FC2ブログ

ゾンビ映画 - ゾンビ2030



ストーリー
近未来、環境汚染が進みすぎ、自然環境は完全に崩壊の危機に瀕した。国連は各国に対して地下への移住を提言。巨大な地下都市に人々は、移住を余儀なくされた。それから十数年後、地下世界は電子網で構築され、人々は本物そっくりのリアルネットゲームで遊んでいた。しかし、それでは飽き足らなくなった四人のヘビーユーザーが、動物相手の本当の狩りをするべく、違法に外へ出てしまう。だが、彼らを待ち受けていたのは、軍で開発中の再生薬が漏れ出し、死体が生き返り人間を襲う、おぞましき地上世界であった…
DVDの表紙には、力強く「ゾンビが人間を襲う時代は終った!これからは人間がゾンビを襲うばんだ!」などと書かれていますが

嘘です

主人公達は単に、動物を狩りに地上を来ただけであり、ゾンビを攻撃するのはいわば、事故のようなものです。

さて、この映画は前半…というか全体的に安っぽいCGでつくられており、これぐらいならB級映画としては及第点かな、と錯覚する低度にはちゃんと作られているみたいです…と一瞬思ったが、

甘かったです

だるい。ひたすらだるい

どうでも良いことを永遠と繰り返し、一時間三十分の映画なのに、主人公達がゾンビと戦うのは、なんと


本編が一時間を越えた辺り

というグダグダ感


だもんで、戦闘シーンは、残りの三十分に凝縮されており、時間が足りないせいなのか、場面がかわると、いきなり頭にナイフが刺さって死んでいたり、流れ弾で味方が全滅したり…スピーディーというよりも、唐突感がいなめない事態となっています。

しかも、役者達に動きや躍動感も無く、爽快感がまるで無いという悲惨さが、この映画のすばらしい味となっております

ストーリーは、本物の狩りに行きたいので、大臣の息子のコネを使って地上に出たが、その大臣の息子は父親に構ってほしくて、殺人鬼をわざと連れてやってきた。というあんまりなもの。しかのその殺人鬼は時間が無いから早く死ねよ、といわんばかりに、裏切って十分ぐらいで死んでしまうというあんまり感

どんなファザコンだよ、こいつ。
というか、正直、この殺人鬼いらなくね?


と、思わず呟いてしまうこと請け合いです。
正直、ゾンビ映画ならば、どんな作品でも見たいというボンクラさん以外には見るに耐えられない映画ですが、残りの三十分だけならば、なんとか見れる。。。というか、残りの三十分以外見る必要の無い映画ですが、近未来のファザコンおぼっちゃまを見たいのなら、おすすめです!


マリンちゃんサイコちゃん評価


面白さ:★★☆☆☆
 最後の三十分は我慢すれば見れるよ!
流血度:★★☆☆☆
 内臓が出てくるから星二つ。本当は1.2ぐらい。
 いかにも、作り物っぽい内臓は頂けないなぁ

総評価:★★☆☆☆
 ゾンビ映画なら、どんな映画でも見たい人にオススメ!
 それ以外の人は時間の浪費だから見る必要ないかな?
 誤って借りたら、環境音楽として再生しよう



ゾンビ - ゾンビでぐーぐる

やぁ皆さん。ゾンビ好きですか?

俺は好きだ。

あっと、待ちたまえ。

まだ正気だ。
ちょっと風邪を引いて頭が痛いだけだ。


さて、ゾンビが好きでゾンビゲームを買っている人も多いだろう。
でも、たまにはゾンビをシミュレートするゲームってないだろうか?
と、思うときもあると思う。

YESと言え。

だが、残念ながら
アンブレラ社に入ってゾンビを大量に生産するじゃぁ!
(by平野耕太)
なんてゲームは残念ながら無い。
普通に考えれば、そんなに面白そうでも無いし

でも、世の中には、それをやっちまった人もいる。
それが、今回紹介する
Zombie Outbreak Simulator

ゾンビでグーグル


このゲームは、グーグルマップを用いて
ゾンビ汚染の拡大をシミュレートしたもの。
無料で遊ぶことができ、サイトを開けばその時点からゾンビ汚染が始まる
基本的に、人類がゾンビにより滅亡するまでまったりと鑑賞するゲームである。

ワイングラスを片手に、人々の叫び声や銃声を聞いて、優雅な午後を過ごす紳士のための一品と言えるだろう。

YESと言え。

ちなみに滅亡させるだけじゃつまらん!
俺は積極的に助けたいんだ!
という物好きな人にはTHE LAST GUY というゲームがお勧めだ。

こちはPS3のゲームで、内容は
Zombie Outbreak Simulatorで、人を助けられるゲーム。
という一文で説明の九割がつく、お手軽ゲーである。

面白いゲームかは知らない
それはサイトを見て判断して欲しい。
いずれにせよ購入するには

強い信念と勇気

そして決断が必要だろう。

ああ、しかし頭が痛い…
かゆ…うま…



ゲーム&ゾンビ紹介 - LEFT 4 DEAD 日本語版(X360/PC)



ストーリー紹介-

アメリカの一都市で、謎の疫病が発生して二週間後…感染者で溢れ返った都市に、四人の生存者達がいた。彼らは手に武器をとり、襲い掛かる感染者達を倒しながら、都市から脱出を試みる!果たして彼らは生きて戻れるのだろうか?



さいこ画像
うん、またマリンちゃんなんだ。すまない。
でも、マリンちゃんを見たときのトキメキは忘れないと思う。
さぁ、ゲームの紹介をしようではないか!

というわけで、今回のゾンビ紹介は映画じゃなくてゲーム!
しかも一人称視点でゲームを進めるから、もうドキドキだね!
ゲーム自体も何やら、映画を上映しているような雰囲気で始まるし、自分が、ゾンビ映画の一キャラクターとして登場している気分になって、もう嬉しさ満点だね!
絶望感で一杯とか言うな。

え?このゲームでは別にゾンビって言ってなく感染者といっている?
ばっきゃやろー細かいことは気にすんな!
マリンちゃんがゾンビだっていえば、そればゾンビなんだよ!

ゲームシステム

さて、さて、このゾンビゲームは、FPS(一人称視点シューティング)外国では良くある形式のシューティングだけど、基本的に他の良くあるシューティングと同じく、目的地までヒャッハー汚物は消毒だ!と叫びながら(注:叫ぶ必要ありません)敵を倒しまくればOKっていう、実に頭がカラッポで遊べるナイスなゲームなんだ!

ストーリー?そんなものはねぇ<hr>
いや、まぁ、一応はね。あるんだよ?脱出地点まで行くっていう…ただ日本的な、例えば他のキャラクターが登場して「実はこの病原体は。。。」なんて謎解きや会話シーンが一切無く、基本的に主人公四人とゾンビだけで構成されている世界ってことなの。

ひたすら主人公の四人から、ゾンビを倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して倒して
目的地につくまでがストーリーなのさ!

ちょっとページを閉じるのを止めてぇ
これはクソゲーじゃないから。

ゲーム内容
このゲームはゾンビを倒して目的地まで行くのは分かった。でも、やたらシンプルじゃない?と思った貴方は鋭い!
実はこのゲームは、元々オンライン(もっと言えば二人協力プレイ)が中心で作られたゲームなのだ。
だから、一人でじっくりと遊ぶタイプのゲームじゃないの。
みんなでワイワイ、ゾンビを倒していく、いわばパーティゲームに近いものなんだよね。

だから、このゲームは、洋ゲームにありがちな、無慈悲な難易度では無く、基本かなり楽チンなんだよ。
なにせ、ゲームのゾンビは弱い!難易度ノーマルだと、なんと2.3発弾を命中させただけで昇天しちゃう。しかも戦闘力も大したことが無い(もちろんボス級の敵は除く)
ゲームの要所要所で、すごい数のゾンビ(感染者)が、そりゃもう鮭の産卵かと見間違うぐらい襲い掛かってくるんだけど、わりと簡単に撃退できる。
弱いというよりも、むしろ友達と一緒に、ゾンビを倒す爽快感を味わうために設定されているだと思うのよ。

だからシューティングゲームが苦手でも、気軽に遊べるから、皆で一緒に騒ぐにはと~ても良いゲーム!ただ、ゾンビが苦手じゃなければね
ヘッドショットで頭が飛散するし。。。ヒヒヒヒ

シングルモードはどうなんじゃい?

>…と、ここまで読んだ人は、オンラインがメインなら、シングルモードは大したこと無いんじゃないの?と思ってしまうかもしれないけど、じっつは、ここから本番!
シングルゲームは、基本的にオンラインと同じマップを使うんだけど、主人公四人のうち、味方の三人はCOMが担当することになるんだけど、、、このCOMが、またむちゃくちゃ頭が良いの!

元々このゲームを開発したValveという会社は、ハーフライフというゲームで名を上げたんだけど、このハーフライフの最大の特徴が、何といってもCOMの頭の良さだったんだよね。何せ、ハーフライフ発売以後五年たっても、同レベルのAIが出来なかった。なんて言われるぐらいだったし、その頭の良さと、力強さは折り紙つき!

要所、要所で適切な援護はしてくれるわ、プレイヤーが危機になればすぐに助けてくれるわ、体力がなくなれば医療キットを使ってくれるわ、と、とにかく頼りになって大助かり、しかも、こちらか指示しなくてもやってくれるサービスっぷり!
もう人間プレイヤーなんていらないほど十二分な活躍をしてみせてくれるのだ!つか、本気で人間いらねぇや。

そうなれば、あとはオンラインゲームとほとんど同じ、いや、プレイヤーがミスしても怒られない分、シングルゲームのほうが、遥かにやりやすいかな?
仲間のCOMと一緒に、ゾンビを倒して倒して倒して脱出してやろう!

ゲーム全体を掌握する謎のAI
このゲームは仲間と一緒にゾンビから逃げるだけのシンプルな脱出ゲーム。というのは理解してもらえたと思う。で、で、で、これに花を添えるのが、Valveが開発したシステム「AIディレクター」これは簡単に説明すると、「ゲーム全体を掌握し、敵の襲撃や、ゲーム中の音楽などを適時プレイヤーに提供していくシステム」というのが一番分かりやすいかな?

このゲームには基本的にゾンビ(感染者)と武器弾薬がランダムで配置されているんだよね。(注:場所によっては固定に配置される場合もあります)それも全てAIディレクターが行っているの。AIディレクターは、プレイヤーの動きや能力を把握し、どうすればゲームが盛り上がるか、調整してゾンビや武器を配備していくんだけど、それがただのランダムでは無い証拠に、ゾンビ達の行動には一定の波があるのが、遊んでいくうちにわかってくると思う。

例えば、しばらく静かだと思ったら、ゾンビが現れ、倒していくうちに大量のゾンビが、効果的な音楽と共に現れる。あるいは、ボス級のタンクと呼ばれるゾンビが、壁を破壊しながら襲ってきてプレイヤーをピンチに陥れる。。。。そして再び静かになり、しばらく進むと。。。という具合に、ゲーム中に静と動を巧みにつかいわけて、ゲームを盛り上げていくんだよね。だから、何度遊んでも、毎回違う配置、違う襲撃ポイントが発生するから、いつも新鮮な気持ちで遊べるのさ!
(ちなみに続編といわれる2では、天候すら(!)もランダムで行われるらしい)


値段はどのくらい?
このゲーム、マリンちゃんとしては前々から欲しかったんだけど、少女のお小遣いじゃちょっと買うのがためらう値段だったんだよね
だから傍観したんだけど、最近廉価版が出ていてびっくり!だって、発売して一年ぐらいしかたっていないんだよ!?

ああ、やっぱり×360だし、あまり名前も売れないし、こんなもんだろププ!

とか、思った人いるでしょ!実はマリンちゃんも思っていた
で、それが間違っていることに気がついたのだ!

なんとこのゲーム、一年しかたっていないのに、もう続編が出るんだって
だから、廉価版がでたみたい。2が出れば前作を遊びたくのる人情だしね!
ていうか、続編出るの、早すぎでしょ?開発期間は半年か!?!?!

もともと開発に三年もかけて、あやうく挫折しそうになり、いざ販売してみたら本国では大好評を博しBest of E3賞も貰ったもんだから、かなりイケイケになっているみたい!
なんと2の広告費に22億(4Gamer.net情報)をつぎ込んだとか!
開発費じゃなく、広告費に!開いた口がひろがらないよ!

でも、まぁ何だかんだいっても、こんな名作ゾンビゲームが3000円ぽっきりで買えるのは、ひじょ~にリーズナブル!2を遊ぶ前に是非とも購入することをマリンちゃんはおススメするよ!てか、もう買え!


マリンちゃんのお得情報♪
日本語版を購入しても、そのままだと実は日本語表示(日本語字幕が)出ないよ。まず最初に字幕表示を設定しないとね!


色々紹介


生存者
このゲームには、基本的に主人公四人とゾンビしか登場しないが、シングルモードだと、プレイヤー以外の主人公の一人が死んでしまった場合、生存者を発見することができる。生存者は、死んだ主人公一人と同じ容姿、同じ名前なので、間違うことは無いだろう。なお近づくと、助けたことになり、勝手に仲間となって戦ってくれる。

ノーマル・ゾンビ
普通のゾンビ。ただし、ジョージ・A・ロメロ監督のような半腐敗のトロトロ移動なゾンビでは無く、バタリアンや28日後…に代表される、高速移動可能な俊敏なゾンビである。(そういえば、病原体によるゾンビ化など、28日後…に、かなりオマージュされている部分は多い)あまりにも高速で襲い掛かってくるので最初は驚くだろうが、実際の攻撃力、防御力は見た目ほどは無く、あっさりと倒せる。なお、主人公の四人は抗体を持っているせいか、襲われて(そして死んでも)ゾンビ(感染者)になることは無い。

Tank
病原体が変異したせいか、やたら体が巨大なゾンビ。いわゆるボス。要所要所で現れては、破壊の限りをつくす。ボス扱いのためか、一度に一体しか出てこない。なおラストには必ず二回出てくる(ノーマルの場合


witch
泣き女ゾンビ。個人的にバンシーと呼んでいる。
いつもは泣いているだけだが、近づくと襲撃され、プレイヤーの場合、ほぼ100%即死する
発見したら距離をとり、そっとしておくのが一番。
どうしても通らなければならない道にいるときは、味方を犠牲にして倒すしか手は無い。(自分が犠牲になった場合、助かる見込みは無い。

Booear
デブなゾンビ。なぜか知らないが、こいつの体液がゾンビの大好物
特にゲロは美味しいらしく、プレイヤーがゲロ攻撃を受けると、ゾンビ達が大量に現れて襲撃してくる。またあまりにも近いと体液がかかり、やはりゾンビが集まってくる。




サイコちゃんのゾンビこーなー ゾンビ2009

タイトル・サイコちゃんのゾンビコーナー
さいこ画像
こんにちは!マリンちゃんこと通称サイコちゃんです!
突然ですが、ゾンビコーナーはブログの主をボコボコにして、サイコちゃんが頂きました

なぜかって?

このブログのマスコットをサイコちゃんを差し置いて、カミュママさんが四コマが幅をきかせているのがムカツいたから!
いや、カミュのママさんは良いんだよ?

それを毎日UPするブログ主のパパの性根が気に入らないのさ!

マスコットなんだから、もっと私に愛情を注ぎやがれ!

マスコットなのに無視するなんて、私の生存の危機!自衛権の行使ってやつかな?ボコボコにしても問題ないよね!
あ、言っておくけど「限りなく企業より」なんてコンセプトは、サイコちゃん知らないから。好きなようにやらせてもらうよ!エヘ!


少女の主張を聞いてもらったところで、記念すべき作品はー


ゾンビVSゾンビ  ゾンビVSスナイパー
      

評価:うんこー!
下品でごめん!うんこの方が体内を綺麗にしたり、肥料にできたりと大活躍だもんね!
この作品をうんこなんていったら、うんこに失礼だよね

同時期にレンタルリリースされた作品だけど、もうどうしようもない出来栄え。どこが悪いかって?

全部だよ!

でも、さすがにゾンビ・オブ・ザ・デットには負けるかな
もっとも、アレを超えたら、日本にすら上陸してないと思うけど。
良い所を探してみようと思ったけど…うーん。こんな作品でも商売がなりたつアメリカの映画業界の凄さを知ることができる。ぐらいかなー

あとは表紙のかっこよさ!デザインさん、良い仕事してるよね!コロっと騙されたよコンチクショう!!!


ちなみに、先の二つは前菜。
サイコちゃん的には、次の作品こそが今回紹介したかった作品なんだ。


ゾンビ2009


評価:別の意味で楽しいゾンビ映画!

イタリアホラー映画界の巨匠…サンゲリア2や食人族2なんかつくっていた監督が最後につくった遺作のゾンビ映画なんだけど…まぁ見るに耐えないZ級映画は、Z級映画なんだけど、この映画のすっごい所はストーリーにあるんだよ

洋上で一人の女性が救出された。彼女は探査船の生き残りで、探査船は謎の島へ到着し、そこにいた謎の生命体に襲われて彼女一人を残し、乗組員全員が死んでしまったのだ。しかし調査会社は彼女のいう事を信じず、彼女は会社をクビになってしまう。…そしてその後、僧侶となった彼女の元へ、会社の役員がおとずれる。彼女言っていた島がみつかり、軍と共同で探査船を出すことになったというのだ。オブザーバーとして同行を求める役員に、彼女は過去のトラウマを払拭すべく軍と共に島へと向かうことにした。。。

…さーて、ここまで読んで。はて?どこかで見たような話だなぁ~と思わなかったかな?思わなかった人は、次のダイジェストを見てみよう!

海兵隊と役員と共に潜水艦で、謎の島へと到着した彼女であったが、そこには会社の施設があり、何者かに襲撃された痕跡が残っていた。彼女は役員と軍の隊長と共に指揮車にのこり、様子をうかがっていた。奥に進む海兵隊たちであったが周囲を囲まれ謎の生物-ゾンビたちに襲撃される。
海兵隊からのライブ放送を見ながら、混乱する隊長や役員を尻目に彼女は指揮車を動かし海兵隊を助けようと試みる。犠牲者を出しながらも後退に成功した海兵隊であったが、もはやゾンビを殲滅することはかなわず、基地を破壊して逃亡を決意。そのためにも潜水艦を呼び寄せるため、通信基地へと向かうことになるのだが。。。

…わかったかな?そう、この作品って、どう見てもエイリアン2にそっくりなんだよね。というかエイリアンをゾンビにおきかえたエイリアン2というべきかな?最初見たときは、ただのダメ映画だと思ったけど、途中で気がついて別の意味で楽しくなってきたよ!

どこまでエイリアン2と同じか探してみる楽しさ!

しかもこの手の作品にありがちな、元の作品より遥かに下がったクオルティで楽しめるんだ

もう、出てくるは出てくるは、おんなじシーン!もしかして、TVか何かの企画で「エイリアンをゾンビにかえて映画をとろう!」とかやっていたのかな?さもなきゃ脚本家のプライドがなかったとか。

まぁ好意的に見れば、この監督はもう年でアレになっていた可能性もあるよね!そういえば筒井康孝先生もTVで「執筆したら、昔書いた作品と同じものだった」なんてことを言っていたけど、「本人はオリジナルと思い込んでいたが、昔見た映画を、知らず知らずにパクッてつくっていた」可能性もあるよね!
本人も往生前だったし、全部老齢が悪いんだ!と思えば

大きな心で許す気にもなるってものだよ!

というわけで、このゾンビ版エイリアン2!もし、興味があるなら是非、見てみよう!ちなみに、劣化版ということだけはわすれないでね!



ゾンビ映画 - ゾンビ・オブ・ザ・デット

ゾンビ・オブ・ザ・デット
監督:コナル・ペンダガスト


評価:☆☆☆☆☆
(世界最高につまらない。見るだけ人生の無駄)
流血:★
(血はでます。それだけです)

私はゾンビ映画が好きだ。
ゾンビ映画がたまらなく(以下略

ということで、ゾンビ映画の紹介をしたいと思います。
私はゾンビ映画が好きで色々見て回りましたが
ゾンビ映画と言うのは費用を安く抑えられるためか
とんでもないC級作品も多いのですが、
中には安い制作費を監督の感性で上質なものに仕上げた
一品もあります。そういう作品を紹介したり、しなかったりしたいと思います。

というわけで記念すべき第一回は…
「ゾンビ・オブ・ザデット」です!

普通ゾンビ映画の紹介となればジョージ・ロメロ監督の
作品を紹介するべきでしょうが、
あまりにもこの作品がエポックすぎて紹介せざる
終えません。

この映画は間違いなく、ゾンビ映画…
いや、全世界の映画の中で一番つまらない映画です。
そこら辺で買ったと思われるデジタルカメラの映像。
しょっぱい演技。手を抜いたとした思えないメイク。
鼻をほじって作ったかのようなゾンビ。
そして、妙なカメラワークに、ひどい構成…

私は産まれて初めて「金をドブに捨てた」と思いました。
本当にお金をドブに捨てても、これほど強烈に思った事は
ありません。100円でレンタルしたのに、その100円ですら
惜しいと思ったのは初めてです。

正直、学芸会レベルといえば、大学のサークルの人たちに
怒られるであろう最低レベルです。
この映画を作った勇気は凄いですが、この映画を
商品として販売した会社。そして、それをレンタルとして
おいたレンタル店の英断には、涙が流れます。

ただ、この映画は二つ良いところがあります。
日本語吹き替えがいかしている所と
この映画を見た後は、あらゆる映画を許せるようになる所です。
そう、あのスットコドッコイB級映画、
キラー・オブ・ザ・トマトでさえ名作に見えます。
実写版デビルマンだって、面白さ無限大です。
あの映画に比べれば何と面白いことか!

さぁ、貴方自身の寛容度を大きく増大させる
チャンスです!人生の浪費となりますが、元々映画なんてそんなもの。
寛大な心でみようではありませんか!
(…なお、あまりのつまらなさにクレームなど
をされても、一切対応しません。あしからず)




≪PREV
プロフィール

zabara

Author:zabara
ガンダム・オンラインで
第029(お肉)部隊5657小隊を率いる
Zabarann(じゃばら)のブログ。
ブログのコンセプトは
企業の手先



ブログ特集
ゲーム改造M0D紹介
ゲーム日記AAR紹介
雷神7AAR&改造コーナー


過去に製作したMOD等は
ここぱのUPローダ
で、ダウンロードして下さい

ゲーム通販

最新記事
カテゴリ
ブログ告知 (24)
ゲーム日記AAR紹介 (2)
案内:DL購入方法 (9)
紹介:一般作 (2)
紹介:ゲーム (22)
紹介:SLG (21)
紹介:ゾンビ (10)
紹介:映画 (8)
紹介:書籍 (4)
紹介:サイト (3)
紹介:RPG (5)
紹介:注目 (3)
紹介:ブラウザゲーム (4)
雑記:歴史の影 (5)
雑記:動画 (3)
雑記:色々な考察 (1)
雑記:怪傑じゃばら伝 (2)
雑記:政治 (1)
雑記:アニメ (5)
雑記:ゲーム (23)
雑記:その他 (24)
ゲーム:ギレンの野望 (21)
ゲーム:信長の野望 (15)
ゲーム:源平争乱 (18)
ゲーム:戦ノ国 (30)
ゲーム:空母決戦 (7)
ゲーム:EUローマ (13)
ゲーム: SPORE (6)
ゲーム:M&B (21)
ゲーム:MOOを遊ぼう! (6)
ゲーム:7 Days to Die (5)
ゲーム:天下戦国の上 (22)
MMO:ガンダム (25)
ガンダム:考察 (3)
ガンダム:雑談 (4)
ガンダム:動画 (1)
ガンダム:MA紹介 (2)
ガンダム:マイナー機 (2)
特集:Empyrion (4)
特集:雷神7とは? (1)
特集:雷神7情報 (5)
特集:雷神AAR (18)
特集:雷神MOD (17)
特集:雷神7改造方法 (6)
特集:雷神7銀英伝MOD (16)
特集:雷神7ガンダムMOD (28)
特集:ガンダムMODイベント集 (2)
特集:コイカツ (14)
日記 (47)
自主作:GOGOカミュさん (55)
自主作:エロット (7)
自主作:つねならぬ話 (7)
自作:ぼく☆さつ (11)
自主作:イラスト (18)
自主作:二次創作 (4)
自主作:小説 (12)
作業:AAR (6)
作業:MOD (17)
作業:翻訳 (32)
未分類 (0)
ゲーム:スカイリム (5)
AAR:KOEI (2)
特集:信長の野望MOD (1)
特集:Deity Empires (1)
特集:Evil Bank Manager (1)
特集:Kenshi (31)
特集:KINGDOMS (3)
特集:The Guild 3 (2)
特集:The Guild 3 日本語情報 (8)
特集:kenshi日記「状況最高」 (3)
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク

このブログをリンクに追加する

おすすめ一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブックマーク