牲になった場合、助かる見込みは無い。

Booear
デブなゾンビ。なぜか知らないが、こいつの体液がゾンビの大好物
特にゲロは美味しいらしく、プレイヤーがゲロ攻撃を受けると、ゾンビ達が大量に現れて襲撃してくる。またあまりにも近いと体液がかかり、やはりゾンビが集まってくる。




スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊5657小隊を率いる
Zabarann(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (21)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (20)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (7)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (22)
雑記:その他 (24)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (14)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (5)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (3)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (20)
日記 (39)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。