つねならぬ話 - 第七話「捕らわれし者4」

マリーとメイデンのつねならぬ話


カミュさん「…8月3日、第一容疑者である恋人宅を監視していた捜査官が、行方不明者と思われる人物を、一階窓辺で確認。写真を照合した結果、行方不明者と合致。同日11時20分、逮捕状が裁判所よりおりる。翌8月4日0時30分、130名の警官及び、特殊急襲隊による一斉突入が開始。行方不明者を確保。容疑者を拘束…」



マリンちゃん「………」



カミュさん「…皮肉なこととは続くものです。私が抵抗を止めて彼と一緒になろうと決断した事により、彼の部屋を監視していた捜査官の目にふれ、私は救出されたのですから。」



マリンちゃん「………」



カミュさん「…私は体を毛布で包まれ、女性警官の方に抱きしめられて、先導受けながら安堵の笑みを浮かべました。」



マリンちゃん「…解放された喜びから?」



カミュさん「…ええ、解放されたことにより、彼を手に入れる機会を得ることができるのですから。」



マリンちゃん「…う、うう。また、あの笑みだよぉ。」



カミュさん「あの状況でも、彼の心を向かせることは出来ましたが、やはり、完全な上位関係では…彼の中にある…私以外の想いを消すのは難題でした。」



マリンちゃん「………」



カミュさん「ですが、今度は、私が被害者という絶対的な立場となり、様々な要求が加害者に可能となりました。これを利用しない手はありません。」



マリンちゃん「…利用って。」



カミュさん「私は帰宅すると、涙で溢れる父と母に抱きしめながら、彼に対して復讐したいムネを告げました。もちろん、父母も異論はありません。ですが、私の計画を聞くと一気に顔色を変えて説得を始めました。」



マリンちゃん「…計画?」



カミュさん「…彼の人脈を破壊し孤立させる、全財産を奪い抵抗力を失わせる。最終的には彼を丸裸にする案ですが、これは取り立てて反対はされませんでした。ですが、私が最も望んだ復讐…」



マリンちゃん「…ほ、本当に何もかも奪うつもりだったんだ。」



カミュさん「…つもり、では無く。したんです…まあ、これはともかくとして、私が最も望んだ復讐…彼を私の伴侶にして生涯尽くさせるは、早くから抵抗されましたね。」



マリンちゃん「…それは…親にしてみたら、納得できないやね。」



カミュさん「…ええ、正気を疑われました。実際、自分でもマトモでないことは理解していますが、これだけは妥協できません。この時…操さんも、お腹の中にいましたしね。」



操ちゃん「へへ…僕もいたんだよね。」



マリンちゃん「…あ、アンタ、いたんだ。」



操ちゃん「ずっと横にいたけど?ママの話を、いっぱい、いっぱいで聞いているマリンさんを、じ~と観察してたのさ。」



マリンちゃん「…うう、嫌な人。」



操ちゃん「ちなみに、この時、僕を堕胎する話もあったんだよね。この話をすると、おじいちゃんから確実にお小遣いを貰えるから重宝するよ。」



マリンちゃん「…平和な奴。」



カミュさん「そうしているうちに、父は私の為に、心理カンセラーを何人も呼んできましたが、私は診察を断固拒否しました。彼に責任をとってもらわないと、私の立つ瀬もありません。」



マリンちゃん「…立つ瀬?」



カミュさん「愚かな男に騙された女、犯罪者に暴行をうけた被害者、心にキズをおって精神を病んでしまった人間、愛されていると思ったら誰かの身代わりでしかなかった哀れな存在…そんなものに私はなりたくなかったんです。」



マリンちゃん「………」



操ちゃん「一見すると、物凄い深そうなこと言っているけど、ようするに事件じゃなくて、「恋人同士の痴話ゲンカ」にしちゃえ!ってことだよね。」



マリンちゃん「…(ガク…あ、あんたねぇ…」



カミュさん「…操さん。」



操ちゃん「あはは。ゴメンねママ。僕流に解釈しちゃうと、すっごく軽くなっちゃうよね。もう言わないよ!」



マリンちゃん「…い、いや…その方がいいかも。」



カミュさん「…マリンさん。最後まで「私の話」を聞いてくださいね。」



マリンちゃん「…は…はい。」



カミュさん「…最終的に、彼の弁護人の方を味方につけて、私は母と友人の力を借りて、父をねじ伏せました。」



マリンちゃん「弁護人?」



カミュさん「彼の身内で弁護士をやっていらした方です。後見人でもあったようですが、一年に何回も顔を合わせるほどもないぐらい、関係は希薄になっていたとおっしゃられていました。」



マリンちゃん「親代わり…か。」



カミュさん「とても良い方で、私が、「私は彼を恨んではいません。私の伴侶として生涯をつくして罪を償って欲しのです」と語ると、涙ながらに協力を約束してくれました。」



マリンちゃん「…う~ん。」



カミュさん「実際、弁護人のかたの協力がないと財産を奪うのも、彼を拘束するのも難しかったので大変助かりました。」



マリンちゃん「…きょ、協力って。」



カミュさん「民事訴訟で、彼に支払不能の請求を行い、財産を差し押さえる…口で言うのは簡単なのですが、相手に手馴れた弁護士の方がいると、そういうわけにもいきません。ですが、後見人でもある弁護人の方の協力があればスムーズにことは運びます。」



マリンちゃん「…そ、そんなこと言っても、財産差押えでしょう?協力なんてしてもらえるの。」



カミュさん「通常は無理でしょうが私の場合は特別ですよ。彼の刑事告発を取り下げ、さらに彼と私が結婚する。その前提があるから可能なんです。もちろん、これは弁護人の方と私の共通した目的でもありました。」



マリンちゃん「…ううん。でも全財産でしょ一文無しになるってことだし。」



カミュさん「よく考えて下さい。私と彼が結婚するのですから、彼の生活にはさほど影響がないでしょ?彼が私と別れたいと言わない限りは。」



マリンちゃん「…あ、そうか。でも結婚したら共同財産になるんだから意味は無いんじゃ。」



カミュさん「よく知っていますね。でも結婚前に所有していたものは別だというのも覚えておいた方が良いですよ。これは個人財産となりますから。」



マリンちゃん「…う、う~ん。法律は難しいよ。」



カミュさん「人脈つぶしは簡単でした。「拉致監禁事件の犯人の情報を提供して欲しい」と連絡すれば、大方の人は、彼との関係を止めました。」



マリンちゃん「………」



カミュさん「弁護人の方など、ごく一部の人達はつきあいを止めることは無いでしょうが、その方達も一時的にも関係を止めようとしたので、彼の人脈や交友関係は基本的に一掃できたと言えるでしょう。」



マリンちゃん「………」



カミュさん「さらに付け加えれば、大学は彼に対して退学処分を下しました。これは私達が圧力をかけたわけでも無いのですが、特に反対する必要もないので、このままほおっておくことにしました。さらなる孤独感を彼に味合わせることができましたしね。」



マリンちゃん「………」



カミュさん「…こうして彼は何もかも失いました。私は沸き起こる喜びを抑えきれずに、彼に合いにいきました。」



マリンちゃん「………」



カミュさん「拘置所でいたせいか、彼は少しやつれた感じでした。私の姿をみると節目がちに面会所の椅子に座りました。私が一通り、今の生活状況を聞くと、かれはポツリポツリと答え、現在の状況が好ましい状態には無いことを告げました。」



マリンちゃん「………」



カミュさん「私はますます嬉しくなって、彼がいかに孤独であるかを説きました。そして、彼の持っていたものが全て失われているという現実を突きつけて、彼に一片の希望も無い様な印象を植え付けました。」



マリンちゃん「…なんか…声が弾んでるね。」



カミュさん「…ええ。あの時はとても楽しかったです。彼が絶望に打ちひしがれて、自分の殻に閉じこもっていくのが手に取るように分かり…私だけのものになっていくのを感じましたから。」



マリンちゃん「そして最後に…」



カミュさん「救いの手を差し伸べる!…ふふ。あの時の唖然とした彼の顔は忘れられません。「でも、安心して下さい。私がいますから。」その言葉を聞いた彼は、目を見開いて大粒の涙をこぼしたんです。」



マリンちゃん「…よく、やるよ。」



カミュさん「お褒めの言葉、恐縮です。でも、やったかいは十二分にありました。私が、彼になぐさめの言葉と、いたわりの言葉をかけているうちに、彼の血色は良くなり、私に対する視線が熱くなっているのを感じましたから。」



マリンちゃん「………」



カミュさん「最後に「夫婦二人で一緒にやりなおしましょう」と言った時の彼の顔は…死んでも忘れないでしょうね。「ここに女神様がいる」なんて、馬鹿なことを言って…鼻水と涙で顔をくしゃくしゃにしていましたから。」



マリンちゃん「………」



カミュさん「全てが順調にいくかと思ったのですが、意外にも最後まで警察が抵抗を示しました。わりと大掛かりな捜査となり、世間的にも少しばかり有名になったものですから、何とか立件しようと考えたのでしょう。」



マリンちゃん「………」



カミュさん「彼に対して怒りを禁じえない父に狙いを定めて、何とか起訴するように訴えてきました。」



マリンちゃん「…狙いを定めて?大きな事件なら司法省の検事あたりが立件するんじゃないの?」



カミュさん「彼の弁護人を通じて、連邦弁護士共同協会や、政治家から圧力をかけていましたから。被害者が訴えない限り、立件は出来なかったんです。」



マリンちゃん「…そこまでやるか。」



カミュさん「私を探す為に、大変ご苦労をされた事に関しては、感謝してますし、申し訳なく思っていますが。それとこれとは別の話…結局、様々な手段で抗戦し、警察の抵抗を打ち砕きました。」



マリンちゃん「………」



カミュさん「結局、彼の拘留は三ヶ月にも及びました。ですが、この間に色々と準備を整えることができたので、無駄ではなかったとも言えます。」



マリンちゃん「………」



カミュさん「そして彼の拘留が切れた、その日。私はタクシーに乗り彼が出てくるのを待ちました。彼が出てくると、私が一人で迎えに来たことを伝え、彼の家へ…その時は、既に私の名義になっていましたが…と向いました。」







カミュさん「…既に内装は処分しました。この家には売買できないものしか残っていません。」



彼氏さん「………」



カミュさん「カラッポの家。まるで今の貴方のよう…」



彼氏さん「………」



カミュさん「家族、友人、財産、そして未来。全てを失いましたね…」



彼氏さん「………」



カミュさん「…ここに山積みになっているのが何か分かりますか?」



彼氏さん「…これは…母の服?…いや父の服や…時計も…」



カミュさん「貴方のお父様と、お母様の遺品です。これだけは残しておこうかと思いましたが、考えてみれは不必要なものでしたね。」



彼氏さん「…何をするつもりだ!?」



カミュさん「…燃やします。」



彼氏さん「ま、まってくれ…」



カミュさん「…嘘つき。」



彼氏さん「…なっ」



カミュさん「貴方は私さえいれば何もいらないと言いました。ところが、ここには私以外の想いが沢山残っています。」



彼氏さん「………」



カミュさん「…私は、貴方の想いを受取るために、一番大切なものを失いました。」



彼氏さん「………」



カミュさん「…貴方は違うのですか?私の為に…捨ててはくれないのですか?私のこと、想っては…くれないのですか?」



彼氏さん「…そんなことはない。」



カミュさん「…では、燃やしても構いませんね?貴方には、もう必要の無いものなのですから。」



彼氏さん「………」



カミュさん「………」



彼氏さん「…そうだな。私には、もう何も無い。何も必要無い。」



カミュさん「…違います。」



彼氏さん「…?」



カミュさん「ここに…私のお腹に…未来がありますよ?」



彼氏さん「…あっ」



カミュさん「私と貴方の赤ちゃん…大事な大事な私達の子…さぁ…お腹に耳をあてて聞いてください。」



彼氏さん「…ああ。」




トクン…トクン…トクン…



カミュさん「…聞こえますか?」



彼氏さん「…ああ、聞こえる。聞こえるよ。」



カミュさん「ここに、私達の全てがあります…だから燃やしましょう…過去のつらい記憶は全て…」



彼氏さん「カミュ、俺は…」



カミュさん「苦しかったんでしょう?…もういいんです。つらい記憶にすがって、苦しまなくても…貴方の想いを受取る私がいるのですから…」



彼氏さん「………」



カミュさん「貴方が私の鎖を外してくれたように…私も貴方の鎖を外してあげます…」



ボウッ…



彼氏さん「あっ…」



カミュさん「………」



彼氏さん「………」



カミュさん「…燃えています…貴方の過去が…苦しみが…悲しみが…悪夢が…」



彼氏さん「………」



カミュさん「…泣いているんですか?」



彼氏さん「俺は君に…」



カミュさん「…何も言わないで。全て無かったことにしましょう…ね?」



彼氏さん「でも…俺は、俺は…」



カミュさん「貴方には私がいます。私には貴方がいます。そして…お腹には未来があります。それだけで良いでしょ?」



彼氏さん「俺は…俺は…」



カミュさん「我慢しないで…泣いていいんですよ?貴方の想い…全て受け止めてあげます。私の胸の中で…だから…我慢しないで…」








カミュさん「…いつしか、燃え盛る炎は家内にも広がり、その内部を…彼の思い出と共に舐め尽しました。私は彼をつれて外へ出ました。彼は炎に飲み込まれる家を見ようともせず…彼は私の胸の中で大きな声で泣き続けました…産まれ立ての赤ちゃんのように…」



マリンちゃん「………」




カミュさん「炎に照らされる彼の頭を優しく撫でながら、私は思いました。ああ…ようやく、この人を手に入れたのだと…」



マリンちゃん「………」



カミュさん「…マリンさん?」



マリンちゃん「…オ…オヴェッ」



操ちゃん「うわっ!吐いちゃったよ。」



マリンちゃん「…ま、ママさん…狂ってるにもほどが…オヴェッ」



操ちゃん「ありゃ、キャパ(許容量)を越えちゃったか。だから聞かなきゃよかったのに。はいエチケット袋…背中さすってあげるから、こっちを向いて。」


マリンちゃん「…う、うう。ありがとう。」



カミュさん「少し…刺激が強かったのかもしれませんね。」



操ちゃん「まぁ、恋に夢見るお年頃の娘が聞くような話じゃないからねぇ。」



マリンちゃん「ハァ…ハァ…あ、あんたはよく平気だね。」



操ちゃん「当たり前です。僕は二人の娘だよ?それに軍事学校へ行けば親がジャンキーとか、刑務所暮らしだとか、戦死しているとか、そもそもストリート・チルドレンで親の顔さえ知らない、なんて人が山ほどいるんだから。」



マリンちゃん「…むぅ。」



操ちゃん「その人達に比べたら、両親は健在だし、ラブラブだし、会社経営してるし、ハッピーエンドに入るってもんじゃないですか。」



マリンちゃん「…そりゃ、結論だけ見ればそうかもしれないけどさ。」



カミュさん「マリンさん…私は何も、マリンさんに同情されるために口を開いたわけではありませんよ?」



マリンちゃん「…え?」



カミュさん「私が、この話を通じて貴方に伝えたかったことは…「相手の想いを受入れる」ということです。例え辛いことがあっても、相手が好きならば、それを受入れることを忘れてはいけない…」



マリンちゃん「そりゃママさんはスゲエよ!立派だよ!最高だよ!」



操ちゃん「…なにブチギレしてるんですか?」



マリンちゃん「んなもん、あたり前やん!誰でもママさんみたいになれるかい!そこまで悪らつにされて、相手を受入れるなんて、聖女じゃなきゃムリだろ!どこまで慈愛に満ちてんだよ!」



カミュさん「…誰が聖女と?」



マリンちゃん

「ママさんだよ!確かに特殊だよ!特殊すぎて説教にもなら…」



カミュさん「違う!」



マリンちゃん「…は、はい?」



カミュさん「私は聖女なんかではありません!私は…私こそ、本当の『悪意』です!」



マリンちゃん「…マ、ママさん?」



カミュさん「私は彼を恨みました!憎みました!本当に…心から信じた私を裏切った彼を、絶対に許さないと、誓いました!何年かけても、何十年かけても、必ず罪を償わせてやろうと…死より辛い罰を与えてやろうと…」



マリンちゃん「………」



カミュさん「でも…違った。彼の心の声を聞いて…本当に裏切ったのは私だと、私であると…だから!だから!」



マリンちゃん「…裏切ったって…何も…」



カミュさん「どこの世界に、己の婚約者の父母の死因もしらぬ人間がいますか!」



マリンちゃん「…ひっ!」



カミュさん「そんな人間が!こんな人間が!臆面もなく結婚したいなどと!!結婚したいなどと!!!」



操ちゃん「ママ!ママ!終わったんだよ!全て「ナシ」になったんだよ!大丈夫だから…誰も何もうらんで無いから!」



カミュさん「…はぁ…はぁ、ごめんなさい。少し感情的になってしまったようです。」



マリンちゃん「…い、いいえ。」



カミュさん「私は…彼のことを何も知らなかった…「プライベートな事を聞くのは失礼」だと言い…大事なことを全く聞こうとしなかった。」



マリンちゃん「………」



カミュさん「彼は私のワガママを全て聞いてくれました。きっと辛いことも多かったはずです…なのに彼は、いつも私を優しく包み込んでくれた。私は嬉しかった。私の想いを受入れてくれる彼を…本当に愛しているのだと思い…結婚したいと…でも、それは違ったんです。」



マリンちゃん「………」



カミュさん「私は…受入れてくれる心地よさに酔っていただけで、彼の想いを全く受入れてなかった。私は彼を愛していたんではなく…彼から愛されるのが好きだっただけなんです…」



マリンちゃん「………」



カミュさん「こんな私が慈愛に満ちた女性だと言えますか?…愛し合っていたと言えますか?」



マリンちゃん「………」



カミュさん「もし、彼のことをもっと良く聞いて…語り合い…胸の内にあったものを聞き出していれば…彼を抱きしめてあげていれば…こんな事態に陥らなくてもすんだはずです。」



マリンちゃん「………」



カミュさん「…マリンさんは結婚願望がおありなのでしょう?」



マリンちゃん「…うん。」



カミュさん「人を愛するということは、その人の想いと、それに付随する多面性を受け入れることでもあるんです。」



マリンちゃん「………」



カミュさん「愛した人が…夫が、もし罪人であったのなら…その罪と悲しみを一緒に背負わなくてはなりません。不治の病に犯され…苦しんでいるのなら、その苦しみを分かち合わぬばなりません…貴方はそれを受入れる覚悟はありますか?」



マリンちゃん「…そんな重いこと…考えたことないよ。」



カミュさん「では、これを契機に…考えてみてください。恋愛するのも結構です。でも本当に相手の方を想った時、自分が相手を愛しているのか、それとも『愛されるのが好き』なのか…振り返って見つめなおしてください。」



マリンちゃん「………」



カミュさん「さもないと…私のように、無意識に相手を傷つけ、苦しめて…自分の身に返ってくることになりますから。」



マリンちゃん「…うん。」



カミュさん「よかった。私の話を聞いて、マリンさんが何かを学ばれるのであるなら、私も恥をさらしたかいがあるというものです。」



操ちゃん「…あれ?ママどこに行くの?」



カミュさん「帰るんです。いささか遅くなってしまいました。パパ、怒ってなければよいのだけれど。」



操ちゃん「そう言えば…今日は、ママとパパだけで、お食事をする日だったよね。7人目の妹、よろしくね!」



カミュさん「操さん。下品ですよ…では、失礼します。」



操ちゃん「あーあ、行っちゃった。」



マリンちゃん「………」



操ちゃん「マリンさん。ママの毒気にあたって、ダメダメになってますねぇ。」



マリンちゃん「…理屈は分かるけど…あまり重い現実を見せないで欲しいねん。」



操ちゃん「女として生きると書いて「妻」と書く、女が母になると「毒」となる…」



マリンちゃん「なにそれ?」



操ちゃん「さぁ、前にママが言ってた言葉です。僕も意味が良く分からないンですけど、もしかして僕が…赤ちゃんができたから、ママが変っちゃったのか?なんて思ったり。」



マリンちゃん「本当…あんたも産まれてないとは言え、この狂った恋愛話に出ているんでしょ?こんな話を聞いて良く平気でいられるよ。」



操ちゃん「う~ん。全く平気ってわけでもないんですよね。僕、パパも大好きだけど、ママが可哀想になってきて、一度「パパ、殺しちゃおうか?」って聞いたことがあるんですよ。」



マリンちゃん「…げ、そんなこと考えたの。」



操ちゃん「そうしたらママは「パパを殺すのは私だから、貴方は手を汚さなくても良いんですよ」って答えたんですよね。パパの生殺も自分のものだっていうんですから、ママって本当にラブラブ!と思っちゃいました。」



マリンちゃん「…うう、また気分が悪くなっちゃった。」



操ちゃん「でも一応、ママが死んだ後の生殺与奪権は貰っていますよ。ママが死んだ時、後を追わないばかりか、他に女なんかつくったら、ドン!です。」



マリンちゃん「…ちょ、ちょっと!」



操ちゃん「あ、もちろん。パパが先に死んじゃった時も同じですよ。ママが他の男とくっついちゃたら、ズドンです。狂い咲きをしたのなら最後まで昇華しないとね!」



マリンちゃん「本気で言っているの!?」



操ちゃん「当たり前ですよ。ここまで来たら晩節を汚して欲しくないですもん。」



マリンちゃん「そうじゃなくて…それでアンタの人生いいの?」



操ちゃん「はい?何がですか?」



マリンちゃん「そんな…親を監視するような…そんなんでいいの?」



操ちゃん「当たり前じゃないですか。だって僕はあの二人の愛の結晶なんですよ?物語の最後の幕引きを、僕がしなくて誰がするんですか?」



マリンちゃん「だからって…アンタまで狂うことないじゃん…」



操ちゃん「う~ん。僕の存在理由を否定されてもなぁ…じゃあ、聞きますけど、マリンさんは僕の人生を否定するほど立派な生存理由があって産まれてきたんですか?」



マリンちゃん「…え?」



操ちゃん「正直、物凄い不快なんだよね。マリンさんが親にさぁ…隣人に愛を説くような子に…とか。相手の間違った行いを正すような子に…って言われて産まれてきたのなら、これは仕方がないけど…」



マリンちゃん「………」



操ちゃん「そこんとこ、どうなの?僕は狂気の愛から産まれたことも、その幕引きをすることも、全然後悔してないけど。マリンさんはどうして生きてるの?どんな意味があって産まれたの?」



マリンちゃん「………」



操ちゃん「ねえ?ねえ?」



マリンちゃん「…分かんないよ。そんなの。」



操ちゃん「…あれ?もしかしてマリンさんって『望まれていない子』だったり?」



マリンちゃん「…!?」



操ちゃん「あはは、な~んだ。『望まれていない子』か。どーりで、やたら妊婦、妊婦と騒いだり、赤ちゃん欲しいなんて言ってたはずだ。」



マリンちゃん「…何がおかしいの。」



操ちゃん「いや、ね。こう思っただけですよ。『望まれて生まれてもいない人間が、偉そうに他人の存在理由を否定するな』ってね。」



マリンちゃん「…殺すぞ。お前。」



操ちゃん「誰に口聞いているんですか?こんな至近距離で魔女が軍人にかなうわけないでしょ?口を開いた瞬間に頸骨を折ってやりますよ。」



マリンちゃん「………」



操ちゃん「自分の存在を否定されて…頭にきているのは君だけじゃないんだよ?」



マリンちゃん「………」



操ちゃん「………」



マリンちゃん「…ごめん。私が悪いよね。」



操ちゃん「…え?」



マリンちゃん「…そうだよね。自分の生き方に納得している人の、人生を否定するなんて…良くないよね。本当、ごめんね。」



操ちゃん「あ…いいんです。謝ってくれれば。」



マリンちゃん「…何か疲れたよ。」



操ちゃん「毒が強かったかですから。でも、人を愛するなんて、それぞれ毒の成分が混じっていると思いますよ。他人から見れば異常なこともありますし。」



マリンちゃん「…自分が「愛している」のか。それとも「愛されるのが好き」なのか…か。」



操ちゃん「難しいですよね。一体、どこで分かるんでしょう。誰かを好きになることは理解できますけど、相手の心を受入れる…愛するって、本当にそうなのか、それとも単に自分がそう思っていただけなのか。どこで判断するんでしょうね。」



マリンちゃん「私も…誰かと愛しあえる日がくるのかな…」



操ちゃん「…できるよ、きっと。だってマリンさんは良い人だもの。」



マリンちゃん「どこかで聞いたような台詞をはいてらぁ…」


第一話-「萌ゆる話1」
第二話-「萌ゆる話2」
第三話-「恋愛なる話」
第四話-「とらわれし者1」
第五話-「とらわれし者2」
第六話-「とらわれし者3」
第七話-「とらわれし者4」




マリンちゃんサイコちゃん
当ブログのマスコット。魔女っ娘。口は悪いが、性格も悪い。「奈落のマリン」の異名を持つ。将来の夢はお嫁さん。

操ちゃん操ちゃん
宇宙海兵隊学徒隊員。未来の士官候補生。つっこみ担当の筋肉バカちゃん。


カミュさんカミュさん
GOGOカミュさん!の主人公。自他共に厳しい奥様。夫を深く愛しているが、その深さの分だけ容赦しない。


パパさんカミュさんの伴侶。通称パパさん。カミュさんにベタ惚れで頭が上がらない。





スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊を率いる
Zabara(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (18)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (19)
紹介:SLG (19)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (6)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (2)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (2)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (21)
雑記:その他 (22)
ゲーム:ギレンの野望 (20)
ゲーム:信長の野望 (13)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (4)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:雑談 (2)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (17)
日記 (38)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (10)
作業:AAR (6)
作業:MOD (14)
作業:翻訳 (31)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク